fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
2018年02月22日 (木) | 編集 |
領土問題。
本日は猫の日でもあり、竹島の日でもある。

猫さん:「ココは我々のモノニャ」

領土問題_犬小屋占領される

これ好き。
画像はネットからの拾い物。恐らく誰もが見た事のあるヤツ。
どうでもいいけど、この元画像ってどこからだろうな?

竹島の日についての記事はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2015.html

猫の日という事で…
内閣官房 領土・主権対策企画調整室
オリジナルペーパークラフト しまねっこ
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/kids/download/shimaneko_papercraft.pdf


ブログに訪問ありがとう。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:
ジャンル:ペット
2018年02月22日 (木) | 編集 |
竹島は日本の領土です。
韓国は竹島への不法占拠をやめ、
即座に立ち去りなさい。




これは島根県だけの問題ではない。
日本国民が、日本全国で声を上げるべき問題である。

-----------------------------
竹島について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/
竹島についてのパンフレットや竹島問題フライヤーも。
(リンク先:外務省)

オリジナルペーパークラフト しまねっこ
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/kids/download/shimaneko_papercraft.pdf
竹島に関する資料の委託調査報告書
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/report/takeshima.html
(リンク先:内閣官房 領土・主権対策企画調整室)

-----------------------------

南朝鮮が嘘をつき続け、反日行為をする限り、
あんな民族とわかりあえる日なぞ絶対に無いでしょう。
(もっとも、仲良くしようとも思いませんけれど)

日本はもっと朝鮮に対して今以上に厳しい態度を取るべき!
あの国に対してちょっと優しすぎやしませんか?


「その通り!竹島は日本の領土だ!」とキッパリ言える人、
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
2018年02月21日 (水) | 編集 |
羽生君ってイジメられていたの?
ネットで気持ち悪いくらいに粘着しているアンチがいるのは
知っていたけど、まさかリアルで嫌がらせをしていた連中が居た
とはな…酷い奴がいたもんだ。可哀想に。

-----------------------------
羽生結弦にもいじめられた過去…
高校の上級生にサインを書くも「調子に乗ってんなよ!」
とゴミ箱に捨てられる

http://hamusoku.com/archives/9771102.html

---------------(リンク先:ハムスター速報)

こんな事されてたのか…
と初めて知ったんだが椅子に焼きそばぶちまけて、
揚々とツイートする馬鹿野郎も居たんだな。胸糞すぎる。

「羽生結弦 いじめ」で検索すると、羽生くんを虐めてたヤツの
名前が引っかかってくるね。こういうのってどうせ男の汚い嫉妬
だろうなーと思っていたけど、女の子も羽生君イジメに加わって
いただなんて驚いたよ。しかも有名になったのを知るや否や、
掌返しまでしたとか相当クズじゃね?

Twitterに嫌がらせ公開したり、イジメてた事を自慢したりとか、
人間として脳がかなり欠損しているとしか思えない。
因果応報。羽生君を虐めていた連中は、自分たちがしたことが、
いつか自分に返ってくるのを思い知るといいだろう。
(…って、既にアカウント特定されて逃亡したみたいだけど)
努力している人間を馬鹿にしたり、笑ったりするのは、
人として最低な行為だ。

あ、そうそう。「アンチ」ってのはどこにも湧くもので、
ああいう人たちって「嫌い」って言うくせに嫌いなものを随分と
よく観察してるよね。私が大好きなお師匠にもアンチがいるけど、
お師匠は「そういう人たちも含めて人気」って言ってるから
強いよなぁって思う。「本当に怖いのは嫌われる事より無関心」
なんなんだってさ。そのメンタルの強さが本当に凄いって思うし、
お師匠の言う、その強さは昔からずっと見習っているつもり。
「皆が皆好きになれ!」ってのは不可能だから(自分もそうだが
誰しもこの人苦手だと思う人間が一人くらいは居るっしょ?)
仕方のないことではあるしな。


羽生君よ、嫌われることを恐れるな。
どうせネットにいるアンチどもは一部の男の嫉妬か、
過去に学校で虐めていたヤツらか何かだろう。
いちいちチラチラ見ながら「アイツ嫌い」「うぜぇんだよ」
って観察してくる気持ちの悪い連中なんて鼻で笑ってガン無視
してやればいいぞ。

…と、訪問者数の少ないブログで励ましてみる。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:伝えたい事
ジャンル:ブログ
2018年02月20日 (火) | 編集 |
検索でいきなりこのページに辿り着いた人はその1からどうぞ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2008.html

『鹿苑』にやってきました。

20171101_iyahikojinjya_039.jpg

鳴いてる子たちもいましたよ。
鹿の鳴き声って可愛いんですよねー。

20171101_iyahikojinjya_040.jpg

20171101_iyahikojinjya_041.jpg

鹿:「ねえねえ、ゴハンもってる?」
…近づいてそんな顔をされても持ってないよ。(´・ω・`)
(餌を売っている場所があるのですが、餌終了してたっぽい)

20171101_iyahikojinjya_042.jpg

角を生やした雄鹿。

20171101_iyahikojinjya_043.jpg

20171101_iyahikojinjya_044.jpg

鹿苑の周りをぐるっと歩いていると……

ん?!

