FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2017年07月05日 (水) | 編集 |
諸説あるでしょうけど、面白かったので皆さんにも紹介しておく。
日本には、忌むものや畏れるものが昔から色々あってだな…

-------------------------------
忌み地・忌み山の話
http://chaos2ch.com/archives/3491782.html
忌み地・忌み山の話 その2
http://chaos2ch.com/archives/3492491.html

※元スレ
http://minzocu.denpark.net/1062292997.html

----------------(リンク先:カオスちゃんねる)

いや別に、忌みと意味をかけたワケではありませんが… (;´Д`A

決してこういった怖い話だけではなく、昔からその土地についている
地名には意味があって、その背景には何らかの物語があるという事は
このブログでも以前から何度も話していた通り。
かといって全ての地名がそうとは限らないし、伝えられるままのお話
があったかどうか、そして、その物語なり伝説なり言い伝えが本当か
どうかは定かではないけれど、忌み地・忌み山の話は読んでみて
とても興味深かった。

こういうのって、そこで何があったか大掛かりに調べてみると、
「発掘したらこんな物が出てきた!」ってのも時々あったりするから
侮れないよね。嘘だとは一概には言えないと思う。
昔からの言い伝えってのは大事だね。

関連過去ログ:
昔から残される伝説や地名には意味がある。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-391.html
「蛇」または「龍」は水の関係する場所を意味していて、
それらが暴れる話は河川の氾濫を意味したりね。


ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ
2017年07月05日 (水) | 編集 |
長島ダムのオマケ的な記事を。
あの辺りには天狗伝説が残されているそうですよ。

《天狗伝説1》
犬間の住民が、焼畑小屋で晩ご飯の用意をしていたところ、
戸口から大きな手が差し込まれました。住人は驚いて、
「これはきっと天狗様に違いない」と思い、差し込まれた手に
ご飯をよそってやると、天狗はそのまま姿を消したそうです。

《天狗伝説2》
犬間の奥に住む大蛇が、七つ峰に住む天狗様と出会いました。
天狗様が怪我をしていたので大蛇が温泉で介抱すると、天狗様は
「恩返しがしたい」と申しました。大蛇は、河原に石が多くて
困っている事を伝えると、天狗様は石を天狗石山の上に運びあげ、
大蛇を助けたということです。

《天狗伝説3》
天狗様が天狗石山の頂から富士山まで、一晩で石橋を架けようと
しました。しかしあと少しというところで朝が来てしまい、
天狗様は泣く泣く橋を架けることを諦めたという事です。
いまでも天狗石山の山頂には、この時の土台石や、
巨大な石が残っているそうです。

《天狗伝説3》
雨の降る夜、天狗石山の方から太鼓や笛の音が聞こえてくる事が
あるそうです。


ブログに訪問ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報