FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2015年06月11日 (木) | 編集 |
本日ふたつ目のエントリー記事。

--------------------------
【悲報】酒鬼薔薇聖斗、まったく反省していなかった
http://michaelsan.livedoor.biz/archives/51872045.html

----------(リンク先:もみあげチャ〜シュ〜)

長々しい、頭の悪そうな文面を三行に纏めると…

「あー生きてて良かったー。今後も平穏に暮らしたいし、
自分が救済されるために本を出すからみんな読んでね♪
取り敢えず謝っとくから許して!テヘペロ☆」

…って感じか。読む価値がねぇので買いませんが、
まず厨二病的なタイトルの本にイラっとする。反省しているよう
な感じにも思えないし、自分に酔っているようにしか見えない。
中学生が学校で書かされる反省文みたいな文面に吐きそう。
成長できていない『厨二のガキ』がそのまま大人になった感じで、
恐ろしく薄っぺらい「申し訳ありませんでした」にも反吐が出る。

本を出した理由とやらも、コイツが語る、
「僕に残された唯一の自己救済」という一言で既に終わってる
何なんだよ自己救済って。テメエの自慰行為かよ。
恐らく被害者に対しては何も思っちゃいないだろうし、
遺族に対しても心の底から謝っているようには感じられない。
本は遺族に無断で出版。印税もこのバカに行くそうだ。
(だからみんな、絶対に買っちゃダメだぞ!)

こういう奴がのうのうと同じ空気吸って
生きている事自体信じられんのよ。
犯罪者は死ねばいいのに。


事件当時は少年だった酒鬼薔薇。
構成の余地が…といって死刑にもならずに生き延びて、
反省もせずに生きている。更生するどころか、遺族の気持ちを
踏みにじり、再び表に出てきた。ハッキリ言ってあの時、
死刑にしておくべき人間だったんじゃないかな。

クズはクズでしかないのよ。
キチガイに生きる資格なし!
少年法も改正するべき!


しっかし時々いるんだわ、こういうおかしな人間。
謝罪はあくまでスタイルだけで、人を差し置いて自分だけ、
「僕はこういう人間だから理解してね☆」で片付けるキチガイ。
キモいんで理解したくもないけど自己陶酔型に多いね。
「自分はこうなんで」っていう御託なんかどうでもいいわ。
やられた側の人間の気持ちはどうなるんだよ。
ヤダねぇ、精神異常者は。

追加
他のまとめサイトを見たところ、酒鬼薔薇は他にも…
「人を殺していい理由はいまだによくわからないけれど、
自分が苦しむから人殺しはやらない方がいいよ」(要約)
みたいな事も書かれているらしいね。自分の生活が
脅かされるからダメとか完全なサイコパスだな。
目次の画像も見たけど驚愕したわ。


いつも応援ありがとねー。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ
2015年06月11日 (木) | 編集 |
この日の時系列についてはこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-761.html

2015.5.23参拝
春日大社へ足を運ぶ前に…
宿泊先のすぐ近くに開化天皇陵があったので先にお参り。
賑やかな街の中に天皇陵があるのはとても不思議な感じです。

20150523_kaikatennou_001.jpg

三条通りは観光客でいっぱい。私たちが写真を撮っていると、
「ココは何の場所デスカ?」みたいに見てくる外人さんたちの姿
がチラホラ。特に質問される事も無いから話しませんでしたが。

20150523_kaikatennou_002.jpg

開化天皇は、孝元天皇の第三皇子として生まれ、
孝元天皇崩御の後に第九代の天皇として即位されたかたです。
『欠史八代』の一人として数えられており、存在を疑う人が一部
にいるようですが、私は「いた」と思っています。
欠史八代と言われていても、その存在を否定するという事は、
皇室を否定するということですし、つまり皇室を否定するという
事は日本そのものを否定する事と同じですからね。

あ!っと…ちなみにですが、開化天皇は崇神天皇の父です。

20150523_kaikatennou_003.jpg

開化天皇陵
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/009/index.html

------------------------------
御名/若倭根子日子大毘毘命
宮の所在地/春日の伊邪河宮(奈良市本子守町の率川神社付近か)
后妃/竹野比売(旦波の大県主、由碁理の娘)、
   伊迦賀色許売命(孝元天皇の妃。天皇の庶母)、
   意祁都比売命(丸邇臣の祖である日子国意祁都比売命の妹)
皇子女/比古由牟須美命、御真木入日子印恵命、御真津比売命、
   日子坐王、建豊波豆羅和気王
崩御の年齢/63歳(古事記での記述による)
御陵/伊邪河の坂の上(比定地:奈良県奈良市油阪町、
   陵名:春日率川坂上陵、古墳名:念仏寺山古墳)


---------(参考:竹田恒泰 著『現代語 古事記』より)

20150523_kaikatennou_004.jpg

↑瑞垣の隙間から写真を撮らせていただきました。
街の中にある御陵ですけれども、嘘のように静かです。
気に留めなければまさかここに御陵があるとは思わない場所に
ひっそりとあるような感じです。

皆さんも近くへ立ち寄った際、
気付いたらお参りをしてみては如何でしょうか。


いつも応援ありがとう!面白い記事だなーと思ったら、
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