FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2014年10月30日 (木) | 編集 |
前回『粒丘』についての漫画をアップしました。
ゆかりの神社がありますので、今回はその場所を紹介しちゃおうかな♪

二年前に参拝した時のレポートです。某SNSにて投稿した記事を
再編集して、こちらのブログで公開致します。

播磨国風土記『揖保郡粒丘』の漫画はこちら。
まだ読んでいない人は先にご覧になって下さい。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-481.html


2012.7.23参拝
風土記をめぐる旅、本日は『中臣印達神社』。
偶然かも知れませんが「何かのご縁じゃないかな」という出来事が。
私がココにやって来たのは、風土記に残される大国主さんの物語を
辿ってなのですが…

20120723_nakatomiitate_001.jpg

中臣印達神社
http://www.harima-united.jp/column/climate/contents000008.html
御祭神:五十猛命
合祀:大鹿嶋神、大香山戸臣神
-------------------------------
宝亀元年六月十五日の創祀と伝えられ、
延喜式の制名神大に列格するが、中古より両部神道のため修験者が
社務に関与し、社背の山上にあった十二所権現を本社に合祀した。
近世に至るまで社名を『蔵王権現』と称し、明治十年十月十日、
願済の上創立当時の社名である『中臣印達神社』に復称する。
同年同月、縣社に列格する。


-------------------------------

この神社の境内には『粒丘』の石碑が立っています。
(ちなみに粒丘は、中臣印達神社の背後の中臣山に比定されている)
大国主さんはこのあたりでご飯をかきこんでポロポロとw

神社裏手に揖保川が流れていますが、ここは中臣山の鞍部にあたる
湧水地で南北へ通じる位置にあります(揖保川のちょうど中心辺り)。
播磨国風土記にはこんな文が残されています。

『葦原志挙乎命が杖をこの地に刺すと泉が湧き出し、
南北に分かれ流れた。北の方は水温が低く、南の方は水温が高かった』

20120723_nakatomiitate_002.jpg

さてさて、神社の参拝レポートですよ。(´∀ ` )ノ

「お賽銭を持ってお参りを…」と思って拝殿に向かうと神職の皆さん
がお掃除中。 こんにちはーと挨拶をしたあとにいつも通りにお参り。

その時、神社の宮司さんとおぼしき男性に、
「どちらからいらっしゃったの?」と聞かれたので、
これまたいつも通りに「静岡県の焼津市からです」と答えると…

宮司さん:「あぁ!焼津っていえばあそこには、
    焼津神社っていうたいそう立派な神社があるねぇー」
SERUNA:「あっ、はい!ありますあります!」
宮司さん:「私ここの宮司なんだけどね、
    あそこの神社の宮司さんのコト知ってるんよ」
SERUNA:「Σ(;゚Д゚) へえぇぇ?!」
宮司さん:「焼津神社の宮司は少し前に先代が死んじゃって
    新しい宮司に変わったんだけど…その今の宮司さんがね、
    焼津神社の宮司になる時とちょうど同じ時期に、
    私もここの宮司になったの。あそこの宮司はなかなかの
    いい男だよねぇー(笑)」

ここの宮司さんの仰る通り、
現在焼津神社の宮司は先代さんの息子が継いでいます。
(イケメンとはまた違いますけれども「いい男」でございますw)

焼津市から、兵庫のたつの市まではえらく距離が離れていますが、
参拝に訪れた先の神社の宮司さんが地元の神社の宮司さんの知り合い
だったってのは凄い偶然ですね。神様に呼ばれているんでしょうか。
何かの縁のようにも思えてきました。(記事:SERUNA)

★その2に続く
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-483.html


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