FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2016年12月05日 (月) | 編集 |
いきなり検索でこの記事にたどり着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1468.html

秩父神社に向かいます。
商店街でメンチカツ買って食べようと思ったけれど、
ズラッと行列ができていたのでこの日に食べるのはあきらめました。
というか、神社に向かうまで大変。写真でわかるでしょうか?
真っ直ぐ行くと神社に到着するんですが人の波が凄すぎちゃって…

20161203_chichibu_011.jpg

ゆるゆるっと歩いてようやく到着。

20161203_chichibu_012.jpg

鳥居をくぐる前に、神社前にあった山車を写真に収めてみる。
写真からではこいつの大きさが伝わらないと思いますが、
屋根までの高さが建物3階くらいありますからね。相当デカイです。
ちなみにこれに花笠がつくと、物凄い高さになりますよ。

20161203_chichibu_013.jpg

-------------------------------
国指定重要民族資料 下郷笠鉾
 秩父神社例大祭に奉曳される傘鉾二基のうちこの下郷傘鉾の
創建時代は不詳であるが江戸初期と伝えられ安永年間以降たびたびの
改修を経て現在に至る。
 頂きに後光を輝かした天道をつけさらにせきに台 万燈 三層の花笠
を備え緋羅紗地に金糸縫取模様の水引幕をさげた姿は神道民族学上
きわめて貴重な様式を示している。
 なお大正初年には一層その荘厳を保持するため屋台を付設し
神事曳物としてここに大成され降って昭和三十七年五月に国の文化財
指定をうけ昭和四十年十一月維持修補が施された。

------------------------(案内板より)

神社境内に入りました。

20161203_chichibu_014.jpg

二基の山車が並んでいました。
先程のものと比べたら、あれより少し小さい部類かと。

20161203_chichibu_017.jpg

まずは向かって左、宮地の屋台から紹介します。

20161203_chichibu_015.jpg

-------------------------------
国重要有形民俗文化財「秩父祭」宮地屋台
 当宮地は妙見発祥の地と伝えられ祭礼最古の歴史と伝統を保持し、
昭和三十七年五月二十三日国の重要文化財指定にあたり、
その資料的価値を最も高く評価された屋台の一つであります。
 屋台は表八尺、妻十三尺一文字勾欄の初期的形式で、秩父の生んだ
名工当所藤田氏の手に成り三百有余年の歴史を閲し、化政時代に名匠
大和によりて大改造、更に嘉永年間以降子孫若狭・主計等にて逐次
補改修せられたものであります。
 構造の細部に高度の技術が見られ、特に唐破風の優美な曲線、
精緻な彫物及び大きさ、配置調和の妙は秩父屋台随一の均斉美を誇り、
その清楚にして端麗な姿は流石名匠藤田氏の面目を偲ばせています。
 別に芝居のための張出舞台を有し本体中央の廻り舞台は独自の構造
を持ち、更に勾欄の組換え並びに舞台上の役者の足裏まで見られる
一段下取付の非凡なる特殊技術が注目されます。
 幕は嘉永年間のもの、之が刺繍のみにても金壱百貮拾七両貮朱四百
文を江戸・越後屋に支払の文書が残されています。他に当宮地のみ
特別供奉の日月萬燈を保有しております。

------------------------(案内板より)

続いてその隣にある、中近笠鉾の紹介です。

20161203_chichibu_016.jpg

-------------------------------
重要文化財指定 中近の笠鉾について
 秩父神社の例大祭(十二月三日)に曳かれる屋台と笠鉾は
日本祭禮曳山中の白眉として著名ですが、中近笠鉾は平安時代大嘗会
に於ける標山の遺構を傳えるものとして京都祇園祭の鉾に匹敵する
荘厳華麗な山として知られています。
 秩父祭の屋台は江戸時代初期に始められ、この笠鉾は室町時代既に
御神幸に供奉しその後 数度の補修を経て現在の如く華やかになった
ものであります。
 榊をそえた頂の御幣は神が降臨する際の目印で、その下の神座は
金色に輝く雲型のせき台を備え 万燈を灯し、神迎えのための造花を
四方に美しく飾ってあります。
 これらを支える標木は神道民俗学的にも極めて意義深いものとされ
屋台の内室に彫刻をめぐらして標木を一層厳粛に保持するよう造られ
ております。
 ただ 大正三年以来市街の電線架設によって花傘を付けたまま
曳けないことはまことに遺憾であります。

------------------------(案内板より)

さーて、秩父の神様にご挨拶って事で参拝しようかなー思ったが、
神門からもうこの状態ということはおわかりですね。

20161203_chichibu_018.jpg

並んでます。ひたすらみんな並んでいます。
明日も秩父へ来るし、お参りは明日でもいいかなと諦めました。

20161203_chichibu_019.jpg

別に拝殿の前からでなくてもいいよねと、
遠く隅っこでコソッとお参り。次の日はキチンと正面からね…

20161203_chichibu_020.jpg

20161203_chichibu_021.jpg

秩父神社境内に鎮座するお稲荷さんの神使像。
この子たちがあまりに可愛いから、いつも会いに来てしまう。
特に向かって右の子が一番好きなんですよ。めちゃめちゃ可愛いから
いつも撫でていくんですけど、変わってますかね、私。(´∀`;)
すごく愛嬌のある顔して、こっちに話しかけているみたいな顔をして
いるから大好きなんですよねー。

