FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年06月14日 (金) | 編集 |
【メモ・2013年に行った神社仏閣(2)】
某SNSがもうじきなくなるということでメモ。
下の写真は日本武尊が生まれた時に使われたという石の盥。

20190614102407ef5.jpg

2013.7.21/御穂神社、三保の松原 
2013.8.16/日岡神社、日岡陵、石の盥(兵庫) 
2013.8.17/(兵庫・和歌山)生田神社、廣田神社、加太淡嶋神社 
2013.8.18/(和歌山・奈良)
 日前神宮・國懸神宮、竈山神社、竈山墓、伊太祁曽神社、大国主神社、
 長尾神社、石園座多久虫玉神社 

※石の盥は日岡神社より南方約1.5km。
 加古川町美乃利の民家の軒先にあり。
※日岡陵/
 この御陵は、明治16年4月14日姫路総社の神主庭山武正の考証にもとづき、宮内庁において第12代景行天皇のお后稲日大郎姫陵と決定されたものである。
 稲日大郎姫(播磨風土記では印南別嬢)は、若建吉備津日子命の娘で、景行天皇がはるばる大和から妻どいされ、皇后になられた。
 その後、年を経て稲日太郎姫命は亡くなられ葬送の儀がとり行われた時、遺体を天の鳥舟に安置して、印南川(加古川)で渡御の儀式が行われた。この時、河は増水して、濁流が渦巻き、更に大風が起って天の鳥舟は、姫の遺体と共に濁流に呑まれてしまった。その後必死に遺体の行方を求めたが、遂にわからず、ただ匣(くし)と褶(ひれ)だけが見つかり、これを墓に葬ったと伝えられており、“ひれ墓”とも呼ばれている。
 なお、この御陵は古墳時代前期の前方後円墳であるが詳細は不明である。

播磨国風土記の中に描かれる稲日大郎姫について:
「この女性の容姿が端麗なことはこの世にすぐれていた」とある。
 景行天皇の后であり、日本武尊の母。

※竈山墓について。三田地区には、彦五瀬命のお供をした者の
 子孫が代々住み続け御陵を守り続けている。
※大国主神社には鎌倉時代から続く「大飯盛物祭」という神事がある。
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
2019年06月12日 (水) | 編集 |
【2013年に行った神社仏閣(1)】
某SNSがもうじきなくなるということでメモ。
下の写真は月夜見宮の参道。

201906121600579c3.jpg

2013.1.6/軍神社(静岡市)

※軍神社には四コマにでもなりそうな面白い物語が。
むかしむかしのお話です。 村の悪童が軍神社の『神像』を持ち出して首に縄をかけ、道に引き回して遊んでいるところを村の老人が見つけ「神像にそのような事をするとは何事か!」 と悪童らを咎め、神像を洗い清めて社に戻しました。
その夜のことです。老人が病に倒れ神懸りになったかと思うと…
「子供らと楽しく遊んでいたのに何故邪魔をしたのだ」 とうわごとを言いはじめたのです。驚いた家族が神様に謝罪をしたところ、 老人の病気はすっかり治ったということです。

2013.1.12/神田明神、柳森神社(東京) 
2013.1.13/武蔵総社 大國魂神社(東京) 
2013.2.10/不知森神社 八幡の藪知らず、国府神社(千葉) 
2013.2.11/飯香岡八幡宮、八剱八幡神社、證誠寺(千葉) 

※国府神社は松戸街道の通り沿いに鳥居がある。 
 見落としやすいくらいにポツンとしているので注意。 
 日本武尊とコウノトリのお話が残されている。 
※飯香岡八幡宮のある「飯香岡」の地名は、日本武尊がこの地で
 食事をした時、飯の香りを褒めた故事によりつけられた。 

2012.3.9/(奈良〜大阪)
 大和神社(おおやまと神社)、景行天皇陵、崇神天皇陵、
 景行天皇 纒向・日代宮跡、相撲神社、大兵主神社、
 景行天皇皇子日本武尊 白鳥陵(軽里大塚古墳)、
 大鳥大社、仁徳天皇陵 
2013.3.10/(大阪〜奈良)
 住吉大社、磐船神社、矢田坐久志玉比古神社、廣瀬大社 

