FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2019年10月16日 (水) | 編集 |
ダムの話だけど取り敢えずまとめを置いておくね。
今回の水害についても色々考えて欲しい人がいるからさ。
ダムがあるのと無いのでは全然違う。

台風が来ると思う事だけど、全国各地のダムも職員さんも
頑張って仕事しているんだよね。ありがとう。

---------------------------
ダムの緊急放流への誤解と今後の課題
https://togetter.com/li/1416287

-------------(リンク先:togetterまとめ)

災害の話からちょっとズレるけどゴメンね。
(過去にダムの記事を書いた時にも何度か言った事だけど…)
ダムを作ることによって故郷を失う人もいる。
見学しにいくたびダム湖を見て少し悲しくはなるけれど、
それでもダムってやっぱり必要なものなんだよね。
誰かの犠牲があるからこそ助かっている人もいるわけで、
そのことだけは忘れず、たまにで良いから思い出してあげて
欲しい。

【プチ呟き】
あとは河川の堤防をもっといい感じになんとかせねばな…
頼むぞ、偉い人。


ブログに訪問ありがとう。拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2019年10月15日 (火) | 編集 |
2019.4.11 探訪 
「大野頭首工」にやって参りました。
重力式コンクリートダムで最大取水量は30立方メートル/秒。
規模としては小さいですが、これも一応ダムです。

20190411_大野頭首工_001

20190411_大野頭首工_002

こちらのダムも細かいことを省いて写真を淡々とアップ。
下の写真は桜と一緒に取水口を撮影してみたもの。

20190411_大野頭首工_003

取水口に近づいて撮影。

20190411_大野頭首工_004

20190411_大野頭首工_005

なんかいっぱいドバドバ出てた。
専門用語でこの場所は「魚道」というらしい。

20190411_大野頭首工_006

20190411_大野頭首工_007

取水口を横から撮ったところ。

20190411_大野頭首工_008

取水口付近。

20190411_大野頭首工_009

川を撮影。

20190411_大野頭首工_010

20190411_大野頭首工_011

取水口の場所は通行が可能。

20190411_大野頭首工_012

左手に見える建物は大野管理所。
ここでダムカードをいただいてきました。

20190411_大野頭首工_013

再び取水口を横から撮影(遠景)。
雑草が生えまくってもう何がなんだか…

20190411_大野頭首工_014

20190411_大野頭首工_015

お世辞にもあまり美しくはないダムですが、
その側で桜が綺麗に咲いていたのでついでに撮影。

20190411_大野頭首工_016

20190411_大野頭首工_017

最後に頂いたダムカードの写真を。通常のカードと、
天皇陛下御在位三十年記念の特別カードの二種類です。
(※記念カードは現在配布を終了しています)

20190411_oonotousyukou_018.jpg

20190411_oonotousyukou_019.jpg

20190411_oonotousyukou_020.jpg

20190411_oonotousyukou_021.jpg


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく。
テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報
2019年10月15日 (火) | 編集 |
2019.4.11 探訪 
新城市にある「宇連ダム(うれダム)」にやって参りました。
詳細/http://www.water.go.jp/chubu/toyokawa/
宇連ダムは直線越流型重力式コンクリートダム。
その大きさ2,842万立方メートル。ダム湖の名前は鳳来湖。

20190411_宇連ダム_001

20190411_宇連ダム_002

20190411_宇連ダム_003

20190411_宇連ダム_004

20190411_宇連ダム_005

色々と細かいことは省略して淡々と写真をアップ。
堤体の上から湖を眺める。カメラを左から右に…

20190411_宇連ダム_006

20190411_宇連ダム_007

20190411_宇連ダム_008

下の写真は宇連ダムの水源管理所。
管理所からカメラを右に…(下に見える川は宇連川です)

20190411_宇連ダム_009

20190411_宇連ダム_010

20190411_宇連ダム_011

発電所について。

20190411_宇連ダム_012

堤体の上から宇連川方面を覗く。

20190411_宇連ダム_013

20190411_宇連ダム_014

「鳳来湖」。

20190411_宇連ダム_015

船をおろす所があったので近づいてみましょう。

20190411_宇連ダム_016

「万理号」と名付けられた船がありました。

20190411_宇連ダム_017

船の場所から堤体を写す。

20190411_宇連ダム_018

最後に頂いたダムカードの写真を。通常のカードと、
天皇陛下御在位三十年記念の特別カードの二種類です。
(※記念カードは現在配布を終了しています)

20190411_uredam_019.jpg

20190411_uredam_020.jpg

20190411_uredam_021.jpg

20190411_uredam_022.jpg


ブログに訪問ありがとう。
記事が面白かったら拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報
2019年10月13日 (日) | 編集 |
ダムの記事を見ていない人はこちらから。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2918.html

下の写真からは、ダムから少し離れた場所より撮影。
何度も説明しますがここに訪れたのは桜の季節。あまりに桜が
綺麗だったのでつい、車から降りて撮影してしまいました。
目の前に見える湖は先ほどのダム湖(みどり湖)です。

