FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2020年06月27日 (土) | 編集 |
2020.4.4 撮影 
伊東市にやって参りました。
これは緊急事態宣言が全国に発令される前のものです。

20200404_ito_manhole_001.jpg

上から撮ろうとするも太陽光がマンホールを光らせる。
光らない角度で斜めから撮ったがもう何が何だか。
画像の明るさをいじったら色が少し変になってしまった。

20200404_ito_manhole_002.jpg

消火栓。

20200404_ito_manhole_003.jpg

先ほどのマンホールの色違いを撮ったハズなんですが、
やっぱり光ってしまって上手く撮れない。

20200404_ito_manhole_004.jpg

今回の撮影はちょっと失敗したかな…
いつかまたリベンジしよう。

20200404_ito_manhole_005.jpg

最初のマンホール蓋の色なしバージョン。

20200404_ito_manhole_006.jpg

恐らく伊東市の基本となるマンホール。
(間違えてたら誰か指摘お願いします)

20200404_ito_manhole_007.jpg

★マンホールカードの写真は後ほどアップ致します。
→ 再更新までしばし待て。


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2020年05月20日 (水) | 編集 |
2020.2.8 撮影
今年の2月に熱田区で撮ったマンホールの写真。
まずはコチラ。「NAGOYA」の文字の下の「14」の数字は、
耐重量14tを意味するものだそう。中央に描かれている謎の生物
の絵はアメンボとのこと。

20200208_名古屋市マンホール蓋_001

名古屋市上水道100周年を記念した蓋。
堀川に架かる「納屋橋」の図柄。

20200208_名古屋市マンホール蓋_002

普通のマンホール蓋。

20200208_名古屋市マンホール蓋_003

「地下式給水栓」とありますね。
「八」のマークは尾張徳川家の合印で、名古屋市の市章として
採用したものだとか。

20200208_名古屋市マンホール蓋_004

「消火栓」の蓋。
わかり辛いと思いますが、シャチホコの絵が描かれています。

20200208_名古屋市マンホール蓋_005

小さな蓋。「仕切弁」の蓋の他あともう一つの謎の文様の蓋は
一体なんでしょう??

20200208_名古屋市マンホール蓋_006

20200208_名古屋市マンホール蓋_007

マンホールカードはまだいただいていません。
(現段階で、名古屋市のはアメンボと100周年のデザイン)
この辺はまたいつか…っていつになるかはわかりませんけれど、
いただいたらブログにアップしようと思っております。


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2020年04月16日 (木) | 編集 |
2019.12.24 撮影 
「掛川市」にやって参りました。
正面に見えますのは掛川城でございます。

20191224_掛川市_マンホール&カード_001

窓口でいただいたマンホールカード。

20191224_掛川市_マンホール&カード_002

【掛川市のマンホール蓋】
まずは掛川城デザインのものから。

20191224_掛川市_マンホール&カード_003

20191224_掛川市_マンホール&カード_004

20191224_掛川市_マンホール&カード_005

20191224_掛川市_マンホール&カード_006

防火用水槽の蓋。

20191224_掛川市_マンホール&カード_007

仕切弁の小さな蓋。

20191224_掛川市_マンホール&カード_008

消火栓の蓋。

20191224_掛川市_マンホール&カード_009

マンホールではないけれど城下町のあちこちにあった蓋。

20191224_掛川市_マンホール&カード_010

いただいたマンホールカードはこちら。

2019_kakegawa_manhole_001.jpg

2019_kakegawa_manhole_002.jpg

----------------------------
 掛川市の観光名所のひとつである「掛川城」と市の花である
「ききょう」を描いたマンホール蓋です。掛川城は室町時代、
駿河の守護大名であった今川氏が遠江進出を狙い、
家臣の朝比奈氏に命じて築城させたのがはじまりです。
その後、戦国時代には、山内一豊が城主として大改築を行い
ました。マンホール蓋には、平成6年(1994年)4月に
「東海の名城」と呼ばれた美しさそのままに、
日本初の「本格木造天守閣」として復元した姿を描いています。
また、掛川市内にはこの他にも地区ごとのデザインマンホール
蓋が点在しているため、それらを探していただくのもおすすめ
です。


--------------(マンホールカード裏面より)


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2020年04月16日 (木) | 編集 |
2019.12.18 撮影 
「伊豆の国市」にやって参りました。
韮山駅周辺にカードと同じマンホール蓋があるとの事。
こんなオブジェがあったので撮影してみた。

ステンドグラス的な感じかな?

20191218_伊豆の国市_マンホール&カード_001

「北条政子と願成就院」「源頼朝と蛭ケ島」。

20191218_伊豆の国市_マンホール&カード_002

「江川坦庵と反射炉」「北条早雲」。

20191218_伊豆の国市_マンホール&カード_003

【伊豆の国市のマンホール蓋】
上の写真は反射炉デザインマンホール蓋。
その下は空気弁のマンホール蓋。

20191218_伊豆の国市_マンホール&カード_004

20191218_伊豆の国市_マンホール&カード_005

いただいたマンホールカードはこちら。

2019_izunokuni_manhole_001.jpg

2019_izunokuni_manhole_002.jpg

----------------------------
 伊豆の国市に合併する前の旧韮山町で作成されたマンホール
蓋です。世界遺産登録された「韮山反射炉」と「富士山」、
伊豆の国市の特産品である「いちご」がデザインされています。
反射炉とは、大砲などを鋳造するための溶解炉で、
韮山代官江川太郎左衛門英龍の造営により築造されました。
実際に稼働した反射炉としては日本で唯一現存し、
2015年7月、「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として
世界文化遺産に登録されました。特産品のいちごは「章姫」
「紅ほっぺ」の2種類を中心に栽培されており、12月中旬から
翌年5月上旬まで、市内各所でいちご狩りが楽しめます。


--------------(マンホールカード裏面より)


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用