白鳥になった日本武尊(古事記ルート) 
能褒野で亡くなる→→→→→→→→→→河内の旧市邑 
白鳥になった日本武尊(日本書紀ルート) 
能褒野で亡くなる→→大和の琴弾原→→河内の旧市邑 

※記紀では、白鳥になった日本武尊は河内の旧市邑を最後に、
どこかへ飛び去ったとあるが、記紀で語られない話では最後
大阪の大鳥神社のあたりに降り立ったとされている(由緒に、
河内国古市に飛んだ後、最後に此の地に留り坐したとある)。

2013.4.12/明治神宮 
2013.4.28/静岡縣護國神社 

2013.5.18/
 伊勢神宮(外宮・内宮)、おかげ横丁・おはらい町、
 月夜見宮、せんぐう館 
2013.5.19/
 伊雜宮、御師の家、伊雜宮 神宮御料田、
 瀧原宮、道の駅「木つつ木館」、斎宮歴史博物館 

※過去ログから、伊勢神宮で見たちょっと泣かせる話。
(某SNSで書いた日記の転載。5月の参拝で見たものについて)
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1310.html 

※月夜見宮:外宮の北御門〜月夜見宮へ行く間の宮後町の道を
 小字神路といい、通称「神路通り」と言う。昔は並木があり
 中央を避けて通ったと言われ、今でも中央を歩かない風習が
 残されている。家並みの不浄所の戸も道の方へは開けず、
 不吉な行列もこの道を通らないとされている。
(この神路通りのアスファルト中央部は黒く色分けされている。
 もっと驚くことにそう広くない道なのに、地元の車が本当に
 中央を避けて走行していた。ちなみにこの辺りの子供達は
 「神路通りを通行する時は真ん中を避けて歩きましょう」
 という教育を受けるのだそうな)

※御師の家の詳細。伊雜宮神職直属の御師を先祖にもつ、
「森新」さんというかたがいました。
 https://tyottonow.com/yamatohime-izougu/

森さん:「( ´ ∀ `) どちらから来なさった?」
SERUNA:「焼津から来ました」
森さん:「あー、静岡の。ええところですねぇ。焼津に島田…
  あの辺はええところです。焼津は津波が怖いですけどね」
SERUNA:「このあたりもノンビリいい所ですね」
森さん:「歴史的な影響をあまり受けなかった所ですからね、
     静かでええところでしょ」
で、海の話をキッカケに、
戦国時代に居たという水軍についての話とかもしてくれました。
森さん:「昔は熊野水軍ってのがいましてね。
     まぁ水軍って言っても海賊なんですが…」
戦国の時代は色々あったらしい。
伊雜宮は、その水軍の略奪にあったとかなんとか。

※斎宮歴史博物館に展示されてた重要文化財「鳥型・羊型硯」
 が可愛くてたまらない。
2019年06月12日 (水) | 編集 |
【2012年に行った神社仏閣(2)】
某SNSがもうじきなくなるという事でメモ。
下の写真は白兎海岸。

20120722_白兎海岸

2012.6.23/ラーメン博物館 
2012.6.24/横須賀海軍カレー本舗、走水神社、御所ヶ崎(旗山崎)、
 ヴェルニー公園、横須賀港 

2012.7.14/弓削神社、酒折宮、朝気熊野神社、武田神社、
 松尾神社、恵林寺 

※弓削神社の南側に日本武尊の家臣「大伴武日連」の古墳がある
 との事だったが場所がわからなかった。
※朝気熊野神社がある「朝気」という地名は日本武尊が命名。
 酒折宮に泊まった翌朝、このあたりに来て朝食をとった。
※松尾神社の境内片隅に、日本武尊が一夜の褥(しとね)にした
 という言い伝えのある「褥塚」が。他にも,彼が昼食の時に
 使っていた箸を立てるとその箸から根や枝が生え、
 大きな杉の木に変化したという伝説のある「お箸杉」が
 あったらしい(今は無い)。
※恵林寺:「心頭滅却すれば火もまた涼し」はこの寺から。
 武田信玄公の墓所もある。

2012.7.21/宮本武蔵生誕の地、讃甘神社(岡山)、
 国府中央公民館、鳥取市稲葉万葉資料館(鳥取)
2012.7.22/(鳥取のみ)宇部神社、因幡国庁跡、
 白兎神社、白兎海岸,鳥取砂丘
2012.7.23/日吉神社、初鹿野、中臣印達神社、射楯兵主神社、
 西宮神社、日本橋(大阪)

