FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選びください。
2021年02月05日 (金) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3566.html

丹生川上神社は、絵馬発祥の神社のうちの一社だそうだ。
他にも京都の貴船神社などが発祥の場所とされていますが、
ここもそう言われているとは知りませんでした。

20201109_ 丹生川上神社_010

----------------------------
丹生川上神社と絵馬 
 丹生川上神社は絵馬発祥の神社のうちの一社と伝わります。
雨師明神・水神宗社として、雨乞いには黒馬を、雨止めには
白馬又は赤馬が献上されました。水の神に馬を奉ることが、
のちの現代にみられる絵馬の起源とされ、
祈りのかたちのひとつとして多くの人々に浸透しています。

-------------(丹生川上神社 公式サイトより)

再び、先程の叶大杉。

20201109_ 丹生川上神社_011

20201109_ 丹生川上神社_012

20201109_ 丹生川上神社_013

【丹生の真名井(清めのお水)】
20201109_ 丹生川上神社_014

----------------------------
 御本殿裏手の乎牟漏岳を分源として罔象女神(水の神)の
秘めた力と恩恵みめぐみを受けた御神水が御本殿の地下を脈々
と通り、伏流水となって御井戸に滾々と涌き出ております。
水の神様のみずみずしい清めのお水、生命のお水を戴いて
活力ある日々をお過ごし下さい。


-------------(丹生川上神社 公式サイトより)

【末社・木霊神社】
酔いそうな角度の写真ですいません。(´・ω・`)

20201109_ 丹生川上神社_015

----------------------------
 五十猛命をお祀りしています。須佐之男命の御子神にして
山林・林業の守護神として崇敬されており、氏子地域の人々
からは「木霊さん」として親しまれています。
木霊さんは昭和57年小川郷木材林産協同組合市場開設30周年
を記念し、畏くも和歌山市に鎮まります伊太祁曽神社より
勧請されました。


-------------(丹生川上神社 公式サイトより)

【大盛丸神社】
御祭神/龍神大明神

20201109_ 丹生川上神社_016

20201109_ 丹生川上神社_017

何もかも見るもの全てが神々しい。

20201109_ 丹生川上神社_018

御本殿背後のお山について。

20201109_ 丹生川上神社_019

----------------------------
小牟漏岳(丹生川上神社の背後の山)
 古事記によると、雄略天皇4年(460)、
天皇が小牟漏岳で狩りをされ、御呉床に座られていると、
蛇が天皇の御腕を喰った。その瞬間、蜻蛉が飛んできて、
その虻をくわえて飛び去った。天皇は蜻蛉をほめて和歌を詠み、
この地を蜻蛉野(あきつの)と名付けられた。

み吉野の 哀牟漏が嶽に 猪鹿伏すと 誰そ 大前に奏す やすみしし
我が大君の 猪鹿待つと 呉床に坐し 白袴の衣手著そなふ 手腓に
虻かきつき その虻を 蜻蛉早咋ひ かくの如 名に負はむと
そらみつ 倭の國を 蜻蛉島とふ

日本書紀にもこのことが記されています。
小牟漏岳に続く山上に、神武天皇が上小野の榛原、
下小野の榛原と名づけて皇祖天神を祀られた「鳥見霊時跡」
があります。

-------------(丹生川上神社 境内案内板より)

「東の瀧」「摂社 丹生神社」「夢淵」をうっかり
スルーしてしまうという大失態をやらかしてしまった。
またいつか機会を作ってお参りに行くしかないな。


ブログに訪問ありがとう。
よろしければ拍手をポチッとお願いします♪
関連記事
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報
2021年02月05日 (金) | 編集 |
2020.11.9 参拝 
「丹生川上神社」にやって参りました。

