定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年04月19日 (木) | 編集 |
2018.4.19 探訪 
『えびせんべいの里』というと愛知県でえびせんべいを作っている
有名な会社(お店)なんですが、御殿場にもあるという事を知り、
行ってみることにしました。

20180419_ebisen_001.jpg

好きな絵を描き、オリジナルなせんべいが作れるらしいのですが、
土日限定という事で作れなかったのが残念。
お絵描きしたかったよ…

20180419_ebisen_002.jpg

20180419_ebisen_003.jpg

えー、すみません。売り場の方は撮影していませんが、
お店の片隅にこんなのがあったので紹介。

20180419_ebisen_004.jpg

せんべいを手焼きする道具と、袋を閉じる道具。

20180419_ebisen_005.jpg

20180419_ebisen_006.jpg

20180419_ebisen_007.jpg

二階の休憩所には、無料でいただけるコーヒーとお茶。
広々とした場所でゆっくりくつろげます。

20180419_ebisen_008.jpg

20180419_ebisen_009.jpg

20180419_ebisen_010.jpg

晴れた日には窓から富士山を眺める事が出来るらしいのですが、
残念ながらココに来た時には富士山に雲がかかっていまして…
(´・ω・`) こればっかりはタイミングだから、仕方ないね。

20180419_ebisen_011.jpg

展示室なんてのもありました。

20180419_ebisen_012.jpg

20180419_ebisen_013.jpg

20180419_ebisen_014.jpg

20180419_ebisen_015.jpg

えびせんべいの里はどこの店でもそうですが、
どれが美味しいか何度も試食をしながら購入していく物を決める
事が出来るので良いですね。今回は厳選して二袋ほど購入。
1080円以上買うとオマケの小袋をひとつ貰えますよ♪

----------------------------
御殿場 えびせんべいの里
http://www.gotenba.ebisato.co.jp
住所/静岡県御殿場市東田中1234-1
電話番号/0550-84-2248
営業時間/10:00〜18:00
定休日/年中無休

※店舗情報は2018年4月現在のものです。
----------------------------


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしくね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
2018年04月19日 (木) | 編集 |
最近まで公式チェックしてなかったので、
話題にするのにほんの少しだけ出遅れましたが…

『学園BASARA』がTBS系でアニメ化するらしく、
嬉しくて小躍りしてしまいました。アニメ過疎地の静岡でも
放送してくれるだろうか。観たいッス。(´・ω・`)

公式サイト
http://www.tbs.co.jp/anime/gakuen_basara/
公式Twitter
https://twitter.com/gakuen_basara

201804190945033dc.jpg
※公式画像です。

これから続々と情報が出てくるんでしょうね。
餌を目の前に出されて「待て!」されてるような状況ですw
BASARA好きなんだよ。学園モノだけどまたアニメやって
くれるんだなと思うと嬉しい。


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
2018年04月18日 (水) | 編集 |
2017.12.9 参拝 
去年参拝した記録です。
さて、『伊井谷宮』にやって参りました。
ここは浜松市北区の伊井谷にある神社でございます。

