FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年11月13日 (火) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2386.html

反対側に回ってみましょう。
ピンボケましたが左に見えるのは日本平デジタルタワー。
テレビの電波塔です。

20181112_nihondaira_014.jpg

下の景色は賤機山方面。

20181112_nihondaira_015.jpg

カメラをそこから左へ向けると、駿河湾が見えます。

20181112_nihondaira_016.jpg

広々した展望台で見る景色は良いですよー。

20181112_nihondaira_017.jpg

20181112_nihondaira_018.jpg

20181112_nihondaira_019.jpg

この日はちょっとガスって富士山が霞んでいましたが、
空気が澄んでカラッと晴れた天候の日ならば、
富士山がもっともっと綺麗に見えるかも知れません。

静岡観光に来た人々には良い思い出とお土産をたーっくさん
持ち帰っていただきたいです。静岡へ遊びに来て良かった!
と思っていただけたら、静岡県民としては嬉しい限り。

youtubeから動画を拝借。


【おまけ・赤い靴の女の子 母子像】
「赤い靴はいてた女の子 異人さんにつれられて 行っちゃった」
…この女の子、実は外国へは行っていないんです。
んで、歌についてアレコレ調べてみると赤い靴の意味がどうの、
そもそもきみちゃんは養子になんかなっていなかった説だの、
歌についてはゴチャゴチャと色々あるみたいなのですが、
そんなものは私にとってはわりとどうでもいい事です。

20181112_nihondaira_020.jpg

-----------------------------
童謡 赤い靴をはいていた女の子を尋ねて 
 野口雨情の詩になる童謡“赤い靴”をはいていた女の子には
モデルがありました。明治37年7月15日清水市宮加三
(旧不二見村)に生まれた「岩崎きみ」がその子です。
「きみ」とその母親「かよ」とは、故あって北海道にわたり
ますが、この地で母は、まだ2歳になったばかりのわが子を、
アメリカ人宣教師ヒエット夫妻に、その養育を託すさだめと
なりました。
 やがて宣教師夫妻には母国への帰国が命ぜられますが、
このとき「きみ」は不治の病におかされており、
夫妻はやむなくこの幼な子を孤児院に残して旅立ちました。

------------------------(↓続く)

20181112_nihondaira_021.jpg

-----------------------------
「きみ」はひとり、癒えることのない病の床にあって
相見ることもかなわぬ母を慕いながら、わずか9歳の短い生涯を
終えたのでした。
 いま、この女の子は、東京六本木にある鳥居坂教会の共同墓地
に眠っております。私たちは、この幸せ薄い母と子のかなしみに
思いを寄せ、母と子をふるさとの地、不二見村を見おろすこの
日本平山頂に、再び相いあわせようと考えました。
 ここに全国数万人に及ぶ人々からの浄財を得て、この像の建立
ができましたことに、人間の善意と尊厳に大きな感動と希望を
おぼえるものであります。母と子よ、永遠に安らかなれ。

-------------------(母子像 説明板より)

20181112_nihondaira_022.jpg

本日紹介した施設はこちら。
----------------------------
日本平夢テラス
https://nihondaira-yume-terrace.jp
住所/静岡県静岡市清水区草薙600-1
電話番号/054-340-1172
開館時間/日~金曜日 午前9時~午後5時
     土曜日   午前9時~午後9時
     ※展望回廊は終日入場できます
休館日/毎月第2火曜日及び年末(12/26~12/31)
入場料/無料

※施設情報は2018年11月現在のものです。
----------------------------


ブログに訪問ありがとう。
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2018年11月13日 (火) | 編集 |
2018.11.12 探訪 
静岡市清水区の日本平山頂にある『日本平夢テラス』
行ってきました。昔、この辺りは古い展望台くらいからしか
景色が景色が見れない寂しい場所だったのですが…
最近、360度ぐるっと見渡せるこのような展望台が出来てから、
以前にも増して、観光客が集まってくるようになったみたいです。
お客さんが戻ってきて良かったね。

20181112_nihondaira_001.jpg

20181112_nihondaira_002.jpg

ちなみに「日本平」は日本武尊ゆかりのお山です。
この展望台近くにある日本平ホテルの駐車場には彼のブロンズ像
が立っていますので、興味のある方は見に行かれてみてはいかが
でしょう(私はもう随分前にそれを撮影しています)。
日本平ホテル庭園からの景色もなかなかのものです。

……という話は置いといて……

施設内に入ると、まずはその日本武尊と日本平についての説明の
パネルが設置されています。ゆかりの地なのですからこんな風に
彼のお話を取り上げてくれている点は好感度高いです。
ウチの地元焼津ではなぜか彼の話がスルーされがちなので
羨ましいッス。普通はこうあるべきなんだよなぁ…(とボヤき)

20181112_nihondaira_003.jpg

関連過去ログ:
もうひとつのクサナギ『久佐奈岐神社』
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1205.html
日本武尊を祀る『草薙神社』
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1210.html
草薙神社の古宮『草薙神社 旧跡地』
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1216.html

