fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
2024年02月18日 (日) | 編集 |
記事にしようかどうしようか悩んだけど書く事にした。
ブログにコメントを下さる方々が使っているので大きな声では
言えないが実は私、本当は「おじさん構文」がちょっと苦手。
おじさん構文であっておばさん構文でもある絵文字は、
年齢高めの人がよく使う。

世代的にスマホじゃなくガラケーを使ってきた世代は、
憶測ですが過去に絵文字を多用し(文字数節約という意味でも
あったのだろうけど)メールを打ってたからというのが理由で、
いまだに絵文字に依存してしまうのかなーと。
自分は昔から逆にそうでは無かった為(基本的には使わないが
使ったとしてもほんの一欠片だけで多用は絶対にしない)、
同じ世代でも感覚に隔りが。こればかりは本当ガラケーの時代
からどうも慣れなくて、今送られてきても目が滑りやすい。

いや、使うのは別に悪いとは言いませんが、
何というかどうも絵文字を織り交ぜて会話を成立させたり
絵文字で感情表現を多用したりはあまり知的に見えないから、
自分は絵文字は使いたくないなと。伝えたい事はちゃんとした
文章にして伝えたいタイプでもあるので。

(=゚ω゚) 「あなたが知的云々を語っちゃうかー」

↑絵文字では無くて、感情表現として使ってもAA止まりだな。
これも古いって言われているそうだけど、昔5ch以前の2chに
よく書き込んでいたので、絵文字よりもこっちの方がしっくり
くるというか。

どうでもいいけど、いま若い世代の人が使っているスタンプ
とやらもこの先いずれその世代が歳をとっても使い続け、
そのまた下の世代が見て「おじさんたち古いよ」って
言っちゃう時代が来るんだろうなーと思ってます。
ほら、歴史は繰り返すって言うじゃん。

絵文字は、使いたい人は好きに使い続けても良いのですよー。
ただ私が感覚として少し苦手というだけなので。(´∀`;)

【余談です】
iPadではちゃんと表示されてはいるのですが問題がひとつ。
メッセージを絵文字でこちらのガラホに送られてきても、
その絵文字自体が一部文字化けしていて(×印になっていて)
読めない物もあるんですよーと伝えたい。機種依存文字
っていうヤツで表示されない物もあるのよ…

★関連過去ログ:読みにくい文章を書く人。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-4468.html


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッと頂けると、記事更新の励みになります。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2024年02月03日 (土) | 編集 |
変な客を見たのでボヤかせて欲しい。

ウエルシア三ヶ名東店へ菓子パンを買いに。
店員さんが半額シールを貼り始める時間を知っているのか
“半額値引き前の20%引きシール”の菓子パンをカゴ盛り盛りに
キープして待機している人がいまして…
驚く事になんとそのかた、いざその時間になって店員さんが
半額シールを貼り始めたら「あっ!これもお願いします!」
と、山盛り持っていたカゴ中のそれらパン全てに半額シールを
貼らせていた
んです。

変なオバサン客にドン引き。

なんか悪質だし色々と酷いな。
心が貧しいってのはわかるけど、どんだけ貧乏してんだよ。
年取ると図々しくなるっていうけどレベルが飛び抜けてるよ。
よその店舗では、カゴキープさせている商品に半額シールを
貼らせる事をお断りしている店もあるくらいなんだけど、
あの店では断れないのだろうか?

件のがめついオバサン、他の店舗でもやってそう。
半額ハンターの風上にも風下にも置けねえや。
毎日通ってそういう行為をしているとするならイヤだなぁ…
私だったらこんなキモくて恥ずかしい事は絶対にしたくない。
キープ禁止にして欲しいね。


ブログに訪問ありがとう。
「変な人がいるね」と思った人、拍手をポチッと。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2024年01月24日 (水) | 編集 |
わかる!こういう人いる!
悩みを聞くときに一番やっちゃいけない返し。
「結局お前は私から何を聞き出したいんだ」って奴いるよね。
あれほんと腹立つよ。



「悩み話して」って言うくせに酷い返し方。
みんなみんなって、他の奴の事なんか知らねぇよと。
そういう言い方するんなら最初から聞くんじゃねぇよと。
こういう奴に対しては「もうお前に悩みなんか話さねぇ」
って気持ちになるね。うんうんわかるって賛同してくれるか、
ただ黙って聞いてくれればこちらの心は少し軽くなるのにさ。
事情もロクに知らんくせに説教モードに入る奴も時々居るけど
あれマジでなんなんだろう?

