FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年06月16日 (土) | 編集 |
ちょっとこんな呟きを見かけたので……

※リンク先に画像あり。
------------------------------
https://twitter.com/_mshibata/status/1006841779486801920
ちかくにネパール人のカレー屋さんができたので
ときどきナンがお供えされてるようになった
 

しばたまさあき@_mshibata さんのツイートより
------------------------------

国境を超え、宗派を超え、日本の神様に敬意を持ち、
その土地の神様を大事にするネパール人が愛おしくてたまらなく
なりました。神前に捧げるのに丁度良いサイズに焼いてあるしw
あぁ…ホッコリ。神様のお口に合うと良いね。 (´∀`*)

この神社にお参りにくるカレー屋さんが繁盛しますように。
お店で働いているネパールの人たちが幸せになれますように。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手やランキングをポチッとよろしくね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ
2018年06月16日 (土) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2171.html

浜松城内部の地下へと下ります。
地下は狭く、ポツンと井戸があるだけでした。

20180214_hamamatsujyou_042.jpg

-----------------------------
浜松城の井戸について 
 浜松城の天守台には穴蔵と呼ばれる地階があり、
その中央部には石組井戸がある。石組井戸とは穴のまわりを、
石で積んで崩れないようにしたもので、この時代、他の城郭にも
多く見られる。浜松城の他に名古屋城、松江城などにも
天守穴蔵に井戸がある。
 井戸は、城内に住む人々の飲料水として、また戦いの時には
籠城になることも想定し、最後の拠点として天守内部や、
天守の間近に設けられることがあった。

-------------------(浜松城 案内板より)

20180214_hamamatsujyou_043.jpg

-----------------------------
浜松城の利水について 
 水は城に住む人にとって最も大切なものである。
浜松城の利水については、安政元年(1854)、東海道沖を震源
とする安政の大地震が発生し、浜松城も大きな被害を被り、
その箇所を記した「安政元年地震破損所巨細書込絵図」に井戸が
記されている。
 この城絵図によると、井戸は天守台の穴蔵に1(口径1.3m丸石
をもってかこむ)、天守曲輪の埋門脇に1、本丸に1、二の丸に
3箇所ある。また作左曲輪には4箇所あったという(浜松御在城
記)。
 この他に、清水の湧出する清水場が清水曲輪に2箇所あった。

-------------------(浜松城 案内板より)

20180214_hamamatsujyou_044.jpg

20180214_hamamatsujyou_045.jpg

(=゚ω゚)ノ「城内見学を終えて、お城の外へ出たよ」
SERUNA:「はーい、続いては『櫓』を見学しますよー」

20180214_hamamatsujyou_046.jpg

戦国BASARAの家康さん。
このゲーム大好きなのでやっぱり撮ってしまうw

20180214_hamamatsujyou_047.jpg

櫓の中からお城にカメラを向けてみる。

20180214_hamamatsujyou_048.jpg

石落とし。

20180214_hamamatsujyou_049.jpg

天井部はこんな感じ。

20180214_hamamatsujyou_050.jpg

建築に詳しい人ならワクワクしてしまうかも?

20180214_hamamatsujyou_051.jpg

20180214_hamamatsujyou_052.jpg

20180214_hamamatsujyou_053.jpg

20180214_hamamatsujyou_054.jpg

-----------------------------
 江戸時代の城郭建築は、短期間で建築できるシンプルさと、
戦闘に耐えられる堅固さを兼ね備えています。天守門のつくりを
観察すると、太い木材が単純に組み合わされており、
装飾はほとんどありません。
 上層の櫓は、天井板がないので小屋組(屋根を支える骨組)が
よく見えます。柱盤を土台として本柱が立ち、その上に梁と桁が
架け渡され、束柱で屋根材が支えられています。
 下層の門は、6本の柱の上に、横に梁2本(冠木と内冠木)が
架かっています。

------------------(建築構造説明文より)

20180214_hamamatsujyou_055.jpg

静岡県内に住んでいるのにも関わらず、
今回、浜松城には初めて行ったし、初めて中へも入りましたよ。
正直言っちゃうと、え…これだけ?って思ったのは秘密ですが、
ココも日本のながーい歴史の内の一つの舞台となった場所。
歴史に詳しい人もそうでない人も、一度訪れてみては如何かな?

浜松城からは以上です。
スタジオにお返ししまーすw



ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:史跡
ジャンル:学問・文化・芸術
2018年06月16日 (土) | 編集 |
児童虐待のあまりに非道なニュースを目にするたびに、
子供の頃、父親に容赦なく殴られたり蹴られたりしたのは
まだマシな方だったんだなと思う自分がいる。
少しでも気に食わない事があると声を荒げて物を壊したり、
私が聞かないとわかると、暴力で聞かせようと殴ってきたり。
それでも負けたくないから立ち向かっていったけどな。
その度に、母が止めなければどうなっていたかわからない。
(色々な意味で)本当にどうなっていたか。

ちなみに妹はバカ親父のせいで一時期グレた事があった。
トースターで火傷させたれたりしたからな。


お陰で精神的に強くなりましたよ。
他人様は「良いお父さんよねー」って言うけど、ドコがよ?
現在進行形で自分の感情優先で、気に食わない事があると
汚い言葉で恫喝してくるような奴だぞ?
母も私も、毎日腫れ物に触るように生活しているわ。
(とはいえ母がこぼす愚痴を毎日聞くのももうウンザリ…)
「あぁ、早く死なないかな」ってくらいに恨んでいるからな。
人にしたことはいつか我が身に降りかかるんだ。
外ヅラだけはいいバカ親父、じきにどうなるか思い知れ。

……まあ、色々あるよ。
人の家の事情なんて他人には絶対にわからない。
家族揃って冗談を言い合えて、いつも笑顔が絶えない家
ってのが本当に羨ましかったんだぞ。

虐待のニュースが流れていつも思う。
子供をボコボコにするような輩は死ねばいい。
子供が許しを乞うているのに、殺すような輩は死刑でいいよ。


こんな記事に拍手は付けづらいねw
世の中、家庭事情でツライのはお前だけじゃないわバーカって見下しも結構。
同情、憐れみ、どんな意味の拍手でも良いからポチッと貰えたら嬉しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記