縄文位前から現代に至るまでの日本平の地形の成り立ちを、
プロジェクションマッピングで説明する展示物。
これ、面白かったですよ。

20181112_nihondaira_004.jpg

20181112_nihondaira_005.jpg

2階はラウンジ、3階は展望フロア。
ラウンジを飛ばして3階までのぼっていきましょう。

20181112_nihondaira_006.jpg

どうでもいいけどこの展望台、新国立競技場にも関わっている
「隈研吾」とかいう建築士の設計なんですよね。
例の赤城神社(東京)の件であまり良い印象がないんだよなぁ…

20181112_nihondaira_007.jpg

外に出ましたよ。
ほら、もう目の前には富士山が見えます。

20181112_nihondaira_008.jpg

更に一歩前へ。下に庭園が見えます。

20181112_nihondaira_009.jpg

カメラをズーム。
富士山の下に見えるのは清水の町、そして清水の港。
あぁ…富士山はやっぱ綺麗だね。美人はいつ見ても飽きないな。

20181112_nihondaira_010.jpg

カメラを左→中央→右へと向けてみましょう。
繋げればパノラマ写真に……ならないですね、ハイw

20181112_nihondaira_011.jpg

20181112_nihondaira_012.jpg

20181112_nihondaira_013.jpg

★その2に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2387.html


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2018年11月07日 (水) | 編集 |
地元ローカルの新聞に掲載されていて、
ああ、そういえばそんな祭りがあったなと思い出したので
ちょっと記事にしてみた。

国境を賭けての「峠の国盗り綱引き合戦」を知ってるかい?
始まりは1987年とその歴史は新しいが、遠州軍(静岡)と
信州軍(長野)による「国境」を賭けての綱引き大会!

静岡県綱引き連盟・http://stwf.jp/
信州遠山郷・http://tohyamago.com/experience/tsunahiki/

今年は遠州軍の勝利に終わり、国境を1m奪い返したそうな。
http://stwf.jp/modules/information/index.php?lid=128&cid=1
(リンク先:静岡県綱引き連盟)

【大会の行われる「兵越峠」について】-----------
その昔、武田信玄が上洛を志し、元亀三年(1573)十月三日、
約二万五千の大軍を率いて信濃国遠山領を通り、青崩峠手前で
分隊して越えてきたと言われる峠。

-----------------------------

このイベントによって奪い取った国境(県境)は、
公式的なものでは無くあくまで非公式のお遊びなのでご安心を。
毎年、奪った領地の境には「国境の札」が設置されます。
この峠の境は、現在の段階で我が静岡県はまだほんの数メートル
信州軍に奪われた状態にあります。

【信州遠山郷のページより】----------------
 兵越峠から遠州灘までの直線距離で計算すると、
信州軍が連勝を続ければ、6万5千年後に太平洋が信州にやって
くることになります。 少なくとも、9万連敗して遠州軍に諏訪湖
を盗られてしまう事態だけは避けてもらいたいというのが、
信州人のいつわらざる願いでしょう。

-----------------------------

連勝を続ければという前提で信州が太平洋まで領地をのばすのに
65,000年。連勝をし続けることなんて絶対にありえる訳がなく、
つまり取られたり戻したりでどんだけ時間がかかる事だろう。
…というツッコミはさておき、今年は遠州が勝って良かった。
この調子で来年も頑張って欲しい。(´・ω・`)

太平洋、取れるものならとってごらんw
(同じく遠州軍が諏訪湖を取るのもえらく大変な事であろう)


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2018年10月22日 (月) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2355.html

「漁師になる!資格を取る!静岡県立漁業学園」
…幟に書かれてあるこの言葉のインパクト半端ないw

20181020_sabamatsuri_023.jpg

紐、ロープの結び方。

20181020_sabamatsuri_024.jpg

20181020_sabamatsuri_025.jpg

結び方を覚えると、こんなのを作ったりも出来ますよ♪

20181020_sabamatsuri_026.jpg

展示してあったお魚たち。
この大きな魚は「バショウカジキ」とありました。

20181020_sabamatsuri_027.jpg

「ハコフグ」…ほんのり可愛い♪

20181020_sabamatsuri_028.jpg

焼津の有名人、深海魚ハンターの長谷川さん。
めちゃくちゃデカいサメに乗って記念撮影をしていました。
(お子様連れのお母さんが長谷川さんの前に子供を預け、
写真を撮ったりもしていた)

20181020_sabamatsuri_029.jpg

良い笑顔いただいたけど、逆光が… (´・ω・`)

20181020_sabamatsuri_030.jpg

どうでもいいけど、このサメって食用に出来るのかな?
-----------------------------
カグラザメ(577kg)
焼津沖300〜400m。シーラカンスより古い魚と言われている。
普段はおとなしい。

-----------------------------

他にも大きなイカや…

20181020_sabamatsuri_031.jpg

お茶のペットボトルを口にぶっ込まれたサメまで。
サメって、フライにすると美味しいんだよね。

20181020_sabamatsuri_032.jpg

氷が詰まっているのでよくわからない写真になりましたが、
帰りに生サバを二本買って行きました。
ちなみにお値段一本100円!

20181020_sabamatsuri_033.jpg

最後に港の良い景色を。

20181020_sabamatsuri_034.jpg

20181020_sabamatsuri_035.jpg

あまり面白みのない小さな港町かも知れないけれど、
皆さんにはいつか是非、焼津に遊びに来て頂きたいです。

20181020_sabamatsuri_036.jpg


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報