FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年12月06日 (木) | 編集 |
2018.6.10 参拝 
伝承園をあとにした私たちは、カッパ狛犬のいる「常堅寺」と、
河童が棲むと言われている「カッパ淵」に向かうことに。

20180610_jyoukenji_001.jpg

お寺に向かうまでの道にこんなものが。
ビールの原料であるホップを育てている畑がありました。
「キリンビールは良質な遠野産ホップを100%使用しています」
と書かれています。遠野市はキリンビールとホップ契約栽培で、
50年以上の歴史を積み重ねているそうです。
https://www.kirin.co.jp/csv/connection/hop/japanhop/tono/

20180610_jyoukenji_002.jpg

カメラを左→中央→右に向けてみます。
キリンビールって独特の苦味が美味しいんですよね。
キリンの商品を飲む時には、遠野のこの景色を思い出しながら
飲もうと思います。

20180610_jyoukenji_003.jpg

20180610_jyoukenji_004.jpg

20180610_jyoukenji_005.jpg

遠野の田んぼ。
この日はちょっと曇り空。

20180610_jyoukenji_006.jpg

「常堅寺」に到着しました。

20180610_jyoukenji_007.jpg

参道の左側→山門→参道の右側とカメラを向けます。

20180610_jyoukenji_008.jpg

20180610_jyoukenji_009.jpg

20180610_jyoukenji_010.jpg

門をくぐりました。まずはココで合掌。

20180610_jyoukenji_011.jpg

20180610_jyoukenji_012.jpg

参道右手側にお寺の鐘。

20180610_jyoukenji_013.jpg

本堂に行く前に左側に目を向けると、こんな場所があるので、
皆さんにはまずはそちらに注目して欲しい。
この小さなお堂は「十王堂」。見て欲しいのはココの狛犬。

20180610_jyoukenji_014.jpg

20180610_jyoukenji_015.jpg

この狛犬、実はカッパなんです。
頭に注目してみると…ほらね。

20180610_jyoukenji_016.jpg

20180610_jyoukenji_017.jpg

---------------------------
 馬を川に引き込むいたずらに失敗したカッパは、
お詫びをして許され、母と子の守り神となりました。
常堅寺の火事のさいは頭の皿から水を吹き出して消しとめ、
いまでも一対のカッパ狛犬として境内にその姿をとどめて
います。


-----------------(カッパ淵 案内板より)

20180610_jyoukenji_018.jpg

お寺の御本堂。

20180610_jyoukenji_019.jpg

20180610_jyoukenji_020.jpg

-----------------------------
蓮峰山 常堅寺
https://iwatetabi.jp/spot/detail/03208/40.html
   宗派 曹洞宗 一関市大東町大原長泉寺の末寺
   本尊 釈迦如来
 延徳二年(1490)開創、開山は大聞秀宗禅師である。
開基は大原弾正勝行、遠野郷の曹洞宗十二力寺の筆頭であると
『遠野物語』八十八話にある。
 一説には、同寺はもと安倍家の菩提寺といわれ、大原弾正勝行
(本姓千葉氏、大原城主)が当地にきて土淵村を領有した時、
大聞禅師を開山として開創、寺禄二十石を与えた。
第六世の時、南部家の守り本尊勢至観音像と、新たに寺領十二石
四斗を拝領したという。
 山門にある白木の仁王像二体は、もと市内附馬牛町の早池峰山
妙善寺にあったものを、明治維新の頃、妙善寺が廃寺になる際
移したもので、総丈3.5メートル、慈覚大師の作と伝えられ、
また門前にあるスギの古木一株(高さ20メートル、幹周り約7.8
メートル)は、開基が手植えしたものといわれる。
仁王像と道元禅師像は、市の文化財に指定されている。

-----------------(常堅寺 境内案内板より)

さて、お寺の裏側にまわって「カッパ淵」に向かいましょう。

20180610_jyoukenji_021.jpg

★カッパ淵の記事に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2429.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
2018年09月16日 (日) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2303.html

「書院 大伽藍」寛政八年(1796)築

20180517_iwata_saikouji_021.jpg

中庭の「陰陽石」
※写真の石、左側が「男石」。右側が「女石」。

20180517_iwata_saikouji_022.jpg

陰陽石の側にある「五輪塔」

20180517_iwata_saikouji_023.jpg

-----------------------------
「陰陽石」の庭園 
中庭の中心に夫婦和合、お家安泰、子孫繁栄を願って「陰陽石」
が置かれています。東に陽石(男石)西に陰石(女石)、
その寸法は似合って一体、男女円満を表しています。
旧本堂の中庭に配置されていたもので、江戸時代のものと
考えられます。日頃から夫婦喧嘩ばかりで仲が悪くても
一度きりの人生です。陰陽石に手を合わせれば、きっとご利益
がありますよ。
また、西の傍らには小さな五輪塔が六つあります。
約四百年前、戦国時代に作られた五輪塔で南無阿弥陀仏の
六文字を表しています。互いに生かされていることを感謝し、
お念仏とともに生きること、家庭円満の心薬です。

