FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年08月21日 (木) | 編集 |
毎回言う事なのですが自分の勘を頼りに、自分の舌でお確かめを。
(アテにもならない食べログのページは貼りませんよ)
人それぞれ好みもありますので、思った味じゃなくても文句は無しよ。

20140808_yamaneko_001.jpg

秋宮を参拝した後、お腹が空いたのでとにかく近場で食事をしようと
訪れたお店です。山猫亭っていう名前が気になる。なぜに猫?
二人だったのですがカウンターではなく、お座敷に通されました。
本棚が置いてあって、よく見ると猫に関する絵本がたくさん。
テーブルに置いてある紙ナプキンに猫の肉球。

(* ´ Д` ) 何だろう、凄く可愛いぞこの店。

注文して待っているとこいつが運ばれてくる。

20140808_yamaneko_002.jpg

揚げ蕎麦と、大根のお漬物。手打ち蕎麦ならば時間もかかるであろう。
旦那と一緒に暫くボリボリ食べて待っていました。ウマいッス。

,___
|___|    蕎麦おまちー
(;`・ω・)
/ ゞo凸皿皿o
しー-J

さて、そうこうしているうちにお待ちかねのお蕎麦ですよ。
ここで海老天ざるそばを紹介したかったんですが、あまりに腹が減って
いたので写真を撮る前に天ぷらを食べてしまったという大失態を
やらかしてしまうww

なので、ざるそばの写真だけで勘弁してください。orz

20140808_yamaneko_003.jpg

天ぷらは、テーブルにセットされた塩(蕎麦の実入り)をパラパラ
ふって食べましたがベタ褒めするくらいに美味でした。

お蕎麦は、とっても上品な味。
ガツンとくるようなのを期待する人にはあまり向かないかな。
蕎麦独特の歯ごたえがあって美味しかったです。
(クチが安く出来ている人にはわかるまい)

ツルツルっと蕎麦を平らげたあとは、
残ったツユに蕎麦湯を入れて飲んでしまいましょう。
(記事:SERUNA)
美味しかったです、ご馳走様でした。

--------------------------
山猫亭 本店
http://shimosuwaonsen.jp/item/632/
住所:長野県諏訪郡下諏訪町立町3574
TEL:0266-26-8192
営業時間:11時~17時/定休日:なし
駐車場:3台

諏訪大社下社秋宮前、JR下諏訪駅より徒歩9分
--------------------------
※お店の公式サイトを見つける事が出来なかったので、
観光案内のページでゴメンなさい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
2014年08月21日 (木) | 編集 |
2014.8.8参拝
次に向かったのは諏訪大社の下社。
皆さんには上社をお参りしたら、是非下社の方へも足を運んで欲しい。

下社では半年毎、御祭神の御魂代が秋宮と春宮を行ったり来たりすると
いうのをご存知でしょうか。つまり下社では季節によって神様が
どちらか一方におられる事という事。8月1日には祭神は春宮から秋宮へ、
2月1日には秋宮から春宮へ遷座されます。

今回のレポも境内の全てを紹介出来なくてすいません。

8日の時系列についてはこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-347.html

20140808_suwaakimiya_001.jpg

信濃國一之宮 諏訪大社 下社秋宮
http://suwataisha.or.jp/akimiya.html
御祭神:建御名方神、八坂刀売神
---------------------------------
 我国最古の神社の一つであり、信濃国一之宮として朝廷や幕府の信仰
が篤く、全国一万余の諏訪神社の総本社である。
御祭神は信濃国の国造りをなされた日本国土の守護神としてこの地に
お鎮まりになられた。


----------------(諏訪大社下社秋宮 境内案内板より)

■根入りの杉
鳥居をくぐって正面に見えるこの杉の木は樹齢およそ六〜七百年。
枝が垂れ下がって眠っているように見えるので「寝入りの杉」だとか、
杉の挿木に根が生えたものなので「根入りの杉」とも言われています。
また、丑三つ時になると枝を下げて布団を掛けて静かに寝ているようにも
見えて、時には寝入りのイビキも聞こえると言われ、この杉の木の小枝を
煎じて飲ませたり、木の皮を使ったお守りを持たせると、酷い夜泣きを
する子供もゆっくり眠るようになると言われています。

……とありますが、木がイビキをかいている音が聞いてみたいと思う
のは私だけでしょうかねw

20140808_suwaakimiya_002.jpg

さて次の写真は、神楽殿ですよ。
この神楽殿は天保六年(1835)上社本宮幣拝殿を手掛けた立川和四郎
二代目富昌棟梁によって落成したもの。

神楽殿の大きな注連縄に注目してみて欲しい…と言われなくても、
デカイので誰だって見てしまうと思いますけれどもw
御祭神の建御名方神は、大国主の息子でもありますからこういった部分
にも出雲との繋がりが見てとれますね。この出雲型の大注連縄は御柱祭毎
に新しく奉製されるもので、総重量は約一トンだそうです。

20140808_suwaakimiya_003.jpg

神楽殿の奥に進むと社殿が。ここは秋宮の『幣拝殿』でございます。
諏訪大社は本殿を持たない神社として有名ですが、ではこの奥に何が?
と思われる事でしょう。ここ秋宮の拝殿の奥には『御神宝殿』があり、
さらにその奥には『御神木』(イチイの木)があり、秋宮ではこの御神木
を神体としてお祀りをしているのです。

20140808_suwaakimiya_004.jpg

拝殿横に建っていた秋宮の御柱。
なんとなく撮ってみたけどやっぱ凄い。

20140808_suwaakimiya_005.jpg


それと、別に撮らなくていいかなーと思ったんですが、
東方プロジェクトの痛絵馬があったのでついw

数年前は更にこれよりもっと痛絵馬だらけで凄い事になっていたんですが、
今回参拝した時は、そんな痛絵馬もごく僅か。ヲタの中にはミーハーで
イナゴみたいな連中が多い中、神様を元にしたキャラブームが過ぎ去った
今もまだこうやって参拝してくれている人がいるんだなと思うと…
残っている人こそ色んな意味で『本物』なんだろうなぁと複雑でもあり。
まぁ、普通にお参りしていればそれでよしとしよう。

20140808_suwaakimiya_006.jpg

----

秋宮の鳥居のそば、社務所前方の森は「八幡山」と言われ、
ここには八幡社と秋宮恵比寿社があります。階段をあがると鳥居がふたつ
並んでいますが、左側を行けば八幡社。右側を行けば恵比寿社です。

20140808_suwaakimiya_007.jpg

こちらは『秋宮恵比寿社』。御祭神は事代主大神。
事代主といえば諏訪大社の御祭神、建御名方神のお兄さんにあたられる
神様でございます。神社の御分霊ははるばる出雲大社及び美保神社より
おいでいただいたものだそうで、昭和23年11月20日に御遷座祭を行い、
現在に至るそうです。(記事:©SERUNA)

20140808_suwaakimiya_008.jpg
ここで可愛い猫さんに出会ったけど逃げられちゃったよ。
(´・ω・`) ショボーン

秋宮近くで食べたお蕎麦のレポはこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-376.html

★その9に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-377.html


ランキングが上に行くほどやる気が出ますw
投票&拍手ポチッとお願い致します。いつもありがとう♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用