FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年04月19日 (金) | 編集 |
ニュースを見ていつも思うんだけど…
嬉しくて興奮しちゃうのはわからんでもないけど、
天皇陛下が目の前を通られる時にスマホを向けて撮影しながら、
「きゃぁぁ!陛下ぁぁぁー!」ってやる人、不敬ではないか?
天皇陛下はゆるキャラでも芸能人でもなんでもないのに。
「写真?うまく撮れた!」ってやる人もなんか違うと思う。
スマホ構えている人はいったい何をしに行って、どなたを見る
つもりなのだろう。そういう人を取り上げるマスコミもなぁ…
天皇陛下を一般庶民レベルに下げたい意図でもあるのか?
って勘繰ってしまうよ。

私たち庶民に手を振ってくださっているのだぞ?
なのにスマホを向けながらキャーキャー大騒ぎってどうよ?
「その肉眼で、その瞬間を目に焼き付けよう」
とは思わないのだろうか?

…え?私ですか?
私は、直接拝見してしまうというだけでも畏れ多いので、
「そんなのとんでもない!勿体無い!」っていう考えです。
仮に見たとしても、固まったあとに泣いてしまうかもね。

関連過去ログ:雲の上のかただから
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2605.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2019年04月18日 (木) | 編集 |
タイトル通りです。
かと言って店が踏ん反り返ってもよろしくないんですけどねw

ウチの母曰く、最近「あまり来て欲しくない客」が居るそうだ。
雰囲気がもう気難しそうな感じで(性格って外見に出ますよ)、
人に指差し(この時点でお育ちがわかりますな)、
アゴで使う男性客。

SERUNA:「えぇー、それは嫌だね。かの付く国の人みたい」
:「何か言われるんじゃないかと思って心臓がギュッとする」

いるよね、金を払っているんだから客は店員に対して威張るのは
当然の権利だとか思ってる奴。私、そういう人間が大嫌い。
客が店に払うお金はそこで受ける商品なりなんなりのサービスに
対してであり、客と店は常に対等な立場にある。
それなのに、
店に入るなり「どちらが上だ」と考える人間は一体どんな育ち方
をしてきたんだろう。非常に興味がある。

:「うちの店が好きで来てくれているのはありがたいけど、
  正直あまり来て欲しくない… (´・ω・`)」

店は客を選べないのがツライよなぁ。
私はその客を見た事が無いけど、せめてニコニコしとけよと。
自分の気持ちが絶対で、店員がやる事が気に食わなくて、
こうしろああしろと指示したがるヤカラは来なくて結構ですって
言いたくなるよね。気に食わないことが目につきまくるんなら、
黙って二度と来なければいいだけなのに。でもね、この客なぜか
よくウチの店に来るんだってさ。変なヤツー。

お店の人はお客さんに対して「ありがとう」は当たり前だけど、
日本人なら店員に対しても「ありがとう」っていう感謝の気持ち
を抱くのが普通だと思うんですけどね。そういう感情が欠如した
人間ってイヤだよねぇ。

【関連過去ログ】
アチラの国の人間と関わってはいけない。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2436.html
↓ついでにコレも。店がおかしいパターンですがこんな記事を…
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-848.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
2019年04月02日 (火) | 編集 |
神社だけじゃなく、こういった問題は以前からちょいちょい
起こってはいたようだけど…

-----------------------------
白虎隊御朱印、丁寧に書いたはずが…
「手際が悪い」クレームで御朱印帳に記入するサービス取り止め

https://girlschannel.net/topics/2083575/
(リンク先:ガールズちゃんねる)

白虎隊墓守、御朱印を書かなくなった理由があまりに悲しい
→怒りの声が集まる「そんな時間も待てないのか」
「御朱印シールを販売しちゃえ」

https://togetter.com/li/1332968
(リンク先:togetterまとめ)

-----------------------------

白虎隊のお墓へは確か十年以上前に福島を旅した時にお参りした
事があるけど、御朱印なんてやっていたんですね。お墓で御朱印
は珍しいって言うかたがいますが、御陵印ってのもありますから
まあ、あってもおかしくはないですよ。( ^ω^ )