-----------------(西光寺 庭園説明文より)

20180517_iwata_saikouji_024.jpg

ジュビロ磐田のカミンスキー選手の写真が飾られていました。
このお寺に、ご家族で参拝に来られたそうです。
http://www.saikouji.pw/blog/diary/579/

20180517_iwata_saikouji_025.jpg

奥へ進んでいきましょう。
こちらは「弘法大師」(左)と「薬師如来」(右)の像。

20180517_iwata_saikouji_026.jpg

-----------------------------
 昔、この地域に四国霊場の寺院をお祀りしたお堂が八十八カ所
ありました。西光寺も札所のひとつでしたが、現在札所巡りは
歴史の中に消えてしまいこの石仏さまだけが残りました。
四国霊場第二十二番札所。白水山 医王院 平等寺(はくすいさん
いおういん びょうどうじ)としてお祀りされています。

-------------------(西光寺 案内板より)

続いて下の写真は「朝日弁財天」

20180517_iwata_saikouji_027.jpg

-----------------------------
七福神の中で唯一の女性の神様。楽器の琵琶を持つ。
御利益は学芸成就、恋愛成就、商売繁盛。日が昇る東方の池に
お祀りされたことからこの名がついたと言われています。
江戸時代、西光寺境内東には、加茂川に面して弁天池
(日限地蔵尊石柱あたり)がありました。
この弁天さまの呼び名と関連があるかも知れません。

-------------------(西光寺 案内板より)

「十王尊(じゅうおうそん)」

20180517_iwata_saikouji_028.jpg

-----------------------------
十王は、冥界にあって死者の罪を裁くとされる十人の王で、
人は死後七日ごと(七日〜七十七日)、その後は百日、一年、
三年と合計十回(中陰)、十王が死者の生前の善行・悪行を
裁断し、その死者のいくべき世界を定めるものとされる。
有名な閻魔大王も十王の一人で、地蔵菩薩の化身と言われて
います。ご覧の十王尊は、元々西光寺境内地であった現見附
西坂交差点角にあえいましたが、安政の大地震で十王堂が大破
したため本堂内に安置されました。

-------------------(西光寺 案内板より)

「三十三観音」

20180517_iwata_saikouji_029.jpg

-----------------------------
観音は三十三に化身して人々を救うという説によって、
本来は三十三体の観音菩薩を安置します。
衆生の救いを求める声を聞くと、自在にそれを救う菩薩で衆生に
現世利益の救済を施す存在です。

-------------------(西光寺 案内板より)

「平重盛公お位牌」(左)と「徳川家歴代のお位牌」(右)

20180517_iwata_saikouji_030.jpg

-----------------------------
「徳川家歴代のお位牌」
歴代の将軍より御朱印(境内地)を頂戴していた関係から、
影祀り的に安置していたと考えられる。

「平重盛公お位牌」
西光寺末寺、旧蓮光寺開基。平清盛の長子で、遠江の国主。
もともと蓮光寺にお祀りされていたが、明治四十四年に西光寺
と合併。現在に至る。

-------------------(西光寺 案内板より)

「旧位牌堂遺構」(昭和十二年築)

20180517_iwata_saikouji_031.jpg

位牌堂に向かい、左手側にあった仏様。

20180517_iwata_saikouji_032.jpg

「鬼瓦」

20180517_iwata_saikouji_033.jpg

-----------------------------
外に見える書院の鬼瓦は、江戸時代の瓦で、
平成十八年の書院大改修まで使われていました。中央に菊の御紋
が見えますが、これは、皇室で使用されております。
花びら十六の御紋で、江戸時代初期、後水尾天皇の皇后、
東福門院より西光寺へ。七堂伽藍を拝領されたご縁を今に伝える
ものです。東福門院よりご寄付された日限地蔵尊共々、皇室との
関わりを垣間見ることができます。

-------------------(西光寺 案内板より)

最後は外に出てお堂の裏手に回り、
「市指定天然記念物 西光寺のイヌマキ」

20180517_iwata_saikouji_034.jpg

西光寺の紹介は以上です。

「どなたでもどうぞ」と解放している場所だとしても、
お堂の中に入るにはどうしてもハードル高い感じがしますよね。
(「敷居が高い」という言葉は間違いなので気をつけましょう)
ですが、このお寺は閉鎖的な空気は一切なく、本当に誰でも
気軽に入って中から大楠を見ながら瞑想したり、お参りをして
いって下さいねというウエルカムな空気がありました。

