fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
2022年04月25日 (月) | 編集 |
いきなり検索でココに辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3992.html

下に戻って参りました。

20220410_富士霊園_桜並木_023

富士見会館がある方向へ…
並木道を真っ直ぐ歩いて行こう。

20220410_富士霊園_桜並木_024

こんなに綺麗なんですよ。
富士霊園には初めて来ましたが想像以上でした。
ずっと見たかった景色を見ることが出来て良かった。
伝わらないと思うけど本当は写真よりも肉眼で見た方が
もっともっと綺麗だと思う。

20220410_富士霊園_桜並木_025

20220410_富士霊園_桜並木_026

第二ロータリー。
植え込みが何かの文字になっているようですが…
結局何と書いてあるのかわからなかった。

20220410_富士霊園_桜並木_027

20220410_富士霊園_桜並木_028

第二ロータリーから先程の展望台方面を撮影。

20220410_富士霊園_桜並木_029

第二ロータリーから富士見会館方面を撮影。

20220410_富士霊園_桜並木_030

桜を見に来る人の車でいっぱい。

20220410_富士霊園_桜並木_031

ぐるぐる見回してしまう。見事なまでの桜。
あまりの美しさに、思わずため息が出ますね。
いつまでもこの景色を見ていたい…って、
ここが霊園だということをすっかり忘れていました。

20220410_富士霊園_桜並木_032

会館手前の横断歩道。枝垂れ桜も綺麗だね。

20220410_富士霊園_桜並木_033

向こうに見えるのは第一ロータリー。

20220410_富士霊園_桜並木_034

安らぎの森。

20220410_富士霊園_桜並木_035

富士見会館。
施設の中でお茶(煎茶とほうじ茶)をいただきました。
どちらも濃くて美味しかったです。

20220410_富士霊園_桜並木_036

20220410_富士霊園_桜並木_037

車まで戻りながら撮影。お花見にやってくる人たちの車が
まだまだメインストリートに続々入ってきます。
これだけ入ってきても駐めるスペースがあるんですから凄い。
流石人気の観光スポットだね(霊園だけど)。
アオザイを来た綺麗なベトナムお姉さんもいましたよ。

20220410_富士霊園_桜並木_038

20220410_富士霊園_桜並木_039

桜は、どの場所から見てもハズレは無いです。
とにかくもう園内の桜は完璧なくらいに綺麗で綺麗で…
春限定だけど、この霊園に埋葬されている人が羨ましい。
(桜並木に近い区画だとその分お値段高そう)

20220410_富士霊園_桜並木_040

20220410_富士霊園_桜並木_041

霊園の公式サイトにはライブカメラがあります。
https://fujireien.sakura.ne.jp/livecamera/index.html
来年あたりは皆さんも是非、開花状況をこのライブカメラで
観察しつつ、お知らせのページもチェックしながら
お花見に行ってみては如何でしょうか。

一度見たかった景色を見る事が出来て少し満足。
次に行ける時が来るかはわからないけど
冥土の土産にはなるかな。


本日紹介した場所はこちら。
----------------------------
富士霊園 
https://www.fujireien.or.jp/
住所/静岡県駿東郡小山町大御神888-2
開園時間/9:00〜16:30
休園日/毎週水曜日(接続バスも中止)※祝日の時は翌日。

----------------------------

【余談です】
小さな“アニマル絨毯”を敷いて花見をしている家族が居たため
二度見三度見。花見でアニマル絨毯を敷いている人は、
今日まで生きてきて初めて見た。花見のブルーシート撲滅!
と常々思っている私ですが、オシャレな敷き物すぎて
逆に驚きました。


ブログに訪問ありがとう。
行ってみたくなった人、拍手をポチッとよろしく♪
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2022年04月24日 (日) | 編集 |
いきなり検索でココに辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3992.html