20171209_iinoyaguu_001.jpg

20171209_iinoyaguu_002.jpg

20171209_iinoyaguu_003.jpg

20171209_iinoyaguu_004.jpg

参道をまっすぐ進んで鳥居と門をくぐると、拝殿は目の前に。
拝殿に向かって右手に見えるのは御神木です。

20171209_iinoyaguu_005.jpg

20171209_iinoyaguu_006.jpg

伊井谷宮
http://www.iinoyaguu.or.jp
御祭神:一品中務卿宗良親王 一座
-----------------------------
 御祭神宗良親王(後醍醐天皇第四皇子・宮内庁調)は今より約
六百五十年前の南北朝時代に一品中務卿征東将軍として、この地
を本拠に五十余年の間、吉野朝のために御活躍になられました。
その間遠江 駿河 三河 甲斐 信濃 越後 上野 美濃等に軍を進められ、
信濃宮・上野宮・越中宮と尊称され、晩年再びこの地を尋ねられ
元中二年八月十日御年七十三歳にて薨去せられました。
御墓は本殿背後に西に向ってたてられており、
宮内庁所管地であります。
 明治元年明治天皇より当宮創立の勅旨が仰出され同五年二月
十二日御鎮座、同六年六月九日勅裁を以って官幣中社に列せられ
ました。親王は武のみならず和歌に秀で、その苦難な御生涯の中
であっても和歌「李花集」をのこされ又、準勅選和歌集「新葉
和歌集」の編纂など文化の面でも御功績をのこされました。
親王のどんな逆境に陥っても不撓不屈初志を貫き、
希望を捨てずひたすら正義のために一生を捧げられた御精神、
御遺徳は多くの人達に慕われ学問・心願成就・開運の神と信仰
され尊ばれております。

----------------(伊井谷宮 境内案内板より)

こちらは御本殿のすぐ脇に鎮座する『井伊社』

20171209_iinoyaguu_007.jpg

井伊社(摂社)
http://www.iinoyaguu.or.jp/keidai/iisya/
御祭神:井伊介道政・井伊新介高顕
-----------------------------
 動乱の南北朝時代(西暦1330〜1390年頃)当時の有力豪族
であり井伊直虎のご先祖に当たる井伊道政公とその息子高顕公は、
井伊谷に来訪された宗良親王様を奉じて尽力しただけでなく、
親王様と駿河姫(道政公の娘、重子姫)との間に尹良親王を
授かるなど、吉野朝(南朝)と非常に深い関わりを持ちました。
 その縁と井伊谷宮御鎮座に関わる井伊家の多大なる功績により、
明治八年井伊道政公・高顕公を御祭神として「井伊社」が創建
されました。

----------------(伊井谷宮 境内案内板より)

境内を奥に進んで行きますと、宗良親王の御墓がございます。

20171209_iinoyaguu_008.jpg

20171209_iinoyaguu_009.jpg

-----------------------------
宗良親王 御墓
 明治に入って間も無く、明治天皇は全国の御陵墓が荒廃著しい
事を憂い、その修理整備をお命じになられました。
それと共に王政復古の象徴として吉野朝(南朝)方を支えた
貢献者を祀る神社を創建するよう勅命を下されました。
 これに伴い、後醍醐天皇皇子宗良親王薨去の後、およそ五百年
に亘り代々その菩提を弔ってきた井伊家の当主、井伊中将直憲
(彦根藩最後の藩主)が、親王を御祭神とする井伊谷宮の創建と
親王御墓の修繕を願い出たところ、井伊家の祖道政公と親王との
特別な由緒をもって許可され、いずれもほぼ井伊家の負担にて
なされました。
 このようにかつて井伊直虎を輩出した井伊家は井伊谷宮とも
深い関わりをもっています。

----------------(伊井谷宮 境内案内板より)


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
2018年04月17日 (火) | 編集 |
2017.12.9 探訪 
去年訪れた時の記録です。『鳥羽山城跡』にやってきました。
ざっくり見て、ざっくり写真に収めていっただけなので、
説明出来ていない部分もあります。ご了承下さい。

20171209_tobayamajyou_001.jpg

-----------------------------
【鳥羽山城跡の概要】
 鳥羽山城は、東西500m以上におよぶ標高108mの独立丘陵を
巧みに加工して築城されています。本丸をめぐる土塁や石垣が
良好な状態で残されているほか、本丸の内部では、発掘調査に
よって礎石建物や庭園が確認されています。また、本丸に至る
大手道は石垣で荘厳化されており、幅6m超える破格の規模を
誇ります。こうした特徴から、鳥羽山城は迎賓機能を備えた
領主の居館だったと推定できます。一方、隣接する二俣城では、
天守が築かれ、瓦葺の門が建てられるなど、軍事的な機能に
優れた本格的な城郭が整備されます。このように、鳥羽山城と
二俣城はその性格が対照的であり、「別郭一城」と呼ばれる一連
の城であることが、二つの城の特徴から読み取ることが出来ます。