この子に初めて出会ったときは、油揚げを咥えていたっけな。

20161203_chichibu_022.jpg

20161203_chichibu_023.jpg

★その3に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1470.html


いつも応援ありがとう!
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:埼玉県
ジャンル:地域情報
2016年12月05日 (月) | 編集 |
2016.12.3 探訪 
まずはユネスコ無形文化遺産決定、おめでとうございます。
http://www.city.chichibu.lg.jp/6694.html
今年の大祭は、主催者発表によれば二日間だけでも過去最多、
38万6千人もの見物客が訪れたとかなんとか。

んで、今回初めて夫婦揃って秩父の夜祭に出掛けてみました。
ネタが冷めないうちにパパッと記事をアップしていこうと思います。
本当は現地宿泊といきたいところでしたけど、夜祭の期間は宿が大変
取りづらく、入間市に宿泊で秩父まで電車で行く事にしました。
最後まで見れないけれど、次に向けての「下見」という事で。

…電車に乗ったはいいけど、アホかといわんばかりにギュウギュウの
寿司詰め状態。田舎なのにまるで都内のラッシュアワーのよう。
鈍行でずーっと立ちっぱなしってのは疲れるね。そして西武秩父駅に
下車するとこの混雑っぷりですよ。

20161203_chichibu_001.jpg

駅前からもう食べ物の誘惑が凄い中、埼玉のゆるキャラたちが大集合
しておりました。初めて見るキャラもいるし、特にあの白いヤツは
一体なんのキャラなんだか想像がつかない。

20161203_chichibu_002.jpg

大好きな『ポテくまくん』♪
髪かと思いきや「みそポテトの食べすぎで頭から味噌が滲んできた
という、どこからツッコんだらいいのか恐ろしい設定のある子w

20161203_chichibu_003.jpg

しゃがんだところも可愛い。公式のリンクを貼っておきますので、
良かったら皆さんも応援してあげてください。( ^ω^ )
http://www.city.chichibu.lg.jp/5817.html

20161203_chichibu_004.jpg

まずは、駅からすぐ側にある『御旅所』に向かってちょこっと参拝。
12月3日は夜間、ここに御神幸行列がやってきます。

20161203_chichibu_005.jpg

20161203_chichibu_006.jpg

20161203_chichibu_007.jpg

桟敷席。お値段とってもプレミアムですが、
御神幸行列・山車・花火をまるっと余さず見る事のできる凄い場所。
いつかこの桟敷席で夜祭を見る事が夢。しかしそれにはまずは抽選に
当たらなければ桟敷席のチケットをGETする事が出来ないという…

20161203_chichibu_008.jpg

続いて下の写真は『団子坂』と呼ばれる場所。
傾斜25度のこの坂を、デカくて重い山車がのぼっていきます。
秩父夜祭の中では見せ場のポイントのひとつ。

20161203_chichibu_009.jpg

ぶらぶらーっと歩いていると、東町の御神輿。

20161203_chichibu_010.jpg

-------------------------------
 秩父祇園祭(七月十九・二十日)に渡御するものです。
屋根に鳳凰を据え、四隅に雛鳥を配し、それに蕨手金物を取り付けて
あります。
 内陣の柱は昇り竜下り竜の彫刻を立て軒四輪に十二支を刻み
時を表しています。土台(台輪)には朱塗の鳥居と瑞垣を立て廻し、
四面には四神(玄武・青龍・白狐・朱雀)を彫り東西南北の護りと
しています。軒裏は扇垂木と称し神輿の中心に向って扇子の骨の様に
なっています。また化粧綱は金糸紐にて七宝編を施し金鈴を取り付け
濃紫の珠房を組しています。

------------------(東町神輿説明パネルより)


★その2に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1469.html


いつも応援ありがとう!
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:埼玉県
ジャンル:地域情報
2016年12月05日 (月) | 編集 |
前回たいぞうで食べた、台湾まぜそばの記事はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1446.html

2016.11.29 探訪 
『節骨麺たいぞう』へ再び食べに行ってみた。
お店の外観はこないだの記事に載せたので今回は省略。
このあいだは、台湾まぜそばを食べましたが、今回注文したのは、
『辛濃坦坦麺』というラーメン。辛いの好きなんですよ。

ふと気付いたけど書き方は「担々麺」じゃなくて「坦坦麺」なのね。
…と、そんな事はどうでもいいから置いといて。

20161129_節骨麺たいぞう_001

ピリッと辛いです。
辛いものが好きな私ですら、辛いと思うくらい。
花椒の味も感じられますが気になるほどではなかったです。
スープは基本のものをベースとしているのだろうと思うんですけど、
普通の担々麺とはちょっと違う味でドロッとしていて、
名前の通り「辛くて濃厚」な担々麺。

…ただこれは個人的、正直な感想なんですけれども、
美味しいけど途中で飽きるかもです。後半ちょっと苦しかった。
外食するといつも絶対に残さない主義なんですが、
最後の一口がどうしても入っていかなかった。この担々麺を好きだと
言う人もいるかもですが、これだったら台湾まぜそばを頼んだ方が
良かったかなーと思った私がいます。濃厚のは嫌いじゃないし、
決して不味くはないんだけどね… (´・ω・`)

ご馳走様です。
また食べに行かせてもらいますね。



今回紹介したお店はこちら。
-------------------------------
節骨麺 たいぞう(藤枝焼津店)
http://taizo-ramen.jp/archives/shop_info/藤枝焼津店/
住所/静岡県藤枝市築地408-4
電話番号/054-374-4673
営業時間/11:00〜24:00(年中無休)

※2016.12現在の情報です。
最新の情報については公式ページを見るか、店舗にお問い合わせを。

-------------------------------


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