20171101_iyahikojinjya_045.jpg

-----------------------------
三嶋大社より神鹿来たる 
 当神社飼育の鹿は、神鹿として大切にされ、
参拝者にも親しまれて来ている。しかしながらその頭数が減少し
心配していた処、三嶋大社のご厚意により神鹿を譲り受けること
となり、去る九月十六日に神鹿十頭が到着した。
 弥彦神社で飼育している神鹿は、大正二年に春日大社より雌雄
ひとつがいを譲り受けたことがきっかけである。終戦後に数が
徐々に減ったため、昭和三十年四月に神田明神より神鹿雌雄
ひとつがいが新たに譲渡された。
 その後は順調に繁殖し、最盛期には約三十頭にもなり、
参拝者に親しまれてきた。しかし様々な影響により、
近年には三頭まで減少した。
 当神社では、御遷座百年記念事業により神鹿を移設し、
飼育しやすい環境に整備したのを機に、三嶋大社から今回の譲渡
に至った。
 神鹿は一歳から三歳の若鹿で、雄九頭、雌一頭の十頭である。
輸送には、経験豊富な日本通運(株)成田航空支店国際営業
第一課に依頼。慎重に約九時間をかけて弥彦に到着し、
翌十六日に清祓が行われた。
 現在は環境に変化に慣れさせるために、鹿苑内に囲いを設けて
飼育している。

-----------------(新聞「いやひこ」より)

二度見した。こいつぁーなんというご縁。
キミたち三嶋大社から来たのか。

20171101_iyahikojinjya_046.jpg

三嶋大社の辺りも確か滅多に雪が降らない地域だと思ったが…
雪降る新潟で、寒い冬を乗り越えることが出来たかな?

20171101_iyahikojinjya_047.jpg

彌彦神社の相撲場。
立派な土俵があったので撮ってみた。
旅行者の知らないオジサンが写ってしまった。

20171101_iyahikojinjya_048.jpg

★その6に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2017.html


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2018年02月20日 (火) | 編集 |
検索でいきなりこのページに辿り着いた人はその1からどうぞ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2008.html

舞殿の方へ向かってみましょう。
一応、境内案内図をここにリンクさせておきます。
http://www.e-yahiko.com/old/map/jinjamap.pdf
※pdfで開きます。

20171101_iyahikojinjya_031.jpg

下の写真は『参集殿』

20171101_iyahikojinjya_032.jpg

続いて写真手前が『楽舎』、奥が『舞殿』

20171101_iyahikojinjya_033.jpg

視点を変えて舞殿側から撮影。

20171101_iyahikojinjya_034.jpg

『津軽の火の玉石(重軽の石)』※津軽石とも 

20171101_iyahikojinjya_035.jpg

1:二つ並ぶ石のうち、一つを選んで持ち上げます。
2:続いてお願い事をしながらもう一度持ち上げてみて下さい。
 この時に最初持ち上げた時よりも軽く感じたら、
 その願い事は成就されるでしょう。

20171101_iyahikojinjya_036.jpg

鶏舎にやってまいりました。沢山の種類の鶏がいましたけれど、
全部撮っているとキリがないので一種紹介だけ紹介。

20171101_iyahikojinjya_037.jpg

-----------------------------
 鶏は「庭鳥」で人の家に飼われた鳥である。
日本人と鶏の付き合いは大変古く、日本人が稲作りを始めた頃
から鶏を飼いだしたものといわれている。
 この長い間に何代もかかって苦心の末、美しい丈夫な良い鶏
を作出した。特に江戸時代には多くの種類ができた。
 しかし明治以来輸入された洋種に押されて年々減少の道を
たどっている。国の天然記念物に指定されている日本鶏は、
大別して十七品種あるが、二、三種は絶滅寸前にある。
 そこで彌彦神社日本鶏の会では昭和三十三年より日本鶏の
保存のためにこの鶏舎を設け、その大部分を飼育保存しており、
全国でも他に例のない貴重なものとなっている。

--------------------(境内案内板より)

