FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年09月17日 (火) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2871.html

いよいよ櫻木神社の中へ。
目に飛び込んでくるもの全てが美しいです。

20190323_櫻木神社_017

桜、桜、桜…どこを見ても桜だらけ。
桜は良いよね。桜大好き。

20190323_櫻木神社_018

20190323_櫻木神社_019

境内案内図。

20190323_櫻木神社_020

今年の絵馬。

20190323_櫻木神社_021

櫻木神社の桜の絵馬は可愛いですよ♪ (´ω`*)

20190323_櫻木神社_022

20190323_櫻木神社_023

デザインマンホールが好きな人は必見!
櫻木神社だけの特別なマンホール蓋があります。

20190323_櫻木神社_024

下の写真は「女聲人松(めおとまつ)」

20190323_櫻木神社_025

----------------------------
 昔、この「女聲人松」に、一人の女性が好きな人への思いを
帯紐に書き結んだところ、その願いが叶ったといわれる不思議
な木です。
願いが叶えられ、良いご縁が結ばれますように「松葉の帯紐」
に思いを書き込んで結んで下さい。

 松の木は 神を「待つ」、また良い事や吉報を「待つ」
といった意味の語源があるほど、神聖で縁起の良い木と
されています。

---------------(櫻木神社 境内案内板より)

ちょっと余談だけど、縁起が良いとされている松の木ですが、
逆に東京都の府中市あたりでは、大國魂神社の神様から嫌われ
ているから良くないと言われていたりもしますw
(仲の良い神から待ちぼうけを食らった神様のエピソードが。
「待つのは嫌い→松は嫌い」という事で)

…と、どうでもいいお話は置いといて。
境内には「縁結びの桜」なんてのもありますよ。
桜咲く時期に来たかったなぁ。

20190323_櫻木神社_026

20190323_櫻木神社_027

20190323_櫻木神社_028

20190323_櫻木神社_029

賽銭箱に書かれてある説明文から転載。
----------------------------
 サクラとは、サ(稲魂)とクラ(魂の場所)が結ばれて
サクラという一つのことばになりました。
男女のご縁だけでなく、様々な良い縁を導いてくれる木霊
として神秘性を秘めた樹木です。そっと触れて願いを込め
祈りましょう。


----------------------------

「手水舎」には亀さん(石像)がいますよ。

20190323_櫻木神社_030

20190323_櫻木神社_031

「祓戸」

20190323_櫻木神社_032

20190323_櫻木神社_033

----------------------------
 祭儀の前に神職、奉仕者、参列者等が祓へを行う場所です。
瀬織津比咩、速開都比咩、息吹戸主、速佐須良比咩の四神を
招き祀ります。


---------------(櫻木神社 境内案内板より)

★その3に続く!
→ 更新までしばし待て。


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:千葉県
ジャンル:地域情報
2019年09月17日 (火) | 編集 |
2019.3.23 探訪 
『櫻木神社』にやって参りました。
場所的にはチーバくんで説明すると鼻のあたり
埼玉と千葉の県境からすぐ近くに鎮座しております。
本当は櫻満開の時期に行きたかったのですが、訪れた時はまだ
あともう少し…のタイミングでした。いつかリベンジしたい。

20190323_櫻木神社_001

20190323_櫻木神社_002

鳥居の横に見えるのは「紅しだれ桜」

20190323_櫻木神社_003

----------------------------
三春小桜(紅しだれ桜)
 日本三大桜の一つ。福島県「三春滝桜」の実生クローンの
桜です。当神社再建御造営に際して送られ、三春に因んで
三本植えられました。樹形が年々本家の桜に似てきました。
(エドヒガン系のベニシダレザクラ)

---------------(櫻木神社 境内案内板より)

鳥居をくぐり進むと「日天社」

20190323_櫻木神社_004

20190323_櫻木神社_005

----------------------------
御祭神/天照大神、大国主命 
創建/不詳ながら江戸時代元禄年間の絵図にその姿を残す。
御神徳/天照大神は高天原の統治を委ねられた最高神。
 太陽を象徴し、大地の豊穣を意味する母なる神で、
 生活の安定を司る。大国主命は国土開拓、殖産の神として
 知られ、福の縁、男女の縁を司る。

---------------(櫻木神社 境内案内板より)

さらに進むと参道脇に再び小さな鳥居。

20190323_櫻木神社_006

ここをくぐって進むと、右手側と正面に神様がお祀りされて
いるのがわかるでしょうか?

