FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
2021年03月03日 (水) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3603.html

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_032

----------------------------
日本の古墳壁画ではキトラ古墳だけの獣頭人身十二支像 
 キトラ古墳の特徴のひとつは、動物の頭と人間の体で十二支
をあらわした獣頭人身像が描かれていること。
身につけている中国風の衣装が陰陽五行説にのっとった各方位
の色で描かれています。手に武器をもっている点は中国の意匠
では見られない特徴ですが、仏教の影響とも朝鮮半島の影響
とも言われています。


---------------------(説明文より)

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_033

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_034

----------------------------
確認できる6体の十二支像。
 キトラ古墳の十二支像のうち図像が確認できるのは、
子、丑、寅、午、戌、亥。はっきりと見えないものもあり、
午は壁にかぶさっていた泥に図像が転写された状態で確認され
ました。


---------------------(説明文より)

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_035

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_036

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_037

----------------------------
確認できない6体を海外の十二支像から推測。
 確認できていない6体については、どのように描かれていた
かはわかりませんが、中国や朝鮮半島の十二支像から、
ある程度、想像することができます。


---------------------(説明文より)

【キトラ古墳天文図】
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_038

【高松塚古墳天文図】
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_039

----------------------------
キトラ古墳の古墳石室の天井は 星空を精密に描いている。
 キトラ古墳石室の天井に描かれた天文図は、現存する
世界最古の科学的な天文図です。天の赤道や太陽の通り道で
ある黄道が描かれ、大きな呪術的力をもつとされた北斗七星
をはじめとする中国式の星座が配置されています。
円を描くためのコンパスを使ったあとも確認されており、
正確とは言えないまでも、実用的な天文図をもとにして描いた
と考えられています。『日本書紀』の天文に関する記録に
よれば、日本で天文に大きな関心がもたれるようになった時期
は飛鳥時代からです。


---------------------(説明文より)

【石室について】
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_040

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_041

----------------------------
石室は18個の凝灰岩を組み合わせて作られています。
 奈良と大阪の境にある二上山の凝灰岩が使われ、
石室内の天井は屋根形に加工されています。
南の天井石も外側が屋根形に加工されています。
石と石のすき間は漆喰で埋められています。


---------------------(説明文より)

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_042

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_043

----------------------------
段をかみ合わせて組み立てる
「相欠き」という工法で造られています。

 「相欠き」とは、つなぎ合わせる2つの部材をカギの手形に
組み合わせる工法のこと。現代でも使われている工法です。
この工法で石をがっちり組み合わせて石室が造られています。

---------------------(説明文より)

埋葬されていた人がどんな人だったかという事だけでなく、
名もわからない壁画を描いた人が一体どんな人だったかとか、
どんな事を考えながらコレを描いたのかも気になってしまう私。
変だよって言われるかもだけど、自分自身、絵を描く事が好き
だからか描き手についても知りたくなるクセが…
(昔の絵巻物を見ても同じ考えに陥る)

遥か昔に想いを馳せながら見学するのは面白かったです。
皆さんも四神の館を見学してみては如何でしょう。


施設の情報はこちら。
----------------------------
キトラ古墳壁画体験館 四神の館
https://www.nabunken.go.jp/shijin/
住所/奈良県高市郡明日香村大字阿部山67
開館時間/※入室は閉室30分前まで。
9:30~17:00(3月~11月)、9:30~16:30(12月~2月)
入館料/一階展示室は無料。申し込み不要。
閉館日/水曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始
 ※作業等により臨時に閉室する場合があります。
 ※台風等の影響により、気象警報が発令された場合には、
 壁画保存管理施設(四神の館1階)は、開室時間内でも
 臨時で閉室することがあります。

※施設情報は2021年3月現在のものです。
----------------------------


ブログに訪問ありがとう。
記事を気に入って頂けたら拍手をポチッとお願い致します♪
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報
2021年03月01日 (月) | 編集 |
館内を一緒に見学している気持ちで見て頂けたら幸い。
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3603.html

「盗掘孔」について。実物大の模型がありました。
人が一人すっぽり入れるくらいの穴です。
歴史的にこういったお墓で盗掘ってのはどの国にもあるけど
遺体・遺骨があるのに墓荒らしとかちょっと私には
盗っ人の気持ちが理解できないな…

