FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2019年12月07日 (土) | 編集 |
----------------------------
ツイッター民「子供がわがままばかり言うからタブレット
壊して捨ててやったw子供の泣き顔と残骸見て(パシャッ)」

http://www.anige-sokuhouvip.com/blog-entry-33899.html

---------------(リンク先:アニゲー速報)

人んちの家庭事情にあまり口出ししたくないけど、
親も親だなっていう感想。子供の箸の持ち方を見て「あぁ…」
って察したけど、パチスロのくだりを見て更にドン引き。
そういう家庭なんだなって子供の未来が見えてくる。

…っていうか暴力で聞かすウチの父親もそうだったけど、
子供が言う事を聞かないからって物を壊すやり方は嫌いだな。

もっと意味がわからないのが「しつけてやりました!」
って壊したものの写真をわざわざ撮って、ネットにアップし
ドヤ顔キメながらアピールをする人。ああ言う人たちって、
そういう事をしてやりましたって他人に広めて楽しいの?
「いいね」が欲しいのか何なのかは知らないけどさ、
高嶋ちさ子みたいでなんかヤダ。

躾けられるべきはこの親なのではないのだろうか。

【関連過去ログ】
なにこのヒステリーおばちゃん。(´・ω・`)
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-1081.html


ブログに訪問ありがとう。「私もこういう親は嫌いだ」
って思った人は拍手をポチッと宜しく。
関連記事
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
2019年12月07日 (土) | 編集 |
いきなり検索でココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3010.html
拝観した当日にアップした写真はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3005.html

逆光ですいません、大嘗宮の裏側です。

20191204_daijyouguu_023.jpg

正面にまわるために歩きながら撮影。
こちらは遠景からの大嘗宮側面でございます。

20191204_daijyouguu_024.jpg

途中で「石室」なるものを発見。

20191204_daijyouguu_025.jpg

20191204_daijyouguu_026.jpg

----------------------------
 この場所は江戸城本丸御殿の大奥の脇に当たります。
石室の用途は諸説ありますが、火事など非常の際に、
大奥用の調度などを避難させた場所と考えられています。


---------------------(案内板より)

再び順路を進みながら大嘗宮を遠景で撮影。
正面までぐるーっと大回り。

20191204_daijyouguu_027.jpg

20191204_daijyouguu_028.jpg

20191204_daijyouguu_029.jpg

フユザクラの木。

20191204_daijyouguu_030.jpg

20191204_daijyouguu_031.jpg

到着しました。ドキドキしますねー。

20191204_daijyouguu_032.jpg

大嘗宮の構造についてはこちらの平面図を参考にどうぞ。
https://www.kunaicho.go.jp/event/pdf/inui-r01aki-daijyokyu.pdf
※pdfで開きます。

下の写真向かって右側奥に見える屋根が「悠紀殿」。
手前にある柴垣の向こうの建物が「小忌幄舎」。

20191204_daijyouguu_033.jpg

続いての写真右側に映るのは「風俗歌国栖古風幄」。
※楽士が歌を奏する建物なのだそう。
その建物の前にあるのは「衛門幄」と「庭燎舎」。

20191204_daijyouguu_034.jpg

列を作り横に流れながら写真を撮らないといけなかったので、
少し大変でした。

20191204_daijyouguu_035.jpg

20191204_daijyouguu_036.jpg

「南神門」と、その奥に見えるのは「殿外小忌幄舎」。

20191204_daijyouguu_037.jpg

写真中央は「風俗歌国栖古風幄」。

20191204_daijyouguu_038.jpg

「小忌幄舎」とその奥に少し見える屋根は「主基殿」。

20191204_daijyouguu_039.jpg

20191204_daijyouguu_040.jpg

目を凝らして内側を見てみる。

20191204_daijyouguu_041.jpg

20191204_daijyouguu_042.jpg

「膳屋」の壁。

20191204_daijyouguu_043.jpg

「一枚撮ったら進んでくださーい」
「撮ったら立ち止まらないでくださーい」
という係員さんの声が響く。

20191204_daijyouguu_044.jpg

主基殿を横から撮影。

20191204_daijyouguu_045.jpg

20191204_daijyouguu_046.jpg

そうそう。いま國學院大学で「大嘗祭」についての企画展を
開催しているそうなので如何でしょう(〜12月22日まで)。
http://museum.kokugakuin.ac.jp/special_exhibition/detail/2019_daijo_sai.html

さてさて、次は後ろにまわってみましょうか。

★その3に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3014.html


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
関連記事
テーマ:東京23区
ジャンル:地域情報
2019年12月07日 (土) | 編集 |
こんなサイトがあるんだと初めて知って驚いた。

--------------------------
日本行方不明者検索・地域安全支援協会
http://www.mps.or.jp/index.html

--------------------------

リストを見ると、とても生々しいというか何というか…
お年寄りの場合は認知症の可能性もあるので、そういった事で
突然帰る場所がわからなくなって居なくなってしまうのでは?
というのは容易に思いつく事ですが、それより若い年齢の人は
一体、何がキッカケで失踪をしてしまうんだろう?
理由はその人にしかわからない事なのでしょうけれども、
行方不明者の情報を見ていると、なんとも言えない闇を感じる
というか他人事ながら複雑な気持ちになりますね。

例えばですけれど、街で見掛けるホームレス。
あの人たちも中には何らかの事情を抱えて家族に黙って失踪し
そのまま現在に至っているという人も居るのだろうか?とか。
生きてゆくのにとても不器用な人なんだろうけど、ああいった
ホームレスの中にもしかしたら失踪者リストに載っている人が
いるのでは?と思ってしまうのは私だけでしょうかね。

一切の情報を隠して生きていくだなんて出来るものなの?
そういう人がどうやって生活をしているのかは知らないけれど
(最悪、もしかしたら自殺している可能性も否定できない)、
例えば家族と揉めたにしても、そうでなく悩みを一人で抱えて
どうしようもなくなって失踪しただけにしても、自分の意思で
居なくなるたちは人生それでいいのかなぁ?って。

どんな事情があるにせよ血縁関係を断ち切って、
世間から居ないものとして生きていくってどうなんだろう。
時々寂しくなって死にたくなったりしないのだろうか。

最後もう一個。
警察庁のサイトにもこういったものがあるんですね。
----------------------------
行方不明者に関する情報提供のお願い
https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/fumei/index.html

----------------------------

【プチつぶやき】
山へ出掛けていなくなった人もいるようですが、
それってもしかしてどこかで滑落して人知れずひっそり…
と、最悪なパターンしか思い浮かんでこないのが怖い。


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
関連記事
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記