FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年05月08日 (水) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2637.html

「梅之湯御霊水之井戸」
あるある。お腹が痛い時つい神様に祈っちゃうやつw
昔の人も変わらないんだなぁ。

20181115_mitsuke_tenjin_035.jpg

-----------------------------
梅の湯祭り
 江戸時代中頃の事です。陰暦七月十三日の夜、どこの誰かは
知りませんが一人の旅人が天神社の東北の原を通りかかりました。
その時、にわかに腹が痛みはじめました。あいにく薬をきらして
いたので、どうすることも出来ません。誰か通らないだろうかと
思って辺りを見回してみても、人通りの少ない所ですからだれも
来そうにありません。旅人は死ぬほどの痛みをじっと耐えるしか
ありません。苦しい時の神だのみで、旅人は天神社の方を向いて
「どうか神様、わたくしの腹の痛さを和らげて下さいませ」と
手を合わせてお願い致しました。その願いが神様にとどいたのか、
旅人の腹の痛みは和らいできました。旅人は天神社に立ち寄り、
白湯を一杯いただきますと、痛みもすっかりよくなりましたので
礼を言って立ち去りました。
 それ以来、梅の湯を飲むと一年間腹の病気をしなくてすむと
言われるようになりました。
         (文化年中・中村乗高著「事実証談」より)
このような伝説が天神社に伝わっています。
そして八月十三日には、梅の湯祭りが執行されております。
毎年十三日早朝より「梅の湯」の授与・午後八時より祭典を
執り行います。是非御参列下さい。

--------------(矢奈比賣神社 境内案内板より)

休憩所にあったもの。

20181115_mitsuke_tenjin_036.jpg

裸祭りに関する説明。詳しくは下記リンクを参照。
https://mitsuke-tenjin.com/s-taisai.html
https://hadakamatsuri.jp/index.html

20181115_mitsuke_tenjin_037.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_038.jpg



-----------------------------
国指定重要無形民族文化財 
見付天神裸祭     平成十二年十二月二十七日 指定
 矢奈比売神社は矢奈比売命・菅原道真を祭神とし、
別名、見付天神とも言われています。矢奈比売命は六国史に
「矢奈比売天神」と記載があり、また、菅原道真を祭神として
祀ったのは正暦四年(993)八月十一日との記録があります。
 当神社に伝わる裸祭は旧暦八月十・十一日に行われていまし
たが、昭和三十六年(1961)からその直前の土・日曜日に
行われるようになりました。この祭は当社の御神霊が
遠江国総社・近海国玉神社へ渡御する際に行われる祭で、
渡御に先立ち裸の群衆が見付地区内を練り歩き、神社拝殿で
乱舞することからこの名があります。
 大祭は一週間前の元宮天神社例祭(祭事始)から始まり、
見付地区の清め(御斯葉おろし)、三日前の福田海岸における
心身の清め(浜垢離)、前日の社殿・境内等の清め(御池の
清祓)と続き、大祭では御神霊の渡御、翌日には御神霊の還御
で一連の祭礼が終了します。
 この祭は、厳粛な物忌みと心身の清めにより、祭事を行うと
いう、古代の祭儀の法を伝承しているものと推定されます。
 裸祭に参加する者は褌・草鞋・腰蓑を着けたいでたちをし、
また、地区内の祭礼組織は古くからのしきたりが継承されて
います。

--------------(矢奈比賣神社 境内案内板より)

★その5に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2642.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術
2019年05月08日 (水) | 編集 |
検索でいきなりこの記事に辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2637.html

「氷室神社」

20181115_mitsuke_tenjin_021.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_022.jpg

授与所の側にある御神木。

20181115_mitsuke_tenjin_023.jpg

「神宮遥拝殿」。読んで字の如く、ココをお参りする事で、
伊勢神宮をお参りした事になります。因みにこの神宮遥拝殿から
伊勢神宮まで直線距離で108kmあるそうです。

20181115_mitsuke_tenjin_024.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_025.jpg

「願掛け牛」の雄と雌。

20181115_mitsuke_tenjin_026.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_027.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_028.jpg

先程の御神木(近景)。

20181115_mitsuke_tenjin_030.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_029.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_031.jpg

矢奈比賣神社の絵馬。

20181115_mitsuke_tenjin_032.jpg

20181115_mitsuke_tenjin_033.jpg

授与所にあった「しっぺいくん」ぬいぐるみ。
可愛い♪ (´∀`*)

20181115_mitsuke_tenjin_034.jpg

★その4に続くよ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2641.html


ブログに訪問ありがとう!
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:神社仏閣
ジャンル:学問・文化・芸術