FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年01月14日 (月) | 編集 |
『封神領域エルツヴァーユ』
PS時代のものだけど久々に起動。やっぱ今も好きだな。
当時も“どマイナー”な作品で、他の格ゲーとは違いアニメ色が強く
派手さは無いけど「わかる奴にしかわかるまい」みたいな雰囲気
があって、恐らくマニアックな層にしかウケなかったもの。
お世辞にも売れたソフトでは無いが「魅せる演出」が個人的には
大好きで、何時間も飽きずにずっと遊んでいた思い出。
アレが発売から今日で丁度20年も経つんだなぁとしみじみw
90年代全開のキャラには多少古さを感じるが、
あのゲームを今作り直してみたらどうなるんだろう?
と非常に興味がある。でも絶対作られる訳がないんだよなぁ…
OP曲も好きでした。もっと評価されるべき良作。

ユークス、今どうなっているんだろう…と思って公式を見たら、
腐女子狙いのコンテンツ(↓)を作ってて笑ったw
https://arp-fc.yukes.co.jp/homepage/arp/
昔も今も、斜め上をいく会社ッスな(褒め言葉です)。



PS時代のマイナー格ゲーといえば『闘姫伝承』もあるね。
確か、ほぼイロモノ的な扱いだった格闘ゲームで、
ゲームバランスがかなりメチャクチャだったのを憶えている。
今は珍しくは無いが当時は出てくるキャラが全員女の子ってのが
斬新だったし珍しく、一部のキャラも可愛かったりしたので、
そこが好きでアーケードと家庭用の両方をプレイしていました。
(全員が女の子といえば『V.G.』なんかも… ※家庭用を所持)
テクモの会報にイラストを送って掲載された思い出もあるが、
これは多分記憶違いかも知れん(引っ張り出して確認したいけど
どこかにしまい忘れてる)。

誰も知らないと思うけど、コナミから出ていたPS格ゲー
『ライトニングレジェンド』も好きだったとコッソリ書いておく。

『実写スト2』のアーケード版もバカすぎて好きだったな。
(家庭用とは全く違うオリジナルの技が存在していた)
当時、ゲーセンで誰も遊んでいなかった台だが、通っていた店で
つぎこんでいたのは私くらいしか居なかったのではないだろうか。
映画は駄作だったけど、ゲームはしっかり作られていたような?
これ以上ないくらいのバカゲーっぷりに誰からも相手にされず、
ゲーセンから早々に姿を消してしまった時は少し悲しかった。

これは格ゲーに限った話ではないけれど、
隠れた良作にしても、バカゲーにしても、
90年代は本当にアツかったなぁ。


わかってくれる人がいたら嬉しい。

|電柱|・ω・`) 「大江戸ファイトが忘れられている…」


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手をポチッとよろしくねー♪
テーマ:格闘ゲーム
ジャンル:ゲーム
2019年01月03日 (木) | 編集 |
2018.8.23 撮影 
去年の8月に撮影したシロさんの写真です。
彼女は今年15歳(推定)になるおばあちゃん猫。
ゴミ漁りしていた彼女を保護してからもう12年の年月が経ちます。
病気や怪我をした時はちゃんと動物病院に連れて行きますので、
ご老体ですが、今のところは元気そのもの。

彼女のプロフィールについてはこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-145.html

時々、頭にお花を乗せたり葉っぱを乗せたりして遊びますが、
可愛いですよ♪(´ω`*)

20180823_shiro_001.jpg

20180823_shiro_002.jpg

元の飼い主さん宅に居た以前は完全な野良猫だったそうですが
「もしかしたら、焼津神社の御神木の根元にいた子では?」
と、ご近所さんが仰っていました。どうなんでしょうね…
もしもそうだとするなら、それはそれで驚くけどw

詳細は昨日の記事に…
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2469.html

20180823_shiro_003.jpg

シロさんには子供が何匹か居たんですけどね、元々の主さん曰く、
その子たちは交通事故や老衰で全て亡くなってしまったそうだ。
「シロ、あんただけ残っちゃったね」と語りかけましたが、
人間の言葉はわからないだろうな。そもそも話をちゃんと聞いて
いるのかどうかもよくわからないけど。
長生きしてね。

★その他のシロさんの写真を見たい人は、
 ブログ内検索で「シロさん」と入力してご覧ください。


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
2018年12月26日 (水) | 編集 |
オタクの質
随分昔はオタクなんて日陰者の存在だったのに、
2000年代に入ったくらいの頃辺りで「オタは市民権を得た!」
みたいに振る舞う人が増えたような気がする。最近ではただ単に
アニメを見てるってだけでオタクを自称する人も出てきてるし、
(ただし、内容をちゃんと見ているかどうかは怪しいレベルで)
オタクを自称したがる人が増えてるけど、アレ、何なんスかね?
ミーハーでイナゴみたいな非ヲタ(一般人)がオタクをアピール
して何の得があるんだろう。ネットじゃなくリアルな日常で、
聞かれてもないのに「俺、オタクなんスよ」ってのもいるけど、
古いオタクからしたらちょっと身構えちゃう。
コイツはどこまでオタクなのか?とか、オタクに見せかけといて
オタクをバカにするタイプの奴か?とかさ。わかる人いるかな?

…で、昔は「オタク」と「マニア」は別物として区別されていた
と思うんだけど、今、マニアもオタクも一緒くたに扱われている
事について本物のマニアさんたちはどう感じているんだろ?
昔のオタクなら、マニアに対して敬意を持っていたものだけど、
マニアなのにオタク呼ばわりは、マニアさんに失礼だと思う。

あとコレ言いたいんだけど、テレビでヲタネタを放送する時に、
いまだにエヴァの曲を流す局があるけど、ホンっト古すぎるし、
バカっぽいからやめた方がいいよ。それだけしか知らんの?

