定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2017年08月09日 (水) | 編集 |
2016.8.20 探訪 
去年訪れた時のものです。
再び、あじ定ブログで一番マニアックなカテゴリの記事を。
ダムヲタではないのでさほど詳しくありません。
景色だけでも楽しんでいってください。

2016820_akihadam_001.jpg

2016820_akihadam_002.jpg

ゲートが見えます。

2016820_akihadam_003.jpg

ゲートに近づいてみる。

2016820_akihadam_004.jpg

下の写真は秋葉第一、秋葉第三取水口。左側に見えるでっかい扉の
ようなものは、秋葉第一発電所導水路用のゲートだそうです。

2016820_akihadam_005.jpg

続いてダム湖の写真。ダム湖の名前は『秋葉湖』。
近くの秋葉山(山頂には秋葉神社がある)にちなんで名付けられた。

2016820_akihadam_006.jpg

酔いそうなアングルですいません。
近くからゲートの全景を収めようと思うとすごく難しいんです。
このゲートがこんなに大きかった事をみんなに伝えたかったので…

2016820_akihadam_007.jpg

川の方向を眺めてみる。
おや?あそこに橋がありますね。ちょっと行ってみようかな。

2016820_akihadam_008.jpg

堤体を撮影。秋葉ダムの堤高は89m。
最初に貼った案内図を見ていただければわかりますけれど、
埋もれている部分が多いのでとても低く見えます。
下の写真、左側に見える建物は第三発電所だそうです。

2016820_akihadam_009.jpg

-------------------------------
 ダム左岸側山の頂に「火防の神様」として崇められている
秋葉山本宮秋葉神社があることから、秋葉ダムと命名されています。
秋葉神社には消防や火力発電所等火を扱う仕事の関係者が、
全国各地から毎年お参りに来ています。

 佐久間ダムと同時期に佐久間発電所の逆調整池として建設され、
秋葉第一、第二、第三と3つの発電所を持つダムです。
また、ダムの水は、一部三方原用水として、三方原台地の農業用水や
浜松市周辺の上水道などに利用されています。

---------------(秋葉ダム ダムカードの説明より)

ダムから見えた赤い橋は吊り橋でした。

2016820_akihadam_010.jpg

2016820_akihadam_011.jpg

橋を渡って左手側を見るとこの景色が見えます。
吊り橋の上から秋葉ダムの堤体を撮影。

2016820_akihadam_012.jpg

川には釣り人さんがいますね。
こんにちはー!良い魚釣れますかー?( ^ω^ )ノ

2016820_akihadam_013.jpg

秋葉ダムと吊り橋の景色。
こんな感じの写真もまた良いね。

2016820_akihadam_014.jpg

最後に秋葉ダムのダムカードを。
(秋葉ダムのカードは、佐久間ダムでいただけます)

2016820_akihadam_015.jpg

-------------------------
秋葉ダム
http://www.jpower.co.jp/damcard/akiha.html
住所/静岡県浜松市天竜区龍山町戸倉445

-------------------------


記事を読んでくれてありがとう。
あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2017年07月29日 (土) | 編集 |
いきなり検索でこの記事に辿り着いた人は、その1から読んでね♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1752.html

佐久間ダムの敷地内に鎮座していた『佐久間電源神社』。
この神社について、ダムの関係者に色々質問しておくべきだった…
と、いまだ後悔している。神社の御祭神は?とか由緒は?とか。
神社好きな私としては凄く気になる。

20160820_sakumadam_011.jpg

以前、詳しい人が旦那のツイートにコメントを入れていたようだが、
今探してみたらコメントがなくなっていた。覚えている限りでは確か
殉職された工事関係者の慰霊の意味も含めての神社だという話。

20160820_sakumadam_012.jpg

ちなみに佐久間ダムでは毎年『竜神まつり』が行われている模様。
http://www.nihon-kankou.or.jp/shizuoka/detail/22130ba2212055121
リンク先の説明によりますと、お祭りは昭和32年、
佐久間ダムに昭和の天皇陛下と皇后陛下が訪問されたことを機とし、
工事殉職者の慰霊と、ダム及び地域の繁栄を祈願するために毎年開催
されるようになったのだとか。

YouTubeより動画を拝借(映像は平成19年のもの)。
祭りのダイジェスト映像を探してみたけど、これしかなかったです。
動画の説明ですと、工事の殉職者は96人もいたらしい。



もう一度ダムを見てみましょう。

20160820_sakumadam_013.jpg

20160820_sakumadam_014.jpg

ダムは上から下を覗くのが好き。

20160820_sakumadam_015.jpg

20160820_sakumadam_016.jpg

発電用取水塔、二棟。

20160820_sakumadam_017.jpg

ダムのゲート。

20160820_sakumadam_018.jpg

ダム湖。

20160820_sakumadam_019.jpg

最後、いただいたダムカードを…

20160820_sakumadam_020.jpg

------------------------------
佐久間ダム
http://www.jpower.co.jp/damcard/sakuma.html
住所/静岡県浜松市天竜区佐久間町佐久間

※ダムカードについてはリンク先で確認ください。
------------------------------


ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2017年07月26日 (水) | 編集 |
2016.8.20 探訪 
うちのブログで最も誰得なカテゴリですが暫しお付き合いを。
(マニアック過ぎてさっぱりわからんという苦情は受け付けないw)
『佐久間ダム』は浜松市天竜区にあるダムです。ダムカード収集の為
車でのんびりドライブがてら、見学に行って参りました。

