FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年12月09日 (日) | 編集 |
タイトルは以前書いた記事の続きとする。

----------------------------
昭和の音楽が好きな奴って本気であれを
若者相手でも通用すると思ってるの?

http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5434072.html

---------------(リンク先:哲学ニュース)

「通用すると思ってるの?」と問う奴にいくら説明したところで
水掛け論にしかならないので、こういう人は相手にしない。
私だっていまいちよくわからないジャンルの歌を「好きになれ」
と説得されたところで「いや、別に…」って感じですから。
(因みに私がまったく興味のないジャンルは演歌。いい曲もある
ってのは理解してるけど、いまいちアンテナに引っかからない)
私が子供の頃は好きな曲もあったし全然興味のない曲もあった。
ネタみたいな曲もあれば、ヒットソングだってあったし、
興味がなくて聞こうともしなかった曲も今になって聞けば
「あぁ、そういえばこんな曲あったね」って何だかんだで憶えて
いるし歌詞も覚えている(→ つまり当時はツンデレしながら
横目で見て聞いてたという事になるなw)。

…で、若者相手に通用すると思ってるの?の問いには、
全てではないけど、通用する人も居るんじゃないですかね
と答えるかな。でなければ、平成生まれで昔の曲を「好き」って
言ってる子たちを否定することになるでしょ。
好きになる子もいれば、アンテナに引っかからない子もいる。
自分だって若かった頃に、生まれていなかった時代のフォークが
好きな子も居たけど、私にはそれらの大半が古臭く聞こえて
「どこがいいんだろう」「ふっる…」と思っていたから
(でも、ちょっとだけ良いなと思っていた曲もある)
多分、そういう感じかな。

今の若い子たちが、おっさんおばさんになった時、今の曲だって
二十年後には新しい世代に「古臭い」と言われる時が絶対来ると
断言しておくよ。その時が来たら相当ショックだと思うけど、
おっさんおばさんを「懐古厨」って一つに括って馬鹿にする人は
特によーっく憶えておいてねw

昔の曲も今の曲も、良いものは良いし、好きな人は好き。
…それでいいんじゃないかな(ただし韓流、てめぇはダメだ)。

【余談です】
某昭和の歌番組の大掛かりなセット、あれ、あの当時も結構、
「何でこんなのにしたんだろう」ってネタ扱いだったんですよ。
あれらを本気で毎週頭捻ってアイデア出してるスタッフは
スゲー頭おかしいと思ってましたw

【関連過去ログ】リバイバルブームってやつ?
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2394.html

近況:
最近無性に昔のチェッカーズの曲が聴きたくなって、
二枚組でトータル32曲入ってるベストCD買っちまいました。
メチャクチャ懐かしい。暫くこれリピートするかも。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:懐かしい歌謡曲
ジャンル:音楽
2018年11月30日 (金) | 編集 |
確かバブル崩壊は91〜93年でしたね。

-----------------------------
平成5年(1993年)ごろの日本ってどんなんだったか覚えてる?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5431411.html

----------------(リンク先:哲学ニュース)

二十五年前か…
旦那と出会う少し前か、会ったばかりくらいの時代ですねー。
二十五年前、私は某ゲームショップで働いていました。
ゲーム機全機種制覇するぞ!って意気込んでたのがこの頃。
ショップ含めてあの業界、まだ結構儲かっていた時代だったから
給料も良かったし、バカみたいにゲームを買っていた想い出w
その時の話は過去ログを貼っておきますので見たい人はどうぞ。
→「駿河屋」むかしばなし
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2126.html

あの当時は「ポケベル」があった時代ッスな。
数字だけの表示から、カナが表示されるようになった頃かな。
女子高校生までもが持ち始めたんですよね。
私も連絡用に持っていましたが、アレが流行った時代、
不特定多数にメッセージを送りつけて、受信した相手が女なら
釣ってやろうと考える男もいましたよね(誤爆を装ったあと、
受信した人間に対して男か女かを尋ねるという薄気味の悪い
メッセージを送って、女とわかればそこから粘着する)。
顔も見えないのにようやるわと思いましたよ。→粘着された。

