FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年12月05日 (水) | 編集 |
検索からいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

「湯殿」=お風呂です。

20180610_tono_densyoen_116.jpg

-----------------------------
鉄砲風呂(金属製の筒を据風呂に取り付けたもの)が置かれ、
週二〜三回入浴に使われました。
               提供者 宮守 菊池三和子氏

----------------------(案内板より)

20180610_tono_densyoen_117.jpg

20180610_tono_densyoen_118.jpg

もういちど、曲り家を見て撮影をしてみる。

20180610_tono_densyoen_119.jpg

井戸もありました。

20180610_tono_densyoen_120.jpg

「水車小屋」も。

20180610_tono_densyoen_121.jpg

20180610_tono_densyoen_122.jpg

20180610_tono_densyoen_123.jpg

20180610_tono_densyoen_124.jpg

先ほど見てきた「オシラ堂」を外側から。

20180610_tono_densyoen_125.jpg

神様が祀られておりました。

20180610_tono_densyoen_126.jpg

20180610_tono_densyoen_127.jpg

20180610_tono_densyoen_128.jpg

「工芸館」の中を撮影。これは機織り機ですね。

20180610_tono_densyoen_129.jpg

伝承園の出入り口に戻ってきました。
ココではこれらの帽子を貸し出ししてくれるそうです。
恥ずかしくなければ、カッパになった気分で帽子をかぶり、
園内をまわってみては如何でしょうかw

チビッコ用のもありましたが、ちっちゃい子がカッパの帽子
をかぶったらめちゃめちゃ可愛いかも知れないね。

20180610_tono_densyoen_130.jpg

20180610_tono_densyoen_131.jpg

20180610_tono_densyoen_132.jpg

-----------------------------
遠野 伝承園 
http://www.densyoen.jp/
住所/岩手県遠野市土淵町土淵6地割5番地1 
電話番号/0198-62-8655 
開園時間/午前9時〜午後5時(入園受付は午後4時30分)
休園日/年中無休 
入園料/大人 320円、小・中・高校生 220円

※施設情報は2018年12月現在のものです。
-----------------------------


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2018年12月05日 (水) | 編集 |
検索からいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

「おくざしき」
部屋の中が暗くてなんだかわからないと思いますが…

20180610_tono_densyoen_098.jpg

-----------------------------
私たちは幼少の時分、よく祖父母から炉端話に、ザシキワラシの
事を聞かせられたものである。そのザシキワラシとはどんなもの
かと言えば、赤顔垂髪のおよそ五〜六歳位の子供で、土地の豪家
や由緒ある旧家の奥座敷などにおるものだということであった。

そのものがおるうちは家の富貴繁昌が続き、
もしおらなくなると家運の傾く前兆だともいわれていたという。

      佐々木善善著『遠野のザシキワラシとオシラサマ』

-----------------(おくざしき 説明文より)

お部屋の灯り。

20180610_tono_densyoen_099.jpg

暗くてなんだかわかりませんね。

20180610_tono_densyoen_100.jpg

画像をいじってみたところ、向こうに壁と家具のようなものが。
何か写ってたらどうしようとドキドキでしたw

20180610_tono_densyoen_101.jpg

「ねべや」
読んで字のごとく寝室です。ものすごく狭かった。

20180610_tono_densyoen_102.jpg

古い写真です。
赤ちゃん用の「蚊帳」の中で寝かしつける家族(?)。
今の若い子たちは蚊帳って何なのかを知らないだろうな。
これは赤ちゃん用だけど、本当は蚊帳って部屋の中を囲う感じ
にするんですよね。

20180610_tono_densyoen_103.jpg

家族と食事の風景でしょうか。

20180610_tono_densyoen_104.jpg

繭玉糸取り体験コーナー。
説明を見てもやり方がよくわからなかった… (´・ω・`)