「なんとなく…」でも接点が出来て繋がればそれは「縁」。
私たちは外の看板につられてフラフラ立ち寄っただけですが、
考え方によってはこれも何かのご縁…なのでしょうかね。
西光寺へはいつかまたお邪魔して、お堂の中で心を落ち着けて、
ゆっくり瞑想でもしてみたいと思っております。


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
2018年09月15日 (土) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2303.html

20180517_iwata_saikyouji_012.jpg

時宗東福山 西光寺
http://www.saikouji.pw
https://twitter.com/MitsukeSaikouji
御本尊:阿弥陀如来
-----------------------------
東福山西光寺 由来略縁起
 このお寺は鴨川道場東福山西光寺といい、阿弥陀如来をご本尊
とする時宗の古刹であります。
文永二年(1265)真言宗の傾木和尚によって創建されましたが、
建治・公安年間(1280前後)この地を訪れた時宗の開祖証誠大師
一遍上人(延応元年・1239〜正応二年・1289)を迎えて改宗し、
時宗の修行道場となりました。元和七年(1621)類焼による大火
で焼失しましたが、元和九年(1623)に再建、慶安元年(1648)
三代将軍徳川家光公より御朱印地三十二石八斗(一石は約三百坪)
余りを与えられ、寛政三年(1791)には、境内地9,160坪と記録
されております。
また、旧東海道見附宿西坂の地に光山堂蓮光寺がありました。
蓮光寺は、安元二年(1176)平清盛の嫡男、遠江の国守で、
吾妻鏡(鎌倉時代に成立した日本の歴史書)にも遠江国府の光堂
として登場。当時は七堂伽藍の名刹でした。後に西光寺の末寺と
して時宗に改宗、明治四十四年(1911)西光寺と合併し廃寺、
重盛光ゆかりの伝聖徳太子作 薬師如来坐像(磐田市指定文化財)
がここに移されました。

------------------------(↓続く)

20180517_iwata_saikyouji_013.jpg

-----------------------------
 なお、本堂にお祀りしております日限地蔵尊は、
二代目将軍徳川秀忠公と正室江の五女で、五水尾天皇(第108代)
の妃となり東福門院と称せられた皇后 源和子姫がお側に置かれた
念持仏、ご自身の守り本尊です。元和六年(1620)入内のため
江戸城から今日の都に向かう途中、西光寺にてご休憩され、
東福門院より七堂伽藍、東福山の山号、木造弥陀三尊像、
木造地蔵菩薩像を賜りました。先に記した通り、元和七年の大火
で本堂、諸堂悉く消失しましたが、弥陀三尊像、地蔵菩薩像は、
燃えさかる炎のなかで不思議にも焼失をのがれ、ただ今も本堂に
安置されております。特にこの地蔵菩薩像は、
「日を限り願えば、すべてが叶う」と昔から霊験あらたかな尊像
として県内外に信仰者が多く、毎月十四日の例祭及び十一月の
大祭には、大勢の参拝者の方々で賑わいます。
 また、西光寺は遠江四十九薬師霊場第四十八番札所として、
病気平癒を願う巡礼の人々から信仰され今日も栄えています。
近年は縁結び、恋愛成就のパワースポットとして静岡県のテレビ、
ラジオ等、地元の放送局で広く紹介され、幅広い世代のみなさま
が訪れています。

-----------------(西光寺 境内案内板より)

本堂にお邪魔して、お参りしていきましょう。
拝観料無料です。堂内はお洒落にジャズが流れていました。
あまりお寺っぽくないBGMですが、雰囲気とても良かったです。

下の写真は自転車のペダルとビン。これは宮城県石巻市から、
供養のために持ち帰ったものだそうです。

20180517_iwata_saikyouji_014.jpg

-----------------------------
 平成二十三年九月九日、東日本大震災被災地に出向き、
殉難、行方不明の方々にお念仏を唱えて参りました。
青いビンは、石巻市南浜町の被災現場、自転車のペダルは、
児童七十四名、教師十名が津波にのまれ亡くなった、
石巻市釜谷山根大川地区、大川小学校被災地現場より供養のため
持ち帰りました。犠牲になられた、たくさんの方々のご冥福を
祈りつつ合掌をお願いします。
がんばれ東北、一日も早く復興されますように。

   地震発生半年にあたり 平成二十三年九月十一日
            西光寺三十九世 住職 光阿弥陀仏

----------------------(説明文より)