しっかし、ずいぶん酷いことを言う奴がいるもんだなぁ。
こういうクレームをつけるバカは何様だと思っているんだろう?
心に余裕がないっていうか、手際が悪いだの書くのが遅いだの…
文句のつけ方が「例の国」の人間みたいで気持ち悪い。
(図星でブチ切れたのか、少し前にミーハーな輩を批判する記事
に対して一件、ものすごく日本語の怪しいコメントが付いた事が
あったのには笑った。もっと笑えるのがそいつがエゴサまでして
その記事を見たってところ。さっくり削除したけどなw)

「御朱印ブーム」とか言ってメディアが煽ってからというもの、
ちょっとおかしな人間が増えた
よね。筆書きじゃなく印だけだと
「心がこもっていない!」とか、中でももっとビックリするのが
「筆書きじゃなければ御朱印の意味がない!」と言いだすバカ。
(Googleのクチコミに文句を書き殴っていたり、神社めぐりの
ブログ主でそういう事を書いてる人を見た事があります)
書く人が不在で書き置きだけだとブチブチ文句を言う奴とかさ。
そういう人に限って決まって「こっちは金を払っているんだ!」
みたいに言いだしたりする。神や仏にでもなったつもりかね?
(…というと神仏に対して失礼か。神様仏様の方が優しいぞ)

ちと話ズレますが…
「早く書いてよ」みたいに文句言う奴って、似たような例として
絵を描ける人に対して、何かイラストをお願いする時に、
「絵描けるの?パパッと描けるんでしょ?今すぐ描いてよ♪」
「下描き?いらないでしょ」みたいに軽く言う連中と同じよね。
やってもらう人に対して軽く考えすぎっていうのかな、
そんなすぐにパパッと描けるわけがないってのに。
何なんだろうね?アレ(この例え伝わるかなぁ…)。

【余談です】
「御朱印は流行った時しか集めてませーん」とか
「もう飽きちゃいましたー」っていうアイドルが居たが、
お参りとか、その場所の歴史についてはどうでもいいみたいな、
「集めてる私可愛い」「インスタ映え!」な心が見える人たち
本当に嫌なんだよね。訪れてお参りもせずあくせく御朱印の
数集めだけに必死なおっさんも居るけど、何なのあいつら。


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
2019年03月21日 (木) | 編集 |
自粛自粛で騒ぎ立てる流れもおかしいと思うけど、
コレにちょっと捻くれた見かたをすると…

-----------------------------
ピエール瀧出演『麻雀放浪記2020』
ノーカットで公開決定 館数も変わらず

https://www.cinematoday.jp/news/N0107597

---------------(リンク先:シネマトゥデイ)

ぶっちゃけド直球で言うと、儲かるからじゃね?

「作品は別だから」ってのは多分、建て前だろうな。
ま、商売だから別に悪くないし、いいんじゃね?って思うよ。
建て前じゃなくて、心から思っているならゴメンなさいだけど、
今までなーんの興味もなかった人らも急に飛びついてきて、
この映画にお金を落として行くだろうし、これほど美味しすぎる
タイミングはないだろうね。ところで反対の見かたをすると、
このニュースがあるまで「作品に罪はない!」「自粛は反対!」
と言っていた人たちの何人がこの映画を見るんだろうな?
って凄く興味がある。無くなりそうになってから飛びつくクセに
「それじゃあ…」って作り手側が応えると、波が引くかのように
急にサーッといなくなるヤツらもいるからさ。

人間の本質っていうの?
そういう連中を見ると可笑しくて可笑しくて…と、
人間の裏の顔を憎むと当時に、人間観察が大好きな私はAB型。
どうせこんな風に思ってるんでしょーって。

今、iTunes Storeから電気グルーヴの曲が消滅してるけど、
「買おうと思っていたのに!」とか騒いでいる連中の一体何人が
本気でそう思っているんだろう。曲はきっと瀧さんの禊が済んで
ほとぼりが冷めた頃にストアに復活するんだろうなと思っている
んだけど、自粛騒動で騒いでいる人たちは、曲が復活した時に、
しっかりと買うのかなぁ?…なんて思ってみたりもする。
どうせ買わないんでしょうけど。

え?私はこの映画を観るかって?
自分は特にこの映画には興味が無いから観る事はないな。
嫌いなベッキー(むしろコイツがまだいる事の方に不快感)
も出てるみたいだから別に観る必要もないよね。
飛びつく理由もないし、よくわからんッスわ。
自粛騒動もバカバカしいなぁって。

【関連過去ログ】
布団屋・なくなってから気付く
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2282.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記