20180610_tono_densyoen_105.jpg

20180610_tono_densyoen_106.jpg

20180610_tono_densyoen_107.jpg

20180610_tono_densyoen_108.jpg

「茶の間」にあった赤ちゃんちぐら。
正式には「えんつこ」「えずこ」と言うそうです。
未来に残したい伝統工芸品ですね。

20180610_tono_densyoen_109.jpg

昔の道具。

20180610_tono_densyoen_110.jpg

曲り家の中から外を見る。

20180610_tono_densyoen_111.jpg

外へ出て「雪隠(せっちん)」へ。
(注:コレはあくまで展示用なので使えません
恐らく若い子は「雪隠ってなに?」状態だと思いますが、
簡単に説明するとトイレの事です。やり方はというとですね…
板に足を乗せ、この間の隙間にするんです。
落ちたらいけないので、縄にぶら下がって用を足します。

20180610_tono_densyoen_112.jpg

昔のトイレは、こうして家とは離れた場所にあったんです。
というか自分の時代はもうトイレは家の中にあって、
ちゃんとした水洗でしたけどねw

20180610_tono_densyoen_113.jpg

20180610_tono_densyoen_114.jpg

ちなみに木のヘラのようなものでお尻を拭いて、
汚れた使用済みのヘラは、下に捨てる場所があります。
このヘラは「籌木」と呼ばれるもので、汚い呼び方で言うと
「くそべら」という別名があるものです。

現代では、こんなのとても考えられないッスな…
使えと言われたら私は絶対に嫌かもw

20180610_tono_densyoen_115.jpg

ちと汚い話が続きますが昭和30年代くらいまでは「肥溜」
ってやつがありましてね、それらは畑の肥料に…
という事を若い子が知ったらきっとブッ倒れるかも知れません。
そんな肥料で作られたお野菜を口に出来るか?と聞かれたら、
私はそういうので育った人間ではないので無理ですけどw

★その8に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2425.html


あなたの応援がブログ継続の活力となっています
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2018年12月03日 (月) | 編集 |
検索からいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

「だいどころ」にやってまいりました。
囲炉裏がとても良い雰囲気ですね。暖かかったです。

20180610_tono_densyoen_079.jpg

20180610_tono_densyoen_080.jpg

展示用の作り物だと思いますが、見上げるとお魚が。

20180610_tono_densyoen_081.jpg

20180610_tono_densyoen_082.jpg

このお部屋で語り部さんによる遠野物語が聞けるらしい。
岩手の方言でお話しされるので、わからない言葉もありそう。

20180610_tono_densyoen_083.jpg

語り部さんが不在の時間は、物語はテープで自動再生。
おばあちゃんのお人形の隣にあるセンサーに手を近づけると、
「オシラサマ」「五徳のはなし」の二本が聞けます。

20180610_tono_densyoen_084.jpg

遠野物語を再生させながら囲炉裏のそばに座ってみる。
まったりしているとだんだん眠くなってきますね。
こういうお家に住んで、ゴロゴロしたい。

20180610_tono_densyoen_085.jpg

カメラを「だいどころ」から「常居」に向けて撮影。
古いお家の風景は、私にとっては非日常。
あぁ…なんだか現実逃避がしたくなってきたなw

20180610_tono_densyoen_086.jpg

20180610_tono_densyoen_087.jpg

↓【警告以下、虫注意!

これから蚕の写真がしばらく続きます。
虫(芋虫っぽいやつ)が苦手な人は、
ココから下はスクロールをお願い致します。
虫の写真が出てくるので、嫌いな人はすっ飛ばしてくださいね。

「おもてざしき」にむかいます。
このお部屋では本物の「蚕」を飼育しているようです。

20180610_tono_densyoen_088.jpg

20180610_tono_densyoen_089.jpg

桑の葉っぱの上にゴチャッといる白い子たちが、お蚕さん。
静かに聞き耳を立てていると「パキ…パキ…」と葉っぱを食べる
小さな音が聞こえてきますよ。虫はあまり好きじゃないけど、
ナゼか、お蚕さんだけは可愛く感じてしまう不思議。

20180610_tono_densyoen_090.jpg

20180610_tono_densyoen_091.jpg

20180610_tono_densyoen_092.jpg

-----------------------------
桑の葉の効果 
 中国では漢方として「滋養強壮・血行促進」などに用いられる
桑の葉ですが、注目すべき成分は桑の葉にしか発見されていない
特有成分「DNJ」(1-デオキシノジリマイシン)です。
DNJには「血糖値を下げる」「血圧を下げる」「抗酸化作用」
「便秘解消」といった作用があります。
また、血糖値を抑制する作用から、低インシュリン状態を維持し、
体脂肪を抑制するダイエット効果があります。
食欲旺盛なお蚕さんの食べ物だけあって、桑の葉にはビタミン・
ミネラル・食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれています。

