FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2015年04月07日 (火) | 編集 |
レポートが前後してしまいますが申し訳ない。

2015.3.27参拝
青山さんの講演会に行く前に、平将門の首塚をお参り。
(私は初めて行くのですがウチの旦那は何度か参拝しています)
時代に取り残されたかのような一角がポンと目に飛び込んできます。
ここはオフィスのビルに囲まれた、平将門の首塚。
そう、色々な意味で畏れられているあの場所でございます。

将門好きとおぼしき女性や、将門塚を写真におさめようと、
カメラを手にした男性などのほかに、会社帰りにいつも参拝を日課に
しているかのようなスーツ姿の男性が将門公に手を合わせに…
といった感じで次々にやってくるのを目にし、噂では聞いていたけど
将門さんって凄い人なんだなぁと改めて思った次第。
保存会のかたでしょうか、綺麗に掃除をしているご婦人もいました。

とりあえず首塚を参拝する前に一枚…

20150327_masakado_001.jpg

-------------------------------
東京都文化財 将門首塚の由来

 今を去ること壱千五拾有余年の昔、桓武天皇五代の皇胤鎮守府将軍
平良将の子 将門は、下総国に兵を起し忽ちにして坂東八ヵ国を平定。
自ら平新皇と称して政治の革新を図ったが、平貞盛と藤原秀郷の奇襲
をうけ、馬上陣頭に戦って憤死した。享年三十八歳であった。
世にこれを天慶の乱という。
 将門の首級は京都に送られ 獄門に架けられたが、
三日後白光を放って東方に飛び去り、武蔵野国豊島郡芝崎に落ちた。
大地は共鳴し太陽も光を失って暗夜のようになったという。
村人は恐怖して塚を築いて埋葬した。これ即ちこの場所であり、
将門の首塚と語り伝えられている。
 その後もしばしば将門の怨霊が祟をなすため 徳治二年、時宗二祖
真教上人は、将門に蓮阿弥陀佛という法号を追贈し、塚前に板石塔婆
を建てて日輪寺に供養し、さらに傍の神田明神にその霊を合せ祀った
ので漸く将門の霊魂も鎮まりこの地の守護神になったという。

 天慶の乱の頃は平安朝の中期に当り、
京都では藤原氏政権をほしいままにして我世の春を謳歌していたが、
遠い坂東では国々の司が私欲に汲々として善政を忘れ、下僚は収奪に
民の膏血をしぼり、加えて洪水や旱魃が相継ぎ、人民は食なく衣なく
その窮状は言語に絶するものがあった。その為これらの力の弱い多く
の人々が将門によせた期待と同情とは極めて大きなものがあったので
今もって関東地方には数多くの伝説と、将門を祀る神社がある。
このことは、将門が歴史上朝敵と呼ばれながら、実は郷土の勇士で
あったことを証明しているものである。また、天慶の乱は武士の台頭
の烽火であると共に、弱きを助け、悪を挫く江戸っ子の気風となって
その影響するところは社会的にも極めて大きい。
茲にその由来を塚前に記す。


-----------------(将門塚保存会の案内板より)

★二枚目の写真を削除。
オカルトを全力で信じるワケじゃないですが、この記事を載せて
からどうもブログが404になったり現れたり不安定に。
今までこんな事無かったよ…下に書いた不思議な出来事を含め、
ちょっと怖くなったので首塚の写真は引っ込めます。


写真におさめるのを躊躇いましたが、上の写真が将門の首塚。
沢山のお花が供えられています。先程も言いましたがこれだけでも、
平将門がどんだけ凄い人かってのは一目瞭然。


ちなみにですが、将門塚には色々な歴史がございます。

江戸時代の寛文年間この地は酒井雅楽頭の上屋敷の中庭でした。
そしてその後の時代…大正十二年にあった関東大震災にて塚が崩壊。
大規模な発掘調査を行ったところ何もなかった為その跡地に大蔵省の
仮庁舎が建てられる事になるのですが、鎮魂祭を行ったものの、
工事関係者や大蔵省職員、当時の大蔵大臣であった早速整爾などが
次々と不審死。結局将門の祟りを恐れて仮庁舎は取り壊し。
さらにその後の時代には、第二次大戦後にGHQが区画整理のために
この場所を取り壊そうとしたところ、わけのわからん事故が多発。
アメリカさんもこれにはビビって計画を取りやめ。
そして現在に至るというワケです。

オカルトのようなお話ですが「将門塚に不敬をすれば祟りが起こる」
と、昔からそう言われている場所です。現代でも再開発の話があった
のですが首塚だけは壊さずに残しましょうという話になったほど。
竹田さんが話している動画がありますので貼っておきますね。



本当にあった不思議体験
首塚の写真を撮らせていただく非礼を詫びながらお参り。
撮影したのは良いのですが、一日の終わりにその日の写真を確認した
ところ、この記事の二枚目に貼った写真だけが無かったのです。
(さらに言わせていただくと、塚自体の写真はこの一枚だけ)
「えぇー!撮ったはずなのに!」と焦って携帯のフォルダを探したら、
なぜか塚の写真だけがSDカードの中に。

撮ったもの全て、まず本体へ保存される設定になっているはずが、
首塚の写真だけがSDカードに移動していたので、超ビビりました。
将門さん、私に何を伝えたかったんでしょうか… ((((;゚Д゚)))))))



いつも応援ありがとう。
拍手&ランキングボタンをポチッとよろしく♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