FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
2021年02月02日 (火) | 編集 |
----------------------------
『かまいたちの夜』をオマージュした大分県佐伯市蒲江の
周遊体験型イベントサイト“かまえにたちよる”が公開

https://www.famitsu.com/news/202101/25213372.html

---------------(リンク先:ファミ通.com)

「かまえにたちよる」公式サイト
https://kamaenitachiyoru.com/

このイベント考えたヤツ凄いw
「かまいたちの夜」で「かまえにたちよる」ってタイトル、
ちょっとセンスあるじゃん。しかもメーカー許諾済み。
良い意味で笑っちゃったよw

昔、かまいたちの夜が大好きだった者としては、
どんなパロディになるのか今からメチャクチャ楽しみです。
市町の企画に遊びゴコロのある担当者がいるのは羨ましい。
公式サイトブクマしました。更新待ってます。
旅行に訪れる人が増えるといいですね。
頑張れ大分県。


ブログに訪問ありがとう。
よろしければ拍手をポチッとお願いします♪
2020年11月28日 (土) | 編集 |
「タイトル何よコレw」
…と言わず、まぁこいつを見て欲しい。

----------------------------
桃太郎が、ミラーボールを冠したパリピ仕様に!
「Keep onしてた」「何で」「天才すぎん?」
一部で話題のJR岡山駅前イルミネーションが味わい深い

https://togetter.com/li/1627950

--------------(リンク先:togetterまとめ)

桃太郎:「妙だな…温羅がここにいると聞いて来たんだが」
犬:「桃太郎さん、あそこで踊っているのは鬼どもですか?」
猿:「変なとこに来ちゃいましたね」
キジ:「わぁ、鬼ヶ島って楽しそうなところですねぇ」

YouTubeより動画を拝借。


岡山駅前の桃太郎さんが大変なとこになってて笑ったw

「おかやま桃太郎まつり MOMOTAROH FANTASY 2020」
だそうで、イルミネーションでキラキラしてます。
頭上にミラーボールで桃太郎ナイトフィーバー(70年代風)
って感じッスな。どうでもいいけど毎年こんななのか岡山。
どうかしてるぜw(褒め言葉)

関連過去ログ
岡山駅の『桃太郎像』と観光センター@岡山県
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2978.html
※去年岡山観光した時に撮った桃太郎像の記事。


ブログに訪問ありがとう。
「逆に飛び抜けてて面白い」と思った人は拍手をポチッと。
テーマ:岡山県
ジャンル:地域情報
2020年10月30日 (金) | 編集 |
秋田県に「九十九島」と呼ばれる場所があるらしい。
田園風景の中にある陸地の島。かつては松尾芭蕉にもあの松島
と並んで称された場所であるのだが…

----------------------------
【松尾芭蕉「奥の細道」より】
「江の縦横一里ばかり、俤松島にかよひて、又異なり。
松島は笑ふが如く、象潟はうらむがごとし。
寂しさに悲しみをくはえて、地勢魂をなやますに似たり。」
「象潟や雨に西施がねぶの花」


----------------------------

九十九島、陸地なのに島とは一体どういう事だろう?
何か謂れでもあるんだろうか?
と思ったらそれにはちゃんと理由があって…



----------------------------
https://www.nikaho-kanko.jp/pwm/area-5.html

【九十九島】
 九十九島は、鳥海山のふもとに点在する103あまりの島々が
田園地帯に浮かんでいるように見える象潟独特の風景です。
その由来は、海に面した鳥海山にあります。山頂付近の地形を
見ると、北に開いた馬蹄形の窪み(東鳥海馬蹄形カルデラ)
があることがすぐわかります。これは、紀元前466年におきた
山体崩壊の跡です。
この巨大崩壊は、「象潟岩屑なだれ」と呼ばれ、
白雪川に沿って一気に流下し象潟平野に達し、先端は日本海に
突入しました。その時、山頂から滑り落ちてきた巨大岩塊の
集積で「流れ山」と呼ばれる小山の集まりが、東西1km南北
2kmにわたり海の中に浮かぶ入り江を形成しました。
これが、象潟の原形「九十九島」です。
 さらに1804年、象潟大地震がおこり、約2m以上隆起して、
干潟(陸地)になり現在の姿となりました。国指定天然記念物
「象潟」(九十九島)の絶景は、道の駅「ねむの丘」展望室
から一望できます。