展望台に到着しました。

20220410_富士霊園_桜並木_013

20220410_富士霊園_桜並木_014

仏塔?と思いきやあまり関係ないっぽい。
説明を見る限り、記念碑的な塔のようです。

20220410_富士霊園_桜並木_015

20220410_富士霊園_桜並木_016

「万霊の鐘」。
誰でも鳴らすことが出来ました。

20220410_富士霊園_桜並木_017

展望台から見た桜並木。ここから見ると距離が短く見えますが
実際にあそこを歩いてみると結構距離があります。

20220410_富士霊園_桜並木_018

こんな感じですよーという事で。
山は左から矢倉山、金時山、大涌谷。富士スピードウェイや、
御殿場プレミアムアウトレットも見えるようです。
並木の両サイドにあるのは墓地です。

20220410_富士霊園_桜並木_019

20220410_富士霊園_桜並木_020

メインストリートに注目してみてほしい。
こうしている間にも車がぞろぞろ入ってくるのがわかります。
入口辺りに車を駐めてここまで歩いて桜を楽しみたければ、
霊園には朝早くから来た方が良いという事ですね。

20220410_富士霊園_桜並木_022

……さてと、戻りましょう。

20220410_富士霊園_桜並木_021

★その3に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3997.html


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッと頂けると励みになります。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2022年04月19日 (火) | 編集 |
2022.4.10 探訪 
「狩宿の下馬ザクラ」→「森の駅 富士山」と行って、
続いては「富士霊園」にやって参りました。
ここはお墓が並ぶ霊園ですが、桜の名所として有名な場所。
(並木からはお墓が見えないので霊園という感じがしない)
いつか一度は行ってみたいと思っていて、ようやくその願いが
叶いました。現在桜はもう散ってしまいましたが、
4月10日に花見に行った時には見事な花を咲かせていました。

霊園手前の道で桜渋滞。次から次へと車が入ってきます。
桜並木沿いに車を駐めるスペースがあるのですがかなりの台数。
第二ロータリーを少し過ぎた所ででようやく空いている場所
を発見し、そこに駐車させて車の中で桜を見ながら
作ってきたサンドイッチを食べました。
花見をしながらのお弁当は何倍も美味しく感じるね。

20220410_富士霊園_桜並木_001

現在新型コロナウイルス流行抑制のため、
桜並木沿いでシートを敷いての飲食や花見は今禁止されている
ハズなのですが…椅子を出したりシートを敷いての花見客を
ちょこちょこ見掛け少し残念な気持ちに。富士霊園側が
やめてねって言ってるんだからルールは守ろう。(´・ω・`)

来た道を振り返った景色。

20220410_富士霊園_桜並木_002

再度展望台のある方向を向いてみる。

20220410_富士霊園_桜並木_003

見上げた桜。

20220410_富士霊園_桜並木_004

展望台の方向に歩いて行きましょう。
若干坂になっているので大変かも。

20220410_富士霊園_桜並木_005

展望台への階段。上まで240段あるらしい。

20220410_富士霊園_桜並木_006

20220410_富士霊園_桜並木_007

来た道を振り返る。

20220410_富士霊園_桜並木_008

階段をのぼって行きましょう。
「もう嫌だぁぁ、行きたくないよぉぉ…」と泣いてぐずって
お母ちゃんを困らせてるいる小学生の女の子がいたな。
きっと疲れて嫌になったんだろうけど、階段をのぼる程度で
メソメソしてたらこの先の人生スゲー苦労するぞ。

20220410_富士霊園_桜並木_009

20220410_富士霊園_桜並木_010

慰霊堂の近くにあった桜の木。

20220410_富士霊園_桜並木_011

階段の中間あたりからの眺め。

20220410_富士霊園_桜並木_012

★その2に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3996.html


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手をポチッといただけると励みになります。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2022年04月17日 (日) | 編集 |
2022..4.10 探訪 
狩宿の下馬ザクラを見終わって富士霊園に行く途中、
「森の駅 富士山」に立ち寄りました。
(施設はまだシーズンではないので休業中でした)

20220410_森の駅富士山からの景色_001

何で立ち寄ったかって、ここは標高1500m富士山三号目。
綺麗な富士山が近くに見えるから。

20220410_森の駅富士山からの景色_002

バイカーの人も立ち寄って富士山を眺めたり、
スマホで撮影していたり…

20220410_森の駅富士山からの景色_003

私の地元から見える富士山の形って宝永山が右側にちょこんと
してるんだよね。その富士の宝永山がどどーん!と目の前に。
こっちで見る富士山はもっと美人だし迫力があって良い。