秋葉原
愚痴らせて欲しい。
世の中「オタクといえば秋葉原」という認識だけど、
今のアキバはオタクの街でもマニアの街でもないと思いますよ。
外国人が増えまくって、メイドの立ちんぼさんも相変わらずだし
(というか、ビラ配りのメイドはマジで排除してほしい)、
ついでに言っちゃうけど、相場もわからない外人さんが、
フィギュアやら何やら値段が高くても買っていくものだから、
店もそういう外人を相手に商売し始めて、掘り出し物だとか
ここに来れば安く買えるモノとか、一切見なくなったよね。
ジャンク品ですらジャンク価格で無くなったの、どういうこと?
(…ってか、ジャンクといえば10年くらい前から「ジャンク品」
の意味もわからず買っていく層も増えたよな。あれ迷惑)

これはアキバに訪れる外人さんに言いたいんだけど…

「欲しいのがあったからと何でも飛びつくのはやめた方がいい。
あなたの手にしたその商品、他の地方で買った方が断然安いよ」
「メイドに話しかけられたら“No!”と言え。カモにされるよ」


…とね。まぁ、本人が楽しければ何も言わんけど。
あと、レンタルショーケースの商品が夢見価格ってのは昔から
だけど今の価格のつけ方は昔よりも酷いわ。完全に外国人を
ロックオンしているのがよくわかる。
夜なんか裏通りはオタクの街っていうより、もはや風俗街
(新宿の連中がシマを移動して来たんでしたっけ?)ウンザリ。

私がアキバへ初めて行ったのは1999年位だった気がしますが、
怪しい露天が排除されたばかりくらいの時代かな。
それより前の時代を知ってる人にはバカにされちゃいそうだけど
あの頃はまだ、目的を持って訪れていたマニアやオタクがいたと
思うんです(どうでもいいが昔アキバで見た、脚を欠損していて
それをダシに乞食行為をしていたおっさんが居たけど、
あの人、いまどこで何してるんだろう?死んじゃった?)。
それが今や街を歩けば外国人だらけ。飲食店で働いているのも
ヘタすりゃカタコトの日本語を喋る外国人が増えてるし、
日本人のオタクが居たとしても、二割くらいって感じかな。
マニア相手のお店も本当にごく僅かしか残っていないだろうね。

普通の店で売っている商品が高い物ばかりになって、
買い物はあまりしなくなったな。アゾンには必ず行くけど、
今は殆ど暇つぶしくらいでしか行かないかも。

最後にこれ貼っておく。

-----------------------------
漫画ブリッコ資料館「おたく」の研究
http://www.burikko.net/people/otaku.html

-------------(リンク先:漫画ブリッコの世界)

どうでもいい情報ですが漫画ブリッコってのは今で言うところの
18禁漫画雑誌。当時は規制がユルユルな時代だったので、
中学時代に堂々とレジに出して買っていた思い出w

若い世代は知らないと思うけど「オタク」ってのは元々、
アニメ好きをバカにする呼称だったんです。オタクってだけで、
冷や水をぶっかけられるような目線で見られていた時代があった
ので、昔のオタクってのは「特定の場所」以外ではわりと静か
だったんですよ(今みたいに変なアピールもしない)。

時代は変わったねぇ…
サブカル世代が親になった(ヘタしたらジジババになってる)
からってのもあるんだろうか。サブカルの世代の子世代孫世代
になるとオタクの質も街も変わってくるのね。


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2018年12月23日 (日) | 編集 |
本当にいいものしか教えませんぜ。
…と、誰に頼まれたワケでもないのに勝手にアプリを紹介。
ものっ凄く久しぶりに時期モノのアプリをオススメしちゃおう。

『Santa Rockstar Tournament Ed.』
BEKHO TEAM公式サイト:
http://www.bekhoteam.net


チリのゲームメーカーです。ゲーム自体はもう随分前からあって
私もiPadにダウンロードさせて何度か遊んでいたのですが、
最近、このゲームの日本語版をリリースしたらしく…

さてさて、こいつがどんなゲームかといえば、
「ロックでカッコいいクリスマスソングを音ゲーで遊ぼう!」
と、そんな感じ。キャラクターは色々とツッコミどころ満載な、
ギターを片手にしたガチムチマッチョな白髭のサンタさん。
これがまたカッコいいのよ。絵だけじゃなく音楽もキてるw

【ストーリー】----------------------
 クリスマスプレゼントを配っている最中に行き倒れた
サンタクロースを見つけたロックミュージシャン。
子供のころ、サンタクロースからギターを貰ったことを思い出し、
何とかサンタクロースをエレキギターパワーで助けようと試みる。
すると突然、サンタクロースから謎の光が!
二人は融合して、ガチムチマッチョなロックサンタが誕生した
のであった。さあ、ロックサンタよ、ギターをかき鳴らし、
子供たちに素敵なクリスマスプレゼントを届けるのだ!


-----------------------------

ただひとつ残念な部分は、オフラインで遊べないことかな…

今のところオフラインでもOKなのは、日本語に対応していない
2016年版の方。こちらなら広告がウザいこともないので、
ダウンロードさせるならこちら(↓)をオススメしておく。
※アップロードで変更になる可能性があります。


とにかく遊んでみてほしい。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:スマートフォンゲーム
ジャンル:ゲーム