FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年01月16日 (水) | 編集 |
あるある話だったので、語りたくなってしまった。

---------------------------
タコライス初見のコレジャナイ感は異常
http://www.gurum.biz/archives/100089567.html

---------------(リンク先:おいしいお)

20181108_海老名SA_LONCAFE_003
写真は去年、海老名SAで食べたタコライス。

聞いて欲しい。
もうずっと昔の話になるけどタコライスってものがまだ
世間に浸透していなかった時代にどんな食べ物かわからなくて、
それまで聞いたことのない料理に興味を惹かれてしまった私は
てっきりタコが入った混ぜご飯的な物を想像して注文したんだ。
(写真や見本等の情報が一切わからない状態で注文した)
そしたら、料理が運ばれてきた時にあの内容でしょ。
暫く思考が停止した状態で見つめちゃって、恐る恐る食べたら
思っていた味と全然違ってさ。初めて出会った時にこれほど
「なんなのこの食べ物…」と思ったものは無かったね。
初見殺しにもほどがあるw

今は普通に美味しいって食べるが、初めて食した時はあれほど
意味のわからない食べ物はなかったな。なんで生野菜がご飯に
乗ってるんだとか、なんで辛いソースとドレッシングまで
かかってるんだとか頭の中ゴチャゴチャになりながらw
しかも、メキシコの食べ物かとばかり思っていたら、
実は沖縄のご当地グルメでしたというオチつき。

…とまあ、そんな思い出話なんだけど、むかし初めて食べて
訳がわからなかった食べ物って、皆にもあったりするのかな?
なんてね。(´ω`)

あとはあれかな。今もこの先も食べる事はもうないと思うが、
確かビビンバもそうだった。まだあの国についてどうとか
考えた事もない時代だったが、料理が運ばれてきてそのまま
スプーンですくって食べるのかと思ったら、目の前で店員が
グチャグチャにかき混ぜてしまいビックリした事。
(「コレは、こうやって混ぜて食べる物です」と説明をうけ)
テーブルに乗ったソレを暫く凝視して「こういうもんなのか…」
と引いた思い出。混ぜ飯にするならナゼ調理の時にやらずに、
テーブルに運んできた時に混ぜるのかといまだ謎だらけ。
しかも、見た目が汚いってのはどうなんだと。
あの国の食べ物ってとにかく、ビジュアル汚いのが多いよね。
最初に言ったが、もう二度と食べる事は無いだろうけど。

朝鮮の普段使いの器と箸が金属だという事を初めて知った時は
衝撃だったよなー。火傷するじゃん!アホかと。
焼肉をハサミでチョキチョキするのも、いまだ理解出来んな。
焼いてから切るくらいなら、最初から切って提供しろと。


ブログに訪問ありがとう!
あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:B級グルメ
ジャンル:グルメ
2019年01月04日 (金) | 編集 |
最近はやたらと、度数が高くて安く飲める缶チューハイばかりが
もてはやされる傾向にあるね。スーパーのお酒コーナーを見ても
そんなモノしか並んでないから凄くつまんない。

すぐに名前があがるストロングなんちゃらはサントリーだし、
(っていうか棚にあのメーカーばかり並べるの、本当勘弁して)
そもそもあそこのメーカーは私、不買してるから買ってません。
…で、他のメーカーのお酒を買って飲んでみたはいいけれど、
あの系統のお酒を飲むと、すぐ眠くなっちゃうのは何でだろう?
他のお酒はこうはならないのに。何故あんな安酒(しかもマズい)
がもてはやされているのかが、私にはよくわからんッス。
なので、このごろは度数の高いだけの缶チューハイにはあまり
手を出していません。ストロングなんちゃら系統の酒は、
「手軽に安く酔えるからいい」っていう人が多いみたいけれど、
そんなんでいいのだろうかと。あんな安酒なんかよりも、
もう少し美味しいお酒を飲んだ方が良くないッスか?

お酒に関しては若い頃に散々ムチャやったし強い方だったけど、
(電気ブランやアースクエイクを煽ってた頃が懐かしいw)
飲み方がわかるようになってからは少し弱くなった気がするな。

SERUNA;「店で飲む酎ハイなら多く飲んでも3〜4杯か」
(=゚ω゚)「グラスで?ジョッキで?」
SERUNA:「中ジョッキで」
(=゚ω゚)「おい!どこが弱いんだよ」
SERUNA:「あんなのジュースじゃん…(´・ω・`)」
※氷が入っている分も考慮すると、そう多くはないと思うよw