20180517_iwata_saikyouji_015.jpg

20180517_iwata_saikyouji_016.jpg

文化財指定「薬師如来坐像」
後水尾天皇中宮 東福門院御守本尊「日限地蔵尊」

20180517_iwata_saikyouji_017.jpg

20180517_iwata_saikyouji_018.jpg

20180517_iwata_saikyouji_019.jpg

「江戸時代 旧本堂遺構床の間」

20180517_iwata_saikyouji_020.jpg

★その3に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2306.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
2018年09月13日 (木) | 編集 |
2018.5.17 参拝 
本日は磐田市にある『西光寺』を紹介。
磐田市内を走らせていた時に、この萌え看板が目についてから、
ずっと気になっていたので行ってみることにした。
お寺で萌えキャラってーと、八王子の了法寺を思い出すなw

ちなみにこの看板のキャラクターの名前は、
ナギの妖精「まさこ」(左)と、大楠の妖精「徳大寺」(右)。
物語のページがあったのでリンクしておく。
http://www.saikouji.pw/miracle-power-road/

20180517_iwata_saikouji_001.jpg

20180517_iwata_saikouji_002.jpg

お寺の門です。

20180517_iwata_saikouji_003.jpg

-----------------------------
西光寺の表門
 加茂川をわたり、まず目をひくのがこの表門です。
これは徳川家康公が“別荘”として中泉村(現在の磐田駅南側、
御殿・二之宮周辺)に築かせた中泉御殿(のち中泉代官所)の
門を移築したものと伝えられています。
 薬医門(桃山時代「1580年〜1590年代」に始まった、
もともとは城門の一種)といわれる総ケヤキ造りで、
素朴な建築美をたたえ、市内に残る代表的な江戸時代(1603年
〜1867年)の門として、昭和五十七年十一月、市内の文化財に
指定されました。

-----------------(西光寺 境内案内板より)

門をくぐり、お寺を遠くから撮影。

20180517_iwata_saikouji_004.jpg

近づいていきましょう。

20180517_iwata_saikouji_005.jpg

20180517_iwata_saikouji_006.jpg

山門をくぐると、いきなり右手に大きな木。
これは磐田市指定天然記念物の「大楠」です。

20180517_iwata_saikouji_007.jpg

-----------------------------
西光寺の大楠(磐田市指定天然記念物)
 寛永元年(1789)建立の鐘楼堂(山門)をくぐると、
右側に大きなクスノキの巨木が見えます。樹高十八メートル、
根回り十三.七メートル、胴回り七.五メートル、推定樹齢五百年
という老大樹です。隣り合っているナギの大樹と一緒に、
昭和五十七年(1982)十一月、磐田市の天然記念物に指定され
ました。生命力あふれる力強いその姿はもちろんのこと、
そっと手を触れて見つめていると、訪れる人達に深い歴史を
声もなく語りかけているようです。
 最近は、縁結びのパワースポットの木として有名になり、
たくさんの人達に参拝されています。尚、境内南側墓地入り口
より西に向かって登っていくと、本堂裏手にひっそりと
樹齢二百五十年、マキの樹(磐田市指定天然記念物)の大樹が
あります。こちらも見事な生命力と枝ぶりで、一見の価値。
ご覧になることをお奨めします。

-----------------(西光寺 境内案内板より)

神様が祀られている。

20180517_iwata_saikouji_008.jpg

20180517_iwata_saikouji_009.jpg

境内で見た大楠全景。

20180517_iwata_saikouji_010.jpg

大楠のすぐそばに生える「梛の木」。

20180517_iwata_saikouji_011.jpg

-----------------------------
梛の木(磐田市指定天然記念物) 
 ナギの木は、マキ科の常用樹木で、葉は楕円形、縦の方向だけ
に多数葉脈があり、葉は切れにくくなっていることから、
縁結びのしるしとされています。静岡県下には、昔、婦人がこの
葉を鏡の裏に入れておき、男性との縁が切れないおまじないに
したとか、弁慶が力自慢に、この葉を千枚重ねて横に切ろうと
して失敗したとか、北条政子が若き日、伊豆山に配流されていた
源頼朝とナギの木の下で愛を誓って結ばれ、のちに頼朝は
鎌倉幕府を開く強運を得た……という話も残っています。
 最近は、縁結びのパワースポットの木として有名になり、
たくさんの人達に参拝されています。
自然に落葉したナギの葉っぱがありがたい縁結び、良縁、開運の
お守りになります。樹齢二百五十年の生命力、できるだけ新しく、
青々としたキズのない、きれいなナギの木の落ち葉を探して、
ご自由にお持ち帰りください。

-----------------(西光寺 境内案内板より)

★その2に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2305.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術