fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2018年11月27日 (火) | 編集 |
まだ11月も終わっていなのに、こんな話で申し訳ない。
ずっと前に、多分ココで言った事があると思うけど、
どのお店も正月くらいは休んでいいんだぞ!ってお話をひとつ。

-----------------------------
【元日は休みます!】コンビニもスーパーも
http://www.gurum.biz/archives/100085121.html

-----------------(リンク先:おいしいお)

いつ頃からでしょうね?正月どの店も営業するようになったの。
少なくとも団塊ジュニア世代の私が子供の頃は、
正月に閉めている店はいっぱいあったような気がするのですが…
今は飲食業も、それ以外の業種も、仕事をするのが常識みたいな
世の中になってますね。みんな働きすぎだよー。
正月は仕事せず、静かに過ごすのがあるべき姿だと思うんだ。
もっと言うなら年越しから正月三が日くらいは休めと。
食材?ンなもの正月用に事前に買いだめしとけ。
正月は家族一緒に、コタツで餅とみかんでも食ってなさい。
地元を離れて生活している人も、正月くらいは実家に帰りなさい。

あぁ、正月といえば門松を出すお家や店も少なくなったね。
飾れる余裕のあるご家庭は、門松も出すといい。
国旗も掲げればなおヨシ。あ!あと正月、子供にお年玉を現金で
くれてやる悪しき風習はそろそろやめにしませんか?
この辺については、過去ログを貼っておくから読んでね♪
「門松と、餅と、お年玉の話」
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1034.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
2018年11月26日 (月) | 編集 |
2018.6.10 探訪 
施設の外側の写真は撮り忘れました。
ここは道の駅『風の丘』

下の写真は施設内のもの。この赤い布は何かというと、
遠野市にある「卯子酉神社(うねどり神社)」をイメージして
作られたコーナーで、願いを書いた赤い布を左手だけで結ぶ事が
出来れば願いが成就するというもの。
卯子酉神社は遠野物語にも登場する縁結びの神社だそうです。

ちなみにその下に置いてある銀のバケツは、
遠野で生産されているジンギスカン用のバケツw

20180610_tono_kazenooka001.jpg

萌えキャラのパネルが置いてありました。
道の駅 風の丘公式「綾織楓花」というキャラらしいです。

遠野 萌えキャラプロジェクト
公式Twitter/https://twitter.com/tonomoechara

20180610_tono_kazenooka002.jpg

思わず二度見してしまった「どんがし」。
え?え?と混乱。地方によって呼び方があるのだろうか?
普通「はざし」か「ポン菓子」だとばかり思っていたのですが、
「どんがし」っていう言い方は初めて聞きました。

20180610_tono_kazenooka003.jpg

YouTubeより動画を拝借。


本日紹介した施設はこちら。
-----------------------------
道の駅 風の丘
http://kazenooka.tonofurusato.jp
住所/岩手県遠野市綾織町新里8地割 2番地1
電話番号/0198-62-0888
営業時間などは公式サイトをご覧になって下さい。

※施設の情報は2018年11月現在のものです。
-----------------------------


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2018年11月26日 (月) | 編集 |
2018.6.10 探訪 
遠野へやって参りました。
「伝承園」へ行く途中でこんな場所を見つけたので撮影。
残念ながら現在は保存整備のため、工事中のようです。
立ち寄ったのは「千葉家住宅」

20180610_tono_chibake_001.jpg

-----------------------------
重要文化財 千葉家住宅(南部曲り家千葉家)の保存整備
http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/48,28035,303,html

-----------------(リンク先:遠野市公式)