かかった事はないけど、恐ろしい事に医者である精神科医にも
こういう返し方する人が居るらしいって本当?
いのちのなんちゃらの電話でもこう返す人がいるとか。
ビックリだよねー。相談する意味ねー。

逆にもしも自分が悩みを聞く立場になったとするなら、
(非力ゆえ解決や協力まで持っていくことは出来ないが…)
ツラい気持ちはどんどん吐き出して欲しく、
その人の気持ちを尊重しつつ寄り添ってあげたいタイプなので
こんな変な返し方をするのだけは絶対にしたくないな。
愚痴があれば何も言わずなんぼでも聞いてあげる。
泣きたくなれば泣いたっていいんだよって。

【ちと呟き】
今の私にはツラかったこと悲しかった事を、
「話だけでも聞くよ」「話してスッキリしちゃいなよ」
って耳を塞がずに聞いてくれる人が欲しい。
なかなか居ないねぇ。

★関連過去ログ
【TN】時々、無性に聴きたくなる曲。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-4544.html
昔、こんな曲に救われたというお話も。


ブログに訪問ありがとう。
同じく「わかる!」と思った人、拍手をポチッと。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2024年01月01日 (月) | 編集 |
お年玉がいくらだったとか、多かったから良かったとか、
少なかったから悪かっただの、あの人はくれないからケチだの…
もうみんなお年玉を現金で渡す悪しき風習はやめにしない?
こんな過去ログをリンクさせておきますよー。

門松と、餅と、お年玉の話
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1034.html

誰に渡すのがいくらが相場だとか、常識だとかマナーだとか、
ピン札じゃないと失礼にあたるとかそんなものは一切無いぞ!
嘘つきマナー講師に騙されるな。
本来日本のお年玉は「餅」だったんですよ。
現金を渡すとかアホの極み。

20240101_仕事猫_おとしだま
※画像は拾い物。個人的に大好きな仕事猫。

誰がいくらくれるかで優劣つける子供は嫌だねぇ。
新年早々、現金のやり取りをするだなんていやらしい。
たかがここ数十年の新しい文化、こんなん日本の風習でも
伝統文化でもなんでも無いわ。消えてなくなれ。


ブログに訪問ありがとう。
「本当それな!」と同意してくれる人、拍手をポチッと。
2023年12月17日 (日) | 編集 |
ただの愚痴
なので見たくない人はスルーしてね。

……良いかな?

………良いですね?


では独り言開始。

確実に言った事を「私そんな事言ってない」という母親。
2〜3分前の事も「言ってない」と無かった事にする母親。
こちらが言ってない事を「言った」と主張する母親。
起きた出来事を自分の頭の中で都合よく変換して人のせいに。

何かあってからすぐ「あぁ、ごめんね」という言葉が出ずに、
「こうだもんああだもん」「デモデモダッテ」が始まる母親。
「なぜ最初に謝れないの?」と問われてから初めて
「はいはい私が悪う御座いました。コレでいいでしょ?」
と自分は何も悪いことしてないという態度をとりながら、
「もう謝ったからイイでしょ!」「謝ったのに許さないの?」
…って、そういう問題じゃ無いんだよ。
なんだよその言い方。

単純に、ダメな事はすぐに謝れる親になって下さい。
お願いだからゴメンねって素直に謝れる人間になって下さい。


そうやって頭を下げ何度も何十回も何百回も懇願しているのに
「あんたがこう言うから、ああ言うから」とまた責任転嫁
話のすり替えも得意な母親。思ったフレーズをすぐ口に出し、
何故そんな事言うの?と問われて自分に都合が悪くなると、
「アタシ知らないモン」「聞いてないモン」が始まる。
何度も説明した事すら無かった事にする)
確実に母がやった事だとわかっている事もそれを問うと、
「アタシじゃない」と嘘をつく。→後に白状。

自分を弱く見せ自分の悪かった部分を隠し、関係のない第三者
に取り入り味方につけ、水を得た魚のように元気になりながら
その人の口を介して「ほらほら、言ってやんな」みたいに
口撃させようとするのも昔からの得意技

昔からこんな母の性格が嫌だから「改めて下さい」ってお願い
をしているのに「育ててやったのに」「面倒見てやったのに」
「これしてやったのにあれしてやったのに」の恩着せ。
半身の自由があまりきかなくなった父に対しては、
「いったい、誰が面倒見てやってると思ってるんだ」と。
何でもかんでも「アタシが」「アタシが」で自分の事ばかり。
嫌だからもうやらないでと何度もお願いしてる事に対しても、
「良かれと思って“してやった”」「有り難いと思わなきゃ」
という押し付け。

娘に寄り添い抱きしめる事も出来ない母親。
自分の気持ちをわからせる為なら、娘の気持ちはえぐって良い
みたいな態度をとってくる母親。私の子供の頃の思い出の品を
ゴミ扱いする母親。