下の写真の鶏は『蜀鶏(とおまる)』という鶏。
※説明文に黒い羽色と書いてありますが、白いのもいます。

20171101_iyahikojinjya_038.jpg

-----------------------------
蜀鶏 天然記念物(昭和14年9月7日指定)
 新潟県原産の蜀鶏は高知の「東天紅」、秋田の「声良」と共に
日本固有の三長鳴鶏として有名です。釣り合いのとれた大型鶏で
全身緑光の真黒な羽色。鳴き声は、テノールで長く、
一声の中に大きな抑揚があり、音色の美しい最も上品な長鳴鶏。
先祖は北前船で山陰地方から新潟に入り固定した。
唐丸籠で有名な大唐丸とは一切関係ない。

標準体重 雄3.7kg 雌2.8kg

-------------------(鶏舎の説明文より)

他の子たちも見たい人は、弥彦神社へ是非。
中には食べた事のあるメジャーな種類もw

SERUNA:「ほぅ!あの美味かった鶏はキミ達だったか」
比内鶏・名古屋コーチン:「コケッ……!?」
(=゚ω゚)「先生ー、そんな目で鶏さんを見つめないでくださーい」


★その5に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2013.html


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2018年02月18日 (日) | 編集 |
検索でいきなりこのページに辿り着いた人はその1からどうぞ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2008.html

彌彦神社は越後開拓の神と仰ぎこの地に奉祀したのがはじまり。
年代は詳らかではないが、万葉集から推定して1300年以上の歴史
があることが明らかになっている。

古くから「おやひこさま」と親しまれ、
多くの講が組織され、各地に参拝講や神楽講が構成されて盛んに
「お弥彦まいり」が行われていたそうで、「お弥彦様まいりを
済ませていない人は一人前と認めない」とまで言われる地方まで
あったそうな。

20171101_iyahikojinjya_023.jpg

越後一宮 彌彦神社
http://www.e-yahiko.com/spot/jinja
御祭神:天香山命(亦の御名/高倉下命・手栗彦命)
-----------------------------
 御祭神は天照大御神の御曽孫で天孫降臨に供奉して降り
紀州熊野に住み神武天皇御東遷の時霊剣を奉りて大功をたて、
後北辺鎮護国土開発の勅命を奉じて越路に降られ、住民を導き、
農耕漁業を始め諸産業を教え、地方文化産業の基を開かれた
大祖神である。
 されば夙く衆人その徳を仰いでこの地に社を創建し崇徳の誠
を捧げた古社であり、遠く万葉集には弥彦の神をたたえ、
平安期の始め神験の顕著により名神列に加わり神階を授けられ、
延喜式に名神大社と記す、鎌倉幕府三千貫の社領を寄せ、
上杉謙信神助を祈り、徳川氏また五百石の朱印地を奉る。
 明治四年国幣中社に列し、皇室を始め衆庶の崇敬極めて篤く
明治十一年明治天皇が、昭和四十七年には天皇・皇后両陛下叉
昭和五十六年皇太子・同妃両殿下が御参拝になる。
 昭和二十二年宗教法人となり神社本庁に属する。

----------------(弥彦神社 境内案内板より)

20171101_iyahikojinjya_024.jpg

ほんの一部ですが、個人的に綺麗だなと思ったものを三枚ほど。

20171101_iyahikojinjya_025.jpg

20171101_iyahikojinjya_026.jpg

20171101_iyahikojinjya_027.jpg

下の写真は、神社ではよく見る酒樽。
見ていると新潟のお酒の飲み比べがしたくなってしまうw

20171101_iyahikojinjya_028.jpg

『摂末社』
摂社/武呉神社、草薙神社、今山神社、勝神社、乙子神社
(摂社は、彌彦神社の6代の子孫を祀る神社)
末社/二十二所神社、八所神社 

20171101_iyahikojinjya_029.jpg

一番奥に鎮座するこちらは『十柱神社』

20171101_iyahikojinjya_030.jpg

御祭神:
大穴牟遲命、彌都波能賣神、速秋津日子神、速秋津日女神、
阿須波神、波比岐神、大山祇神、大地主神、埴山姫神、草野姫神
-----------------------------
十柱神社 重要文化財
  入母屋造 單層 茅葺 間口二間半 奥行三間
 大穴牟遅命の外明治六年信濃川分水工事中止の際同工事のため
民部省土木司の石湊に創建せる神社祭神を祀る。
 本社殿は元禄七年長岡藩主牧野氏が和霊のために奉建せるもの
にて、蟇股虹虹梁に桃山時代の手法が見られる。

----------------(弥彦神社 境内案内板より)

★その4に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2012.html


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用