FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年07月07日 (土) | 編集 |
2018.2.15 参拝 
『大樹寺』にやってまいりました。
ここは松平家・徳川将軍家の菩提寺でございます。

20180215_daijyuji_001.jpg

20180215_daijyuji_002.jpg

-----------------------------
【本堂】
文明7年(1475)松平四代親忠公が勢誉愚底上人を開山として
創建。安政2年の火災により焼失、安政4年(1857)徳川十三代
将軍家定公再建。本堂は間口十五間、奥行十三間の大伽藍。
先づ本堂に参拝し、文化財収蔵庫、位牌堂を経てから境内を巡る
とよい。大方丈、文化財収蔵庫、位牌堂は有料。

------------------(大樹寺 参拝の栞より)

20180215_daijyuji_003.jpg

由緒を書き写そうと思ったら長いッスね。
何だか看板が写経のように見えてきました…(´・ω・`)
なので文章は公式サイトより拝借しておきます。

20180215_daijyuji_004.jpg

浄土宗 成道山松安院 大樹寺
http://home1.catvmics.ne.jp/~daijuji/
御本尊:一光千体阿弥陀如来・如意輪観世音菩薩
-----------------------------
(「大樹寺の歴史」=発行大樹寺 に次のように記されています)
 成道山松安院大樹寺は、安城城主松平左京亮親忠法名大胤西忠
が真蓮社勢誉愚底を開山として文明7年(1475)2月22日創建
した浄土宗の寺院である。創建のいきさつを寺伝は次のように
伝えている。
 応仁元年(1467)8月23日、尾張品野、三河伊保の軍勢多数が
井田野に攻め寄せた。親忠は5百余騎で伊賀村の東いらご縄手で
迎え撃ち、一夜と半日の戦いでこれを撃破、細川、大沢まで追撃
して潰走させた。このときの戦死者を葬った塚を首塚とも千人塚
とも呼んだが、その後9年を経た文明7年になって、
戦死者達の亡霊が騒ぎ出し、塚がしきりに鳴動してときの声が
たえることなく、近辺に悪病が流行することになった。
この亡霊を弔うために親忠は塚のほとりに念仏堂を建て、碧海郡
宇祢部郷福林寺の住職勢譽愚底を招いて7日間の別時念仏を修し、
その功力で亡霊を鎮めた。この念仏堂は後の鴨田西光寺で、
その後親忠は菩提寺として大樹寺を建立し、勢譽を開山とした。

 もっとも、この寺伝には異説が多い。大樹寺そのものが亡霊を
鎮めるためのものと言い、あるいは鎌倉時代以来大寿寺と言う
浄土宗の草庵があったという説もある。

-----------------(大樹寺 公式サイトより)

中に入ってお参り&見学をいたしましたが、本堂より内部は撮影
が禁じられていたため、YouTubeから動画を拝借しておきます。

ちなみに位牌堂には、徳川歴代将軍の位牌(亡くなった時の身長
と同じ大きさのもの)が安置されていますが、徳川最後の将軍
慶喜さんの位牌だけは置かれていません。理由は、慶喜さんだけ
仏式ではなく、神式の葬儀だったからだそうです。

岡崎市広報動画・チャンネルおかざき「岡崎まちものがたり」


続いての写真は「鐘楼」

20180215_daijyuji_005.jpg

-----------------------------
【鐘楼】
寛永18年(1641)三代将軍徳川家光公建立。
楼上の大鐘は九代将軍家重公改鋳の名鐘である。

------------------(大樹寺 参拝の栞より)

続いて、大樹寺の「山門」を外側から撮影致しました。
ちなみにこの門の内側より、真っ直ぐ外を見つめると岡崎城が
見えるのです。皆さんも是非直接確かめてみては如何でしょう。

20180215_daijyuji_006.jpg

-----------------------------
【大樹寺 山門】
寛永18年(1641)三代将軍徳川家光公建立。
楼上に後奈良天皇御宸筆「大樹寺」の勅額(重要文化財)が
掲げてある。また釈迦三尊十六羅漢を安置している。
境内から山門、総門をとおして、その真中に岡崎城が見える。

------------------(大樹寺 参拝の栞より)

岡崎市広報動画「ビスタライン」


-----------------------------
今に伝わる歴史的眺望「眺望ライン(ビスタライン)」
 ビスタラインの「ビスタ」は「眺望・展望」を意味し、
大樹寺と岡崎城を結ぶ、高低差を利用した約3kmの直線を
「眺望ライン(ビスタライン)」と呼んでいます。
 これは徳川三代将軍家光公が、家康公の十七回忌を機に、
「祖父生誕の地を望めるように」との想いを守るため、
徳川家の先祖、松平家の菩提寺である大樹寺の本堂から山門、
総門(現在は大樹寺小学校南門)を通して、その真中に岡崎城
を望むように伽藍を整備したことに由来しています。
 時は移り、岡崎城も再建されましたが、大樹寺と岡崎城を
結ぶ歴史的眺望は往時のままで、門越しに望む岡崎城は、
まるで額のなかの絵のようです。

-----------------(大樹寺 境内案内板より)

下の写真は「多宝塔」

20180215_daijyuji_007.jpg

20180215_daijyuji_008.jpg

-----------------------------
国指定重要文化財 大樹寺多宝塔(付棟札)一棟
 多宝塔とは仏塔の一形式で、平面が下重方形、上重円筒形、
上下の連続部が饅頭型の二重塔のことである。
 大樹寺の多宝塔は室町時代のもので、この寺に残る中世建築の
唯一のものである。松平七代清康により天文四年(1535)に
建立された。
 下層は方三間、総円柱、斗組二手先尾垂木付として、
また上層は漆喰塗りの亀腹上に円形の塔身を立て、四手先で
軒をささえる。屋根は桧皮葺、鉄製相輪を上げ、軒隅には風鐸が
つるされている。塔内部には禅宗様の須弥壇を置き、
その上には春日逗子を据え、本尊の多宝如来像を安置する。
 この多宝塔は上下層の釣り合いもよく、蟇股や木鼻の絵樣
および彫刻、その他の細部様式も古風でていねいに作られ、
この時期としては和様色の強い建造物である。
 明治三十七年二月十八日指定。

-----------------(大樹寺 境内案内板より)

大樹寺小学校南門前にて。
学校前で写真を撮っている不審者がいる!とか通報されそうw
岡崎城をここから眺めようとしたけど、ちっちゃくてね…
写真撮ったけど、コレだとわからないですね。

20180215_daijyuji_009.jpg

20180215_daijyuji_010.jpg

20180215_daijyuji_011.jpg


ブログに訪問ありがとう!
拍手やランキングをポチッとよろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術