平成の米騒動」ってのもありましたねー。
タイ米でしたっけ、当時不味い不味い言いながら食べてたの。
当時はタイの人も困っていただろうに、それなのに貴重なお米
を日本のためにと提供してくれていたんですよね…
日本人はタイの人に、あの時の事を謝らないといけないよね。
私もそういった事情があるとは知らずに、日本の米の方がいい
とか、タイ米は美味しくないってブチブチ文句言ってたっけ。
今更で申し訳ないけど、タイの皆さん本当にゴメンなさい。
あの時もマスコミはクズだったな。わざわざタイにまで行って
「日本人がみんな、タイ米が不味いって言ってますよ」
「たくさん捨てられていますよ」って報告兼ねてインタビュー
していたんですから。自分たちだって煽ってたクセにな。

Jリーグ」も流行ったね。たいしてサッカー詳しくもないのに、
私も釣られてグッズやCD買い揃えたりして本当にバカだった。
CDはいまだに手元に残っているが、当時まんまと踊らされた
自分を思い出すと恥ずかしくなるし殴りたい。(´・ω・`)

政治」に関して言えば確かメチャクチャな時代だったような…
お師匠さんたちがこの時の政権を風刺した、かなり尖った番組
(今やったら間違いなく潰されるやつ)を放送していたのは
この翌年の94年か。色々あったよね…色々…


おまけ
こういう話が出ると、関連して世代の話が出てくるけど、
面白い漫画があるのでここにリンクさせておきますね。
「ジェネレーションブラザーズ」
http://off.hornet08.net/manga/
(リンク先:ゼロ八ネット)


あなたの応援がブログ継続の活力となっています
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
2018年08月25日 (土) | 編集 |
私の姪っ子ちゃんが、今さら野猿にハマりました。
「もっと早く生まれていれば…」「リアルタイムで見たかった」
と呟いていた姪っ子ちゃんの生まれた年が2001年、
野猿が撤収した年が2001年。まぁ…野猿撤収後でも子供ウケする
だろうなと思っていた「Fish Fight!」は姪っ子ちゃんが幼稚園の
頃に聴かせたり、PVを見せたりしていたので(実際、当時の彼女
は大喜びでしたよ)それが下地となっているからか何なのかは
定かではないですけれど。

…と、こんな風に今さら野猿にハマってしまう若い子って実は
あまり珍しくなくて、よくある事みたいですね。とんねるず以外
はただのスタッフ集団でしたが、今でも評価されてるんだなぁと
思うと少し嬉しくもあり。

撤収してから17年も経つのか…という現実に遠い目をしながら、
「今ハマった子たちがCDやDVDを集めるのには、中古ショップ
の他にヤフオクなんかを利用するのが手っ取り早いんだろうな」
と思って、かるーくヤフオクを見てみると、そのなかに、
「何でこんなにアホみたいな金額つけてるの?」というDVDが。
は?!今さら野猿のDVDにこんな価値が付くわけが無いだろ。
駿河屋なんかで買えば、きっともっと安く手に入れ………

「野猿 2000GTR 武道館ライブ」DVD →5万円
https://www.suruga-ya.jp/product/detail/138000053001
「野猿 横浜アリーナ1999」VHS →2万円
https://www.suruga-ya.jp/product/detail/938003230001
(※駿河屋価格:2018年8月現在の情報です)

(;゚Д゚) えぇぇぇ?!

20180825110406ab0.jpg
※画像は私の所持品。

何で?!どうして?!
いつの間にこんな事になってるんだ…

ちなみにこの他に「野猿の本」も、中古ショップや、
ヤフオクなどでも7千円以上の価値が付いているらしく…
何でこんなプレミアが付いているんですかね?
当時を知らなかった若い子たちに再認識されてるとはいえ、
中古DVDがこんな金額になってるとかマジでアホかと。
(一部のライブパンフもヤフオクでエグい価格に)

もう、意味がわからない。本気でわからない。いくら考えても、
この金額になる理由がまったくわからないッス。


最近、野猿にハマった姪っ子ちゃんには、
私が所持しているDVDを見せてあげればそれでいいか。
観たければいくらでも観せてやるぞ。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
2018年07月18日 (水) | 編集 |
こいつは結果論になるけれど…
人が亡くなった時に「ああすれば良かった」
「これを伝えておけばよかった」「いつも思っていたのに」
「まさかこんな風になるなんて」と言うくらいならば、
その人がまだ元気なうちにしてあげて下さい。

過ぎた時間は取り戻すことはできません。
決して後悔する事のないように。
これは私の中の戒めでもあります。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしくね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記