定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2017年07月05日 (水) | 編集 |
諸説あるでしょうけど、面白かったので皆さんにも紹介しておく。
日本には、忌むものや畏れるものが昔から色々あってだな…

-------------------------------
忌み地・忌み山の話
http://chaos2ch.com/archives/3491782.html
忌み地・忌み山の話 その2
http://chaos2ch.com/archives/3492491.html

※元スレ
http://minzocu.denpark.net/1062292997.html

----------------(リンク先:カオスちゃんねる)

いや別に、忌みと意味をかけたワケではありませんが… (;´Д`A

決してこういった怖い話だけではなく、昔からその土地についている
地名には意味があって、その背景には何らかの物語があるという事は
このブログでも以前から何度も話していた通り。
かといって全ての地名がそうとは限らないし、伝えられるままのお話
があったかどうか、そして、その物語なり伝説なり言い伝えが本当か
どうかは定かではないけれど、忌み地・忌み山の話は読んでみて
とても興味深かった。

こういうのって、そこで何があったか大掛かりに調べてみると、
「発掘したらこんな物が出てきた!」ってのも時々あったりするから
侮れないよね。嘘だとは一概には言えないと思う。
昔からの言い伝えってのは大事だね。

関連過去ログ:
昔から残される伝説や地名には意味がある。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-391.html
「蛇」または「龍」は水の関係する場所を意味していて、
それらが暴れる話は河川の氾濫を意味したりね。


ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ
2017年07月05日 (水) | 編集 |
長島ダムのオマケ的な記事を。
あの辺りには天狗伝説が残されているそうですよ。

《天狗伝説1》
犬間の住民が、焼畑小屋で晩ご飯の用意をしていたところ、
戸口から大きな手が差し込まれました。住人は驚いて、
「これはきっと天狗様に違いない」と思い、差し込まれた手に
ご飯をよそってやると、天狗はそのまま姿を消したそうです。

《天狗伝説2》
犬間の奥に住む大蛇が、七つ峰に住む天狗様と出会いました。
天狗様が怪我をしていたので大蛇が温泉で介抱すると、天狗様は
「恩返しがしたい」と申しました。大蛇は、河原に石が多くて
困っている事を伝えると、天狗様は石を天狗石山の上に運びあげ、
大蛇を助けたということです。

《天狗伝説3》
天狗様が天狗石山の頂から富士山まで、一晩で石橋を架けようと
しました。しかしあと少しというところで朝が来てしまい、
天狗様は泣く泣く橋を架けることを諦めたという事です。
いまでも天狗石山の山頂には、この時の土台石や、
巨大な石が残っているそうです。

《天狗伝説3》
雨の降る夜、天狗石山の方から太鼓や笛の音が聞こえてくる事が
あるそうです。


ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2017年03月19日 (日) | 編集 |
第89回 選抜高校野球大会、5日目に静岡と対戦する不来方高校。
『不来方』という名前が気になって調べてみたら、不来方というのは
元々岩手県盛岡市にあった地名で、実に面白い由来から来ていた。

-------------------------------
【三ツ石神社 御由緒(案内板より)】
https://www.nihon-kankou.or.jp/iwate/032018/detail/03201ag2132081554
http://home.s01.itscom.net/sahara/stone/s_tohoku/034_mithuishi/034.htm

 伝説によると昔この地方に羅刹という鬼が住んでいて
付近の住民をなやまし旅人をおどしていました。そこで人々は
三ツ石の神にお祈りをして鬼を捕えてもらい境内にある巨大な三ツ石
に縛りつけました。鬼は二度と悪さをしないし、又二度とこの地域
にはやってこないことを誓ったので約束のしるしとして三ツ石に
手形を押させて逃がしてやりました。
 この岩に手形を押したことが「岩手」の県名の起源と言われ、
又鬼が再びこないことを誓ったのでこの地方を「不来方」と呼ぶよう
になったと伝えられています。
 鬼の退散を喜んだ住民たちは幾日も幾日も踊り、
神様に感謝のまごころを捧げました。この踊りが「さんさ踊り」
の起源といわれています。

-------------------------------

「不来方(こずかた)」の地名は縁起が悪いという事で忌み嫌われ、
「森ヶ岡」と呼ばれるようになり、やがて現在の「盛岡」に転じた。
ちなみに「盛岡」の地名は、永福寺(城下の鬼門にあり鎮護の役目を
果たした寺)の山号「宝珠盛岡山」から来ていて、元禄以降についた
名前のようです。



そうそう、名前の話からちょっとズレますが最後に。
大会の開会式で国歌独唱をされた、不来方高校の竹内菜緒さん。
もの凄く美声で驚きました。素晴らしかったですよ。


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2017年01月06日 (金) | 編集 |
本日は地名のお話でも…

あちこち旅行して、ちょっと気になった地名を標識で目にすると、
持っているiPadを取り出してその由来を調べるのがクセになっている
のですが…地名からその土地の歴史や、ゆかりの人物などがわかって
面白いですよね。古地図を見るのも好きですけれども、こういうのを
調べるのってめちゃくちゃ楽しいです。私、日本武尊が好きで、
記紀風土記では全く触れられていない彼の物語を知りたかった時に、
ゆかりの場所周辺の地名をたくさん調べたこともありました。
神社めぐりをする時、地名がヒントになって役立つ時もあります。

ちなみにですが現在の地形では見えない事も、当時を想像するのに
「地名+古地図」の組み合わせは最強なのでオススメ。
その土地に伝わる物語と地形が一致した時はシビれたなぁー。
地名だけでなく、山や川の名前からもその土地の歴史がわかったり
するので、たかが名前と侮ってはいけないッス。

-----------------------------
横浜の旧地名が怖すぎる件
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4732561.html

-------------------(リンク先:キニ速)

中にはそこで起きた災害や不思議な出来事が地名になってる場所も。
一目見て恐怖する名前もあるだろうけど、地価が下がるだの何だの、
単純な理由でキラキラした名前に変えちゃうのは愚かな行為。
「呪いみたいな出来事が頻繁に起こるから一字だけ改める」とか、
その程度どまりだったら、まだ理解出来るんですけど。

さて、あなたの住んでいる所は何という地名?
興味を持って調べてみると面白い事がわかるかもですよ♪ ( ^ω^ )

おまけ
「地名 歴史 pdf」で検索すると、様々なサイトにある色々な資料や
レポートが出てきます。興味深いものも引っかかってくるので、
皆さんもググってみてはいかがでしょう。

あと、特定のジャンルにしか役立つ事はないと思うけれど、
『古代地名検索システム』なんてサイトがあるので貼っておきます。
http://chimei.nabunken.go.jp/


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:地域情報
ジャンル:地域情報