fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2016年11月30日 (水) | 編集 |
まだ神社の記事を見ていない人はこちらをどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1461.html

日乃坂神社をお参りした後、更にそこから進んでみる。
写真からは伝わりづらいですがこの辺りから傾斜がそこそこ
ついているような感じです。

201510113_hinosaka_006.jpg

201510113_hinosaka_007.jpg

ここの坂は東海道の難所のひとつ。上るも下るも大変です。
きっと多くの旅人がクタクタになりながら歩いたことでしょう。

201510113_hinosaka_008.jpg

----------------------------
「甲斐が嶺を さやにも見しが けけれなく
横ほりふせるさやの中山」
  古今和歌集より 詠人不知

----------------------------

ちょっとツラくなってきたぞ。
振り返って見たら、これまたすんげぇー坂っスなぁ。
お馬さんが歩くにもこの坂じゃ大変ではなかっただろうか。
現代人ですら大変だってのに、昔の人はこの道以外に次の宿場
へ行く選択肢がなければ行かねばなるまい東海道…っと。

201510113_hinosaka_009.jpg

----------------------------
「二の曲り」と「沓掛」
「古駅路ハ下町ヨリ南ノ清水ト云所ヲ経テ、
ニノ曲リト云下ヘ出シナリ…(掛川誌稿)」に見られる
「二の曲り」とは旧坂口町を過ぎて東へ向かう沓掛へ至る
この急カーブを指しています。「沓掛」の地名は峠の急な坂道
に差し掛かった所で草鞋や馬の沓を山の神などに手向け、
旅の安全を祈願するという古い習慣に因るといわれています。

---------------------(案内板より)

おっそろしいほどの傾斜と、急カーブ。
ここらの地域の人たちの生活道路として使われているのだが、
役場の車が慣れた感じで通ってめちゃくちゃ驚いた。

SERUNA:「……ここ、車で通る自信ある?」
旦那:「自信ない。無理だね、絶対事故るよw」

201510113_hinosaka_010.jpg

ここから旧東海道をずっと歩いて行くと、あの有名な安藤広重の
東海道五十三次にも描かれている元々夜泣石があった場所や、
そして『久延寺』があるのですが…
http://www.shizuoka-tokaido.com/map/pdf/map16.pdf

歩いて行くと時間がかかりそうですし、ここは一旦戻って、
安全な道から車で久延寺に向かってみることにしました。
(さっきの道を走行するのは危険そうなので、避けて行きます)


★『久延寺』に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1464.html


皆さんの応援が、ブログ更新の励みとなっています。
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報