下の写真の奥に見えるのは電力館。展示物はそこそこありましたので
ダムと一緒にこちらの見学もオススメします。
※カードはここでいただけますよ。

20160820_sakumadam_001.jpg

続いての写真、右から左までの堤頂の幅はおよそ293.5m。
解りやすく物に例えるなら、N700系新幹線の11両以上の幅があり、
ダムの高さは155.5mで、名古屋のテレビ塔と同じ位なのだそう。

20160820_sakumadam_002.jpg

先程は、浜松市天竜区にあると書きましたが…実はこのダムの半分の
所在地は、愛知県北設楽群豊根村にもかかっています。
(ダムの真ん中で静岡と愛知ちょうど半々になっているのですが、
佐久間ダムの発電所は静岡県側にあります)

20160820_sakumadam_003.jpg

20160820_sakumadam_004.jpg

20160820_sakumadam_005.jpg

-------------------------------
 佐久間ダムはコンクリート重力式ダムといって、かたい花崗岩の
上に作られており、コンクリートの重みで水の力を支えています。
この工事はアメリカの大型機械(ダンプトラック・ブルドーザー・
パワーショベルなど)を使ってわずか3年で完成させました。
また一年間におこす電気の量は約14億キロワットアワーで
水力発電所では日本最大級です。ダムの水は発電のために使うほか、
一部は豊川用水として、農業用水、水道用水、工業用水などに利用
されています。

----------(天竜水系のダムと発電所 パンフレットより)

川は「暴れ天竜」と畏れられていた天竜川。
それを当時は、十年かかっても無理だろうと言われていたものを、
三年で完成させてしまったのは凄いですよね。ここで使われた技術は
「戦後の土木技術の原点」と言われているそうです。

ダムの工事は昭和28年4月に着手し、昭和31年10月に竣工。
(運転開始は昭和31年4月)既に60年もの年月が経過しています。

20160820_sakumadam_006.jpg

佐久間ダムで堰き止められている天竜川の水量は3億2,685万㎥。
「浜名湖とほぼ同じ量」の水が貯められているそうで、
全国にあるダムの貯水池の中では、ランキング第8位とかなんとか。

20160820_sakumadam_007.jpg

堤頂の道を走っているのはダンプカー。
対比させるものがあれば良いなと思っていたら丁度通ったので、
シャッターをきってみた。道は奥のトンネルに続いています。

20160820_sakumadam_008.jpg

20160820_sakumadam_009.jpg

外に展示されていた『ポンプ水車ランナ』。
20160820_sakumadam_010.jpg


★その2に続くよ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1756.html


ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2017年07月10日 (月) | 編集 |
2016.8.15 探訪 
周智郡森町にある『太田川ダム』にやって参りました。
ダムの概要についてはこちらを参照下さい。
http://doboku.pref.shizuoka.jp/desaki/ootagawa1/4/damugaiyo.html
(リンク先:静岡県庁 太田川ダムのページ)

20160815_ootagawadam_001.jpg

形式は、重力式コンクリートダム。

20160815_ootagawadam_002.jpg

20160815_ootagawadam_003.jpg

上から見たところ。

20160815_ootagawadam_004.jpg

-------------------------------
【太田川ダム建設の理由】
 太田川は、静岡県の最重要河川の一つとして積極的に築堤や河川の
拡幅工事が行われてきました。太田川水系の河川改修の歴史は古く、
確認されているものとしては、慶長9年(1604年)に、郡代伊奈忠次
(備前守)が、 浅羽湿地と福田低地の開発を目的として、
太田川と原野谷川の付け替え工事を行ったのがはじまりです。
 それ以来、近世を通じて逐次地先水防を主体とした築堤が行われて
きたと考えられますが、十分なものではなく度々破堤、
洪水に見舞われてきました。昭和27年からは中小河川改修事業による
本格改修が行われていますが、予想を上回る降雨により幾度となく
洪水の被害を受けています。
 昭和29年9月の台風14号や、昭和49年7月の七夕災害では太田川
全域にわたって氾濫し、2,327戸の家屋と989ヘクタールの農地が
浸水するという災害を受けました。

 近年流域市町村の都市化が著しく進み、一度災害が起きたときの
想定被害額が格段に大きくなったことや、社会資本の整備の進展、
水需要の増加などから、 治水、利水の重要性はさらに増していること
などを勘案して、静岡県では河川の改修計画を検討した結果、
従来からの河川改修と並行してダムを建設することとしました。
また、当流域の森町、袋井市、磐田市等の水道用水についても都市化
の影響により逼迫してきています。
そのため、将来の水需要に対処すべく水源確保の機能を併せ持つ
多目的ダムを建設することとしました。

-------------(静岡県庁 太田川ダムのページより)

ダム湖を見てみましょう。
ちなみにダム湖の名前は『かわせみ湖』と言います。

20160815_ootagawadam_005.jpg

20160815_ootagawadam_006.jpg

YouTubeから動画を拝借。


展望台に上がってみました。
ここからの方が、ダムがいっそう美しく見えますよ。

20160815_ootagawadam_008.jpg

20160815_ootagawadam_007.jpg

-------------------------------
太田川ダム
http://doboku.pref.shizuoka.jp/desaki/ootagawa1/
住所/静岡県周智郡森町亀久保
問合せ電話番号/0538-42-3210

-------------------------------

最後、いただいたダムカードを掲載。

20160815_ootagawadam_009.jpg

カードが欲しい人は配布の時間に注意してね。
現在の情報では、土日祝含む10:00〜16:00まで。
(年末年始は閉まっています)



ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報