20180610_tono_chibake_002.jpg

20180610_tono_chibake_003.jpg

-----------------------------
国指定重要文化財(建造物)千葉家住宅 五棟
 千葉家住宅は、天保年間(1830〜1844)に主屋が建設され、
大正末期までに現在のような屋敷構えが整った。主屋は馬屋を
前面に張り出してL形平面とする、いわゆる南部曲り家形式の
民家で、主屋の座敷では面皮材の棹縁を使用するなど、
瀟洒な意匠を見せる。
 千葉家住宅は、南部曲り家の分布域南縁に位置するとともに、
遠野地方の典型的な間取りで、洗練された座敷意匠を採用する
など、江戸末期の大型曲り家民家として高い価値がある。
また、主屋の周囲には、江戸末期から大正期にかけて建設された
附属建物が残り、その特異な敷地構成とともに豪農の屋敷構えを
よく保っている。

-----------------(千葉家住宅 説明文より)

第1期保存修理工事 作業状況

20180610_tono_chibake_004.jpg

うーん、見たかったなー。

20180610_tono_chibake_005.jpg

-----------------------------
《工事名》  重要文化財千葉家住宅第1期保存修理工事 
《工事期間》 平成28年6月20日~平成32年1月8日 
《発注者》  遠野市長 本田敏秋 
《請負者》  株式会社テラ 代表取締役 三浦貞一 
《設計監理》 公益財団法人文化財建造物保存技術協会 
《現場代理人》株式会社テラ 菊池清彦 

-----------------------------

10年かけて工事をするそうで、
二年後には第1期がようやっとおわるくらいのようです。
先は長いなぁ…

20180610_tono_chibake_006.jpg

-----------------------------
重要文化財 千葉家住宅
https://tonojikan.jp/kanko/chibake.php
住所/岩手県遠野市綾織町上綾織1-14

-----------------------------


ブログに訪問ありがとう!
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2018年11月25日 (日) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2405.html

「サンバ」

20181123_Heartful_Yaizu_032.jpg

みんなでダンスしてファイナルでーす♪
…ってな感じで再び司会のかたが「みんなで踊りましょうー」
っと手招きするも、やっぱりなかなか集まらない。

20181123_Heartful_Yaizu_033.jpg

皆さん動いているので、写真ブレブレで申し訳ないッス。
演者さんたちがステージの下に降りてきて中央に集まり、
参加していた外人さんたちが手を繋ぎ、その周りをぐるぐる。
ちなみに、ノリノリで踊っているのはほぼ外人さん。

20181123_Heartful_Yaizu_034.jpg

日本人はシャイで恥ずかしがり屋さんなので参加をしたがらず、
輪の外側で外人さんのダンスを大人しく見ていたり、
こそっと小さくユラユラ揺れながら隅で控えめに踊っていたり…
おいでよと誘われても「いやいや、いいですいいですw」と。

民族性ってヤツがハッキリとわかってしまう場面でした。
(でも本当は、あの輪の中にちょっとだけ加わりたいんです)

20181123_Heartful_Yaizu_035.jpg

20181123_Heartful_Yaizu_036.jpg

上の写真のあと、また輪になってぐるぐる。
実はその時ネパールの女性に「あなたもおいでよ♪」と促され、
断るわけにもいかず、恥ずかしがりながら輪に入った私。
一緒になってみんなとぐるぐる行進してしまいましたw
気付けば、さっきまで控えめだった他の日本人もぐるぐる。
楽しかったよ、ありがとう。

【ちとつぶやき】
ベリーダンスとサンバのお姉さんがたの後ろ姿を狙って、
執拗に撮影していたお爺さんがいたけど何だろな。
…はっ!もしや盗撮?

下の写真はDJの人。

20181123_Heartful_Yaizu_037.jpg

スタンプラリーでいただいたもの。
最後のポイントでスタンプ全てを確認し、クジを引いて、
残念賞だった景品はうまい棒とコインチョコ。

20181123_Heartful_Yaizu_038.jpg

この会場に来る前に行った「食の祭典」のステージよりも、
「はあとふるYaizu」のステージの方が面白かったなというのが
正直な感想。来年も開催されたらまた見に行きたいです。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報
2018年11月25日 (日) | 編集 |
前の記事に関連して笑い話をひとつ。

