FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2020年06月30日 (火) | 編集 |
2020.6.30 参拝 
「静岡浅間神社」にやって参りました。
本日は生憎の雨ですが、この雨が「穢れを祓ってくれる雨」
だとプラスの意味で捉えればまあ… (´ω`)

53CA3D8A-68BC-41B6-BB04-152E5320A779.jpeg

授与所の外に形代がおいてありましたので、
スリスリして穢れを移し、形代納箱の中に収めてきました。

A6DE90B3-A1C1-41FC-9764-56277B40ECA8.jpeg

F851434C-298B-40E0-8352-9099873AD24C.jpeg

浅間神社内にある「八千矛神社」の前にある茅の輪。

6923DA4F-6E00-4C19-9026-B230010CDF05.jpeg

予報では夕方から土砂降りになるらしいですが…

★18:15 追記:
雨風がちょっと…という事で結局、今年の夏越大祓は
地元の焼津神社の方へは行きませんでした。


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2020年06月29日 (月) | 編集 |
2020.6.29 参拝
「焼津神社」にやって参りました。
早いものでもう今年半分。明日は夏越大祓が執り行われます。

令和二年 焼津神社夏越大祓
夏越祈願祭/六月三十日 午後三時 斎行
夏越大祓/六月三十日 午後六時 斎行

5419CBAF-2A9A-4824-A914-1F293AD85A6F.jpeg

社殿の脇には七夕飾りが。

54CF4F0D-25FB-45C4-9645-2885B092AD9D.jpeg

新しい社務所・参集殿がここまで出来上がっていました。

156B389A-1D20-4CAB-9966-EDD4A5CA4695.jpeg

56ED5AB2-5A4C-4034-B1F6-835944D068D0.jpeg

是非皆さんも半年の穢れを落としに
地元の神社へ出掛けてみては如何でしょう。


ブログに訪問ありがとう。
よろしければ拍手をポチッとお願いします♪
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2020年06月13日 (土) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3252.html

熱田神宮一の鳥居のすぐ近くに摂社「上知我麻神社」
がありますのでそちらへ向かいましょう。
下の写真は上知我麻神社の鳥居です。

20200209_atsutajingu_046.jpg

鳥居をくぐって社殿に向かい、カメラを左から右に…

20200209_atsutajingu_047.jpg

20200209_atsutajingu_048.jpg

20200209_atsutajingu_049.jpg

20200209_atsutajingu_050.jpg

【別宮 八剣宮】
上知我麻神社の拝殿右隣に南面して鎮座しているお社。
御祭神は本宮と同前の神がお祀りされている。
近郊及び愛知県県内にご分社が多いらしい。

20200209_atsutajingu_051.jpg

20200209_atsutajingu_052.jpg

----------------------------
別宮 八剣宮
 元明天皇和銅元年(708)9月9日に勅命により神剣をつくり、
境内に社を建てて、祀ったことが創祀です。建築様式をはじめ、
年間の祭典・神事に至るまで全て本宮に準じて執り行われます。
古来、武家の信仰が殊に篤く、天正3年織田信長は長篠に出兵
の際社殿の修造を命じ、又慶長4年家康は拝殿・回廊・築地の
修造を、貞享3年将軍綱吉は本殿の造替を行った等の記録が
残っております。本宮の参拝を終えられたら、
少し足を伸ばして是非参拝されることをお勧めします。


---------------(熱田神宮 公式サイトより)

【上知我麻神社】
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/yukari/kamichikama_jinja.html
さて、上知我麻神社にもお参りを済ませましょう。

20200209_atsutajingu_053.jpg

御祭神:乎止與命
----------------------------
 その昔、尾張の国を開拓したのは尾張氏の人々でした。
中でも尾張地方の繁栄の基礎を開かれたのは乎止與命ですので、
いってみれば、乎止與命は、熱田神宮がおまつりされている
この熱田神宮も含めて、尾張国の地主神と申せましょう。
 常世のしき波寄する伊勢湾に面したこの熱田の地は、
海産物に恵まれるとともに、肥沃な濃尾平野の要所で、
古くから人口も多く、産業も栄えました。そして人々は家業が
繁栄するのも、ひとえに地主神である乎止與命様のご神徳だと
感謝し、祈りを捧げました。更に、この境内に国土開拓・
商売繁盛・開運招福の守り神としての大黒様・恵比寿様を
お迎えし、おまつりすることによって、当社のご神徳は、
ますます高まりました。また、ご鎮座地が東海道五十三次の
「宮」の宿にあたり、往来する人によってその信仰は熱田神宮
とともに全国に広がりました。


------------------------(↓続く)

20200209_atsutajingu_054.jpg

----------------------------
 一月五日の「初えびす」は年中最大のお祭りで「初えびす」
と云えば、この社のお祭りを指すようになりました。
古来より、当社には一番札の信仰があり、初えびすには、
我先に新春吉兆の福運を授かろうとする人たちが競いあいます。
お札を受けた人は、人と話したり、寄り道すると福が逃げる
といって、一目散に帰宅しておまつりをする風習があります。
 近年は交通機関の発達によって、全国からの参拝も多く、
ことに「初えびす」当日は、古来の神札(黒えびす)、
縁起ものの福熊手・福箕を受ける参拝者で引きもきらず、
五十余万の人で非常な賑わいをみせます。
 一方、いつの頃からか知恵の神様としての信仰が生まれ、
「知恵の文殊様」と敬仰されております。
 神の御恵みによって生を受けた赤子の成育を祈ることは勿論
のこと、知恵の発達をも順調であれと祈るのは世の親のつね。
「知恵の神様」として称えられるこの神社では、神様より名前
の一文字を頂き、ご神慮にあずかろうとする命名祈願、
また、幼児の知恵さずけ祈願が盛んに行われるようになり、
近年では、学業成就・進学祈願もすこぶる多く、恵比寿様に
寄せる繁昌・開運の信仰に併せて、知恵の神様としての
篤いご神徳も頂いて社頭はいよいよ隆昌をきわめております。