------------------------(↓続く)

20171209_tobayamajyou_002.jpg

-----------------------------
【鳥羽山城の歴史】
 鳥羽山城と二俣城は、永禄3年(1560)の桶狭間の戦いを
契機に今川氏によって築かれたと考えられています。
永禄11年(1568)今川氏の滅亡により、両城は徳川家康が領有
することになりますが、三方ヶ原の戦いがあった元亀3年
(1572)には武田信玄によって攻略されました。長篠の戦いが
あった天正3年(1575)まで、徳川方と武田方によって両城を
めぐる激しい攻防戦が展開され、武田方の二俣城を攻める際には
鳥羽山城に徳川方の本陣が置かれました。
 その後、天正18年(1590)まで鳥羽山城と二俣城は徳川方が
領有しましたが、家康の関東移封に伴い豊臣系の大名である
堀尾氏が遠州に入ると、浜松城主堀尾吉晴の弟宗光が二俣城主と
なります。この頃に鳥羽山・二俣両城は石垣が築かれるなど
現在みられる姿に整備され、鳥羽山城は迎賓機能を備えた領主の
生活の場となったとみられます。
 こうして整備が進められた鳥羽山城と二俣城でしたが、
関ヶ原の戦いがあった慶長5年(1600)以降は、戦略拠点として
の重要性は薄れ、廃城となりました。

-----------------(鳥羽山城跡 案内板より)

下の写真は南1曲輪から見た『大手門跡』です。

20171209_tobayamajyou_003.jpg

20171209_tobayamajyou_004.jpg

-----------------------------
 大手門は本丸への正面にあたります。外枡形の構造であり、
東からのびる大手門に対して南向きに開いています。
 城を立派に見せるため、周囲の石垣は、他の場所よりも大きめ
の石材を使って高く築かれており、河原石による間詰も丁寧に
行われています。
 また、門跡の西脇の石垣基部には、排水のために設けられた
暗渠がみられます。なお、門跡の地面には、礎石の可能性がある
平らな石がみられますが、周囲からは瓦が出土していないため、
瓦葺の門ではなかったと考えられます。

-----------------(鳥羽山城跡 案内板より)

『本丸』内にて。

20171209_tobayamajyou_005.jpg

20171209_tobayamajyou_007.jpg

20171209_tobayamajyou_006.jpg


続いてこちらは『枯山水庭園跡』

20171209_tobayamajyou_008.jpg

20171209_tobayamajyou_009.jpg

20171209_tobayamajyou_010.jpg

-----------------------------
 昭和49・50年(1974・75)の発掘調査で発見された庭園遺構
です。滝や池のある風景を、水を使わずに表現する枯山水という
手法でつくられた庭園で、石組と築山がみつかりました。
立石を組むことで滝の水の流れを表現しており、作風が京都の
庭園と共通しています。また、庭園奥の土塁の石垣は、他の石垣
とは異なり、小ぶりな丸石を使うことで趣を出しています。
この庭園は、建物の小間から近距離で眺める坪庭のような空間
だけだったようです。
 山城の本丸に庭園をもうけた例は少なく、鳥羽山城が迎賓機能
を備えた居館であったことを示すものとして注目されます。

-----------------(鳥羽山城跡 案内板より)

『東門跡』

20171209_tobayamajyou_011.jpg

20171209_tobayamajyou_013.jpg

20171209_tobayamajyou_014.jpg

20171209_tobayamajyou_012.jpg

-----------------------------
 東門跡は外枡形の構造をしており、南側の大手門跡、北側の
搦手門跡と比べると間口が半分程度の小さな出入り口です。
 門跡周辺の石垣の上部は、後世の改変を大きく受けていますが、
下部では河原石の間詰を用いた野面積みの石垣を確認することが
できます。
 また、門跡の北脇の石垣基部には、排水のために設けられた
暗渠が確認されており、本丸の外側にのびる排水溝に蓋も残って
います。規模や位置などから、通用門として使われていたと推測
されます。

