FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
2021年03月01日 (月) | 編集 |
館内を一緒に見学している気持ちで見て頂けたら幸い。
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3603.html

「盗掘孔」について。実物大の模型がありました。
人が一人すっぽり入れるくらいの穴です。
歴史的にこういったお墓で盗掘ってのはどの国にもあるけど
遺体・遺骨があるのに墓荒らしとかちょっと私には
盗っ人の気持ちが理解できないな…

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_021

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_022

----------------------------
奇跡的に朱雀を残した閉塞石の盗掘孔。
 棺を入れた後に石室をふさぐ閉塞石に、泥棒が入り込んだ
あとがありました。石を壊して孔をあけ、石室内に入り込んだ
のです。しかし偶然にも、その孔は石の内側に描かれた朱雀を
避けてあけれられていました。

永遠の眠りのための密閉は、漆喰で入念に。
 閉塞石とは南の壁面のこと。棺を入れた後、石室をしっかり
と封じるためのものです。そのため、石の周囲には、ていねい
に漆喰を詰めてありました。

---------------------(説明文より)

キトラ古墳の壁画について。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_023

「青龍」東壁
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_024

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_025

----------------------------
 天井石の隙間から流れ込んだ泥土によって、多くの部分が
隠れており、赤外線撮影でも前脚の付け根あたりまでしか
確認できません。頭に日本の角をもち、口は大きく開き、
舌と下アゴが長く描かれています。鼻の両脇からは牙が上に
2本、下に2本突き出ています。前脚を前方に伸ばし、
肩に飾り毛をつけています。


---------------------(説明文より)

「玄武」北壁
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_026

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_027

----------------------------
 西を向く亀の胴体に蛇が大きく円弧を描いて巻きつき、
上部で蛇の頭と尾を交差させています。亀は後ろを振り返り、
蛇と顔を突き合わせています。蛇の体には斑点模様が描かれて
いることが特徴です。


---------------------(説明文より)

「白虎」西壁
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_028

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_029

----------------------------
 通常の白虎とは逆向きで、頭が北を向いています。
細身で首が長く、両目を見開いて口を開き、前脚を突き出して
います。尾は右後ろ脚の下をくぐって立ち上がっています。
顎や肩、脚の関節あたりから羽毛が出て風になびいているよう
に見えます。両肩と後ろ脚のあたりには赤い彩色があり、
腹にも朱色が塗られています。耳の毛や黒目の細かい描写も
注目されます。


---------------------(説明文より)

「朱雀」南壁
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_030

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_031

----------------------------
 クチバシを西に向け、地を蹴って羽を広げ、
今にも飛び立とうとしているような躍動的な姿は、きわめて
珍しいものです。全体はキジのように細身で、頭にかんむり状
の羽と耳のような飾り羽がついています。
長い尾羽が5本描かれており、尾羽の付近では下書きのヘラの
痕跡がよく観察できます。鎌倉時代の盗掘により、左羽根の
先端の一部を欠きましたが、姿の大半が残っています。


---------------------(説明文より)

★その3に続く!
→更新までしばし待て。


ブログに訪問ありがとう。
拍手をポチッとして頂けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報
2021年03月01日 (月) | 編集 |
----------------------------
《独自》軍艦島「朝鮮人少年虐待」描く韓国絵本 
無関係資料から作画 作者認める

https://www.sankei.com/politics/news/210225/plt2102250034-n1.html

NHK番組に軍艦島元島民「全く違う映像」と訴え
https://www.sankei.com/politics/news/210226/plt2102260037-n1.html

-----------------(リンク先:産経新聞)

一言で済ませるのは好きじゃないけど言わせて欲しい。
こういう事をするからあの国は大っ嫌い!なんだよ。
NHKも軍艦島の件で事実と異なる映像を垂れ流しておいて、
元島民から「おかしい」と指摘されたのに開き直るとか最低。
特亜の息のかかった局に受信料を払うのはもったいない。
とっとと解体されればいいのに。心底気持ち悪い。

嘘ついてまで日本を貶めるなんて絶対許せない。


ブログに訪問ありがとう。
「本当許したらいかん」と思う人は拍手をポチッと。
関連記事
テーマ:気になったニュース
ジャンル:ニュース
2021年03月01日 (月) | 編集 |
キトラ古墳の記事はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3598.html

2020.11.10 探訪 
「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」にやって参りました。
私たちがここキトラ古墳に来た理由というのは、古墳の壁画を
公開していたので、それを見る為に事前予約をしていたから。
詳細/http://www.kitora-kofun.com/

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_001

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_002

実物の壁画の方は撮影が禁じられているので写真は無いです。
「四神の館」のB一階展示物は自由に撮影できましたので、
そちらの写真を(気になったものだけ)アップしていきます。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_003

