FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2020年07月26日 (日) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人はその1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3310.html

阿波々神社には巨石群があります。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_024

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_025

カメラを左から右に向けてみる。
少しおりていきましょう。足元に気をつけて。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_026

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_027

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_028

ココは古代の祭祀跡。神々しく美しい。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_029

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_030

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_031

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_032

いま来たところを振り返る。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_033

大きな木を撮影。
カメラを上から下に三分割で。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_034

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_035

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_036

巨石に穴があいているぞ。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_037

もう少しくだった場所に石鳥居があります。
ここから上に鎮座する磐座を拝していきましょう。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_038

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_039

下から見た磐座。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_040

来たところを引き返して上に戻り、
先程見上げた磐座を撮影。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_041

----------------------------
 岩の割れ目が地獄に通じていると言い伝えられています。
でもこれは神仏習合時代の伝承で神社神道には『地獄』という
思想はありません。


--------------(阿波々神社 境内説明文より)

さて…
神社をお参りして展望台の場所へ戻って参りました。

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_042

しかし富士山が見えないのは本当に惜しかったな。
もっとこの日の天気が良ければ……

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_043

20200624_粟ケ岳と阿波々神社_044

神社参拝だけでなく景色を見るだけでも訪れる価値あり。
下からハイキングで山道を行くにはちと大変かと思いますので、
体力に自信のないかたは車で訪れた方が良いかもしれません。
ただ最初にも言いましたが道が細いため、大きな車では通行が
困難(対向車との擦れ違いが難しい)ですので注意が必要。

粟ケ岳と阿波々神社、皆さんもいかがでしょう。


ブログに訪問ありがとう。
拍手をいただけると励みになります。
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報