-----------------(鳥羽山城跡 案内板より)

展望台からの景色。

20171209_tobayamajyou_015.jpg

おまけ
訪れたこの時は紅葉が綺麗な時期でした。

20171209_tobayamajyou_016.jpg

祝!国指定史跡誕生!二俣城跡および鳥羽山城跡
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/bunkazai/news/kunisiteihutamatatobayama.html
二俣城跡・鳥羽山城跡総合調査報告書 ダウンロード
https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/21787


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:史跡
ジャンル:学問・文化・芸術
2018年04月16日 (月) | 編集 |
2018.4.13 探訪 
久しぶりに妹と『麺や 六八』へ食べに行きました。
何でかって、妹が急に実家にやって来たかと思ったら…

:「姉ちゃん、奢るで六八食べに行こうやぁ〜♪」
SERUNA:「へっ?何だや急に。奢るって…いいだ?」
:「いいだよ。ばっか腹減ったで今っから行こうやぁ〜」
(お互い焼津弁なので、言葉わからなかったら質問下さいw)

ついでに以前行った時の記事をリンクさせておきます。
どんなお店か知りたい人は、まずこちらをどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1980.html

…というワケで、行って参りましたよ六八へ。
妹はこのお店がお気に入りらしく、よく足を運んでいるらしい。
何にしようと迷ったが、私が注文したのは魚介系醬油ラーメン。
焼津の人間だからという事もあるかも知れませんが、
魚介系のラーメンとは相性がいいのか、結構好きなんですよね。

:「ラーメンだけでいいだ? (´・ω・`)」
SERUNA:「ラーメンだけでお腹いっぱいなりそうだでいいよ」
:「半チャーハン食わないだ? (´・ω・`)」
SERUNA:「え、だから腹一杯になりそうだで…」
:「半チャーハン食わないだ? (´・ω・`)」
SERUNA:「だで、腹いっぱいに……」
:「半チャーハン… (´・ω・`)」
SERUNA:「そこはどうしても食わせたいのかwww」

【魚介系醬油ラーメン】
20180413_roppachi_001.jpg

塩味もあるみたいですが、あえて醬油で。
独特の臭みはそんなになくアッサリ味で旨かったです。
麺はストレート。柔らかチャーシューと味付け煮卵も味良く、
普段あまりスープを飲まない私も「あと一口…あともう一口…」
となってしまいました。クセになりそうw

【半チャーハン】
20180413_roppachi_002.jpg

「しっとり系」のチャーハンです。
パラパラチャーハンが持て囃される昨今ですが、個人的には、
昔ながらのしっとりチャーハンの方が一番美味しいと思ってる。
ラーメンだけでお腹いっぱいになると思っていたけれど、
不思議とぜーんぶいけてしまいましたw

:「全部食べれるじゃんwww」
SERUNA:「食べちゃったよww」

お店の奥様が「女性でも結構食べちゃうかた多いんですよー」
と仰っていました。

【春限定 えびしお春キャベツラーメン】
20180413_roppachi_003.jpg

こちらは妹が注文したラーメン。
スープを一口もらいましたが海老の香りがふんわりとして、
節系と同様に、こちらもあまりクセのない感じでした。
六八さんのラーメンはどれもハズレがなさそうですね。

とっても美味しかったです。
ご馳走様でした!



本日紹介したお店はこちら。
-----------------------------
麺や 六八
https://facebook.com/麺や六八-ろっぱち--1065052636865120/
住所/静岡県焼津市東小川2丁目16-22 
電話番号/054-620-6138 
営業時間/11:00〜14:00、17:30〜20:30 
定休日/月曜日 

※店舗情報は2018年4月現在のものです。
-----------------------------

…ところで知ってる?
ラーメンなどに入っている「なると」の生産は、
焼津市が全国の七割と圧倒的なシェア率を誇っているんですよ♪
(この記事でふと思い出したので、地元をアピールしてみた)


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしくね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