FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年12月28日 (金) | 編集 |
風花程度で「雪だ!」とテンションが上がる静岡県民です。
他県民:「雪じゃねえよそれ…」

----------------------------
週間 居座る冬将軍 年明けも雪強まる
(日直予報士 2018年12月28日)

https://tenki.jp/forecaster/yosh_ika/2018/12/28/3134.html

-----------(リンク先:日本気象協会 tenki.jp)

毎年恒例の記事ですが…
東部除く静岡平野部は雪降りません。
繰り返す。静岡は絶対雪なんか降らない。(´・ω・`)

全国あちこちでみんなが寒い寒い言ってる時に、
こちらの地方、昼間は風が吹かない限りあったかいですからね。
通い猫のシロさんに至っては、今日も冬なのに日向でぬくぬく。
天気予報の情報を見るとわかりますが、近隣の県と比べると、
静岡は気温が数度高いですから過ごしやすいですよ。

…冬にスタッドレスタイヤ?なにそれ美味しいの?
(県中部の人間に言わせていただくと付け替える必要も無いし、
多分こんな感じ)

動画古いけど、最後にいつもの。



【余談です】
雪降る時期にあまり雪降る地方へは旅行しません。
え…だって雪道で車走らせるの怖いじゃん…(旦那談)


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
2018年12月27日 (木) | 編集 |
2018.7.2 探訪 
『河口湖木ノ花美術館』にやって参りました。
ココは「猫のダヤン」のミュージアムでございます。
私も旦那も、可愛いこのキャラが大好き♪

↓詳細はこちら。絵本だけでなくアニメもありますので是非…
わちふぃーるど公式サイト:http://www.wachi.co.jp

20180702_konohana_dayan_001.jpg

まるで絵本の中に入り込んだようなお庭と建物。

20180702_konohana_dayan_002.jpg

この建物は物語に登場する「タシールエニット博物館」。

20180702_konohana_dayan_003.jpg

施設内に入りました。
置いてあるものがどれもみんな可愛いです。

20180702_konohana_dayan_004.jpg

20180702_konohana_dayan_005.jpg

2階のミュージアムにある展示物は撮影禁止なので、
そちらの写真はありませんが、代わりに受付の側にあった
玉座に座るダヤンの写真をアップしておきます。

20180702_konohana_dayan_006.jpg

もちろんグッズの購入も済ませましたよー♪

20180702_konohana_dayan_007.jpg

ミュージアムを見てお買い物をした後に外へ。
下の写真は「オルソンさんのイチゴ」というカフェ。

20180702_konohana_dayan_008.jpg

絵本を読んだ事のある人なら何倍も楽しめるかも?

20180702_konohana_dayan_009.jpg

もういっちょ「タシールエニット博物館」。

20180702_konohana_dayan_010.jpg

20180702_konohana_dayan_011.jpg

20180702_konohana_dayan_012.jpg

20180702_konohana_dayan_013.jpg

訪れた日は7月。紫陽花が綺麗でした。

20180702_konohana_dayan_014.jpg

20180702_konohana_dayan_015.jpg

20180702_konohana_dayan_016.jpg

カフェの横手にまわってみました。
こちら側はオープンカフェになっているようですね。
看板のベビーダヤンが可愛かったし、お花も綺麗だったです♪

20180702_konohana_dayan_017.jpg

20180702_konohana_dayan_018.jpg

20180702_konohana_dayan_019.jpg

皆さんもダヤンの世界に迷い込んでみてはいかがでしょう。

20180702_konohana_dayan_020.jpg

-----------------------------
河口湖木ノ花美術館 猫のダヤン
http://www.konohana-muse.com/top.html
住所/山梨県南都留郡富士河口湖町河口3026-1
電話番号/0555-76-6789
休館日/年中無休(展示替えなどによる臨時休業もあります)
営業時間/3月〜11月 9;00〜17:00・12月〜2月 10:00〜16:00
入館料/大人 500円・中高生 400円・小学生は大人同伴で無料

