FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2019年03月15日 (金) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2550.html

再びブラブラ。

20181101_ディズニーシー_075

20181101_ディズニーシー_076

20181101_ディズニーシー_077

20181101_ディズニーシー_078

20181101_ディズニーシー_079

セットがあちこち凝っている。

20181101_ディズニーシー_080

20181101_ディズニーシー_081

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ。
見ての通り「シンドバッドの冒険」です。実は私が知っている
シンドバッドの冒険は、1975年に日本アニメーションが製作して
いたもので、ディズニーの方はよく知らんのよね。

20181101_ディズニーシー_082

なんかココは内部撮影OKっぽかったので撮ってみた。

20181101_ディズニーシー_083

20181101_ディズニーシー_084

20181101_ディズニーシー_085

20181101_ディズニーシー_086

20181101_ディズニーシー_087

外に出ました。

20181101_ディズニーシー_088

20181101_ディズニーシー_089

20181101_ディズニーシー_090

★その6に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2565.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
テーマ:東京ディズニーリゾート
ジャンル:旅行
2019年03月15日 (金) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2550.html

再び海底二万マイルのあたりにやってきました。
こちらはノーチラス号。

20181101_ディズニーシー_061

20181101_ディズニーシー_062

20181101_ディズニーシー_063

20181101_ディズニーシー_064

20181101_ディズニーシー_065

取り敢えずこの辺りで食事をとることにしよう。

20181101_ディズニーシー_066

ここの鳥さんは人馴れしている。
足元でスズメさんがお食事をしていました。

20181101_ディズニーシー_067

「ブリーズウェイ・バイツ」で買ったフライドピザ。
「ノーチラスギャレー」で買った餃子ドッグ。あとビール。

20181101_ディズニーシー_068

餃子ドッグ、35周年のパッケージ。

20181101_ディズニーシー_069

カモさんがやってきました。

20181101_ディズニーシー_070

エサをくれそうな人を物色中。

20181101_ディズニーシー_071

「グワッグワッ」と鳴きながら物乞い。
カモA:「ねぇねぇ、ゴハンちょうだーい」
カモB:「ちょうだーい、ちょうだーい」

20181101_ディズニーシー_072

欲しそうにしていて貰えないとわかるとカモさんたちは、
「ちぇっ、ケチな人間!」「けちー!」ってな感じで、
くちばしで足にツンツン攻撃してから次の席へ。
(くれ騙しする人にも同じようにくちばしで攻撃してたw)

次の席でも「ちょうだーい、ちょうだーい」するカモさん。
貰えないとわかると(以下ループ)…キミたち面白いな。

20181101_ディズニーシー_073

フライドピザと餃子ドッグ、なかなか美味でございました。

20181101_ディズニーシー_074

★その5に続くよ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2562.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
テーマ:東京ディズニーリゾート
ジャンル:旅行
2019年03月15日 (金) | 編集 |
-----------------------------
【悲報】障害者を殺傷した植松さん、
完全に正論モンスターになってしまう…

http://world-fusigi.net/archives/9343872.html

-----------------(リンク先:不思議.NET)

植松の言わんとしている事はわかるような気がする。
…と書くときっと「頭おかしい」って言われちゃうかもだけど、
かといって親でなく第三者が殺してもいいのかと言ったら、
それもちょっと違う気がするし
難しい問題だよね。
なら手のつけられない位の障碍児をあなた一生面倒見れますか?
と問われたら、私ならば「絶対嫌だ」って答えるよ。
「殺すな」と答える事が出来るのは、重度の障碍児の面倒を、
なんの不満ひとつも言わず全てやる事が出来る人間だけのような
気がしてくるというかさ。やれますか?私には無理です。
あと、日々何事もなくのほほんと暮らして安全地帯にいる人間が
「殺すな」と言っても説得力が無いような…
もしもの話だけど、実際にこういう子供の親になっていたら、
私だったら頭おかしくなって殺してしまうかもしれないし。

日本における闇の部分だよね。
酷い事を言うかもだけど、重度の知的障碍の子供を持った親で、
この事件の遺族の中には口には出さないけど内心ホッとしている
親もきっといるのではないかなって…あくまで私の想像だけど。
「外に出せないレベルの厄介」を施設に押し付けているって事は
つまりそういう事でしょ。

ずっと昔の日本なら、そんな風に生まれてきた人間は、
閉じ込めたり殺したりして闇に葬られてきが、今は違うもんな。

関連しそうなニュースも貼っておく。
-----------------------------
知的障害ある娘の首を絞め殺害か 母親逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190314-00000022-nnn-soci

-----------------------------

こういう子供を持った大変さとか、何があったかだなんて、
当事者にしかわからない問題だし最近起きたこの事件も
母親が少し気の毒だと思ってしまったよ。子供と自分の将来を
悲観してっていうか、ぶっちゃけラクになりたかったのかな。

【余談です】
冷たいと言われるかもだけど…
少し前に出生前検査が云々の問題のニュースがあったが、
生まれる前の時点で、もし子供に障碍がある可能性が判明したら
堕ろす権利もあって良いと思ったりする。

不具の子を持っても誰も得しない。
日本神話に出てくるイザナギさんとイザナミさんですら、
失敗した不具の子は海に流しましたし。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記