定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年05月09日 (水) | 編集 |
最近やたらと店鋪広げてるけど、大丈夫なの?駿河屋。
あちこちにある直営店は、倉庫兼って感じなんでしょうかね?

来月池袋にキャラクター館がオープンするらしい。
https://www.suruga-ya.jp/feature/ikebukuro/open/index.html

一部を伏字でむかし話。
昔々、私は某ゲームショップP焼津店(あまり隠せてないよ!)
というお店で働いていた事がありまして…
S河屋の現社長S山さんとは(当時はS山くんと呼んでいたが、
以下さん付で)Pで共に働く同僚でした。当時、Pの社長と
S山さんとは仲があまり良くなく、たまにというかしょっちゅう
衝突していたという話はさておきw

P焼津にはもう一人、A野さん(この人は後にAツーの社員に)
という男性が居まして… コミケの時期にはA野さんとS山さんが、
大手サークルの同人誌を大量に買い付けに行っては(その間の
店番は私だったんですけどねw)P焼津店で販売していたという
思い出も。あの当時は「同人誌も売るゲーム屋」なんてのは周り
に無くて(今は普通だが昔はそういう店が本当に珍しかった)、
見ていて「なんか楽しそうなことやってるな」って感じでした。

※自分はP焼津店オープン時から店長というか責任者という形で勤務していたけど、
確か途中から、A野さんと店長バトンタッチしたような気がする(曖昧ゴメン)。


ちとどうでもいい話を挟みますが、あるときP焼津に、
開店時にシャッターを開けた時から閉店してシャッターを閉める
時間までずっと居座るストーカー男が現れまして…
焼津店で仕事がやり辛くなった私はPの社長に相談し本店に移動。
私が抜けたあともP焼津店は(良い意味で)A野さんとS山さんと
で色々と好きなように楽しくやっていたように記憶しております。
その後、P焼津店は独立してGXというお店になるわけですが…
(S河屋という名前もその頃からあった)

マンション一階の一角、小さくて狭い店でやっていたあの当時
の事を思い出してみると随分でっかい企業に成長したなーと。

※S河屋はP焼津店からスタートしている。

ああいう形態のショップの最初ってもしかしたら、S山さんたち
がやっていたのが最初なんじゃないかなと思っているんですが、
どうなんでしょうね?

そしてPで働いていた私は、今思えば大変勿体無い事ですが、
Pの社長とほんの少しのボタンの掛け違えで辞めてしまいまして
その後G星というショップで働くも数年で辞め、最後はAツーに。
(ちなみにPもG星も現在は店舗が全て消滅しています)
これ、ブログで話していいのか迷いましたが話しちゃおうかな。
本社から社員さんが来た時の話。

社員さん:「SERUNAさん、ウチの社長のこと知ってます?」
SERUNA:「知ってるも何も、Pで昔一緒に働いてましたよ」
社員さん:「宜しく伝えてくれって言ってました…は置いといて
  もぉー聞いてくださいよ、ウチの社長本当困るんですよー。
  女の社員には激甘なんですけど、俺らには厳しくって…」
SERUNA:「え、そうなん?w そんな人には見えなかったw」
社員さん:「そういう所、見せなかっただけですよ絶対ww」

色々あるんだなぁ…色々と。社員さんたち苦労してるんだなぁ…
あの時、A野さんが元気にしてるって話も聞きましたが、
A野さんは今まだAツーに在籍しているんでしょうか??
言えない話も含め、社員さんから沢山愚痴を聞いちゃったよw


店舗でジャンク品の掘り出し物を見つけるのが楽しかったり、
通販の商品に安いやつがあったりするので、結婚して仕事を辞め
てしまった今でも駿河屋には時々お世話になっております。
企業が成長して大きくなっていくのは良い事ですが、
最初に書いた通り「大丈夫なの?」と心配になってしまう事も。
ところで今扱ってるスクイーズ、どこ層が買っていくのか激しく
謎なんですけど、売れてるの?とか変な所が気になってしまう。
(あれって暫く置いておくとボロボロベタベタに劣化する材質で
出来ているし「在庫抱えたらどうするんだろう?」とか…)

利用していて助かっているからってのもあるんですが、
駿河屋の昔を知っているだけに余計にね…
潰れない程度に頑張って欲しいなと願っております。

【おまけ話】
ちなみにウチの旦那とは、
P焼津で働いているときに出会いました。
会社は違うけど、ある意味職場結婚みたいな物だなw

関連過去ログ:ゲームショップ店員だった頃の思い出。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-29.html