※初鹿野:日吉神社から直線距離にしておよそ約3〜4km辺り。
※兵庫では太田家にて和牛を食す。
 大阪では人情麺家 牛骨王でレモン入り塩ラーメンを食す。

【稲葉万葉資料館の庭園にて】
展示会→講演会→展示会の順でいって最後に何となく歴史館の庭園をぶらっとしていたら…「すみません、写真をお願いできますか?」と、杖をついたおばあさんが。「いいですよー」と旦那が快く引き受け写真を撮ると、この方、「ここは思い出の場所なんです」と。お庭に万葉の句碑があってそれを眺めていたそうです。万葉歴史館で『曲水の宴』というものをやるらしく、それも教えていただきました。

「私、92になるんです。この年になるとあまり外出が出来なくてね、孫に車で連れてきてもらって…あ、孫はおりんさんと言うんですけどね」(『りん』さんという名前なのかな?)
記念に写真を撮ってもらおうと思っていたものの、誰もいなくて諦めていたら、丁度私達が通りかかったから良かったと言っていました。「どちらからいらしたんですか?」と聞かれたので、静岡の方から…と答えたら、静岡にお友達がいたそうでそれも懐かしそうにお話をしてくださいました。
「神仏のおかげでしょうね、ありがとうございます。これで私も思い残す事なく逝けます」
─いやいや、そんな事言っちゃダメです。いつまでも元気でいてください。
久々にほっこりとした時間に出会えました。撮影したカメラはデジカメではなくフィルム式のカメラ。写真のフィルムが最後の一枚だったけれど、うまく撮れていただろうか?

2012.8.2/黒犬神社(鬼岩寺境内)、見付天神 矢奈比売神社 
2012.8.4/草薙神社 旧跡地、首塚稲荷神社、草薙神社 

2012.8.18/(岐阜)伊吹山、南宮大社、御首神社、
 日本武尊史跡 当芸野(または多芸野とも)、養老の滝

※ちなみに伊吹山への往復の通行料金は三千円。高いよ!
 山の四合目あたりには日本武尊「遭難碑」があり、
 彼が記紀のお話の中で山神にやられたのはその辺りとの事。
 麓から登山をしないと見れない。山は夏なのにひんやりした。
※日本武尊史跡 当芸野:養老公園近くの『大菩提寺(大悲閣)』
 (場所は岐阜県養老町)というお寺の境内にあり。

2012.11.11/大鳥神社(東京都目黒区)
2012.12.8/萱津神社、幡頭神社(愛知)
行けなかった場所:「羽豆神社」

※幡頭神社:神社から見える「梶島」の名前は、
 海で遭難した建稲種命(日本武尊の家臣であり、宮簀媛の兄)
 の遺体が海岸に流れ着いた際、乗っていた船の『梶』が島に
 流れ着いた事に由来するもの。建稲種命は海で見つけた
 珍しい水鳥を日本武尊に献上しようと考えて獲ろうとしたが、
 海に落ちて溺死してしまった。
2019年06月11日 (火) | 編集 |
【2012年に行った神社仏閣(1)】
某SNSがもうじきなくなるという事で、行った場所をメモ。
下の写真は日本武尊の陵墓。

20120526_日本武尊能褒野御墓(能褒野御墓)

2012.1.8/(神奈川)寒川神社、お昼にラーメン博物館 
2012.1.9/走水神社、記念艦 三笠、
 よこすか海軍カレー館 魚藍亭(カレー) 
行けなかった場所:御所ケ崎(走水神社近く)

2012.1下旬/浅草神社、浅草寺、仲見世、妻恋神社 

2012.3.11/大井神社(島田市)
2012.3.17/
金持神社(鳥取)、出雲大社、出雲大社 北島国造館出雲教、
「そば処 おくに」で食事、稲佐浜、日御碕神社、日御碕港、
万九千神社、神立橋

