FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年07月25日 (金) | 編集 |
2014.7.23参拝
こないだ、藤枝市にある『飽波神社』へ参拝に行って参りました。
(「飽波=あくなみ」という読み方をします)

飽波神社は『岡出山』と呼ばれる市街地に囲まれている丘陵地に鎮座しており、
神社の森は静岡県選定「ふる里の森」百選のひとつとされています。
飽波神社の森の上層部は『藤枝市岡出山児童公園』として管理されていて、
日清・日露・第二次大戦における戦死者の忠霊碑もあり、市民の憩いの場に
なっています。

飽波神社_20140723_001

飽波神社
http://hellonavi.jp/fujieda/shisetsu/1441.html
御祭神:少彦名命
配祀:瀬織津姫命、蛭子命、天忍穗耳命

-----------------------------------
 飽波神社は古墳時代、第16代仁徳天皇6年西暦318年戌寅10月飽波郷
(旧藤枝一円)の鎮護の神としてお祀りした、古い歴史を経た神社であります。
御祭神は少彦名命と申し上げ、大国主命と共に国を開き、産業を奨めて、
医療の術を教え、人々に知恵を授け、幸福をもたらしてくださる、
御神威の高い神様といわれ、崇敬されております。
 戦国時代(1560年)永禄、元亀の戦乱時、武田の兵が乱入し、
社殿、旧記録などを消失、時の神宮、曽根彦八貞が御神体を護持して難を逃れ、
小祠を建ててお祀りした。以来、江戸時代に入り、正徳5年(1715)に社殿を
再建したと伝えられています。

<歴史に示される「正徳の治とは」徳川6代将軍家宣(1709年)は、
儒者 新井白石を登用し政治を改めさせた。白石は儒教の徳治主義を理想とし
文治政治をすすめ、典礼、儀式なども整え、善政を行った。この時代に
飽波神社も再建されたことが推測される。>

 当時、山裾の小石のまわりから清らかな水がこんこんと湧き出ており、
諸病に霊験があったと伝えられ、人々に命の水を恵み、瀬戸川の水害からも
護って下さることから、飽波神社、湧波神社などともいわれ、
崇敬されてきました。正徳5年乙未年造建の棟札に「飽波神社川関大明神」
と記載され保存されております。時代の変遷を経た今日に至るまで、
歴史の流れが示していると申しあげられます。


-------------------(飽波神社参拝のしおり より抜粋)

飽波神社_20140723_002

拝殿はこんな感じ。
御本殿はここよりもう少しだけ高い位置にあります。

時々、旦那と一緒にぶらっと立ち寄る神社なんですが…
この日は「飽波神社の朱印をもらいに行こう」と言う理由で参拝w
「あれれ?前もらってなかったっけ?」と思ったけれどまぁいいや。

そんなに大きい神社ではないのですが、実にのんびりした所。
社務所でお婆さんに「今日はどちらか遠くからお越しで?」と言われ、
「え?いや、地元(県内)ですw」と答えたら「あらそうでしたかぁ」
…で、何か会話が続くかと思いきやそれっきりでちょっと寂しかった。
近場の人間ですまぬ。(´・ω・`)


よろしければブログ応援に、ランキングボタンや
拍手をポチッとしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