入館料がお得になる割引情報は、下記のページを参考にしてね。
http://www.konohana-muse.com/konopg/infopg/info.html

※美術館の情報は、2018年12月現在のものです。
-----------------------------

【おまけ】
SERUNA:「腐った私としてはジタン×ダヤンがだな…」
(;゚Д゚)「それ以上はやめてっ!ダヤンの世界が穢れちゃう!」
( =゚ω゚)「わちでBL妄想とか、やべぇなこの人」


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
テーマ:山梨
ジャンル:地域情報
2018年12月27日 (木) | 編集 |
2018.7.2 探訪 
山梨の「河口湖木ノ花美術館」へ向かう途中に食事。
この日訪れたのは、ほうとう不動の経営する「不動茶屋」
美術館までは車で約5分ほどの距離にあります。

20180702_fudoucyaya_001.jpg

20180702_fudoucyaya_002.jpg

外人さんに向けての説明でしょうか。
黒板に英文でなにか色々と書かれています。

20180702_fudoucyaya_003.jpg

あまり執拗にパシャパシャ撮るのも悪いなと思って
店内はここだけしか撮りませんでしたが、
お店の中も古風でオシャレ。

20180702_fudoucyaya_004.jpg

注文したのは、シンプルな冷たいお蕎麦。
窓際の席に腰掛けて外を見ながらゆっくりいただきましたが、
とても美味しかったです。

20180702_fudoucyaya_005.jpg

私たちが行った時には、おばちゃんが一人で切り盛りしていて、
お客さんで混雑してきた時間帯は少し大変そうでした。
おばちゃんワンオペか?大丈夫?!(´・ω・`;)
中には待てずに遅いと文句を言う人もいるでしょうけれども、
頑張って欲しいです。

ご馳走様でした♪


本日紹介したお店はこちら。
-----------------------------
不動茶屋
http://www.houtou-fudou.jp/past/pg/fchaya.html
住所/山梨県南都留郡富士河口湖町小立1222
電話番号/0555-72-0788
営業時間/11:00〜16:00 (※麺が終わり次第閉店)
定休日/年中無休

※店舗情報は2018年12月現在のものです。
-----------------------------

20180702_fudoucyaya_006.jpg

【おまけの話】
ここに来る間に、旦那の車が何かを踏んでパンクしてしまい、
食後にお店の駐車場でスペアタイヤと交換する事態に。
(店から出て、タイヤの空気が完全に抜けている事に気付いた)
「交換するまでの間、少し車を置かせて下さい」とおばちゃんに
お願いをして助かりました。
「大丈夫でしたか?」と気にかけて下さり、嬉しかったです。
あの時はご迷惑をおかけしてしまいスミマセン。
そして、ありがとう御座いました。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
2018年12月26日 (水) | 編集 |
オタクの質
随分昔はオタクなんて日陰者の存在だったのに、
2000年代に入ったくらいの頃辺りで「オタは市民権を得た!」
みたいに振る舞う人が増えたような気がする。最近ではただ単に
アニメを見てるってだけでオタクを自称する人も出てきてるし、
(ただし、内容をちゃんと見ているかどうかは怪しいレベルで)
オタクを自称したがる人が増えてるけど、アレ、何なんスかね?
ミーハーでイナゴみたいな非ヲタ(一般人)がオタクをアピール
して何の得があるんだろう。ネットじゃなくリアルな日常で、
聞かれてもないのに「俺、オタクなんスよ」ってのもいるけど、
古いオタクからしたらちょっと身構えちゃう。
コイツはどこまでオタクなのか?とか、オタクに見せかけといて
オタクをバカにするタイプの奴か?とかさ。わかる人いるかな?

