FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2018年12月03日 (月) | 編集 |
検索からいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

「だいどころ」にやってまいりました。
囲炉裏がとても良い雰囲気ですね。暖かかったです。

20180610_tono_densyoen_079.jpg

20180610_tono_densyoen_080.jpg

展示用の作り物だと思いますが、見上げるとお魚が。

20180610_tono_densyoen_081.jpg

20180610_tono_densyoen_082.jpg

このお部屋で語り部さんによる遠野物語が聞けるらしい。
岩手の方言でお話しされるので、わからない言葉もありそう。

20180610_tono_densyoen_083.jpg

語り部さんが不在の時間は、物語はテープで自動再生。
おばあちゃんのお人形の隣にあるセンサーに手を近づけると、
「オシラサマ」「五徳のはなし」の二本が聞けます。

20180610_tono_densyoen_084.jpg

遠野物語を再生させながら囲炉裏のそばに座ってみる。
まったりしているとだんだん眠くなってきますね。
こういうお家に住んで、ゴロゴロしたい。

20180610_tono_densyoen_085.jpg

カメラを「だいどころ」から「常居」に向けて撮影。
古いお家の風景は、私にとっては非日常。
あぁ…なんだか現実逃避がしたくなってきたなw

20180610_tono_densyoen_086.jpg

20180610_tono_densyoen_087.jpg

↓【警告以下、虫注意!

これから蚕の写真がしばらく続きます。
虫(芋虫っぽいやつ)が苦手な人は、
ココから下はスクロールをお願い致します。
虫の写真が出てくるので、嫌いな人はすっ飛ばしてくださいね。

「おもてざしき」にむかいます。
このお部屋では本物の「蚕」を飼育しているようです。

20180610_tono_densyoen_088.jpg

20180610_tono_densyoen_089.jpg

桑の葉っぱの上にゴチャッといる白い子たちが、お蚕さん。
静かに聞き耳を立てていると「パキ…パキ…」と葉っぱを食べる
小さな音が聞こえてきますよ。虫はあまり好きじゃないけど、
ナゼか、お蚕さんだけは可愛く感じてしまう不思議。

20180610_tono_densyoen_090.jpg

20180610_tono_densyoen_091.jpg

20180610_tono_densyoen_092.jpg

-----------------------------
桑の葉の効果 
 中国では漢方として「滋養強壮・血行促進」などに用いられる
桑の葉ですが、注目すべき成分は桑の葉にしか発見されていない
特有成分「DNJ」(1-デオキシノジリマイシン)です。
DNJには「血糖値を下げる」「血圧を下げる」「抗酸化作用」
「便秘解消」といった作用があります。
また、血糖値を抑制する作用から、低インシュリン状態を維持し、
体脂肪を抑制するダイエット効果があります。
食欲旺盛なお蚕さんの食べ物だけあって、桑の葉にはビタミン・
ミネラル・食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれています。

--------------------(蚕の説明文より)

棚の上にも、カゴの上にも、お蚕さんたちでいっぱいですよー。
コレきっと虫嫌いな人にとっては地獄絵図に違いない。
真っ白くて可愛いのにー。

20180610_tono_densyoen_093.jpg

20180610_tono_densyoen_094.jpg

本当は動画でお伝えしたいところ。
お蚕さんたち、みんなモニョモニョ動いていましたよ。

20180610_tono_densyoen_095.jpg

お蚕さんは、人間がいないと生きていけません。
「小さな羽が生えても飛ぶ事ができない」というのも、
個人的にはお蚕さんの萌えポイントw

20180610_tono_densyoen_096.jpg

20180610_tono_densyoen_097.jpg

-----------------------------
 カイコは、家産(かさん)とも呼ばれ、人から与えられた
桑の葉だけを食べる野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化
動物(昆虫)で、野生には生息しません。
 カイコは、腹脚が退化しているため樹木に自力で付着している
ことができず、野外の桑にとまらせても、風が吹いたりすると
容易に落下してしまい、ほぼ一昼夜のうちに地面に落ちるか捕食
されるかで、全滅してしまいます。
 繭を作る際も、人工的な枠(まぶし)に入れてやらないと
うまく繭を作れません。ふ化して成虫になっても、
羽が小さく飛ぶことはできません。

--------------------(蚕の説明文より)

★その7に続くよ!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2424.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報