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_021

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_022

----------------------------
奇跡的に朱雀を残した閉塞石の盗掘孔。
 棺を入れた後に石室をふさぐ閉塞石に、泥棒が入り込んだ
あとがありました。石を壊して孔をあけ、石室内に入り込んだ
のです。しかし偶然にも、その孔は石の内側に描かれた朱雀を
避けてあけれられていました。

永遠の眠りのための密閉は、漆喰で入念に。
 閉塞石とは南の壁面のこと。棺を入れた後、石室をしっかり
と封じるためのものです。そのため、石の周囲には、ていねい
に漆喰を詰めてありました。

---------------------(説明文より)

キトラ古墳の壁画について。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_023

「青龍」東壁
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_024

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_025

----------------------------
 天井石の隙間から流れ込んだ泥土によって、多くの部分が
隠れており、赤外線撮影でも前脚の付け根あたりまでしか
確認できません。頭に日本の角をもち、口は大きく開き、
舌と下アゴが長く描かれています。鼻の両脇からは牙が上に
2本、下に2本突き出ています。前脚を前方に伸ばし、
肩に飾り毛をつけています。


---------------------(説明文より)

「玄武」北壁
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_026

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_027

----------------------------
 西を向く亀の胴体に蛇が大きく円弧を描いて巻きつき、
上部で蛇の頭と尾を交差させています。亀は後ろを振り返り、
蛇と顔を突き合わせています。蛇の体には斑点模様が描かれて
いることが特徴です。


---------------------(説明文より)

「白虎」西壁
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_028

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_029

----------------------------
 通常の白虎とは逆向きで、頭が北を向いています。
細身で首が長く、両目を見開いて口を開き、前脚を突き出して
います。尾は右後ろ脚の下をくぐって立ち上がっています。
顎や肩、脚の関節あたりから羽毛が出て風になびいているよう
に見えます。両肩と後ろ脚のあたりには赤い彩色があり、
腹にも朱色が塗られています。耳の毛や黒目の細かい描写も
注目されます。


---------------------(説明文より)

「朱雀」南壁
20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_030

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_031

----------------------------
 クチバシを西に向け、地を蹴って羽を広げ、
今にも飛び立とうとしているような躍動的な姿は、きわめて
珍しいものです。全体はキジのように細身で、頭にかんむり状
の羽と耳のような飾り羽がついています。
長い尾羽が5本描かれており、尾羽の付近では下書きのヘラの
痕跡がよく観察できます。鎌倉時代の盗掘により、左羽根の
先端の一部を欠きましたが、姿の大半が残っています。


---------------------(説明文より)

★その3に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3606.html


ブログに訪問ありがとう。
拍手をポチッとして頂けると嬉しいです。
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報
2021年03月01日 (月) | 編集 |
キトラ古墳の記事はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3598.html

2020.11.10 探訪 
「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」にやって参りました。
私たちがここキトラ古墳に来た理由というのは、古墳の壁画を
公開していたので、それを見る為に事前予約をしていたから。
詳細/http://www.kitora-kofun.com/

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_001

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_002

実物の壁画の方は撮影が禁じられているので写真は無いです。
「四神の館」のB一階展示物は自由に撮影できましたので、
そちらの写真を(気になったものだけ)アップしていきます。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_003

キトラ古墳内部はこうなっていますよという模型。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_004

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_005

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_006

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_007

石室壁面に大陸風の絵が描かれた古墳は、
日本では「高松塚古墳」と「キトラ古墳」の二つだけ。
誰が葬られていたかなど、ハッキリとしていない部分がまだ
沢山あるようです。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_008

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_009

土層を剥ぎ取った実物の標本が展示されていました。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_010

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_011

展示室内はこんな感じ。
天井のはキトラ古墳に描かれた天文図をあらわしたもの。
モニターには古墳に関する色々なものが映し出されてました。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_012

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_013

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_014

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_015

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_016

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_017

スタンプラリー。
全て押すと天文図が完成します。

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_018

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_019

20201110_キトラ古墳壁画体験館_四神の館_020

★その2に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3605.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みになってます。拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報
2021年02月24日 (水) | 編集 |
2020.11.10 探訪 
「キトラ古墳」にやって参りました。
https://www.nabunken.go.jp/shijin/about/
奈良はビックリするくらいに古墳が多いよね。
昔の人のお墓といえど、歴史的なものをこうして大事に
保護している奈良が私は本当に好きです。