--------------(上知我麻神社 参拝の栞より)

【大国主社】
上知我麻神社に向かって右手側にあるのは「大国主社」。
五穀豊穣・商売繁盛・家内安全・縁結びなどのご神徳。
御祭神の大国主命は一般的に七福神の「大黒様」と同一視
されています。

20200209_atsutajingu_055.jpg

----------------------------
 大国主命は、その御名からも知られるように、国土の開拓を
された国造りの大神です。また病気やその他の災厄から逃れる
ため医薬の法を授けるなど、人々の生活に恵みを与えられ、
親しみ深い神様です。


--------------(上知我麻神社 参拝の栞より)

【事代主社】
上知我麻神社に向かって左手側にあるのは「事代主社」。
商売繁盛・開運招福・海上安全などのご神徳。
御祭神の事代主命は一般的に七福神の「恵比寿様」と同一視
されています。

20200209_atsutajingu_056.jpg

----------------------------
 事代主命は、大国主命の御子にあたり、
御父上の御心を受け継がれ国土の開拓に尽くされました。
 大国主命・事代主命の二柱の神様のご神徳が、七福神で云う
大黒様・恵比寿様と称えれ広く招福の神様として、一般の家庭
のほか、漁業・農業・商業を含む多くの人々に崇敬されて
おります。


--------------(上知我麻神社 参拝の栞より)

【おまけ】
茂みの中に白い鶏さん。(´ω`*)
この子も気持ちよさそうに寝ていました。可愛い♪

20200209_atsutajingu_057.jpg

20200209_atsutajingu_058.jpg


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報
2020年06月11日 (木) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3252.html

【大幸田神社】
20200209_atsutajingu_036.jpg

----------------------------
 五穀をはじめ食物を司る「宇迦之御魂神」をお祀りして
おります。社名からも、田に大きな幸福をもたらすと解する
ことができ、一説に「福の神」即ち富貴栄達を祈る神様と
言われております。このご神前において、1月7日の世様神事や、
1月11日の踏歌神事が執り行われます。


---------------(熱田神宮 公式サイトより)

【内天神社】
木が御神体となっているようで、社殿はありません。

20200209_atsutajingu_037.jpg

【六末社】
20200209_atsutajingu_038.jpg

----------------------------
六末社 
 乙子社・姉子神社・今彦神社・水向神社・素盞嗚神社・
日長神社の6社をさします。御祭神はいずれも日本武尊および
尾張国造に関係する神々です。第二鳥居を右に入った
文化殿北側に六社が西面して鎮座しております。


---------------(熱田神宮 公式サイトより)

鶏さん。枯れ葉の上が暖かいのかぐっすり眠っているようで
可愛かったです。

20200209_atsutajingu_039.jpg

20200209_atsutajingu_040.jpg

【清雪門】
熱田神宮の「不開門」(あかずの門)。

20200209_atsutajingu_041.jpg

説明を二つ転載しておきますね。
----------------------------
 本宮の北門と伝えられ俗に不開門といって堅く閉ざされて
いる。天智天皇七年(668)故あって皇居に留まられた神剣が
朱鳥元年(686)再び当神宮に納められた折、二度と御動座
なきよう門を閉ざしたという故事による。

(境内案内板より)

末社楠御前社の北東に位置し、もと本宮の北門ともいわれて
おります。俗に不開門とも言われております。天智天皇7年
(668)新羅の僧が神剣を盗み出しこの門を通ったといわれ、
以来不吉の門として忌まれたとも、神剣還座の際門を閉ざして
再び皇居へ遷ることのないようにしたとも伝えられております。

(熱田神宮 公式サイトより)

----------------------------

【南新宮社】
20200209_atsutajingu_042.jpg

20200209_atsutajingu_043.jpg

----------------------------
南新宮社  御祭神/素盞嗚尊
 社殿は当神宮唯一の朱塗りである。当社の例祭は古来
大山祭・天王祭・祇園祭等と称していた。その起源は平安時代
中期に疫病が流行して、近隣の人々が旗鉾を捧げて当社に疫神
を祀ったのを始めとする。その後、この旗鉾を活用して大山や
車楽の運行を始めたが、明治に入り電線が架けられるように
なり廃止された。


-------------------(境内案内板より)

【楠之御前社】
小鳥居に干支や氏名を書いて奉献すると、願い事が成就する
と言われています。

20200209_atsutajingu_044.jpg

----------------------------
楠之御前社  御祭神/伊弉諾尊・伊弉册尊
 安産や縁結び並びに病気平癒の神様として、俗に「子安神」、
「お楠さま」と称されている。江戸時代中期に熱田社問答雑録
に「社の神也、古楠樹を主とす」とあり、社殿がなく瑞垣の内
に楠の神木が祀られている。


-------------------(境内案内板より)

【徹社】
20200209_atsutajingu_045.jpg

----------------------------
 天照大神の和魂を御祭神にお祀り致します。
神様には荒魂と和魂の両面があるとされ、和魂は慈しみ加護
してくださる神とされます。第一鳥居をくぐり参道右手、
楠之御前社の北側に鎮座致します。


---------------(熱田神宮 公式サイトより)

すみません。
撮り忘れてしまった所が多分幾つかあるかもですが
さほど重要な社殿は含まれていないと思います。

★その5に続くよ!
→ 続いては熱田神宮摂社「上知我麻神社」へ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3264.html


ブログに訪問&いつも応援ありがとう。
よろしければ拍手をポチッとお願いします♪
テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報