FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2017年05月26日 (金) | 編集 |
まとめを見て、色々懐かしいコト思い出したんで。

------------------------------
今から20年前(1997年頃)のお前らって何してたの?
http://chaos2ch.com/archives/4786286.html

---------------(リンク先:カオスちゃんねる)

20年前は静岡市内でゲームショップの店員やってました。
んでもって、旦那と出会ってから2年後くらいかな。
※残念ながら私が働いていたそのお店は今はもうありません。

その頃はカプコンやSNKの格ゲーなどにがっつりハマっていて、
地元焼津や隣の静岡のゲーセンに通い詰め、対戦台でバリバリ連勝
しまくってた思い出があります(リアルファイトにはならなかったが
対戦者側から台蹴り台パン、灰皿が飛んできたこともあったよw)。
旦那のパソコンを借りて深夜にダイヤルアップで使っていたのは確か
この翌年くらいだったか。ちゃねらーになったのは00年初頭。

それはさておき、今日は私がお人形にハマった話でも…

記憶が定かならば自分がお人形の魅力にとりつかれたのは1998年。
何となく手に取ったホビー誌をパラパラめくっていたところで
ジェニーやリカちゃんでもない、綺麗な顔をしたドールの広告にふと
目が止まったのですよ。黒ストッキングに、エロっぽい黒エナメルの
メイド服を着たボークスの『志野』さんでした。

それまでの人形というと、先程も名前を出しましたがタカラの可愛い
お子様向けのお人形ばかりだったんですが、志野さんはそのイメージ
をゴッソリ覆す「大人向け」のお人形。しかも自分の好きなように、
ポーズまでとれてしまうという、今ではそれが当たり前な事ですけど
当時としては「一体何なんだこのお人形は…」ですよ。
志野さんに出会うまで、ドールになんぞ目もくれなかった私なのに、
「あの子を手に入れたい」という想いが次第に強くなり問い合わせ。
無事、志野さんをお迎えする事となったのです。

下の写真は、その当時手に入れたボークスの1st志野さん。
今も大事にしていますよ。

201705_shino_001.jpg

で、ここから私の人形道が始まる(人形道というか沼だな、沼)。

黒エナメルメイド服の志野さんが出たと思えば、色違い服や、
衣装違いの志野さんや、あまつさえ『茜理』ちゃんという妹キャラ
まで出してくる始末。店のショールームに行くと魅力的な顔で…
「私を連れてって」といわんばかりに見ているような気がするし、
一体二体所持して眺めていると「他の子も連れてきなさいよ」という
誘惑かまされているような感じがするんですよね。
(いわゆる人形者がよく言う「人形が人形を呼ぶ」ってアレね)
ハッキリ言えば自分の中の『購買欲』がそう見せているワケですが、
悪魔が囁いたらもう買うしかないじゃないッスかw

悪魔:「少しくらい増えたって変わらないぞ!」
天使:「無駄遣いはダメだよ!」
悪魔:「欲しいんだろ?もう一体お迎えしちゃえよ♪」
天使:「ダメだよ!お金が勿体無いでしょ?」
SERUNA:「……天使、お前ちょっと黙ってろ」
天使:「えっ」

※下の写真は『茜理』ちゃん。1stじゃない猫耳メイドバージョン。

201705_akari_001.jpg

それだけじゃないんです。

今のボークスはもう大きいお人形しかやっていませんが、
昔のボークスは1/6スケールの人形を自作するためのキットや、
(手頃に買える素体が出る以前は「幻の素体」という商品名で高価な
素体が出ていた事を知る人はどれだけいるだろうか?)
クソ高い人形服まで販売していたんですよ。なおかつあそこはご丁寧
にもそれらに合わせる人形用の色っぽい下着まで作っていたので
(それも高価だった)手に入れずにはいられなくなりそれらも購入。
当時はバリバリ働いて物凄く稼いでいたので、どんな高い人形服でも
アホみたいに買いまくってましたよ。

こうなったらもうダメです。
暴走を始めた私を誰にも止められないw


★その2に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1666.html


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:ドール
ジャンル:趣味・実用
2017年05月26日 (金) | 編集 |
(;゚Д゚) ……えぇっ!?

-------------------------------
「給食のご飯がアルミパック」は静岡だけ!?
静岡県民に衝撃「マジか!」「全国区だと思ってた……」

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/18/news143.html

--------------------(リンク先:ねとらぼ)

容器の形は、リンク先にある写真のまさにあの形。
長方形でアルミ製の蓋つき容器。他の地方にもあると思っていた
(流石に全国的に全部がそうだとまでは思いませんでしたが)
あのアルミパックのご飯がまさか静岡だけだったとは!
しかもご飯なのにパン釜で炊かれていたのか!
…と、四十ン年間生きてきて、初めて知った衝撃。

焼津市では、小学校・中学校の義務教育9年間は給食だったけど、
ご飯は中学卒業までずっとあのアルミパックの容器でした。
カレーの日は食べ方が分かれ、「ご飯の方にルーをかけて食べる派」
「ルーの入った器にご飯を入れる派」「別々に食べる派」とかね。
リンク先にもあるけど、蓋に爪で絵を描いた思い出はあるあるだな。
パックご飯は蓋が付いているので、体調が悪くてご飯が食べられない
時は、容器のまま持ち帰る事が出来たりして万能な奴だったんですが
あの容器も徐々になくなりつつあるんですね。なんか寂しいなぁ。

給食も地域によって美味い不味いがあるみたいだけど、
少なくとも私ら世代に志太地区の給食センターで作られていたものは
美味しかったし、自分の中では「良い思い出」として残っている。
あの頃食べていた思い出の給食を(どこかの店が作るのではなくて、
給食センターの人が作る物)いま食べる手段はないものだろうか。
ご飯、ソフト麺、ビン牛乳のミルメーク。麺が妙に柔らかくて安い味
だったけど美味しかった焼きそばや、小学校二年生の頃にたった一度
だけしか出なかった鯖の味噌煮(アルミ箔の中に入ってた)等々…
給食のパックご飯の記事を読んだら、そこから思い出が広がって、
あの頃の給食がもう一度食べたくなっちゃったよ。

他県のですが、YouTubeより給食の動画を拝借。

日本では当たり前の生徒が行う給食の配膳、片付け、掃除の光景は、
宗教観の違いにより外国人から見たら罰ゲームに見えるそうです。
規律や道徳心を養うために重要なんですがね。


余談です
ウチの地域で提供されていた給食の方式は、盆の上に皿とスープ椀で
(容器はメラミン製で、ワンプレートでは無いです)
カレーが出る日には先割れスプーン。家からmy箸を持参でした。
小学校においては、やかんで熱々のお茶も提供されておりました。
牛乳はビン牛乳だったのですが、そのビン牛乳も中学3年の頃、
紙パックに変わった思い出(ミルメークはチューブ式に変化した)。


ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