20190323_櫻木神社_007

まず写真右手に見えるこちらから紹介。
左から「小御岳神社、浅間神社、大杉神社」

20190323_櫻木神社_008

「小御岳神社」の御祭神は「磐長姫命」。
木花開耶媛命のお年ちゃんです。御神徳は長寿と健康。
「浅間神社」の御祭神はもちろんあのかた、木花開耶媛命。
御神徳は安産・子授け・子育て。
「大杉神社」の御祭神は「大己貴命」。
御神徳は疱瘡と難病除け。

続いて下の写真。
左から「雷神社、琴平神社、粟嶋神社」

20190323_櫻木神社_009

「雷神社」の御祭神は「分雷命」。
御神徳は雷除け・電気安全・五穀豊穣。
「琴平神社」の御祭神は「大物主命」。
御神徳は福徳・金運・商売繁盛。
「粟嶋神社」の御祭神は「少彦名命」。
婦人病から守り、子授けと安産を願う人に御神徳あり。

さて、元の参道に戻り再び進みます。

20190323_櫻木神社_010

20190323_櫻木神社_011

20190323_櫻木神社_012

20190323_櫻木神社_013

20190323_櫻木神社_014

20190323_櫻木神社_015

到着しましたー。

20190323_櫻木神社_016

この神社からは数々の出土品があったそうです。
----------------------------
桜台遺跡(古墳時代)
 櫻木神社境内地一帯に及ぶ桜台遺跡は、古墳時代(四世紀)
前期の遺跡です。平成四年の発掘調査では数多くの遺構・遺物
が確認され野田市の黎明期を知る上で、大変貴重な資料となり
ました。その中でも特に注目する点は、数多くの石製品の出土
です。硬玉製勾玉・管玉・台形様石製品・剣先様装飾品・半円
状石製品・玉杖等、これらは祭祀に関係する遺物と考えられ、
この時代に既にこの地において祭りが行われていたことを
裏付けています。

-----------------(櫻木神社 案内板より)

★その2に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2872.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:千葉県
ジャンル:地域情報
2019年09月12日 (木) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2859.html

駐車場のところに生えていた木。
これは槙の木です。

20190322_前玉神社_029

----------------------------
行田市指定文化財    昭和39年指定

 前玉神社は、平安時代の『延喜式神名帳』に
「前玉神社二座小」と記されている古社です。その入り口に
植えられているこの大木は「イヌマキ」と称される常緑の
高木の雄木です。
 御嶽山信仰の奉納植樹の御神木で、推定約600年、
樹高20m、目通り幹周4.0m、根回り5.5mを計ります。
現存する槙としては埼玉県内最大のものです。
 樹幹北側の中心部には 大きな空洞があり、その中には
木曽御嶽神社の石碑が置かれています

-----------------(前玉神社 案内板より)

20190322_前玉神社_030

御神木の中。

20190322_前玉神社_031

神社近くにある埼玉古墳群の記事はまたいずれ。

参道脇にある「金沢製菓」さんという老舗の和菓子屋さんで
モナカを買って行きましたけど、これまた甘すぎず美味しく
頂けましたので、前玉神社へ参拝に訪れた際は皆さんも是非
買ってみては如何でしょう。


ブログに訪問ありがとう!
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:埼玉県
ジャンル:地域情報
2019年09月11日 (水) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2859.html

石段をのぼってお参りしましょう。

20190322_sakitama_012.jpg

20190322_sakitama_013.jpg

前玉神社
https://sakitama-jinja.com/
御祭神/前玉比売神、前玉彦命
----------------------------
【前玉神社 御由緒】
 前玉神社は「延喜式」(927年)に載る古社で、
幸魂(さいわいのみたま)神社ともいいます。700年代の古代
において当神社よりつけられた【前玉郡】は後に【埼玉郡】
へと漢字が変化し、現在の埼玉県へとつながります。

前玉神社は、埼玉県名の発祥となった神社であると言われて
います。

 武蔵国前玉郡は、726年(神亀3年)正倉院文書戸籍帳に
見える地名だと言われており、1978(昭和53)年に解読
された稲荷山古墳出土の鉄剣の銘文から、471年には大和朝廷
の支配する東国領域が、北武蔵国に及んでいたのは確実である
と言われています。

北武蔵国の地元豪族が眠ると思われるさきたま古墳群の真上に
建てられています。

--------------(前玉神社 公式サイトより)

20190322_sakitama_014.jpg

----------------------------
【前玉神社の歴史】
 前玉神社が最初に祀られた時代については、一説には
大化の改新(645年)より一世紀以上さかのぼる安閑天皇、
宣化天皇あるいは雄略天皇の頃の古墳時代(400年代後半~
500年代前半)ではないかと考えられています。
その名残として社は古墳群に向かって祈願するように建立
されています。

前玉神社は千数百年の歴史を持つ荘厳で由緒ある古社です。

--------------(前玉神社 公式サイトより)

御神木。

20190322_sakitama_015.jpg

前玉神社の境内にあった「龍泉池」
池に向かって右手側が前玉神社の古墳です。

20190322_sakitama_016.jpg

門の横の幟、奉納者の名前に宮司さんのお名前が。
幟なだけにこれまた縁起の良い昇り竜ッスな。

(=゚ω゚)「オヤジギャグが寒すぎます」

20190322_sakitama_017.jpg


★前玉神社の猫さんたちの記事に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2862.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術