FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2020年02月14日 (金) | 編集 |
2019.6.9 探訪
「本願清水イトヨの里」にやって参りました。
http://www.city.ono.fukui.jp/kosodate/bunka-rekishi/itoyonosato/
マンホールカードをいただいてからほんの少しブラり。
本日の記事は+α施設の写真なども載せていきます。
(有料ゾーンの見学はしていません)

20190609_itoyonosato_001.jpg

20190609_itoyonosato_002.jpg

こちらは大野市のデザインマンホール。

20190609_ono_manhole_001.jpg

いただいたマンホールカード。

20190609_ono_manhole_002.jpg

20190609_ono_manhole_003.jpg

----------------------------
 大野市の「イトヨ」、市章、豊かな名水をイメージする
「水玉」をデザインしたマンホール蓋です。イトヨは日本の
北中部を含む極東アジアなど北半球に生息するトゲウオ科魚類
で、その成育には、夏でも水温が十数度を越えない湧水域が
必要とされます。大野市には湧水が豊富ですが、
イトヨといえば本願清水。ここは淡水型イトヨの生息地として
世界的にも南限に位置する貴重なスポットであり、また市民の
生活用水として湧水文化形成にも寄与してきました。
大野市は世界に誇る湧水文化の保全を目的の一つとして下水道
整備に取り組んでおり、イトヨはその象徴として、これからも
「名水のまち大野」の発展と輝きを見守っていきます。

--------------(マンホールカード裏面より)

施設内にあった剥製。
剥製でも可愛い子がいるとつい撮ってしまう。

20190609_itoyonosato_003.jpg

20190609_itoyonosato_004.jpg

特別天然記念物のカモシカ。
カモシカは「シカ」ってついてるけど牛の仲間なんだって。
初めて知った時は衝撃だったよ。

20190609_itoyonosato_005.jpg

20190609_itoyonosato_006.jpg

施設の外側。イトヨの生息池があったり、
ザリガニ釣りも出来たりするそうです。
この日は一組の親子がザリガニ釣りを楽しんでいました。

20190609_itoyonosato_007.jpg

20190609_itoyonosato_008.jpg

20190609_itoyonosato_009.jpg

20190609_itoyonosato_010.jpg

20190609_itoyonosato_011.jpg

神社カテゴリに振り分けようと思ったけどこちらに。
施設に隣接する場所に鎮座する「磐座神社」
御由緒についての案内板がなかったので詳細不明。

20190609_itoyo_iwakura_001.jpg

20190609_itoyo_iwakura_002.jpg

20190609_itoyo_iwakura_003.jpg


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
2020年02月14日 (金) | 編集 |
2019.6.9 撮影
一乗谷駅の近くにあったデザインマンホール。

20190609_fukui_manhole_001.jpg

いただいたマンホールカードはこちら。

20190609_fukui_manhole_002.jpg

20190609_fukui_manhole_003.jpg

----------------------------
 一乗谷朝倉氏遺跡のシンボルである唐門に桜が舞い、
福井市宣伝隊長「朝倉ゆめまる」が顔を覗かせているデザイン
のマンホール蓋で、一乗地区に限定して導入しています。
一乗谷朝倉氏遺跡は、戦国時代に103年にわたり越前を統治
していた朝倉氏の城下町跡です。屋敷や道路などの町並みなど
が発見され、今日の都に勝るとも劣らないと言われた当時の
城下町の様子が、ほぼそのまま立体的に復元されています。
1971年には一乗谷城を含む278haが特別史跡に、1991年には
諏訪館跡庭園など四庭園が特別名称に指定された他、
二千を越える出土品が重要文化財に指定されています。

--------------(マンホールカード裏面より)


ブログに訪問ありがとう。
あなたの応援が励みとなっています。拍手をポチッと宜しく!
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用