★象潟大地震:
文化元年(1804)6月4 日、夜10時頃に象潟沖を震源地として
発生したマグニチュード7.1の直下型大地震。
被害範囲は子吉川以南から山形県庄内地域までの海岸部。
死者369人、全半壊家屋7700軒余り。


-------------(リンク先:にかほ市観光案内)

成る程、それで現在の状態になったのか…と。
それにしても巨大地震で土地が2m以上隆起したというのは
驚きですね。文化元年の地震後には、本荘藩(六郷家)から
命をかけて九十九島を守ろうとした蚶満寺の「覚林」という
お坊さんがいたという事も知りました。
※その流れとそれ以降の話については下記リンク参照。
https://www.jcca.or.jp/kaishi/257/257_anokoro.pdf
(リンク先:建設コンサルタンツ協会)

国内には私がまだ知らない歴史や風景が沢山あるんだなー。
日本人なのに、日本の良い場所をあまり知らないまま人生を
終わらせていくのはあまりにも勿体ないよね。なので、
「生きているうちに、国内の色んな場所に行ってみたい」
というのが子供の頃からの願望。
遠くて行けない場所ならば知識として頭に置いておきたい。
自分がまだ知らない場所、もっと沢山知りたいです。


ブログに訪問ありがとう。
よろしければ拍手をポチッとお願い致します。
テーマ:+秋田県+
ジャンル:地域情報
2020年10月23日 (金) | 編集 |
----------------------------
魅力度最下位で栃木県知事が調査会社訪問へ
「適切な指標か疑問感じた」

https://news.livedoor.com/article/detail/19087743/

--------------(リンク先:Yahooニュース)

誰しも郷土愛というものは持っているもので…
最下位になって「どうして?!」ってなるのはわかるけど、
ムキになって乗り込むまでするのは少し大人げないね。
こんなランキング、あくまでお遊びみたいなものでしょ?
気にしすぎも良くないよ。

「みんなわかってないなぁ、ウチの県の魅力はコレなんだぜ」
「コレとコレがもっと凄いんだよ!みんな遊びにおいでよ」
…ってアピールすればいいだけの話なのに、どうして調査した
会社に乗り込んじゃうかなぁ?かえって印象悪いッスよ。
最下位になったらなったで逆に注目されるんだから良くね?
って思うんですけど如何でしょうね。
過去に散々言われ続けた茨城はこんな事しなかったぞ?
ダサいとか言われてた埼玉は自虐しつつも頑張っていたぞ?
例え最下位になっても、ちゃんと栃木の魅力をわかっている人
はわかっているんだからもっと胸張っていればいいのに…
栃木には良いトコ沢山あるんだから逆ギレすんな。
ムキになったところで負けだぞ?

我が故郷静岡県なんて、いつも中途半端な位置にいるんだぞ。
県民皆平均的でつまんないからネタにすらしてもらえないし、
イジってももらえない。それを考えたらランキングで最下位
だなんて「超オイシイ立ち位置」じゃないか!
ある意味羨ましいぞ。

----------------------------
魅力度ランキング40位の群馬・山本知事「信頼性欠ける」
妥当性検証へ

https://www.sankei.com/politics/news/201022/plt2010220046-n1.html

-----------------(リンク先:産経新聞)

群馬さんアナタもだよ。
検証して自分たちを上位に持っていけば満足ですか?
違うでしょ、そうじゃないでしょ。群馬にだって魅力的な所は
沢山あるんだから噛み付いてないで胸張りなさい!

下位ランクだからって笑われても、
心から馬鹿にする人なんて居やしませんよ。



ブログに訪問ありがとう。
この記事は両県へのエールとして捉えてくれたら嬉しい。
よろしければ拍手をポチッとお願いします。
2020年08月07日 (金) | 編集 |
----------------------------
姫路城のソーシャルディスタンシング確保は一触即発
https://twitter.com/kurooribe/status/1289923761148317702

-------(リンク先:黒織部@kurooribe さんの呟き)

これ好き。
絵に少し違和感ある(二刀流だとしても刀の長さが
二本とも同じなのが気になる)のは置いておくとして…
下手な横文字よりも「間合い」の日本語がシビれる。

いいね!

     γ⌒ヽ
    __/  /
 γ ̄__) (  Λ,,Λ
 (   ___) )(`・ω・´) 
 (  ___) ノヘ   .. |>
  乂___)_ノ  しーJ


ブログに訪問ありがとう。
テーマ:兵庫県
ジャンル:地域情報