FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2020年08月31日 (月) | 編集 |
ちと話題にするのが遅くなったけど…

----------------------------
草薙神社へ続く大鳥居 静岡市9月撤去、老朽化対策
https://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/799017.html

------------(リンク先:静岡新聞アットエス)

6A829F13-6AD4-462C-9268-0074EA42C236.jpeg
※画像は「静岡新聞アットエス」の記事より。

静岡県「所有者なんて知らないぞ」
静岡市「所有者なんて知らないぞ」
草薙神社「所有者なんて知らないぞ」
氏子「えっ」


40年以上前の事ですが、この大鳥居は静岡県が事業主体となり
「区画整理の一環」として市道の拡幅工事を行った際に
「原状回復補償」で県が元あった鳥居と同じ場所に新たな道幅に
合わせて再建したもの。その草薙にあるコンクリ造りの大鳥居と
石碑が老朽化にともなって、9月に完全撤去されるという。

1975年に建てられたこの鳥居について誰も知らないというのは
なんだかちょっと意味がよくわからないし納得がいかない。
この鳥居より前の時代にも同じ場所に鳥居があったというが、
その古い鳥居について知る人も誰ひとり居なかったらしい。

誰もが(私もそのうちの一人)草薙神社のものだと思いこんで
いた大鳥居ですが、そこにずっと立っていた鳥居が無くなって
しまうというのは少し寂しくもある。県や市が建て直すなり
何なりして何とかならないのかと思ったりもしたけれど、
誰も「知らん」というのならもうどうしようもない。

ただひたすらモヤモヤした気持ちだけが残るけど、
町を見守り続けていた大鳥居にはお疲れ様でしたと言いたい。


ブログに訪問ありがとう。
よろしければ拍手をポチッとお願いします。
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報