FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年08月28日 (木) | 編集 |
地名って面白いよね。
意味があるからその土地に名前が付いているわけでして。
大事なことに気付いて欲しいと思って以前、某SNSの記事で何度も繰り返し
言っていた事なんですけど、それもあんな場所(お察し下さい)では意味を
なさないと思ったので、このブログでも触れてみようと思います。

…とネタにしようと思った矢先に、こんな話が飛び出して来ましたよ。

------------------------------
【悲報】とんでもない地名だった!!!!
広島で土砂崩れが起きた場所の昔の地名・・・・

http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/7482436.html

---------------(リンク先:暇つぶしニュース)

ほーらね。

この話を知って鳥肌が立ちましたよ。
「やっぱあるんだよ、こういうの!」ってね。
それにしても『蛇落地悪谷』だなんて凄い名前が付いてたんだな。
もしも地名が変わっていなかったら、誰もそこに住もうと思わないでしょ。

さて。近年「誰にでも馴染みやすい名前に変更しましょう」とか、
「縁起が悪そうなので字を改めました」なんて言って地名を変えたり、
平仮名表記や、おかしな名前に変更された場所があったりする。

私は力強く問いたい。
「昔からのものをなぜ変えるんだ!」と思うのですよ。


…あぁ多分、脳なしでアタマ悪いお偉いさんがやるのでしょうけれども。
少しくらい残しておいてもバチは当たらんから、残しておけばいいものを
ヘタに変えるんじゃねぇよと。そもそも地名ってのはその土地に伝わる
歴史・言い伝え・出来事なんかを元にして付いているんでして…
場所によっては先人たちの警告の意味が込められた場所だってあるのに。

「こういう言い伝えがあるんだよ」「こういう物語が昔あって…」
って言うと、どうせおとぎ話でしょーとバカにする奴っているけれど、
おとぎ話をまるっと鵜呑みにするんじゃなく、その背景に何があったかを
考えるのが大事。これも何度も繰り返し言ってる事なんだけどね。
神話だろうが昔話だろうが、そういう物もバカにしちゃいかん。

★追加(僅かだけど地名について触れている物もある)
------------------------------
全国災害伝承情報 防災に関わる「言い伝え」
http://www.fdma.go.jp/html/life/saigai_densyo/02.pdf

※PDFで開きます。
---------------(リンク先:総務相 消防庁)

あと気になる人は『災害地名』でググれ。

ところであなたの住んでいる場所はどうかな。昔からの地名ですか?
そうでなければ昔はどんな名前だったか、知ってみるというのも大事だよ。
(自分は同時に、遥か昔の地形がどんなだったかも考えるのが好き)
知らなければ多分、その辺の爺ちゃん婆ちゃんが詳しいかも知れないから
いちど聞いてみるといい。知ることは決して悪い事じゃ無い。
もうひとつ、無知は罪だという事も言っておく。

お年寄りもわからないとお手上げ状態なら自分で調べる努力をしよう!

地名だけじゃ無くて、物の名前には意味がある。
今からでも遅くないよ!失くした物は取り戻して行きませんか。
その地に伝わる物語に興味を持とう。地名に興味を持って見てみよう。
色々な発見があってシビレるぞ。(記事:©SERUNA)


余談です
私が生まれ育った焼津は『古事記』『日本書紀』に登場するヤマトタケル
の火難のエピソードが由来の場所。遥か昔、少なくとも古事記が編纂された
時代から残されている地名だからちょっと誇っていいかなw
あ、それとは全然関係無いけれど、実は焼津市内のある地域の地名に、
ずっと昔に来た津波が元となっている場所があります。多分知っている人は
少ないだろうな…そこまで波が来たんだと少し恐怖したよ。
((((;゚Д゚)))))))

オマケでもうひとつ。
南アルプス市(山梨県)、つくばみらい市(茨城県)、伊豆の国市(静岡県)、
その他平仮名表記含めた珍名……マトモな地名に戻しやがれ。



ブログ応援の投票&拍手ポチッとお願い致します。
いつもありがとね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用