FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
| Login |
2020年10月10日 (土) | 編集 |
写真に写る機械って確率機じゃなかったっけ?
投入するお金はあくまでクレーンを動かして遊ばせるための物
であって確実に取れるかを保証するものじゃないにしても、
店員が何百回やっても取れないってどんな設定にしてんの?
仮に、天井知らずの設定にしているとするなら酷い話。
簡単に取られたら商売にならないってのは十分理解してるけど
少しくらいは遊ばせて欲しいよね。

----------------------------
セガのゲーセン、UFOキャッチャーで取れない設定
にしてしまい警察を呼ばれてしまう

https://togetter.com/li/1605330

--------------(リンク先:togetterまとめ)

20年以上前の昔のクレーンゲームはなかなかいい感じに
遊ばせてくれて景品も取りやすかったけど、
今のクレーンゲームってゲーセンのドル箱だからな。
私も昔はよく遊んだけど、ゲーセン側がクレーンのバネを
弱くしたり確率機を置くようになってからはもうほとんど
遊ばなくなったよ。それでもちょっとだけお試しプレイ
(いわゆる「捨て100」と呼ばれるアレです)はしても、
「コレ絶対取らせる気ないでしょ」っていう機械ばかりで
正直つまらんし、どうしても欲しい景品があればプライズを
扱う店で買った方が圧倒的に安いんだもん。

「マジで何なの今のクレーンゲーム。パチンコかよ!」
って言いたくなるね。そのくらい酷すぎる。

ま、わかってる奴はクレーンゲー如きに頑張ったりしないが、
「絶対にあれが欲しい!」と確率機で何千円も注ぎ込んでいる
小学生や親子連れに遭遇すると可哀想になってくるよ。

【おまけ】
テレビのバラエティ番組でたまにやるクレーンゲームのプロ
とやらが出てきて必勝法を教えるコーナー…あれはテレビ用に
超簡単設定にしている台だから「嘘みたいに取れる!」とか
それこそ嘘だから、みんな絶対信じちゃダメだよ。
(´・ω・`)b

★追加:
この騒動がYahooニュースになってる模様。
SEGAが「クレーンゲームはお客さんの運と力量が…」と
コメントを出しているらしいけど、ツメの強さをなんぼでも弄れる
確率機を置いといてその言い方はあんまりじゃないかな。



ブログに訪問ありがとう。
「引き際って大事」と思った人は拍手をポチッと。
どうせ取れないんだから注ぎ込んじゃダメ。
関連記事
テーマ:みんなに知ってもらいたい
ジャンル:日記
2020年10月10日 (土) | 編集 |
何度もやり尽くされてるけどこういうネタは面白いね。

----------------------------
現実って超リアルなオープンワールドゲームだけど
何でお前ら楽しまないの?

http://aatyu.livedoor.blog/archives/2105340.html

--------------(リンク先:ゲーハー黙示録)

現実が「超リアルなオープンワールドゲーム」って言うけど、
ぶっちゃけこの世界「運ゲー」すぎてつまんない。
キャラの外見には現状不満は無いから変える必要はないけど、
いかんせん所持金が無いのがもうね。キャラのパラメータ全て
に恵まれている人なら楽しいだろうが、私らみたいな凡人は
どんだけ課金しても全然面白い展開にならないしな。
チートしまくってる連中もいるけど、そういうヤツらはなんか
ズルいって思う。

あと有料無料問わずガチャの引きがいい人が本当羨ましいわ。
プレイするたびつまらん展開しかないし、セーブも出来なくて
やり直しも出来ないこのクソゲーをどう楽しめと?

(=゚ω゚)「リセットはすなわち死を意味するしな」
SERUNA:「このオープンワールドがあまりにもクソすぎて
    リセットかけちゃう奴は何人もいるみたいだけどね」

でも流石にそこまで出来ないからみんな何となくプレイしてる
って感じかな。同じ「オープンワールド」を楽しむのなら、
このリアルなオープンワールドよりも仮想現実のゲーム世界で
現実逃避する方が私は好きです。

【ちとつぶやき】
選択肢を間違ってばかりなのか面白いイベントも起こらない。
持ってるスキルも今まで必要とされなくて何の役にも立っていない。
クソゲーならクソゲーなりに楽しみ方もあるんでしょうけど、
このゲームを楽しめている人は一体どんなプレイをすれば
そんな風に楽しめるんでしょうかね。



ブログに訪問ありがとう。
「何かわかる気がする」と思っちゃった人、拍手をポチッと。
関連記事
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記