キトラ古墳内部はこうなっていますよという模型。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_004

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_005

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_006

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_007

石室壁面に大陸風の絵が描かれた古墳は、
日本では「高松塚古墳」と「キトラ古墳」の二つだけ。
誰が葬られていたかなど、ハッキリとしていない部分がまだ
沢山あるようです。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_008

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_009

土層を剥ぎ取った実物の標本が展示されていました。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_010

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_011

展示室内はこんな感じ。
天井のはキトラ古墳に描かれた天文図をあらわしたもの。
モニターには古墳に関する色々なものが映し出されてました。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_012

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_013

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_014

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_015

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_016

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_017

スタンプラリー。
全て押すと天文図が完成します。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_018

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_019

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_020

★その2に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3605.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みになってます。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報
2021年02月27日 (土) | 編集 |
Googleマップのストリートビューを開いては、
自分が子供の頃の思い出の場所を探して現在どうなっているか
見るのが面白くてたまらなかったりする。「あの頃の場所」
が綺麗さっぱりなくなっていたり、全然違う景色に変わって
いたりすると軽くショックを受けるのは私だけだろうか。
けれどそれより何より驚いたのが、幼稚園の頃に住んでいた
アパートが(数年前に実際この目で確認してはいたけれど)、
今もまだそのままの形で残っているという事。
周囲の建物が変化していたり、昔あったはずの田んぼの上に
住宅が建っていたりと少し寂しくはあったけれども、
かつて住んでいた建物だけは全然昔と変わらずそこにあって
何故だか妙に安心した気持ちになってしまった。

しかし時間は確実に進んでいるのだし、そんな景色もいつかは
変わってしまう運命。「そんなムチャクチャな…」と言われて
しまうかも知れないが、思い出が消えるのは正直怖いので、
まだ暫くそのまま変わらないでいて欲しい。

ストリートビュー以外にもYouTubeで昔の景色を探したり、
画像検索して昔の焼津の風景を探してみたり…
戻れるものなら昔に還りたい。夢も捨てず無垢だった子供時代
に戻りたい。そうしてまた思い出の場所に訪れたい。
あの頃、あの時、あの時間をもう一度体験したい。

旧港のかまぼこ屋根、昔の焼津の浜、昔の駅前の景色、
今はもうないあのビル、昔連れて行ってもらったパーラー、
子供の頃に通った幼稚園、かつて市内にあったデパート、
昔の商店街、スケートリンク、小学生の頃の旧体育館……

もうずっと思い出の中で生きていたい。

(=゚ω゚)「どうした、何があった?」
SERUNA:「いや…色々とな…」

関連過去ログ
昔は良かったってのは本当だよ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2234.html
その他、私の思い出話のほとんどは、
カテゴリ「記憶の彼方」にぶっこんであります。


ブログに訪問ありがとう。
現実逃避したくなる気持ちがわかる人、拍手をポチッと。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2021年02月26日 (金) | 編集 |
※画像はハセガワ公式サイトから。
2021_アオシマ_レトロ自販機_ハンバーガー

・「レトロ自販機 ハンバーガー」
http://www.hasegawa-model.co.jp/product/fa11/
1/12スケールなので小さいフィギュアに合わせられる大きさ。
我が静岡、我が焼津が誇るホビーメーカー「ハセガワ」が、
レトロ自販機のプラモを販売するという事でちょっと嬉しい。
痒いところに手が届くこういったニッチな商品を出してくれる
メーカーさんって他になかなか無いからなぁ…
欲を言えばメインパネルは謎生物(ネコ?)の絵じゃなくて、
あのおじさんのイラストか、ハンバーガーの写真がいいな。
何らかの権利が絡んできて難しいんだろうか。安くて良いけど、
パネルがもっとそれっぽい雰囲気になればいいのに。
あとハセガワさん、うどんの自販機も出してくれないだろうか。

・「S.H.Figuarts 孫悟空の腹八分目セット」
https://tamashii.jp/item/13552/
バンダイ魂ウェブ。悟空のフィギュアは持ってないけど、
他のフィギュアに合わせようと思ってる。色々使えそうだし、
絶対買うつもり。中華屋の椅子とテーブルってなかなか無いよ。

・「ジャンケンマンJP」
https://p-bandai.jp/item/item-1000155613
実際に遊べるおもちゃ。大きさ的には写真から推測して、
1/6サイズのお人形に丁度良いくらいかな?
コレも欲しいなと思ってしまった。こちらもバンダイ。
コイン排出口と、天辺にあるはずのパトライトが無いのは
少し惜しい部分ではあるが。


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援がいつも更新の励みになっています。
「面白いの色々あるんだねー」となった人は拍手をポチッと♪
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用