FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2016年04月12日 (火) | 編集 |
2016.4.8 探訪
いつも神社ばかり巡っている私が寺とは珍しいって?
いやいや、実はこれには理由があるんです。
なぜって山梨の実相寺にある神代桜は、
「日本武尊が植えたもの」とされているからです。

桜咲く春の季節、私はずうっと実相寺の神代桜が見たかった。
私のタケルさん好きはガチでございます。日本武尊といえば、
自分にとっては地元神社の氏神様。地元に伝わる物語を子供の頃
に知ってからというもの、私にとってのヒーローでした。
大人になり、数年前に古事記にどハマりしてからというもの、
所縁の場所とあらば調べて立ち寄り、某SNSでも幾つかレポート
をアップしていたのですよね。そのくらい好きなんですが、
実相寺の神代桜は、仕事の休日と都合と開花の時期が合わず、
長い間見る事が叶わなかったんです。

が!今年はチャンス到来。
見に行きたいと言っていたのを旦那が気にしてくれてたようで…

旦那:「見に行っちゃう? (´・ω・`)」
SERUNA:「えっ!本当にっ?!やったぁー!」

というワケで、朝早くからお隣の山梨県へ。

午前中は駐車場が空いているので、車を駐めるのは余裕でした。
それでも観光客の多さには驚きでしたがね。実相寺は桜以外も、
お花畑が綺麗なんですよー。門に辿り着く前に見えるこの景色は
必見です。水仙の花が沢山咲いていました。

20160408_jindaizakura_001.jpg

20160408_jindaizakura_002.jpg

実相寺の門をくぐりましょう。

20160408_jindaizakura_003.jpg

境内案内図。

20160408_jindaizakura_004.jpg

本堂を目指して真っ直ぐ歩いていこう。

20160408_jindaizakura_005.jpg

20160408_jindaizakura_006.jpg

右手側に神代桜の小桜が見えてきたら本堂はすぐです。
あ!お参り前に注意事項をひとつ。参拝前には手水舎でキチンと
清めましょう。基本的に寺も神社も最初のマナーは同じですよ。

20160408_jindaizakura_008.jpg

さて、本堂に着きました。
うっかり周辺の桜に見惚れてお参りを忘れてしまいそうw

20160408_jindaizakura_007.jpg

日蓮宗 大津山 実相寺
http://park8.wakwak.com/~matsunaga/
御本尊:十界勧請
-----------------------------
 境内地には、国指定の天然記念物「神代桜」があり、日本最古
の桜として全国的にも有名である。日本三大桜のひとつであり、
日本武尊がお手植えされ、日蓮聖人が蘇生を祈られたという。
 
 由緒……日蓮を身延山に招いた波木井(はきい)六郎実長の
四代あとの伊豆守実氏(いずのかみさねうじ)が、身延山第五世
鏡円阿闍利日台(きょうえんあじゃりにったい)上人の弟子と
なり、実相院日応と名のった。この日応上人が永和元年(1375)、
同村大津にあった真言宗の寺を訪れ、住んでいた真理法印と法義
を論じ合い、論破して寺を譲りうけた。この時日蓮宗に改宗して
大津山実相寺と称した。その後、永禄4年(1561)、川中島の合戦
にあたって、武田信玄は蔦木越前守(つたきえちぜんかみ)を
遣わし武運長久の祈願を命じ、永代祈願所として、一条次郎忠頼
の城址であった山高の現在地を寄進、移転して現在に至っている
という。


---------------(実相寺 公式サイトより抜粋)


★その2に続きます(次は神代桜の記事ですよー)。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1147.html


いつも応援ありがとう!
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2016年04月12日 (火) | 編集 |
アクセス解析を見ると、誰がどの記事にポチッと拍手してくれたか
っていうのがあらかたわかる(把握できている)んですけれども…
押してもいないのに「ブログでは拍手しています」「拍手しました」
と平気な顔で嘘つかれるかたがいらっしゃる。
なんかイヤですね。
私は息をするように嘘をつく人が嫌いです。

あ、いつも拍手くれる某SNSからのフレンドさん、ありがとう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用