これを毒と言わずになんという。昔からずっと我慢してきた。
「思ってたんならなぜ子供の頃に言わなかったんだ」
と母親が言ってきたから「言ったら家の中がぐちゃぐちゃに
なるのが嫌だから言わずに我慢してたんだよ」と返すと、
「(妹と違って)アンタは反抗期がなかったのに!」
「(妹と)同じように育ててきてやったのに!」
ときたもんだ。このやり取りも何十回と繰り返してる。
子供の頃は、アナタの嫌な部分にはずっと黙ってきたんだ。
アナタが妹と同じに育てた結果がこんなので悪かったな。
今になって私、堪忍袋の尾が切れたんだよ。
何回何十回と言ってわかってるハズなのにいつまで同じ説明
をさせようとするのか。

母に関するおかしな事はまだいっぱいあるが書ききれない。
頭変になりそう…っていうか多分なってる。


こんな人を母親と思いたくない。
まるでどこぞの民族みたいで気持ち悪いし吐き気がする。
離婚して実家に戻りズタボロになった心を治してから心機一転
スッキリした気持ちでやり直そうと頑張っているのに、
母親が私の心をえぐってくる。こんなんじゃいつまで経っても
傷が塞がらない。

うちの事情を知りもしない人がこういう愚痴を聞くと、
お母さんはか弱いんだから大事になよって感じなんでしょうが
そうじゃないんだよ。もう一度言うが、昔から母は自らの
都合の悪い事実は全て隠して
人に話す。
自分をか弱く見せて「娘が悪い」「アタシ(親)が正しい」
という事にするのが得意。もう嫌で嫌でたまらない。

外で母娘が仲良さそうにしている光景や、私の心に寄り添って
くれるようなあったかい言葉をかけてくれる人がいると、
他の家の「お母さん」が羨ましく感じる時があるよ。


こんな母親いらない。
虚構のお母さんでいいから、
「お母さんらしいお母さん」が欲しい。


【余談です】
「母親になれば気持ちがわかる」って決まり文句言う人いるが
例え親が間違っていたとしても、親であれば全て正義か?
どんな事情があっても子は悪で親が全て絶対か?
お前は娘なんだから全て我慢しろと?
“人の気持ちに立てない母”の性格がああだから私はあの言葉が
大嫌いだった。私には子も居ないしな(出来なかった)。
仮に私が子供の親になったとしてもああはなりたくない。
「母」にはなれなかったけど、人でありたいよ。


ブログに訪問ありがとう。
今日は独り言の愚痴につきコメント欄は閉じておく。
拍手をそっとポチッとだけしていってくれたら嬉しい。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2023年12月08日 (金) | 編集 |
Googleマップでお店のレビューをよく見ているんだけど、
客の書き込みに時々変なクレーマーっぽいヤツが居るというか、
「酷いなコレ」ってレベルのものに遭遇しません?
良くなって欲しいが故に少々辛口な意見を書くならまあわかる。
でもそうじゃなくてただの悪口だったり、客は神だという根性で
全て自分の思い通りにならなかった不満を店側にぶつけている
だけだったりと、その書き込みを行った人物に“キモさ”さえ
覚えるくらいに読んでいて不快な気分になる内容の。

でもって、その人が過去にどんなクチコミを書いているのか
気になって覗いてみると全て星ひとつの悪口オンパレード。
あぁやっぱりというか「うわぁ…」ってドン引きッスわ。
この人一体どんな人だろう?って人間性を疑うね。

あのツールをストレス発散の道具にしている人いない?
お店の人が可哀想になるよ。


↓因みに私の場合はこうです。
----------------------------
【人の評価を読む時】
基本は料理の写真と最新のメニュー表を参考にする程度。
クチコミを読むとすれば良い意見も悪い意見もどちらか一方に
偏る事なく参考にし、そのお店の雰囲気などを軽く把握しよう
と努めています。良い評価を付けている人でダメな点を述べて
いる人と同じ事を言っている人が居れば「そうなんだ」
と納得もするけど、あまりに酷いただの憂さ晴らしの内容は
無視の方向で黙ってbadボタンをポチッと押してる。

レビュアーが星ひとつや5つ星で、“クチコミ1件”な人だらけ
のお店は怪しむべし。良い評価だらけで気にさせる商法か、
わざと悪い評価だらけにしてもらって気にさせる炎上商法か。
評価は金で買えますから皆さんゆめゆめ騙されませんよう。

【クチコミを書く時】
最初は行ったお店についての備忘録代わりに使っていました。
今は色々な人に知ってもらう為に書いてる感じです。
「良い点・残念な点」の両方を述べるようにしています。
星も基本3つからで、1と2の評価は付けていません。
客が偉そうに星をつける行為は好きじゃないが、
入力しないと書き込めないので仕方なく付けてる感じ。
頑張って欲しいお店には前向きに応援。

客は神ではない。客は絶対ではないが店も絶対ではない。
客と店は常に対等な立場にあることを踏まえてレビューする。


----------------------------

★関連過去ログ
客は神でも何でもねぇ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-4424.html
食べログ嫌い。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-4054.html


ブログに訪問ありがとう。
わかってくれる人、拍手をポチッとよろしく。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記