FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年08月13日 (水) | 編集 |
焼津神社の大祭にて朝の御遷座祭から暫く御神輿について行きましたが、
流石に暑くて途中で帰ってきてしまったw(倒れたら元も子もないよー)
神輿渡御行列では、二基の御神輿を間近で見られる穴場があって、
毎年いつもそこで見ているんですが、相変わらずかなりのド迫力でした。

ちょっと休憩してから再度、御旅所からついていこうかな。
夜には流鏑馬もあるし、御本殿に神様がお帰りになられるその前に、
境内で再び御神輿が練り歩くし…体力温存しておこうっと。

レポートをアップするのは、今日は無理。
(全ての祭りが終了するのは夜中になるのでw)

記事追加
「あれはどうして、ああなってるのかな」「これどんな意味かな?」
みたいな話を見ず知らずの他人が話していると、神話・神社オタ
の私はもう、知らない人なのに教えたくてたまらなくなってしまう。
いや、知らん人だから話しかけたら変なのでやりませんけれどもww
関連記事
テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ
2014年08月13日 (水) | 編集 |
夜間は、神社の社殿にて『御神楽祭』が執り行われます。

20140812_御神楽祭_001

-----------------------------------
大祭の初日に『御神楽祭(特殊神事)』が行われます。午後九時より、
例祭─渡御神事と並ぶ最も重要な祭儀であり、古来『丑の刻祭』とも言われ、
神幸式前夜執り行われる古儀で、浄闇の裡にりゅうりょうと奏でられる古伝の
笛の音曲は、その夜献ぜられる碁石御供と共に祭事の中心となしているが、
古く行われている湯立の舞共々、例祭に対しての厳重な物忌である。


---------------------(焼津神社 参拝の栞より抜粋)
※碁石御供:御神楽祭の神饌で、粳米を搗き粉にして浄水でねり、
      碁石大に製し、せいろに納めて献る。


神社拝殿向かって左側より撮影。

20140812_御神楽祭_002

パッと電気が消えて、社殿の中が真っ暗になります。
真っ暗な中から祝詞が聞こえてきます。

20140812_御神楽祭_003

再び灯りが点いて暫くすると巫女さんが登場。
神前で神楽が奉納されます。(※この位置からの撮影は不可能)

20140812_御神楽祭_004

何やかんや色々とやることがあって終盤で御神酒を…
(すいません、ピンボケました)

20140812_御神楽祭_005

ちなみにこの神事の最中に献られる『生魚の掛魚』は、
黒鯛、又はすすきだそうです。

以上、外側から見る事が出来るのはこれが精一杯。
神事は一時間半ほどで終了します。(記事:©SERUNA)

一日目のお祭りレポはこれにて終了。
二日目のレポートをお楽しみに♪

http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-359.html


ブログ応援にランキングボタンや拍手をポチっと
いただけたら嬉しいです。いつもありがと♪
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用