いつだったか忘れたが、以前、家のチャイムを鳴らされ覗いたら
オバサン二人組が玄関の前に立っていたのですよね。
「まーた変な宗教か。適当に話にツッコミ入れて断ってやろう」
と思って扉を開けたら…

「あのぅ、私たち○○の教会の者ですけれども」

ときたもんだ。最初、エホバか何かの人たちかと思ったけど、
変な冊子は持っていないようだし、現存する教会の名前を出して
キリスト教が云々言っていたのでカルトじゃないなと理解。
(確か、礼拝があるのでその案内をーという話だった)
話が通じる相手だなと察して、普通に対応する事にしたのです。

SERUNA:「あぁ、すいませんね。うち神道なもので」
オバサン:「神道…?」
SERUNA:「えっと、神社とかあるでしょ?そっちの…」

で、笑えるのはここから。
このオバサンたち、ポンと手を叩いて…

「あぁー!あの神様の…!」

変な笑いが出そうになりましたw
ちょっと待て、あの神様ってどの神様よwwww
あなた達が毎日祈って信仰してるヤツも神様じゃないんかいw

SERUNA:「ですですw あの神様ですwww
  普段は神社にお参りしていて、他の宗教には興味ないので」
オバサン:「じゃあ仕方ないですね、失礼しましたー」

断って普通に帰ってくれましたが「あの神様」って言ったのが
もうずっと頭の中に残って、今でもたまに思い出しては可笑しく
なってしまいます。日本は八百万の神の国。あの神様って一体、
どの神様だったのでしょうねw

ネットでよく見るコラ画像。
ネコならなんぼでも愛そう。にゃんにゃん教なら大歓迎だw
20181125123043070.jpg

【関連過去ログ】
胡散臭い宗教の勧誘を、猫と一緒に撃退した話
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-629.html
怪しい新興宗教の奴が勧誘しに来た
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-800.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2018年11月24日 (土) | 編集 |
民族への接触が禁止となってる島なのに行ったバカが悪いし、
放っといてあげなよという気持ちになったのは私だけではない。

-----------------------------
文明未接触の島『北センチネル島』に上陸した人を住民が
弓矢で殺害か「怖すぎる」一体どんな島なの?

https://togetter.com/li/1290948
(リンク先:togetter)

北センチネル島とは? 上陸しようとした宣教師殺害。
現代社会との接触を拒む「世界最後の秘境」

https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/22/what-is-north-sentinel_a_23597582/
(リンク先:huffingtonpost)

-----------------------------

あのさぁ… どうして昔からこうも、キリスト教宣教師ってのは
他の民族に対して自分らの宗教を押し付けようとするかね?
キリスト教って、今もまだこんな事やってんの?

なんかこのニュースを見て、かつての日本を思い浮かべたよ。
宣教師がどういうつもりで島へ行ったのかは知らないけど、
センチネル人にとっては得体の知れない侵略者。
話が通じる相手と思っていたのなら、頭の中相当なお花畑だな。
彼らは自分たちの国を護るために当たり前の事をしたまで。
攻撃してくるのは当然じゃん。
この宣教師とやらも、どうせ白人様の上から目線ってヤツで
「未開の蛮族に俺らの素晴らしさを見せつけてやる」
「キリスト教は素晴らしい。信仰すればみんな救われる」
くらいに思っていたんだろうな。大きなお世話だよ。
蛮族はお前らだ。

余談です
キリスト教の人間全てがこんな人間だとは思っていません。
子供の頃、ウチのお店によく来てくれたフランス人の
クリスチャンは、決して自分の宗教を押しつける(隙あらば
布教みたいな事をする)ようなタイプの人ではなかったです
からね。相手を尊重する優しいかたでした。

関連過去ログ:三太九郎(さんたくろう)
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-992.html

【おまけ】
日本のですが、こんなのをリンクさせておく。
秀吉の伴天連追放令
https://ironna.jp/article/12263
記事が消滅していたのでアーカイブはこちら→
宣教師が見た日本社会
https://www.token-net.com/thesis/thesis-04.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
テーマ:国際ニュース
ジャンル:ニュース