FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
2019年10月15日 (火) | 編集 |
---------------------------
武蔵小杉、田園調布、稲田堤...
台風19号で水害にあった地域を古地図で見てみると、
興味深い"共通点"があるよって話

https://togetter.com/li/1416315
(リンク先:まとめ)

地名の由来トピ
https://girlschannel.net/topics/2382198/
(リンク先:ガールズちゃんねる)

---------------------------

「地名についてもっと興味を持ってほしい」
というのはこのブログで何度も何度も触れていますが、
災害があるたびにこういった話が持ち上がってくるので、
本日はこんな過去ログ(↓)を貼っておこうと思う。

関連過去ログ/地名って面白いよね。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1502.html

地名だけでなく川の名前からも色々わかったりしますね。
それだけでなくいま何もなくて安心している場所だとしても、
何十年前には災害がなかった地域でも、さらにもっともっと
時代を遡って古地図などを見たりその土地がどんな所だった
のかを調べてみて欲しいってのは声を大にして言いたいッス。
…ってか、このブログをずっと見ているかたならもうとっくに
ご存知かと思いますが、大事なコトだから私、繰り返し何度も
言ってますよね?ね?(^ω^ ;)

自分は神社めぐりをする時にその「土地の名前」や「古地図」
「物語」などにも興味を持って調べる事が多いのですが、
災害が起こった時に「ああ、やっぱりあそこは…」と思う事が
多々あったりします(例えばですが茨城県。風土記やその土地
に伝わる昔ばなしからも知る事ができたりするんですが、
あそこは遥か昔に広範囲で沼地だったり、かつて川があった
場所も現在ではすっかり何もなかったかのように埋め立てられ
ていたりする所がいくつも存在してます)。

災害に遭いたくないからハザードマップを参考にするのは当然
ですけれどハザードマップだけでは資料が足りないんです。
昔ばなしや地名、古地図にも興味を持ってください。
災害は、昔ばなしの中で何らかの空想上の生き物に例えられ、
語り継がれているものもあるからバカに出来ないですよ。
それらに興味を持つ事によって、その場所の歴史を知る事だけ
ではなく災害について普段から何らかの対策や心構えが出来る
かも知れない。

「今は何もないから大丈夫」
「昔ばなしなんて知らんし興味ない」
なんて言わないで欲しいな。


ちなみに我がふるさと焼津は日本武尊ゆかりの地名ですが、
遥か昔は葦のいっぱい生えた場所でした。
川や沼地を埋め立てている所も確かあるはずなので、
地盤も弱くとても不安な土地だったりする。

余談です
地名はね、ご先祖さんがちゃんと意味を持たせて残している
んですよ(ただし最近とってつけたようなキラキラネームに
変えられてしまっている所があるけど、それは無視してOK。
そういう所は元の地名が何だったのかに注目しよう)。

あ!あともう既に知ってる人は多いかと思われますが、
東京も意外と脆いですよ。大丈夫と思っていても
全然大丈夫じゃない所があるから気をつけてねー。


あなたの応援がブログ継続の活力となっています。
記事が面白かったら拍手をポチッとして戴けると嬉しいです。
関連記事
テーマ:地域情報
ジャンル:地域情報
2019年10月15日 (火) | 編集 |
2019.4.11 探訪 
「大野頭首工」にやって参りました。
重力式コンクリートダムで最大取水量は30立方メートル/秒。
規模としては小さいですが、これも一応ダムです。

20190411_大野頭首工_001

20190411_大野頭首工_002

こちらのダムも細かいことを省いて写真を淡々とアップ。
下の写真は桜と一緒に取水口を撮影してみたもの。

20190411_大野頭首工_003

取水口に近づいて撮影。

20190411_大野頭首工_004

20190411_大野頭首工_005

なんかいっぱいドバドバ出てた。
専門用語でこの場所は「魚道」というらしい。

20190411_大野頭首工_006

20190411_大野頭首工_007

取水口を横から撮ったところ。

20190411_大野頭首工_008

取水口付近。

20190411_大野頭首工_009

川を撮影。

20190411_大野頭首工_010

20190411_大野頭首工_011

取水口の場所は通行が可能。

20190411_大野頭首工_012

左手に見える建物は大野管理所。
ここでダムカードをいただいてきました。

20190411_大野頭首工_013

再び取水口を横から撮影(遠景)。
雑草が生えまくってもう何がなんだか…

20190411_大野頭首工_014

20190411_大野頭首工_015

お世辞にもあまり美しくはないダムですが、
その側で桜が綺麗に咲いていたのでついでに撮影。

20190411_大野頭首工_016

20190411_大野頭首工_017

最後に頂いたダムカードの写真を。通常のカードと、
天皇陛下御在位三十年記念の特別カードの二種類です。
(※記念カードは現在配布を終了しています)

20190411_oonotousyukou_018.jpg

20190411_oonotousyukou_019.jpg

20190411_oonotousyukou_020.jpg

20190411_oonotousyukou_021.jpg


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッとよろしく。
関連記事
テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報
2019年10月15日 (火) | 編集 |
2019.4.11 探訪 
新城市にある「宇連ダム(うれダム)」にやって参りました。
詳細/http://www.water.go.jp/chubu/toyokawa/
宇連ダムは直線越流型重力式コンクリートダム。
その大きさ2,842万立方メートル。ダム湖の名前は鳳来湖。

20190411_宇連ダム_001

20190411_宇連ダム_002

20190411_宇連ダム_003

20190411_宇連ダム_004

20190411_宇連ダム_005

色々と細かいことは省略して淡々と写真をアップ。
堤体の上から湖を眺める。カメラを左から右に…

20190411_宇連ダム_006

20190411_宇連ダム_007

20190411_宇連ダム_008

下の写真は宇連ダムの水源管理所。
管理所からカメラを右に…(下に見える川は宇連川です)

20190411_宇連ダム_009

20190411_宇連ダム_010

20190411_宇連ダム_011

発電所について。

20190411_宇連ダム_012

堤体の上から宇連川方面を覗く。

20190411_宇連ダム_013

20190411_宇連ダム_014

「鳳来湖」。

20190411_宇連ダム_015

船をおろす所があったので近づいてみましょう。

20190411_宇連ダム_016

「万理号」と名付けられた船がありました。

20190411_宇連ダム_017

船の場所から堤体を写す。

20190411_宇連ダム_018

最後に頂いたダムカードの写真を。通常のカードと、
天皇陛下御在位三十年記念の特別カードの二種類です。
(※記念カードは現在配布を終了しています)

20190411_uredam_019.jpg

20190411_uredam_020.jpg

20190411_uredam_021.jpg

20190411_uredam_022.jpg


ブログに訪問ありがとう。
記事が面白かったら拍手をポチッとよろしく♪
関連記事
テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報