20190411_shintoyone_028.jpg

20190411_shintoyone_029.jpg

桜はいいね。

20190411_shintoyone_030.jpg

20190411_shintoyone_031.jpg

20190411_shintoyone_032.jpg

20190411_shintoyone_033.jpg

こんな看板があったので全文転載しておきます。

20190411_shintoyone_034.jpg

----------------------------
新豊根ダム建設に伴う桜の植樹について 
 この地域には、新豊根ダム建設以前に田鹿ダムがあり、
分地地域には発電所がありました。
 昭和三十五年頃からダム建設の話が持ち上がり、昭和四十三
年に着工し昭和四十八年八月、発電と下流部の洪水調節を目的
としたダムが完成しました。完成当時住民からダム湖畔に桜の
植栽計画が湧き上がり、植栽を行うこととなりました。
当時は、苗木の販売もなく住民に呼びかけ桜の苗を集め栽培
しました。
 豊根村には、愛知県天然記念物の粟世桜がありました。
ダム湖畔の桜は、粟世桜の二世・三世をはじめとする様々な桜
が、新豊根ダムまでの沿道十キロ間に約六百本植栽されており、
行き帰り楽しんでいただけます。
 当時植栽された桜も大きく成長し、離村された方々の古里を
彩っています。平成に入り、下黒川区民により役場付近から
下流へ桜・花桃・紅葉等の植栽が行われ、春・秋と訪れる
お客様に癒しの場を提供しています。
 この地域にも、国指定重要無形民族文化財の花祭が行われて
いました。ダム建設により豊橋市幸町を中心に離村された方々
が、故郷を偲び一月四日豊橋市御幸神社で盛大に花祭を行って
います。


----------------------------

写真を撮った後も、しばしこの景色を堪能。
ため息の出るような美しさでした。
腰掛けて花見をしながらお弁当が食べたくなるね。

20190411_shintoyone_035.jpg

20190411_shintoyone_036.jpg

20190411_shintoyone_037.jpg

おまけのおまけ
桜を見たあと車を走らせていたらヤギさんがいたので…
この子、可愛かったなぁ。

20190411_shintoyone_038.jpg

20190411_shintoyone_039.jpg

20190411_shintoyone_040.jpg


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報
2019年10月13日 (日) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2918.html

先ほどの場所より近づいて見れる展望デッキがありました。

20190411_shintoyone_018.jpg

20190411_shintoyone_019.jpg

ここから下を覗くとちょっと怖いかも。

20190411_shintoyone_020.jpg

20190411_shintoyone_021.jpg

----------------------------
新豊根ダム建設のあらまし1 
 新豊根ダムは、治水と発電を目的とし天竜川水系大千瀬川の
支流大入川に建設された多目的ダムで、愛知県北設楽郡豊根村
に位置しています。
もともとは発電専用ダムとして計画されていましたが、
建設途中で治水の目的を付加し、昭和48年8月に完成しました。
平成25年8月で満40年を迎えました。
 当初は電源開発促進法に基づき、電源開発(株)が新豊根
ダム貯水池(みどり湖)と佐久間ダム貯水池(佐久間湖)の
落差約200mを利用し、揚水と大入川の自然流を利用した
自流併用揚水発電計画をたて、昭和43年に発電専用ダムとして
建設に着手しました。


----------------(新豊根ダム 説明文より)

20190411_shintoyone_022.jpg

----------------------------
新豊根ダム建設のあらまし2 
 ところが、天竜川流域では、昭和43年8月・昭和44年8月に
相次いで大出水に見舞われ各地で洪水被害が発生しました。
特に天竜川支流大千瀬川の静岡県佐久間町(現浜松市天竜区
佐久間町)浦川では、堤防が決壊するなどし、家屋の流出と
浸水が発生したほか、国鉄(現JR)飯田線鉄橋の流出等、
大災害となりました。
 この災害を受け建設省(現国土交通省)は治水計画の調査を
行いました。その結果、新豊根ダムサイトが治水ダムの
数少ない適地であることを認識し、新豊根ダムに治水参加の
方針を固め検討を進めました。これにより、新豊根ダムは治水
と発電の機能を持つ多目的ダムとして再出発することに
なりました。


----------------(新豊根ダム 説明文より)

20190411_shintoyone_023.jpg

----------------------------
新豊根ダム建設のあらまし3 
 その後、昭和48年3月の天竜川水系工事実施基本計画を
改定し、新豊根ダムは天竜川下流部の流量基準地点「鹿島」に
おける基本高水のピーク流量19,000m3/sに対して5,000m3/s
を調節する上流ダム群の一つとして位置づけられました。
このことにより新豊根ダムは、静岡県管理の大千瀬川と建設省
(現国土交通省)管理の天竜川の治水上の役割が明確化され、
建設省(現国土交通省)直轄管理ダムとしての条件が整い
ました。
こうして、昭和48年4月16日に建設省中部地方建設局浜松工事
事務所(現国土交通省中部地方整備局浜松河川国道事務所)
新豊根ダム管理支所が発足し、昭和48年8月31日に新豊根ダム
は完成しました。


----------------(新豊根ダム 説明文より)

堤体の上から向こうを眺める。

20190411_shintoyone_024.jpg

20190411_shintoyone_025.jpg

管理事務所が見えます。
展望デッキがあったのもあの辺りです。

20190411_shintoyone_026.jpg

新豊根ダムについての案内板。

20190411_shintoyone_027.jpg

最後に頂いたダムカードがこちら。

20190411_shintoyone_041.jpg

20190411_shintoyone_042.jpg

ダムカードはこの用紙に挟まれておりました。

20190411_shintoyone_043.jpg

20190411_shintoyone_044.jpg

20190411_shintoyone_045.jpg

20190411_shintoyone_046.jpg

こちらは現在配布が終了している特別なカード。
天皇陛下御在位三十年記念。

20190411_shintoyone_047.jpg

20190411_shintoyone_048.jpg

★おまけ記事に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2920.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく。
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用