FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2014年12月26日 (金) | 編集 |
前々から書こう書こうと思っていたけどなかなか書けなかったお話。
恐らく、団塊ジュニア世代から上の人間に限定された話になると思う。
(それより下の世代は知らないんじゃないかなぁ…)

みなさんたぬきケーキを知っているだろうか?
私の話で申し訳ないですが、幼稚園くらいの頃に近所のケーキ屋さんで
売られていて凄く大好きだった物なんです。長年ずっとその思い出の中
のケーキ屋さんでしか販売されていなかっただろうと勝手に思い込んで
いたんですが、アレ実は、全国的に売られていた物だとか何とか。

使用されているのはバタークリーム。
全体的に丸っこい形をしていて、全身にチョコがコーティングされ、
目から鼻にかけてチョンとつまんだような形。耳はアーモンド。
そう、アホ可愛い表情のアイツです。

で!そのたぬきケーキを再現しているお店があるのですよ。

地元の焼津にたぬきケーキを再現させた店があったけど…
体が角ばっていて、耳にもチョコがかかっているし、
顔も「思い出のタヌキはお前じゃねぇ!」という物だったので、
(ハッキリ言うとケンジョーのたぬきケーキは偽物だと思ってる)
更にしつこく近場を探してみたら、ようやく思い出の形に近いものを
作っているお店を見つける事が出来たのです。

あまりの懐かしさにブログで紹介。たぬきケーキを知ってるヤツなら
絶対「うおぉぉぉぉ!これぇぇぇぇ!」ってなると予想。

というわけで…

ばばぁぁぁーーーん!!

20141221_tanuki_001.jpg

これだよ!この子だよ!!

私の中の思い出の子は、丸っこい感じのこの子だよっ!
吉田町にあるたけうち』というお店で購入。
たぬきの顔がもう、当時の面影そのまんまな顔をしていて、
コイツに出会った時はまるでタイムスリップをしたかのような懐かしさ
に襲われ、やっぱり「うおぉぉぉぉ!」って興奮しましたよw
お店の人曰く、やはりみなさん懐かしいこの子に会いたくて、
ネットで探して遠路遥々やってくる人もいらっしゃるとか何とか。
…って、私もその内の一人なんですけれどね。( ^ω^ )

ちなみにココでたぬきケーキを買うのは二度目でございます♪

20141221_tanuki_002.jpg

これが当時のケーキに究極近い形なんですが、
私の記憶の彼方にあるたぬきケーキは、耳がスライスしたアーモンド
だったような。それからあと気になる部分といえば、
ココのは胴体がカップケーキにチョコをコーティングですけれど、
子供の頃に食べたものは胴体まで中身がバタークリームだったような?
うむむ…胴体部分は記憶が曖昧ッス。

細かい部分を気にしなければ、味も姿もそのままな感じ。
(自分の中では、これ以外の形の物は断固として認めたくないw)

20141221_tanuki_003.jpg

夏場などは鼻先が溶けてしまうので販売はしていないそうな。
なので、たぬきケーキの販売は涼しい時期や、寒い時期限定。
「まさにコレだよ!」と思った人はひとつ如何でしょうか。

それにしても今もまだ思い出のアレが食べられるとはね。
本当有り難い事です。これからもずっと頑張って作り続けて欲しい。


お店はこちら♪
----------------------------
和洋菓子処 たけうち
https://okashi-takeuchi.com
住所/静岡県榛原郡吉田町住吉2004-2
営業/8:30〜19:30
定休日/月曜日

----------------------------


ブログ応援いつもありがとう♪
記事が面白いと思ったら投票&拍手ボタンをポチッと
押していただけたらメチャクチャ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
2014年12月25日 (木) | 編集 |
本日ふたつ目のエントリー。
YouTubeから個人的にお気に入りの動画を貼っておく。
『きよしこの夜』を歌う猫さんがジワジワくる感じでカワええんスよ。



みなさん、今日はどんな生活を送っていますか。
ウチはクリスチャンじゃねぇので特に昨日も今日もケーキも無く、
プレゼントも無い生活です。クリスマス?何それ美味しいの?
世のカップルはいちゃいちゃしながらご馳走食ってジングルベルか。
もげろ、爆発しろ。お前ら幸せになれよコンチクショウ。
一生別れられない呪いかけてやるからなw


ブログ応援いつもありがとう♪
投票&拍手ボタンをポチッといただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:つぶやき
ジャンル:ブログ
2014年12月25日 (木) | 編集 |
続いて向かったのは『ねずみ塚』。
先ほどのねこ塚から近い場所にあります。ここから太平洋は目の前!

お話が続きモノになっていますので、その1を読んでいない人は、
先にこちら『ねこ塚』の記事をご覧になって下さい。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-566.html

20141221_nezumizuka_001.jpg

寺の住職を殺そうと旅僧に化けた古鼠の企みは、猫たちに見破られて
死闘の末、古鼠の敗北に終わります(猫達も死んでしまいましたが)。
物語の悪者はこの古鼠なのですけれど、この鼠を祀る塚があるのです。
なぜ鼠は村人によって手厚くお祀りされたでしょう。

実はねこ塚で見た物語の後には、続きがあるのです。

20141221_nezumizuka_002.jpg

-------------------------------
 御前崎には昔 難破船から寺の住職に助けられた子猫が十数年の後
旅僧に化けて住職を食い殺そうとしたねずみと戦い 一命を捨てて
守った忠義な猫の話を伝える「猫塚伝説」があります。
猫の亡骸は「猫塚」を作って手厚く葬られました。
ねずみは崖の近くに捨てられました。
その後 村人の夢枕にねずみが現れ「これからは心を入れ替えて
御前崎の漁業の守り神となりますから私のお墓を作ってください」
と懇願したので「ねずみ塚」を作ってお祀りしたということです。