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2017年12月12日 (火) | 編集 |
---------------------
ドムドムハンバーガー
https://domdomhamburger.com

---------------------

ン十年前になりますが…
私が小学生の頃、地元にもあったドムドムハンバーガー。
ドムドムの基本のバーガーの価格が、記憶が確かならばあの当時
確か100円位で、子供のお小遣いでも手軽に買えたんですよね。
ハンバーガーがまだ珍しかった時代、パンズとパティの間に
挟まれたピクルスが、一体何なのかがよくわからなくて、
店員のお兄さんに「何でキュウリが挟まってるの? (´・ω・` )」
と聞いた思い出。そのピクルスがあまり好きではなくて、
行くといつも「キュウリ抜いてー」とお願いをしていました。
(流石に大人になった今は、ピクルス残しませんけどね)

可愛い象さんマークのドムドムが好きだったんですけど、
いつの間にか通っていたお店が閉店し、すっかり遠い記憶の彼方
にある存在になっていました。

時々思い出しては、どこかへ遠征(今のところ近場でも神奈川)
しない限りはもうあの懐かしい味に出会えないだろうなと
思っていたんですが…今月、浜松に『ラフレ初生店』がオープン
するとの情報。静岡県内にドムドムが帰ってくるのは嬉しいな。
https://twitter.com/domdom_pr/status/938948336895238145
…あぁ、でも味付けがリニューアルされちゃってるんでした。
思い出の味は無理だとしても、浜松オープンは嬉しいニュース。

ドムドムハンバーガーが、今、数を増やしているらしいですね。
増えているというよりも「帰ってきている」が正しいかな?
マイナーすぎるハンバーガーチェーン店ですが、
日本のハンバーガー屋さんとして頑張って欲しいなと思い、
密かに応援しております。

いつかは焼津にも戻って来て欲しいな。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:B級グルメ
ジャンル:グルメ
2017年11月14日 (火) | 編集 |
その1を読んでいない人はこちらから。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1888.html

さて、そんな中学校で三年間を過ごしました。
中学に入学したばかりの頃は、髪がまだ少し長かったのですけど
それも最初だけで、あとはショートカットで生活していました。
当時というか、校内でショートにする女子はあまりいなかった為
教師の校則チェックも甘く、大変ラクでございました。

…が、ある日それよりもっと短いベリーショートにした時のこと、
二十代のある女教師(同僚の男性教師に対しては自分をちょっと
可愛く見せる感じの女で、女生徒に対しては態度が全然違う)が、
なぜか急にそこに目をつけはじめ…

女教師:「SERUNAさん、あなたもっと女の子らしくなさい」

ワケがわかりません。短くしすぎても駄目だと言うのです。
とにかくもう何が気に食わないんだか、私と顔を合わすたびに、
「SERUNAさぁん、あなた女の子らしい髪にしなさいよ」
と嫌味ったらしい言い方で。私は理不尽な言いがかりが大嫌い。
一言「うるっせぇー」といつも反抗的にしていたんですが、
いい加減もう聞き飽きた。私、アンタに何かしましたっけね?

SERUNA:「女の子らしく? 女らしい髪型って何だよ。
   髪が短いと女じゃ無いのか?」

朝の登校指導でも他の教師には注意された事がないのに、
(昇降口で順番すっ飛ばして「短いからいいッスよね?ね?」
で、「ん。SERUNA、お前は通っていいぞ」とすぐ通過出来た)
「他の教師はなんも言わんのに、短ければ短いで文句言うとか、
おかしくね? 女子で髪が短いのがダメとか書いてないだろ」
と、続けてだだーっと反論すると急にダンマリ。
あの学校、校則も変でしたけど変な教師も居たんですよ。
いま思い出してもやれやれな感じですが、私に難癖つけてきた
あの女教師も今はもういい年した50代のオバチャン。
知りたくもないですけど、アイツいまどうしてるかなぁー。

---------------------------
【他にもこんな校則が!】
友達の家への外泊禁止。むやみな買い食い禁止。
自転車に乗る時はヘルメット着用。喫茶店への出入り禁止。
派手な私服禁止。娯楽施設(恐らくゲーセンの事かと)への
出入りを禁ず。他校の生徒との接触には要注意。
映画を観るには親の許可が必要。流行りの髪型禁止。

