FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2020年09月18日 (金) | 編集 |
2020.8.18 参拝 
本日は久し振りに神社の記事でも。
「静岡県護国神社」にやって参りました。
先月に参拝をしてもう一ヶ月経ってしまいましたが、
気にせず写真を掲載していこうと思います。

20200818_shizuoka_gokoku001.jpg

下の写真は一の鳥居をくぐって左手側にある「神池」

20200818_shizuoka_gokoku002.jpg

参道を進むと橋が見えてきます。橋の手前で立ち止まって
左に目を向けると鳥居が見えると思いますので、
まずはそちらに向かってみましょう。

20200818_shizuoka_gokoku003.jpg

こちらは「招魂場」(招魂斎場)です。

20200818_shizuoka_gokoku004.jpg

----------------------------
鳥居について
 この鳥居は駿府城跡の元静岡歩兵第三十四聯隊内に鎮座
した岳南神社の鳥居です。
数万の聯隊兵士はこの神社で武運長久と戦勝を祈願して、
出征しました。特に兵士の素朴な願いと、心のよりどころ
の神社でありました。昭和二十年戦いが終わり駿府城跡内
も一変し、新時代の姿に衣替えをすることになり、
仲町及地元世話人有志により此の所に終戦三十周年を記念
して移築されました。


------------(靜岡縣護國神社 境内案内板より)

20200818_shizuoka_gokoku005.jpg

----------------------------
招魂場(招魂斎場)
 招魂場では、浄闇のうちに死者の御霊を招き奉り
「御羽車・おはぐるま」(神輿に似た乗り物)に奉安し、
神社の本殿へと遷し奉ります。 本殿では、御霊の静謐と
旧来の御霊との融和を図り、護國の英霊(御祭神)として
お鎮まり(鎮魂)いただく合祀祭を執り行います。
今日でも当時の死亡や時間が経ってからの病没などを「戦没」
と認定される方があり合祀祭が執り行われますが、
社殿に一隅を仮招魂場として祭祀を行っており招魂場の使用
は無くなっています。


------------(靜岡縣護國神社 公式サイトより)

再び橋のところに戻って進んでいきましょう。

20200818_shizuoka_gokoku006.jpg

目の前には二の鳥居。
その向こうに護國神社の社殿が見えます。

20200818_shizuoka_gokoku007.jpg

二の鳥居に向かって左手側には大きなクスノキ。

20200818_shizuoka_gokoku008.jpg

20200818_shizuoka_gokoku009.jpg

二の鳥居に向かって右手側には「献水碑」

20200818_shizuoka_gokoku010.jpg

----------------------------
参拝者へお願い 
 曩の激しい各戦場で一滴の水を乞い求めながら
尊い身命をお国に捧げられた護英霊を永久にお慰めする
ための献水碑です。

◎参拝の前にこの献水碑(赤球)にお水をかけてください。
◎故郷のお水ならばなお一層喜ばれます。


------------(靜岡縣護國神社 公式サイトより)

二の鳥居をくぐっていきましょう。
毎年8月のこの時期は「万灯みたま祭」のために飾られた
提灯が社殿の前にずらっと並びます。

20200818_shizuoka_gokoku011.jpg

夜はもっと綺麗でしょうね。ただし堤灯に明りが灯るのは、
8月13日~15日の午後6時から9時までだそうです。

20200818_shizuoka_gokoku012.jpg

下の写真は拝殿前から二の鳥居の方向にカメラを向けて
撮影したもの。

20200818_shizuoka_gokoku013.jpg

さてお参りを致しましょう。英霊に感謝を捧げ、
これからの日本を私たちで護っていく事を誓って。
(無論、日々の暮らしを守る事も大事ではありますが…)

20200818_shizuoka_gokoku014.jpg

靜岡縣護國神社
https://shizuokagokoku.jp/
御祭神/護国の英霊(静岡県の英霊)七万六千余柱
----------------------------
 靜岡縣護國神社は明治32年11月13日「共祭招魂社」
として静岡市北番町に創立され、明治維新から大東亜戦争
(太平洋戦争)に至る国事にたおれた静岡県出身者並びに
縁故ある戦没軍人、軍属の英霊7万6千余柱を神様として
お祀りしています。昭和14年4月1日に靜岡縣護國神社と改称、
昭和17年10月8日に現在地に移転しました。


-----------(靜岡縣護國神社 公式サイトより)

境内には他にも慰霊碑等がありますが今回は省略致します。
遺品館も観たかったのですが行った時には閉じていて、
「ご覧になりたい方はお申し出ください」とあり、
わざわざ開けていただくのは申し訳ないと思いましたので
諦めてしまいました。以前は社務所の二階にありましたが
(その時の展示は何度か観てます)足腰の悪い高齢者に配慮
をして移動したそうで、現在の遺品館は「新つつじ会館」
にあります。

公式サイトの「遺品館データーベース」のページをリンク。
https://shizuokagokoku.jp/relics/

20200818_shizuoka_gokoku015.jpg

若い人たちへ。私も戦争を知らない世代ではありますが、
むかしむかしのお話とバカにしてはいけません。
身命を賭して日本を護り、戦って下さった方々がいた事を
私たちは決して忘れてはならないのです。

【最後にちょこっと…】
「護國神社」は全国各地にあります。
(東京都なら「靖国神社」。神奈川県には無いですが、
「横浜市戦没者慰霊塔」がその代わりになると思います)
こんな神社があるんだなと初めて知った人や、
知っていたけど今まで行った事がなかった人などなど…
是非一度お参りしてみてはいかがでしょう。


ブログに訪問ありがとう。
よろしければ拍手をポチッとお願いします。
関連記事
テーマ:静岡県
ジャンル:地域情報