--------------------(蚕の説明文より)

棚の上にも、カゴの上にも、お蚕さんたちでいっぱいですよー。
コレきっと虫嫌いな人にとっては地獄絵図に違いない。
真っ白くて可愛いのにー。

20180610_tono_densyoen_093.jpg

20180610_tono_densyoen_094.jpg

本当は動画でお伝えしたいところ。
お蚕さんたち、みんなモニョモニョ動いていましたよ。

20180610_tono_densyoen_095.jpg

お蚕さんは、人間がいないと生きていけません。
「小さな羽が生えても飛ぶ事ができない」というのも、
個人的にはお蚕さんの萌えポイントw

20180610_tono_densyoen_096.jpg

20180610_tono_densyoen_097.jpg

-----------------------------
 カイコは、家産(かさん)とも呼ばれ、人から与えられた
桑の葉だけを食べる野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化
動物(昆虫)で、野生には生息しません。
 カイコは、腹脚が退化しているため樹木に自力で付着している
ことができず、野外の桑にとまらせても、風が吹いたりすると
容易に落下してしまい、ほぼ一昼夜のうちに地面に落ちるか捕食
されるかで、全滅してしまいます。
 繭を作る際も、人工的な枠(まぶし)に入れてやらないと
うまく繭を作れません。ふ化して成虫になっても、
羽が小さく飛ぶことはできません。

--------------------(蚕の説明文より)

★その7に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2424.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2018年12月01日 (土) | 編集 |
検索からいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

「オシラ堂」の中に入りました。堂内はとても狭いです。

20180610_tono_densyoen_068.jpg

20180610_tono_densyoen_069.jpg

後ろを振り返ってみてもオシラサマだらけ。
もうお堂の中全部オシラサマ。年季の入ったものまであります。

20180610_tono_densyoen_070.jpg

オシラサマは岩手だけではなく、青森にも。
ちなみにオシラサマを粗末に扱うとどうなるか………
これは各自検索して震えてくださいw(というかそもそも神様を
雑に扱うなんて普通はしないし、ありえないんですけどねー)

-----------------------------
青森県のオシラサマ 
 オシラサマ、オスラサマ、オシナサマなどと呼ぶ。
桑の木で作り2体1対で包頭型が多い。災難除け、病気治癒、
農業手伝神、お知らせの神、粗末にすると咎める神と言われて
いる。南部地方では、旧正月16日〜3月16日までの間に
家にイタコを呼んでオシラサマを遊ばせる事が多く、
オシラ祭文を唱え両手に持って操り、一年の吉凶を占う。
 津軽地方でも春秋にイタコを呼んで遊ばせる。
津軽地方のオシラ信仰の中心は弘前市久慈寺の「オシラ講」
である。5月15日・16日には、美しい錦で包まれたオシラサマ
を持参して多くの参拝者が集まり、判をもらって「位」を
授かる。判の数が多いほど位の高いオシラサマと言われ、
その影響は津軽一円に広まっている。

------------------(オシラ堂 案内板より)

他にも「二足四足の動物の肉を食べてはいけない」
「一度オシラサマを家で祀ると拝むことを止められない」
などの決まりもあるそうで、それを破ると……

(=゚ω゚)「えぇー、豚も牛も食べられなくなっちゃうー」
SERUNA:「もちろん馬肉もなw」

…でも今は、それをキチンと守っている人はいないだろうな。
お馬さんだけは食べないかも知れないけれど。

20180610_tono_densyoen_071.jpg

ここにも、あそこにもオシラサマ。

20180610_tono_densyoen_072.jpg

20180610_tono_densyoen_073.jpg

みんなの願い事がいっぱい。

20180610_tono_densyoen_074.jpg

桑の木のご神木。

20180610_tono_densyoen_075.jpg

20180610_tono_densyoen_076.jpg

20180610_tono_densyoen_077.jpg

20180610_tono_densyoen_078.jpg

★その6に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2423.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報