20201110_キトラ古墳_001

----------------------------
 キトラ古墳は七世紀末から8世紀初め頃に造られた古墳で、
丘陵の南側斜面に位置します。墳丘は二段築成の円墳で、
発掘調査の成果などから、下段の直径が13.8m、上段の直径が
9.4mに復元できます。現在の墳丘は、下段部分を築造当時の
大きさに復元しています。内部には二上山産凝灰岩の石切を
18枚組み合わせて作られた石室があります。石室内部は
奥行き2.40m、幅1.04m、高さ1.24mの大きさで、鎌倉時代に
盗掘を受けていましたが、刀装具片、琥珀玉などの副葬品の
一部と、木棺片や棺の飾金具、人骨などが出土しています。

-----------------------(↓続く)

20201110_キトラ古墳_002

----------------------------
 昭和58年に行ったファイバースコープによる石室内部の
探査で、北壁に玄武が描かれていることが分かり、高松塚古墳
に次ぐ我が国で二例目の大陸的な壁画古墳であることが明らか
となりました。その後の小型カメラによる探査では、
青龍、白虎、朱雀、十二支像、天文図がみつかりました。
 石室内部の小型カメラによる探査では、壁画が危険な状態に
あることも明確となりました。そのため、早急な対応が必要と
され、平成15年に仮設保護覆屋を設置し、平成16年に石室内の
調査を行いました。その結果、全ての壁画を取り外して
保存処理を行う方針が決定しました。
 この方針を受けて平成22年までにすべての壁画が取り外され、
修理が進められました。現在は壁画の保存・公開が行われて
います。


----------------(キトラ古墳 案内板より)

20201110_キトラ古墳_003

20201110_キトラ古墳_004

キトラ古墳地形復元模型。

20201110_キトラ古墳_005

案内板の写真から。
どんな人が埋葬されていたんだろう?
さぞ位の高い人だったに違いない。

20201110_キトラ古墳_006

20201110_キトラ古墳_007

20201110_キトラ古墳_008

20201110_キトラ古墳_009

20201110_キトラ古墳_010

チビッコはこういうの好きかも知れない。
「乾拓(かんたく)」が出来る場所がありました。
板の上に紙を当てて鉛筆でこするアレです。
ご年配のかたも楽しんでいらっしゃいました。

20201110_キトラ古墳_011

20201110_キトラ古墳_012

20201110_キトラ古墳_013

20201110_キトラ古墳_014

20201110_キトラ古墳_015

20201110_キトラ古墳_016

20201110_キトラ古墳_017

20201110_キトラ古墳_018

20201110_キトラ古墳_019

20201110_キトラ古墳_020

「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」に向かいます。
写真向かって左手側がキトラ古墳。そこからカメラを右に…

20201110_キトラ古墳_021

20201110_キトラ古墳_022

20201110_キトラ古墳_023

★四神の館に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3603.html


ブログに訪問ありがとう。
「古墳も歴史の一部!古代浪漫よな」と、
わかってくれる人は拍手をポチッとよろしくね♪
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報
2021年02月17日 (水) | 編集 |
橿原神宮の記事から見たい人はこちらからどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3584.html

2020.11.9 遥拝 
「神武天皇陵」にやって参りました。
橿原神宮からちょっと歩いた場所にあります。

20201109_神武天皇陵_001

20201109_神武天皇陵_002

20201109_神武天皇陵_003

到着したのは17:05頃。日が沈む一歩手前な感じ。
この時期は日も落ちるのが早いので、
参道を歩くにも競歩のようになってしまいました。

20201109_神武天皇陵_004

20201109_神武天皇陵_005

20201109_神武天皇陵_006

御陵の前には手水舎があります。

20201109_神武天皇陵_007

御陵の前でそっと遥拝。

20201109_神武天皇陵_008

以前参拝した時は、急に雨が降ってきたんだよなぁ…
近くにある「畝傍陵墓監区事務所」までダッシュして、
傘を貸して頂いた思い出(そのあと車に戻ってからすぐに
傘を返しに行った)。あの時は本当お世話になりました。

20201109_神武天皇陵_009

お参りが済むと辺りは一気に暗くなりはじめ…
ここに来たのが、本当にギリギリだったんだなぁと。
次はもっと明るい時間に行きたい。
これから橿原神宮へお参りに行くかたには是非とも、
神武天皇陵もセットでお参りをして頂きたいです。
(というか、行かないのは勿体無いッス)

【おまけ】ちょっと便利なサイトを貼っておきます。
「日の出・日の入時刻マップ」
https://hinode.pics/home


ブログに訪問ありがとう。更新の励みになっています。
よろしければ拍手をポチッとお願い致します♪
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報