---------------------------

きっと平成生まれには「嘘だぁー!」でしょうけれど、
ホント、昭和の時代はありえない校則や理不尽だらけでした。
家での生活の仕方まで生徒手帳に書いてあったからね。
自転車にメットの校則は「田舎の学校あるある」ですが、
バカらしくて守った事はございません。
ついでに言えばゲーセンへも余裕で行きました。
見つかって補導員に何か言われなかったかって?
そんなの知った事かって感じでしたわw

【余談です】
変にグレていたりとかは無かったですよ。
私は子供の頃から黒髪が好きで、茶髪に染めたりは一切なく、
ピアスもあけない派でした。私個人のプライドというか、
ポリシーというか、そういうのがあったんで。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:こんなお話
ジャンル:ブログ
2017年11月13日 (月) | 編集 |
昭和の時代からあったよね。
まずは、今もこんな事あるんだなぁと思ったニュースから。

-----------------------------
女子高生「黒髪強要」訴訟、校則の拘束力どこまで 
地毛茶色の身体的特徴は憲法上保障、
「黒に染めさせなくてはならない理由」は?

http://www.sankei.com/west/news/171027/wst1710270055-n1.html

------------------(リンク先:産経WEST)

個人的には、ちゃんとした決まりはあって然るべきだとは思う。

ですが、昔から納得がいかないのがこういった髪色問題ね。
日本人や外人やハーフの人間で、生まれつきの自然な髪色なら、
別に真っ黒に染める必要はない
(ここ強調ね)と思うし、
教師が染めろと強要するのは私もおかしいと思う。
(但し、わざと金だの緑だの変な色に染めて学校に行くDQN、
そいつらは論外な!)ウチの母も同じ意見だったのですが、
皆さんはいかがであろうか?

…と、今日は別にこの髪色問題について語りたいんじゃない。
自分語りになるけど、中学時代の変な校則についてね。

えーワタクシ、団塊ジュニア世代なんですけれど、
変な校則ってのは昔からありました。自分が通っていた中学は、
当時、市内では特に「厳しすぎる学校」と言われた所でして…
いまだに覚えているのが、ワイドショーの取材でマスコミが
わざわざ東京からやって来た事。当時も全国的に「変な校則」に
ついては話題になりましたから、そらもう、ネタになりそうな事
なら何でもいいからと、連中は喜んで取材に来るわけですよ。
教師から生徒たちに対しては「何か聞かれてもコメントするな」
と箝口令が敷かれたくらいです。マスコミ立ち入り禁止でしたが
門外で取材していたと記憶しています。

頭髪と服装については、
女子も男子も決められた髪型にし、全ての生徒は黒髪で。
男子は坊主で、頭に手を置き指の隙間から髪が出てはいけない。
女子の前髪は眉から出てはいけない。長い髪は二つに結ぶか、
三つ編み。スカートは膝から何センチオーバーしてはいけない。
(因みに髪型の校則を破ると、教師に髪を切られたり刈られたり
地毛の髪色がどうとかは関係なく学校で黒く染められたりする)

…などなど、まだ沢山ありますが、実はこれだけではないんです。

確か一週間に一度、昇降口に教師が定規を持って仁王立ちし、
「検査」をする『登校指導』という日がありまして…教室に行く
にはまずそこを通って上履きに変えないといけませんから当然、
行列ができるわけですよ。昇降口で違反していないかを事細かく
チェックされ、クリアした状態でないと通れない。
(昇降口は一つでは無いので、昇降口毎に教師が立って調べる)
そしてその検査に合わせて生徒は早く登校しなくてはいけない。
朝の登校時ですよ?朝の登校時に全校生徒すべてを教師が調べる
という、当時も信じられないレベルでしたが、今これをやったら
それこそ大問題というか炎上物件ですわ。男子ならちょっとでも
頭髪に違反があれば、教師がバリカンで刈るんですよ。
失敗して虎刈りみたいになってる子もいましたw
ビックリでしょ?

こんな事までする学校は、市内他に無かったと記憶しています。
あの頃も「変な学校」と思っていましたが、いま思い起こしても
変な学校ですな。※今はそういうの無いですよ。

ここまでで無いにしても、昔はこういうのが当たり前。
昭和の時代はそれこそ生徒がみんな気持ち悪いくらい同じ髪型で
お人形さんかロボットみたいな扱いだったんです。

★その2に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1889.html


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:こんなお話
ジャンル:ブログ