FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年12月01日 (土) | 編集 |
検索からいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

「オシラ堂」の中に入りました。堂内はとても狭いです。

20180610_tono_densyoen_068.jpg

20180610_tono_densyoen_069.jpg

後ろを振り返ってみてもオシラサマだらけ。
もうお堂の中全部オシラサマ。年季の入ったものまであります。

20180610_tono_densyoen_070.jpg

オシラサマは岩手だけではなく、青森にも。
ちなみにオシラサマを粗末に扱うとどうなるか………
これは各自検索して震えてくださいw(というかそもそも神様を
雑に扱うなんて普通はしないし、ありえないんですけどねー)

-----------------------------
青森県のオシラサマ 
 オシラサマ、オスラサマ、オシナサマなどと呼ぶ。
桑の木で作り2体1対で包頭型が多い。災難除け、病気治癒、
農業手伝神、お知らせの神、粗末にすると咎める神と言われて
いる。南部地方では、旧正月16日〜3月16日までの間に
家にイタコを呼んでオシラサマを遊ばせる事が多く、
オシラ祭文を唱え両手に持って操り、一年の吉凶を占う。
 津軽地方でも春秋にイタコを呼んで遊ばせる。
津軽地方のオシラ信仰の中心は弘前市久慈寺の「オシラ講」
である。5月15日・16日には、美しい錦で包まれたオシラサマ
を持参して多くの参拝者が集まり、判をもらって「位」を
授かる。判の数が多いほど位の高いオシラサマと言われ、
その影響は津軽一円に広まっている。

------------------(オシラ堂 案内板より)

他にも「二足四足の動物の肉を食べてはいけない」
「一度オシラサマを家で祀ると拝むことを止められない」
などの決まりもあるそうで、それを破ると……

(=゚ω゚)「えぇー、豚も牛も食べられなくなっちゃうー」
SERUNA:「もちろん馬肉もなw」

…でも今は、それをキチンと守っている人はいないだろうな。
お馬さんだけは食べないかも知れないけれど。

20180610_tono_densyoen_071.jpg

ここにも、あそこにもオシラサマ。

20180610_tono_densyoen_072.jpg

20180610_tono_densyoen_073.jpg

みんなの願い事がいっぱい。

20180610_tono_densyoen_074.jpg

桑の木のご神木。

20180610_tono_densyoen_075.jpg

20180610_tono_densyoen_076.jpg

20180610_tono_densyoen_077.jpg

20180610_tono_densyoen_078.jpg

★その6に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2423.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2018年12月01日 (土) | 編集 |
検索からいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

「オシラ堂」へ向かいましょう。

20180610_tono_densyoen_051.jpg

…と、その前に「常居(じょい)」の写真をアップしますね。
置いてある飾りは遠野では一月に飾る「お作立て」というもの
らしいです。詳しくは下記リンクを参考にどうぞ。
http://tonoculture.com/dealing/one_of_the_month/1896/
http://tonoculture.com/curators-diary/2015/3024/
(リンク先:遠野文化研究センター)

20180610_tono_densyoen_053.jpg

20180610_tono_densyoen_052.jpg

20180610_tono_densyoen_055.jpg

20180610_tono_densyoen_054.jpg

神棚がありました。
恵比寿さんと大黒さんの絵ですね。

20180610_tono_densyoen_056.jpg

「常居」から「オシラ堂」へ続く廊下。

20180610_tono_densyoen_057.jpg

絹糸を作る道具などが置かれています。

20180610_tono_densyoen_058.jpg

20180610_tono_densyoen_059.jpg

20180610_tono_densyoen_060.jpg

20180610_tono_densyoen_061.jpg

通路を曲がると、正面にオシラ堂が見えます。
オシラ堂の出入り口は低く出来ている為、ペコッとお辞儀をして
入室するようなカタチになります。

20180610_tono_densyoen_062.jpg

20180610_tono_densyoen_063.jpg

このお話をイメージするポスターが貼られてありました。
「オシラサマ」の物語は過去ログを参考にどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2398.html

20180610_tono_densyoen_064.jpg

20180610_tono_densyoen_065.jpg

20180610_tono_densyoen_066.jpg

20180610_tono_densyoen_067.jpg

★その5に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2420.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報