20220410_森の駅富士山からの景色_004

さらに拡大して撮影。
宝永山の向こうの窪んでいる所には「宝永山第一火口底」。
ちなみに裾野や御殿場あたりの人に富士山の絵を描かせると
宝永山を手前にしてこの窪んだ部分まで描く。同じ県民でも
見る角度が全然違うので富士の絵が全く違うのが面白い。

20220410_森の駅富士山からの景色_005

バイカーがいなくなった時に撮影。

20220410_森の駅富士山からの景色_006

美人を間近で見れる穴場スポットです。
超オススメ。

20220410_森の駅富士山からの景色_007

----------------------------
森の駅 富士山 
https://pica-corp.com/shop/morinoeki_fujiyama.html
https://gotemba.jp/morinoekifujisan/
住所/静岡県裾野市須山字浅木地内
電話番号/055-998-0085
営業時間/9:00~17:00(12月~3月 9:00~16:00)
   ※季節・曜日によって変動あり。
休業/12月~3月は平日お休み(年末年始は無休)。
   ※4月以降はカレンダーに準ずる。
駐車場/1000台 無料 
  ※夏期の富士山マイカー規制期間中は、1回1,000円/台。
  但し、1時間以内の利用については無料。

----------------------------

【余談です】
富士山スカイラインで五号目まで車で行けるけど、
この日はまだ道が完全に閉鎖されていました。
ただその五号目の駐車場で寝泊まりしようとすると…
https://response.jp/article/2009/07/17/127475.html
↑過去にはこんな事故があったから注意が必要。


★「富士霊園」の桜の景色に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3992.html


ブログに訪問ありがとう。
森の駅に行ってみたいと思った人、拍手をポチッと。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2022年04月13日 (水) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3989.html

20220410_狩野の下馬ザクラ_016

ブログで富士山を誉める時に毎回言いますが、
美人(富士山)は毎日見ても見飽きないしずっと見ていたい。
この場所は、その美人な富士山と桜と菜の花を一度に見れる
欲張りセットのような所。

20220410_狩野の下馬ザクラ_017

20220410_狩野の下馬ザクラ_018

20220410_狩野の下馬ザクラ_019

20220410_狩野の下馬ザクラ_020

最盛期はこれよりも遥かに凄かったんでしょ?
今よりどんだけ素敵だったのか過去に戻って見てみたい。

20220410_狩野の下馬ザクラ_021

20220410_狩野の下馬ザクラ_022

20220410_狩野の下馬ザクラ_023

祭りの日なのでステージ上では催しが。

20220410_狩野の下馬ザクラ_024

クイズラリーをやっていたのでやってみた。
正解すると、抽選くじが引けて景品がもらえる。

20220410_狩野の下馬ザクラ_025

…結果は残念賞みたいなもの。
軍手かボールペンかクリアファイルと言われたので、
軍手をいただいた。イベント始まったばかりの時間だったし、
きっとまだ大当たりの特賞は入れていなかったのかもね。
イラストが書かれている冊子はラリーの最初に頂けるもの。
(クイズのヒントになるものが書かれているので、
それを見ながら進めていく)

20220410_狩野の下馬ザクラ_026

今日の時点でもう桜は散ってしまっているようなので、
「見たい!」と思ったかたはまた来年の春に訪れてみては
如何でしょう。静岡らしい春の景色、オススメですよ。

----------------------------
狩宿の下馬ザクラ
住所/静岡県富士宮市狩宿98−2

----------------------------

おまけ
お祭り会場でいただいたもの。

20220410_狩野の下馬ザクラ_027

朝霧高原のことや、歴史の資料になりそうな冊子まで
何冊か無料でいただけました。ありがたい。

★富士山が間近で見れる「森の駅 富士山」に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3991.html


ブログに訪問ありがとう。
「静岡にこんな場所が!」となった人、拍手をポチッと。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報