FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2015年04月14日 (火) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-703.html

20150411_toujinbou_005.jpg

--------------------------
東尋坊
http://www.fuku-e.com/010_spot/index.php?id=476

------------(リンク先:ふくいドットコム)

ここに来る前に東尋坊について少しだけ学ぼうと思った私。
「そういえば、東尋坊の名前の由来について考えた事無かったな」
と事前に頭に入れておこうと調べてみたら、その由来が怖すぎた。

20150411_toujinbou_006.jpg

【東尋坊の由来】
 平泉寺に数千人という坊主がおり、その中には『東尋坊』という
僧がいた。東尋坊は自分の力が強い事を良いことに悪さばかり。
平泉寺の僧侶たちはとても困り果てていました。

 寿永元年(1182)四月五日のことです。平泉寺の僧侶は、
「皆で海辺へ行こう」と東尋坊を誘って出掛けます。そして日本海
が見渡せる場所に腰掛けると、一斉に酒盛りを始めたのです。
東尋坊はすっかり気分が良くなり、酒もすすんでついウトウト。
平泉寺の僧たちは、その様子を見逃しませんでした。
そして「今だ!」と『真柄覚念』という侍に目配せをして東尋坊を
崖の上から突き落としたのです。そう、彼らの観光の本当の目的は、
東尋坊を酔わせて崖から突き落とし殺害する事にありました。

 落ちて行くときに全てを悟った東尋坊。彼は死に際に多くの者達
を道連れにしたのですが、その無念は晴れることがなかったのです。
東尋坊の怨みは大地を震わせ、それまで晴れていた空はたちまち
黒く分厚い雲に覆われ、雷鳴を轟かせ、激しい豪雨に。彼の怨念は
真柄覚念にも襲いかかり、海の底へと吸い込んで行ったのです。


20150411_toujinbou_007.jpg

 その事があってから、東尋坊が突き落とされた四月五日前後には、
彼がまるでその時の事を恨むかのように激しい風が吹き、海は荒れ、
雷雨が西から起こり、東の平泉寺に向かったのだそうです。
付近の漁師達は船を出して漁に行けないだけではなく、彼の祟りを
恐れました。困った漁師達は福井東光寺の『長老瑞雲』に東尋坊の
怒りを鎮めて欲しいと申し出ます。漁師からの依頼を受けた瑞雲は、
東尋坊が突き落とされた岸から…

好図見性到心清 迷則平泉不太平 北海漫々風浪静 東尋何敢碍舟行

という詩を海に沈めると、それまであった東尋坊の祟りが、
それを境にパッタリと起こらなくなったという事です。


※更にもうひとつの説としては、回国の僧がこの地に訪ねてきて、
「しつむ身のうき名をかへよ法の道 西をたつねて浮へ後の世」
という句を水底に入れたら、祟りが鎮まったという話も…

20150411_toujinbou_008.jpg

((((;゚Д゚))))))) 「先生!東尋坊って結局怖い場所じゃないか」
SERUNA:「突き落とされた坊主の名前が由来だったとか凄いな」
( ´;ω;)「自殺の名所ってのを抜きに考えても由来が既に怖い!」
SERUNA:「リアルにサスペンスが起きていたワケだねぇw」

で、ちょっとした疑問。ここに来る途中にあった小さなお堂は、
ここでの自殺者の霊を弔うためのお堂だったんだろうか?
それとも、東尋坊を弔うためのお堂?

写真を載せておきます。誰か詳しく知っている人がいたら、
是非コメ欄から教えて欲しい。

20150411_toujinbou_009.jpg

まだまだ続くよ!

★東尋坊レポその3に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-705.html


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
2015年04月14日 (火) | 編集 |
2015.4.11探訪
福井県にやってまいりました。
神社やお寺をめぐる旅…ですけれども、せっかく福井へ行くなら
という事で、色々な意味で有名なあの場所『東尋坊』にも一度は
観光に行っておこうという事に。

この日の時系列についてはこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-701.html
夜中に出て、朝到着しました。春なのに日本海側は寒いッスなあ。

まずは取り敢えず東尋坊から見える景色からいきましょうか。
『弁慶の隠れ穴』(写真一枚目、岩場に空いた幾つもの穴)と、
神島と呼ばれる『雄島』(写真二枚目)が見えます。

20150411_toujinbou_001.jpg

ちなみに雄島には『大湊神社』という神社がございます。
これについては後ほど写真付きでレポートをアップする予定
なので少々お待ち下さいね。

20150411_toujinbou_002.jpg

さて、東尋坊ですが日本海の眺めが最高の絶景ポイント。
今は知りませんが、昭和の昔はサスペンスドラマ定番のロケ地に
なったりする事はよくありました。ドラマで使われる事は別に
悪い事では無いのですが、一体何に吸い込まれるのか、
ここから飛び降りる自殺者が後を絶たず今日まで「自殺の名所」
と言われ続け、仄暗いイメージばかりが付きまとう場所です。

今年の3月にニュースになりましたけど、この地元ではそんな、
負のイメージを払拭するのに一生懸命だそうで、自殺者も徐々に
減ってきているそうな。それと関連して、東尋坊に点々とある
電話ボックスの写真を貼っておこう。

20150411_toujinbou_003.jpg

貼られているのは「命を大切に」という警察署への電話番号や、
パトロールをするボランティアについて書かれている新聞のコピー。
台には聖書が置かれ、「悩んでいる人はこれ使って電話をかけてね」
的な10円玉が数枚。あと、どこに繋がるのかよくわからない名刺。
東尋坊から飛び降りる勇気があれば何でもできそうな気がするのは
私の気のせいでしょうかね。死に急ぐバカは人に迷惑かけんなよ。

そんなワケで、今から東尋坊をお散歩してみましょう。

20150411_toujinbou_004.jpg

……は?心霊?幽霊?何それ美味しいの?
私が怖かったのはそんなモノよりも、柵も何もない岩場に、
小さな子供を連れてやってきていた若い親の方がすげぇ怖かったよ!
ちょっとでも子供から目を離して大丈夫かよ、落ちたら死ぬぞ?

★その2へ続きます。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-704.html


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