20201109_ 丹生川上神社_001

この神社の主祭神は水の神である罔象女神。
まさにこの神様にピッタリであるかのような美しい川が
神社の前に流れています。澄んだ水がとても美しいです。

20201109_ 丹生川上神社_002

20201109_ 丹生川上神社_003

20201109_ 丹生川上神社_004

鳥居をくぐってすぐ目の前に見えるのは、文政12年(1829)
より天保元年(1830)にかけて造替された拝殿。

20201109_ 丹生川上神社_005

訪れたのは去年の11月。
紅葉が神社の景色に溶け込んで綺麗ですね。
しばらくじっくり眺めてしまいましたよ。

20201109_ 丹生川上神社_006

丹生川上神社
https://niukawakami-jinja.jp/
主祭神:罔象女神/相殿神:伊邪奈美命、伊邪奈岐命
東殿:大日孁尊(天照大神)、譽田別命(応神天皇)、
   八意思兼命
西殿:開化天皇、上筒男命、菅原道真公、綿津見神、
   大国主神、事代主神
----------------------------
丹生川上神社の創祀 
 今を去る事1300年余り前、第40代天武天皇白鳳4年(675)
「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて
敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」
との御神教により、創祀せられました。
 事あるごとに心からなる朝野の信仰を捧げ、『延喜式』
(927)には名神大社として、平安時代中期以降は、祈雨の神
として「二十二社」の一社に数えられています。そして、
近代においては官幣大社に列せられました。

丹生川上神社の経緯 
 丹生川上神社の奉幣祈願は、平宝字7年(763)5月28日
「旱続きのため、幣帛を畿内四か国の神々に奉り、そのうち
丹生川上には幣帛に加えて黒馬を奉った」(『続日本紀』)
という記述によって歴史上に初めて表れます。
以後、応仁の乱の頃までには九十六度もの祈雨奉幣祈願が
あったと記録にみられることから、当社がいかに重要な神社で
あったかが伺えます。
しかしながら、都が京都に遷り戦国時代以降はそのような
奉幣祈願も中断され、丹生川上神社はいつしか蟻通神社(※)
と称され、ついには所在地さえ不明となってしまいました。
※蟻通神社の社名は「天皇の吉野離宮行幸の様子が、遠目に
アリが通っているように見えたこと」によるとされています。

-----------------------(↓続く)

20201109_ 丹生川上神社_007

----------------------------
丹生川上の地
 明治維新後、所在不明とされた丹生川上神社の研究調査が
行われました。調査では、明治4年(1871)に丹生村(現在の
下市町)、続いて明治29年(1896)には川上村の神社が
有力視され、それぞれ官幣大社丹生川上神社下社・上社とされ
ました。しかし、大正11年(1922)当村出身の森口奈良吉翁に
よる「蟻通神社こそが丹生川上神社である」と定義した
研究調査が認められ、当社が官幣大社丹生川上神社に列格され、
通称「中社」と位置づけられました。ここに従来の二社に当社
を加え、ひとつの官幣大社丹生川上神社としていましたが、
戦後は氏子の気持ちに寄り添い三社は独立、それぞれの社名を
もって今日に至っています。

-----------(丹生川上神社 公式サイトより抜粋)

【叶大杉】
20201109_ 丹生川上神社_008

----------------------------
 樹齢1000年余、樹高51.5m、幹廻り7.3mの杉の古木で大杉
の幹に両手を当て、心の願いを口唱すれば、ご神威が授かる処
から、大杉の前で祈る老若男女の姿が多くみられます。

-------------(丹生川上神社 公式サイトより)

【丹生のなでフクロウ】
20201109_ 丹生川上神社_009

----------------------------
 叶え大杉にいつの頃からか住みつき、丹生の杜の夜の番人
として境内を守って戴いています。ふくろうは「不苦労」
「福来朗」「幸福ろう」と書き、物事を察知し、先を見通し
知恵豊かな、しあわせをもたらす霊鳥として親しまれています。
山桜の樹齢200年余の老木に彫刻した〝なでふくろう〟の頭、
体、足などをなでて頂きお徳をお受け下さい。

-------------(丹生川上神社 公式サイトより)

★その2に続く!
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-3567.html


ブログに訪問ありがとう。
拍手をポチッとして応援して頂けると励みになります。
関連記事
テーマ:奈良
ジャンル:地域情報