酔う酔わないはお酒の種類にもよるけど、
日本酒ならば飲んだとしても2合くらいまでかな。
ワインはデカンタで充分なくらい。最近はフルーツ系のビールが
マイブームだったりする。このあたりを飲んでほろ酔いくらいが
一番気分が良い。ただしウイスキーは飲むとナゼか関節が痛く
なったり気持ち悪くなったりするわで自分の身体に合わないのか
アレは一切飲む事は無いですね。

酔うだけが楽しいってヤツはまだ若いな。
お酒の味と共に、つまみも一緒に楽しんでこそだよ。

【余談】
日本酒を美味しくないと感じる人は、もしかしたら安いものしか
飲んでいないのではないかな?(二十代の頃の私がそうでした)
一度、値の良いものを色々と試してみて欲しい。
日本酒の旨さがわかるようになりますよ。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:お酒
ジャンル:グルメ
2018年12月12日 (水) | 編集 |
こいつぁー、とんだ飯テロだぜ。
マグロ好きにはたまらない。

-----------------------------
金沢のとある海鮮料理店の「まぐろの中落ち」がメニューの写真
と全然違う!そのとんでもないボリュームに戸惑いを禁じ得ない

https://togetter.com/li/1296980

------------------(リンク先:togetter)

金沢の「じもの亭」というお店だそうです。
http://www.daiya-net.co.jp/jimonotei/

スプーンでこそいで食べるスタイル。
見た目はちとアレですが、ガチな漁師メシ!って感じッスな。
一人前でこの大きさなのでしょうかね? もしこの大きさなら
コレ、裏面にも身が付いていて1200円は絶対に安いと思う。
ネギトロ大好きなので、ねぎねぎしながら贅沢に食べたい。
…っていうか、じもの亭に至っては格安で食べられる珍しさが
あって注目されているようですけど、もっとよく調べてみると
(「骨つき中落ち」のキーワードで検索すると出てくるよ♪)
実はこの状態で提供するお店は他にもあって、
あまり珍しくないみたいですね。

マグロは捨てるところなんてありませんよ。
心臓(ちなみにウチの地元焼津ではヘソと呼ばれている)も、
カマも、内臓(酒盗が作れる)も、ぜーんぶ食べられます。
(マグロだけじゃなく、カツオも捨てるところはありません)


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手をポチッとして戴けたら嬉しいです。
テーマ:B級グルメ
ジャンル:グルメ
2018年12月06日 (木) | 編集 |
20181204_matsuzakaushi_001.jpg

松阪牛をいただきました。
確かな品質を証明するために個体識別番号の書かれた証明書が
一緒に送られてくるのは勿論なのですが…
「この牛さんがどこで生まれて、どこで何を食べて育ったか、
なんという名前か、父牛と母牛の情報と血統、移動履歴…」
などを知る事が出来るのですよ(ちなみにこれは個体識別番号
を入力すればネットでもその情報を閲覧可能)。
単に私が変わっているだけなのだろうと思うのですが、
悪くはないけど、こういうのを見ると妙に生々しくてねw

20181206000150457.jpg

20181206000152a39.jpg

ちなみに「こんな子です」と写真まで見る事も出来ます。
鹿児島生まれで三重育ちの「ますこ」ちゃん(メス)。
情報によれば、お母さん牛は兵庫県で食肉にされてますな。

20181206000153bd9.jpg

普段、私たちは何も考えずにお肉を口にしていますが、
「何かしらの命を頂いて生きている」「生かされている」
という事を少しは意識して食事をせねばいかんと思うのですよ。
食肉にされるところは消費者には絶対に見えないけれど、
この子たちは生きるために生まれて来たのではなくて、
人間を生かすために生まれてきている。人間が生きていくため
捧げられる命があって、その命を頂いて私たちは生きている。
だからお残ししたり、無駄にしてはいけないのです。

…と、小難しいお話をしながら手を合わせて「いただきます」。

最初は焼きでそのままのお肉の味を楽しんで、次はすき焼き。
割り下は薄味でも充分。夫婦二人で300グラムをあっという間に
ペロリ完食してしまいました。料理の写真は撮らなかったけれど
まるよしさんの松坂牛、柔らかくてとっても美味しかったです。
https://www.matsusakaushi.co.jp
レストランも経営しているようなので是非…と宣伝。
(私も機会があれば、まるよしさんで食事をしたいところ)

国産牛最高!(´∀`*)

あぁ…人間とは何と業の深い生き物であるか…w
と言いつつ幸せな顔して喰らう私。
ますこちゃん、御馳走様。

【関連過去ログ】
神道と日本人「いただきます」「御馳走様」
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-26.html


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:おうちごはん
ジャンル:グルメ