FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2015年04月15日 (水) | 編集 |
本日3つ目のエントリー!

アシアナが事故ったようだが…

そもそも朝鮮人に技術的な事なんかムリムリー。
昔々、水車も車輪も作る事が出来なかったような国だし、
現代に至ってはまともなビルも、橋も、ロケットも作れない。
そんな国の飛行機なんて言ったら「あとはお察し」な感じですが、
操作する人間も、恐らくロクな技術なんか持っちゃいない。
(朝鮮人のパイロットがいかに酷いかはググってみよう)
韓国じゃこれが日常なんだってな。

おまけに、民族気質的にちょっとアレな国だしね。
乗務員までパニック起こしてお粗末な対応だったんでしょ?
バカじゃないの?…っていうかバカなんだろうけど。
なんとか号とかいう沈んだ船の時と一緒だね。
つーか、あの国の飛行機が日本上空飛んでる事自体が嫌だわ。
日本で事故るなよ、迷惑なんだよ。

で、次はどう来るんですか?

<丶`∀´>「ウリはちゃんと操作していたニダ」→嘘をつく
<丶`∀´>「常に冷静だったニダ」→嘘をつく
<丶`∀´>「ウリは悪くないニダ」→開き直り
<丶`∀´>「悪いのは全部日本ニダ」→最終的になぜか日本のせい

まあ、搭乗していた乗客は御愁傷様って感じッスわ。
かの国には関わらないのが一番ですよ。


<丶`∀´>「操縦者は相当な技術を持ったベテランだったニダ」
SERUNA:「…あァ?聞こえねえなぁ!」


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:気になったニュース
ジャンル:ニュース
2015年04月15日 (水) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人はその1からどうぞ。
(東尋坊の名前については「その2」で触れています)
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-703.html

下に降りてみました。
この辺の岩場は藻がビッシリついていて、ビックリするくらいに
足元がツルっツル滑る。気をつけないと海に落ちるよw

20150411_toujinbou_018.jpg

この場所から近いところで釣り人が魚を釣っていたけれど、
何が釣れるんだろう。東尋坊は釣りの穴場なんでしょうかね?
自分で釣った魚を捌いて食べるのは旨いだろうなぁ。

20150411_toujinbou_019.jpg

下から東尋坊の崖を見ると、これまた上から見た時とは違った
素晴らしい景色が目の前に広がる。この日は穏やかだったけれど、
時期によっては私が立ったこの場所まで荒々しい波が来るのかな?

20150411_toujinbou_020.jpg

20150411_toujinbou_021.jpg

20150411_toujinbou_022.jpg

それにしても晴れて良かったわー。
しっかしどうでもいいけど何だかさっきから岩しか撮っていない
ような気がする。画像がどれもみんな一緒に見えてきたよw

……さて、再び上に上がりましょう。

遠くに船が見えました。海上から見る東尋坊も絶景だろうな。
「やっほぉぉぉ!」って船に手を振ってみたりするのもいいかも。
私はやったぞ。

20150411_toujinbou_023.jpg

遊覧船も出ています。時間とお金に余裕がある人は是非。
公式ページを貼っておきますので、料金と船の時間については、
そちらを参考にして下さいね。

----------------------
東尋坊 観光遊覧船
http://www.toujinbou-yuransen.jp
https://www.facebook.com/toujinbouyuransen
https://mobile.twitter.com/tojinboyuransen
----------------------

20150411_toujinbou_024.jpg

東尋坊の記事、最後にひとつ。
観光に行くのは良いのですが、撮影に夢中になって落ちないように
注意して下さいね。それと小さな子供を連れて行く人はあまり
崖スレスレの場所に近づき過ぎないように。あなたの大事なお子様
から決して目を離さないで下さい。見てるこっちが怖いッス。
転落事故とかシャレにならないからね。

20150411_toujinbou_025.jpg

名前の由来は怖いけれど、とても良い所でした。
皆さんも『東尋坊』への観光はいかがですか?
( ^ω^ )

駐車場は場所によって有料、または無料の場所が。
殆どがお土産屋さんの所有地ですので、帰りにお土産を買ったり、
食事をしていったりをオススメ致します(海産物が旨いよ)。


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
2015年04月15日 (水) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人はその1から読もう♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-703.html

他にも何枚か写真におさめたので貼っていきますねー。
東尋坊には模型のようなものも置かれています。
「これがこう呼ばれる岩で…」的な

20150411_toujinbou_010.jpg

実際に行ってみたら、想像していたよりは怖くなかったです。
いや、スレスレの場所は確かに怖いですけれども、他所と比べると
自分の中では和歌山県の三段壁の方が遥かに怖かったなーと。
あちらは高さ50m。こちら東尋坊の高さは25mですから。
…うん、まあしかしどちらにしても落ちたら確実死ぬからねw

とにかくもう岩がゴツゴツしていて凄いの。
写真の右上、崖の上に立っている人が写り込んでいるので、
比較してみるとその高さがわかるだろうか。多分だけど仮に落ちて
死んじゃうとしても溺死とかじゃなくて、岩にガッツリぶつかって、
頭をかち割って死ぬ感じかなーってそんな事はどうでもいいか。

20150411_toujinbou_011.jpg

20150411_toujinbou_013.jpg

20150411_toujinbou_012.jpg

資料をここに置いておきますね。
東尋坊安山岩質貫入岩体の産状と構造
(リンク先:福井市自然史博物館)※pdfで開きます。

20150411_toujinbou_014.jpg

↓まるで綺麗に削り取ったかのような岩もあった。
自然が作り出したアート作品という言い方が合ってる気がする。

20150411_toujinbou_015.jpg

(=゚ω゚)「先生ー、形がスケベ椅…」
SERUNA:「下ネタはそこまでだww」

写真を撮っているうちに、釣り人を発見。
崖の下に降りて釣っているので「ドコからあそこに行くんだ?」
と思ったら、どうやら下に降りる事が出来るっぽい。
自分らもそこまで行ってみることにする。

↓目指すはこのあたり。
ゆっくり行こうね。慎重に行かないとマジで死ぬからw

20150411_toujinbou_016.jpg

ゆっくり…ゆっくりね。

20150411_toujinbou_017.jpg


★その4に続く。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-706.html


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