FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年04月21日 (日) | 編集 |

昨日の夜間から急にドカン!とアクセスが増え、
補陀落渡海についての記事をやたらと読んでいく人がいたから、
「何だ?またマニアックなネタをどこかで取り上げたか?」
と思って、Twitter検索(https://t-proj.com/twitter/)開いて
キーワードを入力して調べてみたら…
あぁ、わかった。理解した。

------------------------------
ブラタモリ
https://www4.nhk.or.jp/buratamori/
4月20日(土)#131「熊野~なぜ熊野は日本の聖地になった?~」
------------------------------

気付かなくて私は見ていなかったんだけど、タモさんの番組で、
補陀落渡海について言っていた(やっていた?)らしい。
なるほど、そりゃみんな気になってググりもするわなw
しかしブラタモリも最近はノーチェックだったなー。
この放送内容だったら、ちょっぴり見ておけばよかったよ。

↓そして皆がググってたどり着く記事がこちら(閲覧注意)。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-849.html
仏教に関する興味深い歴史なので、過去に読んだ事のある人も
そうでない人もどうぞ。こんな歴史があったことを初めて知ると
色々な事が頭の中をグルグルして眠れなくなっちゃうかもよw
船の形も、見た目からインパクトのある特殊な作りだからな。

補陀落渡海から少しズレるけど…
仏教について詳しくないのですが他の修行についても気になって
あれこれ調べてみると、結構ハードな世界ッス。例えば天台宗の
「千日回峰行」辺りが凄まじいから軽く調べてみるといい。
もしもこの修行を続けられなくなったらその時は……
いやいや、さすがに現代では「自殺ダメ絶対」の世の中ですから
そいつを抜きにしても、過酷すぎて出来ませんよこんなの。
どのみち死んじゃいますって。

仏教の修行なんて、よほどのドMじゃない限り無理っスわ。
自分を追い込んでまで仏の世界に近付こうとする仏教、
ある意味スゲェ。

……あっ、私ですか? 私は神道で結構です。 (´・ω・`)


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:こんなことがありました
ジャンル:ブログ
2019年04月08日 (月) | 編集 |
記事にするのが1日遅れてしまいました。
4月7日のものですが、こんな映像があったので…
YouTube『大和神社』公式動画より‪第二艦隊戦没者慰霊祭‬



大和神社
http://ooyamatohp.net/
-----------------------------
 日本大国魂大神は大地主大神で、宮中内に天照大神と同殿共床
で奉斎されたが、第十代崇神天皇六年に天皇が神威をおそれ、
天照大神を皇女豊鋤入姫命をして倭の笠縫邑に移されたとき、
皇女淳名城入姫命に勅して、市磯邑(大和郷)に移されたのが
当神社の創建であると伝えられている。(2000余年前)奈良時代、
朝廷の命により、唐の国へ渡って学ぶ遣唐使、その他使臣は、
出発に際して、当社へ参詣し、交通安全を祈願された。
 また、世界最大最強を誇る「戦艦大和」の守護神とされた。
同艦も、昭和20年4月7日、鹿児島県坊ノ岬沖にて轟沈した。
その英霊、第二艦隊司令長官伊藤整一命外、2,736柱と護衛艦の
方々が境内の祖霊社に合祀されている。

----------------(大和神社 公式サイトより)

大和神社へはかなり前に一度お参りをした事がありますが、
とても良い神社です。皆さんも是非足を運んでみては?

ちなみに大和神社は奈良県ですが、戦艦大和に関するものなら
広島県には大和ミュージアムなんて施設もありますよ。
https://yamato-museum.com/

(`・ω・´)ゞ 英霊に敬礼!


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:みんなに知ってもらいたい
ジャンル:日記
2019年04月07日 (日) | 編集 |
2019.4.6 参拝 
「焼津神社」の桜は今が満開です。ポカポカ陽気のなか、
氏神様にいつものご挨拶と、美しい桜を見に行って参りました。
神社で見る桜を、毎年楽しみにしているんです♪

20190406_yaizujinjya_001.jpg

20190406_yaizujinjya_002.jpg

綺麗に咲いている桜の景色の中、「グワッ!グワッ!」と、
鷺の声が聞こえてきます。縁起の良い鳥と言われていますけれど
焼津神社にいる鷺は、高い木の上に巣を作って住んでいる為、
時々ビックリするような「落とし物」が降ってきますから、
みんな、鳴き声が聞こえたら頭上に注意してねーw

20190406_yaizujinjya_003.jpg

お花見日和♪春は大好きだ。

20190406_yaizujinjya_004.jpg

鳥居の方を振り返ってみる。ほーら綺麗♪

20190406_yaizujinjya_005.jpg

神社の社殿。
以前はこの後ろに木々が沢山生い茂っていたのですが、
新しい社務所を作るにあたってスッキリしてしまいました。
前はここから見えなかった高草山が遠くに見えますよ。

20190406_yaizujinjya_006.jpg

このブログを作ってから今日まで、焼津神社の記事のなかでは
一度も紹介したことがなかったものを紹介しておこう。
それがこちら。焼津の漁業発展の礎となった三水産翁、
「山口水産翁(山口平右衛門)」「片山水産翁(片山七兵衛)」
「服部水産翁(服部安次郎)」の石碑。

20190406_yaizujinjya_007.jpg

この石碑は元焼津公園側の方にあります。
私が子供の頃から、ずーっとココにありました。
この方々は、焼津の防潮堤設置、遠洋漁業の推進、生産組合の
組織化などに尽力した方々なのですが、少し残念なのが、
石碑の前に説明が刻まれたものが置いてあっても文字がサッパリ
わからなくなってしまっている事。顔を近づけて読んでみようと
頑張ったけどダメ。文字が見えるように直さないのだろうか?
うーん…勿体無いよなー。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2019年04月06日 (土) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2592.html

『大歳御祖社』の側に咲き誇る美しい桜。

20190403_S_sengenjinjya_032.jpg

20190403_S_sengenjinjya_033.jpg

六角灯篭型の「浅間神輿」

20190403_S_sengenjinjya_034.jpg

このお神輿は、浅間神輿会(浅間神社青年会員が中心となって
結成されている会)が主管する物。

20190403_S_sengenjinjya_035.jpg

大歳御祖社の正面に移動させますよ。せぇの……

20190403_S_sengenjinjya_036.jpg

よいしょ…っと。

20190403_S_sengenjinjya_037.jpg

お供え物も移動させて、祈念をしましょう。

20190403_S_sengenjinjya_038.jpg

神社から離れて、浅間通り商店街をブラついて戻ってきた時に
浅間神社から先ほどの御神輿がやって参りました。
「エイサッ、ホイサッ、エイサッ、ホイサッ」

20190403_S_sengenjinjya_039.jpg

見てるとそこに加わりたくなるくらい楽しそう。
「エイサッ、ホイサッ、エイサッ、ホイサッ」

20190403_S_sengenjinjya_040.jpg

この日の宮入、無事終了したようです。
浅間神輿会のFacebook記事を貼っておきます。
https://ja-jp.facebook.com/sengenmikoshi/posts/2808473449177884

そういえばウチの母は静岡市の出身なんですが、
「静岡の祭りは品があっていい」とよく自慢するんですよね。
うん、わかるよ。でもその土地土地の良さがあってがな…
と反論したかったが(焼津がdisられた気分でアレだったし)
でも確かに品があるし華やかなのがわかるから余計に悔しい。

母の生まれ育ったところは駿府の城下町だしな。
一方私はというと港町。祭りの雰囲気だけでなく町全体の
雰囲気も全然違うから仕方ないね。(´・ω・`)


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報