※万九千神社や神立橋のある地域は「神立」という名が。
神々は出雲大社や佐太神社での各神事の後に万九千神社で
お別れの宴を開く。この神社の神官が「お立ち、お立ち」と
神等去出を告げると神様たちはいよいよ故郷へと旅立たれる。
万九千神社を出た神々が旅立って行く場所がまさにこの
『神立橋』からだとか。
ついでに日本武尊が出雲健を討った場所がどこかを調べたら、
この神立橋付近にぶち当たった。地名や付近に残されるお話
から辿りに辿りまくった結果だが場所はハッキリしない。

2012.3.18/
須佐神社、斐伊神社、八本杉、草枕山、八口神社、
尾留大明神旧社地、八俣の大蛇公園、須我神社、八重垣神社、
佐太神社、おまけで島根県立美術館 

八本杉:斐伊神社から約100m。八岐大蛇を倒したスサノオは、
 再び大蛇が生き返り人々に危害を加えて悪さをしないよう、
 八つの頭をこの場所に埋め、その上に杉の木を植えた。
 杉は斐伊川の氾濫により何度も何度も杉の木が流されてしまい、
 その度に補植されているのだそう。今の杉は明治6年(1873年)
 の水害後に植え直しされたものとの事。

草枕山:斐伊川と、赤川の合流点に近い場所に草枕山。
 現在はふたつに分かれているが元々はひとつの山。
 スサノオの大蛇退治の話で酒に酔った八岐大蛇がグッタリして
 枕にした山だという。スサノオが矢を射った八口神社の場所から
 この山がよく見える。
尾留大明神旧社地:スサノオが大蛇退治したあと、
 大蛇の尻尾から天叢雲剣を見つけた場所。
 わかりづらい場所にあるが草枕山のすぐ近くを探せばOK。
 案内板によるとそこから200m北の場所が本当だが、
 斐伊川の氾濫により、延享元年(1744)に現在の場所へ移動。 

2012.3.19/
松江城、松江神社、美保神社、美保関灯台(地蔵崎)、
美保関の港町ぶらり、ついでに鳥取の水木しげるロード

2012.4.7/近江神宮、伏見稲荷大社 
2012.4.8/八阪神社、祇園の街、仲源寺、晴明神社、
 上賀茂神社(賀茂別雷神社)、貴船神社、
 下鴨神社(賀茂御祖神社) 

2012.5.7/玉清井神社、鹿島神宮(茨城) 
     香取神宮、吾妻神社、太田山公園(千葉)
行けなかった場所:香岡八幡宮

※玉清井神社:常陸国風土記によれば日本武尊は海北の地を
平定後に槻野の泉に立ち寄られ水に近寄り手を洗い、
お持ちになっていた勾玉を清めようとしたところ、誤って井の中
に落としてしまったという。その事からこの泉は『玉清の井』
と言う。現原丘や梶無川は玉清井神社の近くにある。
行方市の地名の由来は日本武尊ゆかり。
※太田山:弟橘媛が走水の海に身を投げたことを悲しみ、
弟橘媛を想ってこの地に七日間とどまり、太田山からずっと
海を眺め続けていたというお話が。
この山には「きみさらずタワー」が立ち、小さな「橘神社」
もある。猫いっぱいいた。

2012.5.13/御所の前、矢倉神社、鞍佐里神社、
 山宮浅間神社(富士信仰の祭祀遺跡) 

※「御所の前」は静岡市駿河区小坂1322-1付近。
 『JA静岡市 小坂支店』の西約200メートル。
 日本武尊が行宮を建てた場所。
※「山宮浅間神社」の祭祀跡は現在立ち入り禁止になっている。 

2012.5.26/
 日本武尊尾津前御遺跡(尾津神社)、杖衝坂、
 日本武尊御血塚社、能褒野神社、日本武尊能褒野御墓、
 加佐登神社、白鳥塚古墳、史跡 宝冠塚、史跡 宝装塚 

2012.5.27/
 伊勢神宮(外宮・内宮)、猿田彦神社、月讀宮、
 倭姫宮、倭姫命御陵、足洗池(四日市市) 

※足洗池は江田神社の近く。国道365号線を通り枝分かれを
している道、国道616号線に入って間もなく右手側。
「足洗池 ここです→」の、銀の看板が見える…はず。
西坂部町もまた三重県の「三重」地名発祥の地とされる。
日本武尊が足を洗ったという場所だが、
地元民ですら知らなかったと言われる史跡だったw