FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年09月17日 (火) | 編集 |
櫻木神社だけの特別なマンホール蓋。
これ、いつから設置されていたんだろう?
ひょっとしたらマンホール好きな人にもあまり知られて
いないのではないだろうか。

20190323_櫻木神社_024

その辺にあるデザインマンホールの他に、
こんな風に「場所限定」のマンホール蓋も国内には
いくつか存在しているんだろうか。少し気になるから
後で調べてみようっと。


ブログに訪問ありがとう。
拍手をポチッとよろしくね♪
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2019年09月17日 (火) | 編集 |
2019.3.23 探訪 
やってきたのは越谷市にある『ガーヤちゃんの蔵屋敷』
ここは越谷市のお土産が買える施設でもありますけれども、
観光協会の役割も果たしているようです。
https://g-kurayashiki.com/

20190323_越谷市_マンホール_001

20190323_越谷市_マンホール_002

市のジオラマがありました。
Nゲージも設置されていて運転体験が出来るみたい。

20190323_越谷市_マンホール_003

20190323_越谷市_マンホール_004

youtubeより動画を拝借。
ジオラマを製作されたかた(会社?)の説明動画です。



ここで配布されているマンホールカードは第四弾のもの。
デザインマンホールの場所もすぐ近くにあります。

20190323_越谷市_マンホール_005

頂いたマンホールカードはこちら。
鴨がネギを背負って鍋に入っているとはすごいキャラだな…
食われるのに呑気にゆるキャラやってるんですよw

20190323_越谷市_マンホール_008

20190323_越谷市_マンホール_009

----------------------------
 本デザインの主役は、越谷特別市民「ガーヤちゃん」。
市内にある「宮内庁埼玉鴨場」と特産の「越谷ねぎ」に
ちなんで考案されたご当地グルメ「越谷鴨ネギ鍋」の
キャラクターとして誕生しました。
鴨がネギを背負い鍋に入るという哀愁漂う独特の装いから
人気を博し、市民に愛され、親しまれている存在です。
このマンホール蓋は、日光街道第三の宿場町「越ヶ谷宿」
の玄関口、越谷駅の高架下のある観光物産拠点施設
「ガーヤちゃんの蔵屋敷」の目の前に設置されています。
“こしがや”の魅力を発信する「ガーヤちゃん」を見つけたら、
ウマイことが重なるカモ!?

--------------(マンホールカード裏面より)

続いて越谷市の第三弾のカードをいただきに、
『越谷レイクタウン水辺のまちづくり館』へ。
https://www.koshigaya-sightseeing.jp/

20190323_越谷市_マンホール_006

実物のマンホールは撮り忘れ。スマン。

20190323_越谷市_マンホール_007

★頂いた第三弾マンホールカードの詳細な写真は、
後ほど追加でアップする予定。再更新までしばし待て。



ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく。
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2019年09月13日 (金) | 編集 |
2019.3.22 探訪 
『古利根川水循環センター』にやって参りました。

20190322_kuki_manhole_001.jpg

設置場所などもわかりやすく書かれてある親切仕様。

20190322_kuki_manhole_002.jpg

埼玉県流域マンホール蓋あれこれ。

20190322_kuki_manhole_003.jpg

「足元に広がる小宇宙」!!
スケールがデカいんだか小さいんだかよくわかんないw

20190322_kuki_manhole_004.jpg

「制水」と書かれた小さな蓋。

20190322_kuki_manhole_005.jpg

久喜市のデザインマンホール蓋。

20190322_kuki_manhole_006.jpg

youtubeより動画を拝借(埼玉県の公式動画)。
「おもしろ生き物 巨大魚(ハクレン)のジャンプ」



最後に頂いたマンホールカードの写真を。

20190322_kuki_manhole_007.jpg

20190322_kuki_manhole_008.jpg

----------------------------
 利根川には「東遷事業」の歴史があります。
これは、水害の軽減や新田開発などを目的に川の流れを東に
変えた大事業で、文禄3年(1594年)の大改修までは古利根川
が利根川本流であり、東京湾に注いでいました。現在の利根川
は太平洋に向けて約322kmの流れを形成しています。
本デザインは、利根川で見られる「ハクレンジャンプ」を
描いたものです。ハクレンはコイ科の淡水魚で、5月から7月に
かけて産卵のために遡上し、久喜市栗橋付近で数十匹が一斉に
ダイナミックなジャンプを披露します。その光景は今や利根川
の風物詩となっていますが、なぜハクレンがジャンプをする
のかは依然ナゾのままです。

--------------(マンホールカード 裏面より)


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2019年09月13日 (金) | 編集 |
2019.3.22 探訪 
『権現堂調節池(行幸湖)』にやって参りました。
施設の詳細についてはリンク先をご覧になって下さい。
https://www.pref.saitama.lg.jp/b1012/gongendoukanri.html
※リンクが切れていたらコメント欄より報告下さい。

20190322_gongen_miyuki_001.jpg

下の写真は調節池の管理事務所そばで撮ったもの。

20190322_gongen_miyuki_002.jpg

カメラを左から右へ。

20190322_gongen_miyuki_003.jpg

20190322_gongen_miyuki_004.jpg

この建物は「行幸給排水機場」。

20190322_gongen_miyuki_005.jpg

ダムカードをいただきましたので写真をアップ致します。

20190322_gongen_miyuki_006.jpg

20190322_gongen_miyuki_007.jpg

こちらは「川の再生10周年記念ダムカード」
※現在配布終了。

20190322_gongen_miyuki_008.jpg

20190322_gongen_miyuki_009.jpg

【おまけ】
池の写真を撮っていたら施設の関係者のかたが「ダム好き?」
と話しかけてこられたので、ダムのお話を色々と伺いました。
職員さんが「渡良瀬貯水池の方へは行った?」と仰り、
「あ、いえ、そちらの方にはまだ…」と言葉を返すとなんと
「こないだ行ったからカードあげるよ」と通常のカードと
記念カード(現在は配布を終了してますが、天皇陛下御在位
三十年記念カード)の二種類のダムカードを下さったのです。

SERUNA:「えぇー!そんな、申し訳ないです (゚ω゚;)」
職員さん:「いいよいいよ、持ってきなー ( ^ω^ )」

…で、いただいたのがこちら。
その節はありがとうございました。大事にファイルしてます。

20190322_gongen_miyuki_010.jpg

渡良瀬貯水池はハート形の珍しい形状で話題になった事も。
いつか(貯水池ですが)このダムにも行けるといいなぁ。


ブログに訪問ありがとう!
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:埼玉県
ジャンル:地域情報