…で、昔は「オタク」と「マニア」は別物として区別されていた
と思うんだけど、今、マニアもオタクも一緒くたに扱われている
事について本物のマニアさんたちはどう感じているんだろ?
昔のオタクなら、マニアに対して敬意を持っていたものだけど、
マニアなのにオタク呼ばわりは、マニアさんに失礼だと思う。

あとコレ言いたいんだけど、テレビでヲタネタを放送する時に、
いまだにバカの一つ覚えのようにエヴァの曲を流す局があるが、
バカっぽいからやめた方がいいよ。それだけしか知らんの?
アニメの曲なら他にもいっぱいあるでしょ。

秋葉原
愚痴らせて欲しい。
世の中「オタクといえば秋葉原」という認識だけど、
今のアキバはオタクの街でもマニアの街でもないと思いますよ。
外国人が増えまくって、メイドの立ちんぼさんも相変わらずだし
(というか、ビラ配りのメイドはマジで排除してほしい)、
ついでに言っちゃうけど、相場もわからない外人さんが、
フィギュアやら何やら値段が高くても買っていくものだから、
店もそういう外人を相手に商売し始めて、掘り出し物だとか
ここに来れば安く買えるモノとか、一切見なくなったよね。
ジャンク品ですらジャンク価格で無くなったの、どういうこと?
(…ってか、ジャンクといえば10年くらい前から「ジャンク品」
の意味もわからず買っていく層も増えたよな。あれ迷惑)

これはアキバに訪れる外人さんに言いたいんだけど…

「欲しいのがあったからと何でも飛びつくのはやめた方がいい。
あなたの手にしたその商品、他の地方で買った方が断然安いよ」
「メイドに話しかけられたら“No!”と言え。カモにされるよ」


…とね。まぁ、本人が楽しければ何も言わんけど。
あと、レンタルショーケースの商品が夢見価格ってのは昔から
だけど今の価格のつけ方は昔よりも酷いわ。完全に外国人を
ロックオンしているのがよくわかる。
夜なんか裏通りはオタクの街っていうより、もはや風俗街
(新宿の連中がシマを移動して来たんでしたっけ?)ウンザリ。

私がアキバへ初めて行ったのは1999年位だった気がしますが、
怪しい露天が排除されたばかりくらいの時代かな。
それより前の時代を知ってる人にはバカにされちゃいそうだけど
あの頃はまだ、目的を持って訪れていたマニアやオタクがいたと
思うんです(どうでもいいが昔アキバで見た、脚を欠損していて
それをダシに乞食行為をしていたおっさんが居たけど、
あの人、いまどこで何してるんだろう?死んじゃった?)。
それが今や街を歩けば外国人だらけ。飲食店で働いているのも
ヘタすりゃカタコトの日本語を喋る外国人が増えてるし、
日本人のオタクが居たとしても、二割くらいって感じかな。
マニア相手のお店も本当にごく僅かしか残っていないだろうね。

普通の店で売っている商品が高い物ばかりになって、
買い物はあまりしなくなったな。アゾンには必ず行くけど、
今は殆ど暇つぶしくらいでしか行かないかも。

最後にこれ貼っておく。

-----------------------------
漫画ブリッコ資料館「おたく」の研究
http://www.burikko.net/people/otaku.html

-------------(リンク先:漫画ブリッコの世界)

どうでもいい情報ですが漫画ブリッコってのは今で言うところの
18禁漫画雑誌。当時は規制がユルユルな時代だったので、
中学時代に堂々とレジに出して買っていた思い出w

若い世代は知らないと思うけど「オタク」ってのは元々、
アニメ好きをバカにする呼称だったんです。オタクってだけで、
冷や水をぶっかけられるような目線で見られていた時代があった
ので、昔のオタクってのは「特定の場所」以外ではわりと静か
だったんですよ(今みたいに変なアピールもしない)。

時代は変わったねぇ…
サブカル世代が親になった(ヘタしたらジジババになってる)
からってのもあるんだろうか。サブカルの世代の子世代孫世代
になるとオタクの質も街も変わってくるのね。


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用