FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2015年10月01日 (木) | 編集 |
一気に写真多めで行きますよ!
その1から見ていない人はこちらからどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-918.html

暫くすると対岸でお櫃を受け取った若者が、池の中央に向かって
やってきます。今年は70ものお櫃が桜ヶ池に沈められます。
(個数に決まりはなく、年によって違うらしい)

20150923_sakuragaike_030.jpg

20150923_sakuragaike_031.jpg

池の中程まで来ると、お櫃をくるくるっと回して全体重をかけ、
お櫃を沈めていきます。お櫃が沈むと鐘がひとつ鳴らされ、
若者はまた次のお櫃を受け取りに戻って行きます。
(写真左側はお櫃を持ってくる青年と、右側は引き返す青年)

20150923_sakuragaike_032.jpg

さて、池の東側に向かってみよう。下の写真はその1で紹介した
『底なし柄杓』でお水をかけるところです。年配のオジサマが、
お参りをしていますね。( ´ ∀`)人

20150923_sakuragaike_033.jpg

御神輿が留まる御旅所を撮影。

20150923_sakuragaike_034.jpg

先ほどまでいた場所にカメラを向けて撮影。
ゴザが敷かれた場所にまったり座り神事を観る人や、その場に
腰掛けて観る人など、小さな子供からお年寄りまで様々な人達が
じっとお櫃を沈めていく様子を見守っています。

20150923_sakuragaike_035.jpg

お櫃納め、静かに進行中。

20150923_sakuragaike_036.jpg

20150923_sakuragaike_037.jpg

ブクっと沈められるたび、「ゴーン」という鐘の音。
観ている人たちから拍手が湧く。

20150923_sakuragaike_038.jpg

鐘の方に目をやると、湖上の様子を目を凝らしてうかがっている
神職のかたがいらっしゃる。沈めるたびに鳴らすの大変だなー。
時々見間違えて少しフライング気味になる事もw

「沈むか? いま沈むか? よっしゃ沈んだ!」
ゴーーーン………


20150923_sakuragaike_039.jpg

沈められるお櫃は、数日後にプカッと浮かんできます。
YouTubeに解説動画がありますので、観た事がない人はどうぞ。



神社境内にある龍神のオブジェと案内板。

20150923_sakuragaike_040.jpg

20150923_sakuragaike_041.jpg

神事を最後まで見届けたかったんですがここで撤収。
毎年行われているので、もしもじっくり見たいという人は、
携帯用のちっこい椅子を持ち込んで見る事をオススメ致します。

桜ヶ池のレポはここまで。
最後まで観て頂き、ありがとうございました。



いつも応援ありがとう!
「ちょっと興味が湧いたぞ」という人、
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用