 それ以来 御前崎の人達はねずみ塚に航海の安全と大漁の願掛けを
するとともに 持ち前のがんばりとチャレンジ精神をもって
幾多の試練を乗り越え 世界の海を制覇する遠洋漁業のまちに発展
させました。


-------------------(ねずみ塚の案内板より)

20141221_nezumizuka_003.jpg

崖の近くに無造作にポイッとされちゃう鼠www
そらそうなるわな、和尚さんを殺そうと目論んだ畜生ですから。
それにしてもボコボコにされてから改心するのは、昔ばなしによく
あるパターンとはいえ、許しを請うて「守り神になるから私の墓を
作って欲しい」とは随分と都合がいい鼠ッスな。

実はここにも、随分前に訪れた事があります。
正義側に立つ猫よりも丁寧に扱われているような気がするのは、
私の気のせいでしょうかねw

ねずみ塚の側には『海上殉難碑』が建てられていました。

20141221_nezumizuka_004.jpg

ちなみにですが、ねずみ塚公園からは海が見渡せます。
写真ではわかり辛いですけれど、ココはちょっと高い場所にあります。
大平洋に向って左を見ると御前崎の灯台。下に道路が通っています。

20141221_nezumizuka_005.jpg

この辺りに遊歩道があるので歩いてみると展望台が。
下の写真はそこから写したもの。逆光でゴメン。

20141221_nezumizuka_006.jpg

遠州の空っ風!場所が場所だけにもう、とにかく風がwww
吹いてくる向かい風に体を何度も持っていかれるw
写真を一枚撮るのに一苦労でした。

20141221_nezumizuka_007.jpg

御前崎に来たらこの辺りをお散歩するのも良いですよ。


ブログ応援いつもありがとう♪
投票&拍手ボタンをポチッといただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
2014年12月24日 (水) | 編集 |
2014.12.21探訪
駒形神社へ参拝して次に向かったのが『ねこ塚』。
ここは、駒形神社からすぐ近くにあります。
何年前だったかは忘れたけど実は随分前に旦那と一度訪れた事が。
記憶が確かなら、前はもっとねこ塚の周りは雑な感じだった事。
あと、像の側に猫缶が供えられていた事を今でも憶えてます。

さて、このねこ塚。
この辺りでこんな昔ばなしが残されているそうですよ。

20141221_nekozuka_001.jpg

------------------------------
猫塚 恩義に報いた猫

 この近くにあった遍照院という寺の住職がある朝、
海上に一匹の仔猫が船の上の板の上にすがり荒波に揺られながら
沖へと流されているのをふびんに思い、漁師に頼んで今にも
死にそうな仔猫を拾いあげ寺へ連れて帰りました。

 それから十年の年月がたった春の日に、一人の旅僧がやってきて
宿を所望しました。それから三日後に、隣の猫がきて猫を伊勢参り
にさそいましたが、猫は住職の身の上がなんとなく気がかりで
断りました。そしてその夜の真夜中に本堂の天井裏あたりで
ものすごい物音がしました。
 一夜明けて村人たちと住職が天井へ上がって調べてみると
寺の愛猫と隣の猫が傷を負い近くには見たこともない犬ほどもある
衣をまとった古鼠がたおれていました。旅僧に化けて住職を
食い殺そうとたくらんでいたいた古鼠を寺の猫がいち早く見ぬき、
隣の猫と力を合わせ、身をもって住職の危機を救ったのでした。
寺の猫と隣の猫は、住職たちの手厚い介護のかいもなく
ついに死んでしまったので、恩義に報いた二匹の猫を寺のわきに
手厚く葬りました。

 現在ある猫塚は、この伝説を後世に伝えるために、
昭和七年十二月六日に、御前崎の有志が建立されたものです。


-------------------(ねこ塚 案内板より)

20141221_nekozuka_002.jpg

物語の中で、お伊勢参りに誘う隣の猫にちょっと萌えたのは秘密w
隣の猫:「(=゚ω゚) 一緒にお伊勢参りの旅に行かニャいか?」
寺の猫:「行きたいニャぁー。でも遠慮しておくニャ (・ω・)」
隣の猫:「(=゚ω゚) ニャにかあったのかニャ?」
寺の猫:「和尚さんがとっても危険な予感がするのニャ (・ω・)」
隣の猫:「(=゚ω゚) それは大変ニャ!俺っちが協力してやるニャ!」
…こんな感じでしょうか。猫がお伊勢参りに行きたがるとか、
あぁぁもう、すっげぇ可愛いじゃん。

猫の像に首輪が付けられていました。足元にはお賽銭。
あれれ? 前に来た時はこんなに白かったっけ??
耳も片方取れちゃってるよ。

20141221_nekozuka_003.jpg

猫の恩返しといえば、以前焼津に伝わる猫の恩返しの物語を
このブログでお話した事がありますけれども、こんな風に飼い主
の事を想ってくれる猫がいたらどんなにいいだろう。
ウチに来る通い猫のシロさんも何かしてくれないかなぁw


★その2に続く!
(このお話の後には続きがあるのですよー)

http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-567.html


ブログ応援いつもありがとう♪
投票&拍手ボタンをポチッといただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2014年12月23日 (火) | 編集 |
81歳のお誕生日、心よりお祝い申し上げます。
優しい陛下の笑顔が大好きです。
いつまでもお元気で。

天皇弥栄(すめらぎいやさか)

--------------------------------
天皇陛下 お誕生日に際しての記者会見の内容と、
この一年のご動静(平成26年12月23日)

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h26e.html
ビデオ
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/01/h26-1223-mov.html

----------------------(リンク先:宮内庁)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:今日のブログ
ジャンル:ブログ