FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年03月10日 (日) | 編集 |
ディズニーシーの記事を見ていない人はこちらから。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2550.html

ネズミの国に遊びに来てまで足元が気になるってどうよ?
と思いつつ、ココにはココ専用のマンホールがある事に気付く。
これ以外にも種類があるのかな?

取り敢えず二種類撮ってきたのでアップしておこう。
そういえばディズニーだけじゃなく、他のパークにもその場所
独自のマンホールって存在するのかな?

20181101_ディズニーシー_マンホール蓋_001

20181101_ディズニーシー_マンホール蓋_002

★「ドックサイドダイナー」で食べたものの記事に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2554.html


ブログに訪問ありがとう!
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:東京ディズニーリゾート
ジャンル:旅行
2019年03月03日 (日) | 編集 |
2019.2.25 探訪 
南伊豆町役場内にある「湯けむりホール」にやって参りました。
マンホールカードを頂きついでに、展示してある蓋を撮影。

20190225_MinamiizuManhole01.jpg

マンホールの蓋は、出入り口すぐの場所に展示してあります。

20190225_MinamiizuManhole02.jpg

【南伊豆町公共水道用グランドマンホール(手石・小稲地区)】
20190225_MinamiizuManhole03.jpg

-----------------------------
伊勢海老と虎舞いをイメージした手石 
 手石地区に設置してあるマンホール蓋には、南伊豆の特産物
である伊勢海老と、静岡県無形民俗文化財に指定されている
小稲の虎舞いがデザインされています。


-------------(南伊豆町マンホール説明文より)

【下賀茂地区のマンホール】
20190225_MinamiizuManhole04.jpg

-----------------------------
花と湯けむりをイメージした下賀茂 
 下賀茂地区に設置してあるマンホール蓋には、2月〜3月に
かけて咲く青野川沿いの河津桜と、下賀茂温泉の湯けむりが
デザインされています。


-------------(南伊豆町マンホール説明文より)

【南伊豆町下水道事業用グラウンドマンホール】
20190225_MinamiizuManhole05.jpg

-----------------------------
弓ヶ浜をイメージした湊 
 湊地区に設置してあるマンホール蓋には、
「日本の渚百選」に選ばれた町内最大の海水浴場である
弓ヶ浜海水浴場がデザインされています。


-------------(南伊豆町マンホール説明文より)

最後に頂いたマンホールカードの写真を…

20190225_MinamiizuManhole06.jpg

20190225_MinamiizuManhole07.jpg

-----------------------------
 南伊豆町は、伊豆半島の最南端に位置する温暖で自然豊かな
町です。下賀茂地区のマンホール蓋には、名湯・下賀茂温泉の
湯けむりと早咲きの河津桜をデザインしました。
下賀茂温泉の始まりは室町時代。傷ついたトビが湯で体を癒し
ているところを発見されたのが起源とされます。
泉質は塩化物泉で温度が高く、源泉井から立ち上る湯けむりが
温泉情緒を感じさせます。また、南伊豆のもう1つの自慢が
河津桜です。毎年2月10日から3月10日まで開催される青野川
沿いを2kmにわたって咲き乱れる約800本の河津桜が見どころ。
一度は目にしたい絶景です。


---------------(マンホールカード裏面より)

「自分もマンホールカードを集めてみたいな」という人は、
下水道広報プラットフォームのサイトをご覧になって下さい。
http://www.gk-p.jp/mhcard/


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2019年02月21日 (木) | 編集 |
2018.10.31 探訪 
『市川市』のマンホール蓋。
撮ったカラーマンホ1枚目は大きな蓋、2枚目は小さな蓋。

20181031_市川市マンホール_001

20181031_市川市マンホール_002

防火水槽の蓋。

20181031_市川市マンホール_003

お魚デザインの小さな蓋。

20181031_市川市マンホール_004

20181031_市川市マンホール_005

仕切弁の小さな蓋。

20181031_市川市マンホール_006

20181031_市川市マンホール_007

大きな蓋(上)と若干小さな蓋(下)。

20181031_市川市マンホール_008

20181031_市川市マンホール_009

いただいたマンホールカード。

20181031_市川市マンホール_010

20181031_市川市マンホール_011

-----------------------------
 市川市の木「クロマツ」と市民の花「バラ」をデザインした
マンホール蓋です。クロマツは、かつて市の中央部に位置する
市川砂州に多く群生し、今でも本市を特徴づける景観の一つに
なっています。一方バラは、戦後間もない頃、市内でバラ園が
作られたことから始まり、今では市のオリジナル品種「ローズ
いちかわ」が誕生するまでに結びつきが深まっています。
このマンホール蓋は市内でも一部にしかなく、
アイ・リンクタウンいちかわ周辺で見ることができます。
ちなみにアイ・リンクタウン45階の展望施設は、無料で地上
150mからの眺望が楽しめ、市内一円を見渡せる絶好のビュー
ポイントとなっています。

---------------(マンホールカード裏面より)


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2019年02月19日 (火) | 編集 |
2018.10.31 探訪 
『船橋市』のマンホール蓋。
写真は市役所の下水道部下水道河川計画課にあったもの。

20181031_船橋市マンホール_001

いただいたマンホールカード。

20181031_船橋市マンホール_002

20181031_船橋市マンホール_003

-----------------------------
 現行デザインは1989年、「一目で船橋市だとわかる
マンホール蓋」をテーマに市民へデザイン募集を募り、
その応募作品から決まりました。蓋の中央に大きく描かれている
のは五大力船(ごだいりきせん)です。江戸時代の船橋の海は
幕府の御菜浦(おさいのうら)として、魚や貝を献上する良好な
漁場でした。五大力船はその時代の船橋の海に頻繁に出入りし、
江戸を中心とした海運で活躍していた船です。
また、デザインには、船橋市の木の「サザンカ」もモチーフと
してあしらっています。このカラーデザイン蓋は、船橋市の中
でも一部にしか設置していないので、一見の価値ありです。

---------------(マンホールカード裏面より)


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用