FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年08月15日 (金) | 編集 |
白装束に担がれてやってくる御供捧。
御供捧は『小麦飯・櫛形餅・牛の舌餅』等の神饌を神にお供えをします。

20140813_aramaturi_0026.jpg

20140813_aramaturi_0027.jpg

----

小麦飯は、小麦を蒸してこうせんをまぶしたもの。
櫛形餅と牛の舌餅は、それぞれその型状を表した餅なのですが、
三種の神饌とも神幸式北御旅所御祭事の時に、この御供捧の少女が特別に
奉献するのであります。

20140813_aramaturi_0028.jpg

20140813_aramaturi_0029.jpg

全て神前に供えられた神饌。
日本武尊の御神輿の前には『掛魚』が置かれています。
(※魚は海の生魚で、黒鯛又はすすき。ハマチや伊勢海老を入れる事も
あるそうだが、その数は奇数でなければいけない決まりがあるらしい)

巫女さんによる浦安の舞奉納。
凛とした神楽鈴の音色が心地良いです。

20140813_aramaturi_0032.jpg

20140813_aramaturi_0033.jpg

神楽奉納が終わると神饌が片付けられ、
御神輿は次の御旅所(焼津漁港・新港)へ出発します。
これからの時間に向けて御神輿には提灯がつけられているのが
わかるでしょうか。( ´ ∀ ` )ノ

まずは先輿。

20140813_aramaturi_0034.jpg

次いで後輿。

20140813_aramaturi_0035.jpg

20140813_aramaturi_0036.jpg

※魚市場御旅所と、夜の流鏑馬は見ませんでした。
 疲れちゃったからね… (´・ω・`)

★その4へ続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-364.html


ブログ応援にランキングボタンや拍手をポチッと
いただけたら嬉しい。いつもありがとう♪
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用